ポケットWiFiの豆知識

学割は損?大学生がポケットWiFiを選ぶときに後悔しない5つのポイント

大学生になると、インターネットを利用する機会がかなり増えます。

そこでインターネットに快適につなぐために、ポケットWiFiを探しているという方も多いのではないでしょうか?特にひとり暮らしの方だと、固定回線とどっちにするか悩んでいる方も多いです

この記事では、大学生がポケットWiFiを使うメリットやデメリット、選ぶうえでのポイントについて解説します。

大学生活をより良いものにするためにも、ぜひ記事をチェックしてみてください。

Contents

大学生がポケットWiFiを使う5つのメリット

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント

こちらでは、大学生がポケットWiFiを利用するメリットについて紹介します。

  1. スマホで容量を気にせず動画を見れる
  2. 引っ越してもすぐに使える
  3. 外で大学の課題を出せる
  4. 固定回線より低料金
  5. スマホの料金を節約できる

それぞれくわしく確認していきましょう。

【ポケットWiFiのメリット1】
スマホで容量を気にせず動画を観れる

ポケットWiFiを利用すれば、スマートフォンの容量を気にせずに動画を観れます。

最近のポケットWiFiは通信制限が無制限の機種が多く、YouTubeやNetflixなどの動画サイトをどれだけ観ても制限にかかりません。

動画だけでなく、インスタグラムやTwitterなどのSNSも容量を多く消費するので、スマートフォンで節約しながら閲覧するのはストレスが溜まりますよね。

容量を気にせず動画を観れるのは、ポケットWiFiの大きなメリットです。

【ポケットWiFiのメリット2】
引っ越してもすぐに使える

ポケットWiFiは、引っ越ししてもすぐに利用できます。

最短で申込の翌日からつかえるため、インターネットが無くて困るということはありません。

仮に自宅に固定回線を引くとなると、工事や順番待ちなどで1ヶ月~2ヶ月近くかかってしまうことも十分に考えられます。

すぐにサクサクインターネットにつなげるようになるのは、ポケットWiFiのメリットです。

【ポケットWiFiのメリット3】
外で大学の課題を出せる

ポケットWiFiがあれば、外で大学の課題を出すことも可能です。

パソコンやタブレットとも接続でき、大学の授業で使ったレジュメやスライドの共有が簡単です。

通信制限がないプランならば、容量の大きなデータであっても手軽にやり取りができます。

忙しい大学生にとって、外で課題を出せるのはメリットといえます。

【ポケットWiFiのメリット4】
固定回線より低料金

ポケットWiFiは、固定回線より低料金なケースが多いです。

どれくらいちがうのか、以下に固定回線との比較を行いました。

初期費用 月額料金 1年間の合計
ポケットWiFi 約3,000円 約4,000円 約51,000円
固定回線 約15,000円
(工事費用)
約5,000円 約75,000円

固定回線は工事費用が高いので、ポケットWiFiと料金にかなり差が出てしまいます。

大学生を卒業すると引っ越しする人も多いので、手軽に持ち運べるポケットWiFiのほうが利便性は高いです。

【ポケットWiFiのメリット5】
スマホの料金を節約できる

ポケットWiFiを利用すると、スマートフォンの料金を節約できます。

データ通信はすべてポケットWiFiでまかなえるため、わざわざ大容量のプランを契約する必要がないからです。

たとえば格安SIMのLINEモバイルだと、1GBで500円というプランが存在します。ポケットWiFiを足しても月額5,000円以下に抑えられるので、コスパは非常に高いです。

ポケットWiFiは高いというイメージがあるかもしれませんが、スマホなどの固定費を削減できるというメリットが存在します。

具体的な料金はこちらの記事でシミュレーションしています。

格安SIMとポケットWiFiの併用で年3万円節約!料金をシミュレーションして解説!

