ポケットWiFiの評判

【評判】docomoのポケットWiFiは高額すぎてコスパ悪い【知名度だけで選んじゃダメ】

docomoのポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)のことをお調べでしょうか?

「3大キャリアのポケットWiFiは、プロバイダと比べてどうなの?」など、気になりますよね。

そこで本記事では、docomoのポケットWiFiについて口コミや評判を徹底調査。結論から言うと、通信容量が多い方や、家族でdocomoを利用していない方にはおすすめできないことがわかりました。

docomoのポケットWiFiまとめ
  • 月額料金が高い
  • 容量無制限プランがない
  • 端末代金が高い
  • 家族でdocomoを契約すると割引になる

docomoのポケットWiFiは、容量無制限プランがありません。また、月額料金や端末代金も、他のプロバイダと比べてかなり高額です。

一方で、docomoを3回線以上契約すると安くなるという魅力もあります。家族でdocomoを利用している人ならば、デメリットを把握した上で申し込んでも良いでしょう。

それぞれの内容について、本記事で詳しく解説していきますね。損をしないためにも、docomoのポケットWiFi「Wi-Fi STATION」を契約する前に、ぜひご覧ください。

docomoのポケットWiFiの契約前に絶対知るべき4つのデメリット

docomoのポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)には、契約前に絶対知るべきデメリットが4つあります。特に月額料金に関するデメリットを知らないと後悔する原因にも。

  1. 容量無制限プランがない
  2. 月額料金が高い
  3. HPの金額表示が紛らわしい
  4. 端末代金が高い

それぞれのデメリットについて、以下で詳しく解説していきますね。

【docomoのポケットWiFiのデメリット1】容量無制限プランがない

docomoのポケットWiFiには、データ通信の容量無制限プランがありません。データ容量は以下のとおり。

<docomoのポケットWiFiの容量制限>
プラン名 月間データ容量
ギガホ 30GB
ギガライト 1~7GB

上記のとおり、docomoのポケットWiFiには2つのプランしかありません。そのうち、1番容量の大きいもので30GBです。

ギガホ」というプラン名からは、ギガ放題を想像されますよね。しかし、実際にはギガ放題ではないので注意しましょう。

容量上限を超えると、最大1Mbpsの速度制限にかかります。月間30GBだと、1日1GBの消費で速度制限にかかるため、常に容量を気にしなければなりません。

なので、以下のような人には使いづらいでしょう。

  • 頻繁にネット接続する
  • 動画の視聴・アップロードをする
  • オンラインゲームをする

上記にあてはまる人は、容量無制限プランが向いています。他社のポケットWiFiでは容量無制限プランもあるので、比較検討してみてくださいね。

【docomoのポケットWiFiのデメリット2】月額料金が高い

docomoのポケットWiFiは、月額料金が高い点が大きなデメリットです。結論から言うと、金額的にはdocomoのポケットWiFiはおすすめできません。

料金プランは以下のとおり。

<docomoのポケットWiFiの料金プラン>
プラン名 月間データ容量 月額料金
ギガホ 30GB 6,980円
ギガライト
<ステップ4>
7GB 5,980円
ギガライト
<ステップ3>
5GB 4,980円
ギガライト
<ステップ2>
3GB 3,980円
ギガライト
<ステップ1>
1GB 2,980円

※ギガライトは、実際に使用した容量に応じて料金が変わります。

月額料金は上記のとおりですが、30GBで6,980円もするのは高すぎますね。他のプロバイダでは、容量無制限プランでも4,000円以下の場合が多いです。

そう考えると、ギガライトの7GBで5,980円も、データ容量と金額が見合っていません。

金額的にも、使い勝手(容量制限)の面でも、docomoのポケットWiFiを契約するメリットはないでしょう。ポケットWiFiを使うなら、他のプロバイダを選ぶことをおすすめします。

【docomoのポケットWiFiのデメリット3】HPの金額表示が紛らわしいので要注意!

docomoのポケットWiFiは、ホームページの料金表示がまぎらわしいので、よく注意しましょう。月額料金は、先程お伝えしたとおり。ギガホプラン(30GB)で6,980円です。

ところが、docomoの公式ホームページでは、ギガホプランが4,980円であるかのように表示されています。30GBで4,980円でも充分高いのですが、通常料金は前述のとおり6,980円です。間違えないように気をつけましょう。

4,980円というのは、以下の割引をすべて適用した状態の料金です。

  • ギガホ割(新規契約後6か月間):1000円引き
  • 家族でdocomoを3回線以上契約:1000円引き
  • dカード支払い:170円引き

全部の割引を使って、ようやく4,980円になります。しかし、割引の1つであるギガホ割は、最初の6か月しか適用されません。

また、家族でdocomoを3回線以上契約というのも、なかなか難しい条件です。なので、実質的には通常料金の6,980円となることがほとんどでしょう。

【docomoのポケットWiFiのデメリット4】端末代金が高い

docomoのポケットWiFiは、端末代金が高いこともデメリットです。月額料金の他に、端末代金も必要になります。金額は以下のとおり。

<docomoのポケットWiFiの端末代金>(2020年2月時点)