ポケットWiFiのデメリット3選

WiFIマークの横にビックリマークが出たときの対処法

こちらでは、ポケットWiFiのデメリットを3つ紹介します。

  1. オンラインゲームの利用に不向き
  2. 通信が繋がりにくいことがある
  3. 通信制限が存在する

【ポケットWiFiのデメリット1】
オンラインゲームの利用に不向き

ポケットWiFiは、オンラインゲームの利用に不向きです。

ゲームの内容によりますが、格闘ゲームやFPSでは通信速度が大きく求められます。ポケットWiFiだと速度に対応できず、ラグが生じてしまう可能性が高いです。

もちろんRPGなどの反応速度がそこまで必要がないゲームなら、快適に遊べます。

ただし速度が求められるオンラインゲームを遊ぶなら、固定回線を利用するようにしましょう。

なお、指標となる数値であるPing値についてくわしく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

>>ポケットWiFiのPing値とは?改善する方法や測定についても解説

【ポケットWiFiのデメリット2】
通信が繋がりにくいことがある

ポケットWiFiは、通信がつながりにくいことがあります。ポケットWiFiは無線で電波を受信しているため、障害物の影響を受けやすいです。

たとえば壁や人が多い場所、地下などではつながりやすさがガクッと下がります。

持ち運びが手軽な分、つながりにくいという点はデメリットです。

【ポケットWiFiのデメリット3】
使いすぎると制限にかかる可能性がある

ポケットWiFiは、使いすぎると制限に掛かる可能性があります。

月間無制限の機種は多いのですが、以下のような制約がかかっている場合が多いです。

  1. 3日で10GBまで
  2. 1日3GBまで

固定回線であれば基本的にはどれだけ使っても無制限です。

もちろんポケットWiFiにもすべて無制限の機種は存在するので、値段をチェックしつつ、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