  • Wi-Fi STATION SH-05L:27,720 円
  • Wi-Fi STATION HW-01L:26,136 円

他社のポケットWiFiは、端末代金無料のものも多いです。それと比べ、端末代で26,000円以上もするのは高額です。

特にdocomoにこだわりがなければ、他社のポケットWiFiを検討した方が良いでしょう。

docomoのポケットWiFiを選ぶべき2つのメリット

ここまで悪い点を触れてきましたが、docomoのポケットWiFiには、次の2つのメリットがあります。

  1. 解約違約金が安い
  2. カード払い・口座振替・携帯料金一括払いから選べる

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

【docomoのポケットWiFiのメリット1】解約違約金が安い

docomoのポケットWiFiの良いところは、解約違約金が安いことです。

契約期間は2年ですが、2年以内に解約しても違約金は1000円のみ。 この点は、手軽で良いですね。

ただし、端末代金を分割払いしている場合は、解約金の他に、端末代残額が一括払いとなります。端末代金については、本記事内の「docomoのポケットWiFiのデメリット」をご参照ください。

また、他社では、1か月目から解約金無料のポケットWiFiもあります。違約金の安さで選ぶなら、他のプロバイダを見てみるのもおすすめです。

なお、ポケットWiFiの解約については、以下のページで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

関連記事:ポケットWiFiの解約をするタイミングはいつ?得するタイミングと手順を解説!

【docomoのポケットWiFiのメリット2】カード払い・口座振替・携帯料金一括払いから選択可能

docomoのポケットWiFiの支払方法は「口座振替」や「携帯電話料金との一括払い」にも対応している点が特徴。その他の支払方法の可否は、次のとおりです。

<docomoのポケットWiFiの支払方法>
支払方法 可否
クレジットカード
デビットカード ×
プリペイドカード ×
口座振替
コンビニ払い ×
携帯電話料金と一括払い

上記のように、クレジットカード払い・口座振替・携帯料金一括払いの3つから、選択可能。

具体的には、以下のような基準で、支払方法を選ぶ人が多いです。

<口座振替が向いている人>

  • カードを使いたくない現金主義の人
  • クレジットカードを持っていない人
  • カードの利用可能額が少ない人

<クレジットカード払いが向いている人>

  • クレジットカードのポイントを貯めたい人
  • カードの明細書で支出を管理したい人
  • 口座振替の審査に通らなかった人

<携帯電話料金との一括払いが向いている人>

  • 支払いをまとめて管理したい人

支払方法が複数あると、 自分のライフスタイルに合わせて選べる点がメリット。カード払いのみのプロバイダもあるので、口座振替を選べるのは良いですね。

なお、ポケットWiFiの口座振替については、以下のページで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事:ポケットWiFiは口座振替よりコンビニ払いがおすすめ!メリットや契約できるプロバイダを紹介

docomoのポケットWiFiの評判を徹底調査!

docomoのポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)の評判はどうなのでしょうか?

実際に使っている人の口コミをまとめてみたので、以下で紹介していきますね。

docomoのポケットWiFiの悪い評判

悪い評判としては

  • データ容量が少ない
  • 速度制限がキツい
  • つながりにくい

というものが目立ちました。

docomoのポケットWiFiの良い評判

良い評判としては

  • 通信速度が速い
  • 携帯料金と一括払いできるので楽

というものが目立ちます。

しかし、速度やつながりやすさについては、良い口コミ・悪い口コミの両方がありました。利用エリアや周りの障害物などによって、実際の通信状況は異なるのでしょう。

結論!docomoのポケットWiFiはこんな人におすすめ

ここまでお伝えしてきたメリット・デメリットをふまえると、docomoのポケットWiFiは次のような人におすすめです。

  • 家族でdocomoを複数回線解約している人
  • dカード払いにする人
  • 通信容量が少ない人
  • docomoの携帯料金と一括払いにしたい人
  • 解約違約金を安く済ませたい人

上記の項目に複数当てはまる人には、docomoのポケットWiFiを推奨します。 逆に、これらに該当しない場合、docomoのポケットWiFiを選ぶメリットはあまりないでしょう。

docomoのポケットWiFiの申込方法をわかりやすく解説

docomoのポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)の申込方法は、次のとおりです。

<docomoのポケットWiFiの申込方法>

  1. docomoの公式サイトへアクセス
  2. トップページ右上の「Online Shop」ボタンを押す
  3. 「データ通信製品」を選択
  4. 端末(Wi-Fi STATION)を選択
  5. 手続き方法・支払方法を選択
  6. 「購入手続きに進む」を選択
  7. 名前・住所・電話番号等を入力
  8. 本人確認書類のアップロード
  9. 支払方法・配送方法等を入力
  10. 入力内容を確認する
  11. 申し込みを確定する

以上で、docomoのポケットWiFiの申し込みは完了です。あとは、端末が届くのを待つのみ。ホームページの申し込みは、スムーズにできます。

新規契約の場合は、申込みから到着まで10日程度 かかる予定です。

また、端末の在庫状況によっては、発送までに日数を要することも。焦らずに待ちましょう。