学割は本当にお得?大学生がポケットWiFiを選ぶときに見るべきポイント

ポケットWiFiの中には、学割を適用してくれるプロパイダも存在します。

ただし学割にはいろいろな制約があることが多く、一概にお得とはいえません。

  • 実は学割じゃない業者のほうが安い
  • 速度が遅くて使い物にならない
  • 電波の感度が悪い

などが考えられるので、学割だからといって飛びつくのはNGです。

そこでこちらでは、ポケットWiFiを選ぶときに見るべきポイントについて紹介します。

いろいろ検討したうえで、自分に合ったものを選んでみてください。

【大学生がポケットWiFiで見るポイント1】
つながりやすさ

つながりやすさは、ポケットWiFiを選ぶうえで重要なポイントです。

せっかく購入しても、自分が使っている場所でつながらなければ意味がありません。

自分のエリアでちゃんと快適にインターネットを楽しめるかどうかは、しっかりとチェックしてみてください。

不安であればお試しキャンペーンをおこなっている業者で、実際に確かめてから購入しましょう。

>>お試しできるポケットWiFiはどれ?レンタル中に確認すべきポイントも解説

【大学生がポケットWiFiで見るポイント2】
データ容量

データ容量も、ポケットWiFiでは重要です。

  • 月間でどれだけ利用できるのか
  • 1日あたりの制限がどれくらいか

を確認しておくと、自分にあったものを選びやすくなります。

中にはすべて無制限の機種もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

機種のスペックや料金など、他に見るべきポイントと照らし合わせて、使いやすそうな機種を選びましょう。

【大学生がポケットWiFiで見るポイント3】
料金

大学生にとっては、料金は安ければ安いほど嬉しいですよね。

ポケットWiFiはいろいろな業者から販売されており、それぞれで料金が大きく違っています。

もちろんデータ容量や機種によっても料金は変わるので、他の要素も比較したうえで検討してみてください。

ただし料金に関しては、パッと見の値段が安くても、トータルで見ると高いという業者は少なくありません。

  • 高額なキャッシュバックをおこなっているが受け取りづらい
  • 初月だけ安く見せて、あとは高い

などのトラブルも多いので、しっかり比較をすることが重要です。

関連記事>>お金がもらえない?ポケットWiFiのキャッシュバックキャンペーンに注意!実際の口コミを検証

【大学生がポケットWiFiで見るポイント4】
実効速度

実効速度も、ポケットWiFiを選ぶうえでは重要です。

実効速度とは、一般的な利用環境で計測された速度で、実測値とも呼ばれています。

ポケットWiFiの商品情報にも速度が乗っていますが、それはあくまでも理論値であって、日常生活でその速度が出ることはありません。

商品情報の速度が高くても、実際に使うとかなり遅いというケースも珍しくないため、注意が必要です。

口コミ情報などをチェックして、実際にどれくらいの速度でつながるのかをチェックしておきましょう。

くわしい実効速度の確認方法については、以下の記事でくわしく解説しています。

>>ポケットWiFiの上り・下りって何?通信速度の目安と実効速度の測り方も解説

【大学生がポケットWiFiで見るポイント5】
速度制限の有無

データ容量の部分と重なりますが、速度制限の有無はポケットWiFiにおいて重要です。

データ容量が無制限であっても「3日で10GB使うと速度制限」などの制約があるポケットWiFiは少なくありません。

動画をたくさん観たり、ダウンロードしたりする方にとっては、不便に感じることも多いです。

料金が安いと制限が厳しくなる確率も高いので、制限がないかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

大学生に本当におすすめできるポケットWiFi3選

中国に持っていくポケットWiFiの選び方

こちらでは、大学生に本当におすすめできるポケットWiFiを3つ紹介します。

  1. 料金の安さ
  2. 通信のつながりやすさ
  3. データ容量の多さ

などの条件から、バランスがよく使いやすい業者を選びました。ぜひチェックしてみてください。

【大学生におすすめのポケットWiFi1】
FUJI Wifi

FUJI Wifi

FUJI Wifiは、いろいろなプランに対応したポケットWiFi業者です。

容量別のプランが存在するので、自分に合ったものを選択できます。

料金プランは、以下のとおりです。

プラン名 通信量 料金(税別)
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円
100ギガクラウドプラン 100GB 3,480円
50ギガクラウドプラン 50GB 2,980円
25ギガクラウドプラン 25GB 2,480円
WIMAX2+プラン 無制限 3,200円

最安値だと2,480円という安い価格でポケットWiFiを利用できるので、コスパが高いです。契約の縛りや違約金などもありません。

通信方法はトリプルキャリア(100GBと無制限プラン)を採用しており、どこでもつながりやすい状態を維持できます。

※トリプルキャリア……ドコモ、au、ソフトバンクの中から自動でつながりやすい回線を選んでくれる

さらに支払い方法にコンビニ払いも用意されているので、クレジットカードを持っていない大学生でも購入可能です。

まさに大学生向けの機能やオプションが充実している業者なので、これからポケットWiFiを探す方はぜひ検討してみてください。

【大学生におすすめのポケットWiFi2】
Mugen WiFi

mugenwifi

Mugen WiFiは、月額3,280円という格安料金で利用できるポケットWiFiです。

通信制限が無く、トリプルキャリアに対応しているので、つながりやすさも優れています。

さらに30日間のお試し体験があり、じっくりと端末の使い勝手を確かめることも可能です。

ただし契約期間は2年に設定されているので、短期間で解約すると違約金が発生します。

長く使いたい人にとっては、かなりコスパのよい業者です。

【大学生におすすめのポケットWiFi3】
縛りなしWiFi

縛りなしWIFI

縛りなしWiFiは、その名の通り契約縛りが無いポケットWiFi業者です。

契約縛りが無く、月額3,300円で利用できます。

月間通信制限がないため、がっつりデータ通信がしたい方にもおすすめです。ただし1日2GBの制限があるので注意しましょう。

さらに縛りなしWiFiには「縛っちゃうプラン」というものが存在します。

これは3年契約にはなってしまうのですが、同じWiFiを月額2,800円で利用できるプランです。

大学生活中に長期で使いたい人にとっては、コスパが一気に良くなるので非常におすすめできます。

お試しプランはありませんが、縛りなしでいつでも解約できるため、まずは1ヶ月使ってから長期利用を検討してみてください。