ポケットWiFiの豆知識

ポケットWi-Fiでライブ配信やゲーム配信は可能?おすすめ3選も

最近では、ライブ配信やゲーム配信が、誰でも手軽にできるようになっています。

「ツイキャス」や「インスタライブ」などは、スマホが1台あればライブ配信が可能。

PS4があれば、ボタン1つでYouTubeや「ニコニコ生放送」にプレイ動画をアップロードできます。

とはいえ、ライブ配信やゲーム配信をするには当然ネット環境が必要です。

固定回線より手軽に使えるポケットWiFiで配信したいと考える人も、いるのではないでしょうか?

今回は、ライブ配信やゲーム配信がポケットWi-Fiでもできるのかどうかを解説

注意点や配信に向いているポケットWi-Fiの特徴、おすすめのサービスについても紹介していきます

ポケットWi-Fiと契約してライブ配信やゲーム配信をしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

注意!ポケットWi-Fiはライブ配信やゲーム配信には不向き

結論から言えば、ポケットWi-Fiでもゲーム配信やライブ配信は可能です。

ただし、あまりおすすめだとは言えません。

ハカセ
ハカセ
なぜなら、ポケットWi-Fiはライブ配信やゲーム配信に使用する回線の通信速度が遅いからです

回線の速度には、以下の2種類があります。

下り速度 データをダウンロードするときの速度
上り速度 データをアップロードするときの速度

「下り速度」は、データを受信(ダウンロード)するときの速度。
ウェブブラウジングや動画の視聴は、下りになります。

一方「上り速度」は、スマホやパソコンからデータを送信(アップロード)するときの速度。

メッセージやデータの送信は、上りです。

関連記事:ポケットWiFiの上り・下りって何?通信速度の目安と実効速度の測り方も解説

このうち、ゲーム配信やライブ配信は、動画をアップロードするので上りになります。

固定回線では基本的に、下り速度と上り速度がほぼ同じ値で、どちらも高速通信が可能です。

しかしポケットWi-Fiでは以下のように、下り速度に比べて、上り速度が遅くなっています

機種 下り最大速度 上り最大速度
W06(WiMAX) 1.2Gbps(1,200Mbps) 75Mbps
FS030W 150Mbps 50Mbps
D1 150Mbps 50Mbps
GlocalMe G3 150Mbps 50Mbps

※いずれの速度も理論値であり、実際にこの速度が出るわけではありません

そのためポケットWi-Fiは固定回線に比べて、ゲーム配信やライブ配信には不向きです。

固定回線があるなら、そちらを利用した方が確実だと言えるでしょう。

ライブ配信やゲーム配信にポケットWi-Fiがおすすめな2タイプ

ここまで説明してきたように、ライブ配信やゲーム配信に使用するには、ポケットWi-Fiは不向きです。

しかし以下2タイプのどちらかに当てはまっているのなら、ポケットWi-Fiがおすすめだと言えます。

  • 自宅に固定回線がない人
  • 屋外などでライブ配信をしたい人

ここでは、それぞれのタイプについて説明していきましょう。

1.自宅に固定回線がない人

自宅に固定回線を引く場合、インターネット工事が必要です。

また、工事には予約が必要で、すぐに取り掛かってもらえるわけではありません。

ハカセ
ハカセ
その点、ポケットWi-Fiは自宅に届いたその日から、簡単な設定だけで利用を開始できます

2.屋外などでライブ配信をしたい人

WiFiのアクセスポイントを利用できる機器は?固定回線は、当然自宅内でしか利用できません。

しかし、なかには屋外でもライブ配信したいという人もいるでしょう。

屋外で配信をしたいなら、ポケットWi-Fiがおすすめ。

ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fiは屋外に持ち運びができ、回線の電波が届く場所であれば、どこでもスマホやパソコンをネットに接続できます

ライブ配信やゲーム配信に必要なデータ通信量は?

購入した充電ケーブルでポケットWiFiを充電するときの注意点ポケットWi-Fiは基本的に、サービスやプランによって、月間のデータ通信量が制限されています。

ハカセ
ハカセ
定期的にライブ配信やゲーム配信をするなら、月間のデータ通信量が契約しているプランの上限を越えないよう注意しなければなりません

ではライブ配信やゲーム配信をすると、どれくらいのデータを消費するのでしょうか?

ゲーム配信がメインのライブ配信プラットフォームである「OPENREC.tv(オープンレック・ティービー)」では、スマホでのライブ配信に以下のデータ通信量がかかります。

解像度 データ消費量
高画質 720p 約0.8GB/1h
中画質 540p 約0.4GB/1h
低画質 270p 約0.2GB/1h

高画質の動画であれば、1時間あたりのデータ消費量は約0.8GB。

毎日1時間配信するなら、月間24GBは必要だという計算になります。

この場合、配信以外にもポケットWi-Fiを使用するなら、少なくとも月30GBくらいは欲しいところです。

ライブ配信やゲーム配信におすすめなポケットWi-Fiの2つの特徴

ポケットWi-Fiには様々なサービスがあり、それぞれ特徴が異なります。

この特徴によって、ライブ配信やゲーム配信に向いているものも、不向きなものもあるのです。

ポケットWi-Fiのうち、ライブ配信やゲーム配信に向いているサービスの特徴は、以下の2つ。

  • データ通信量の制限がない
  • キャリア回線を使用している

ここでは、それぞれの特徴について説明していきましょう。

1.データ通信量の制限がない

ポケットWi-Fiのなかには、月間のデータ通信量が無制限のものもあります

こうしたサービスを選べば、配信にかかるデータ消費量を気にする必要はありません。

ハカセ
ハカセ
ただし月間のデータ通信量が無制限のポケットWi-Fiのなかには、以下のように短期間での制限があるものも
プラン 制限
WiMAX ギガ放題 3日10GB
縛りなしWiFi 縛りなしプラン 1日2GB

月間のデータ通信量が無制限でも、こうしたサービスは選ばない方が懸命です。

データ通信量が完全無制限のポケットWi-Fiについては、後ほど紹介します。

2.キャリア回線を使用している

全てのポケットWi-Fiは、以下2種類のうち、どちらかの回線を使用しています。

  • WiMAX2+回線
  • キャリア回線

「WiMAX2+回線」は、屋外での通信速度こそ速いものの、屋内では電波を受信しにくいというデメリットがあります。

一方キャリア回線は、屋内でも安定した通信が可能です。

また、WiMAX2+回線は電波の対応エリアが狭く、過疎地ではネットに繋がらないところが多い点もデメリット。

その点キャリア回線は対応エリアが広いので、旅行先などでライブ配信したい場合にもおすすめです。

ハカセ
ハカセ
そのため、ライブ配信やゲーム配信をするのなら、キャリア回線を使ったポケットWi-Fiを選びましょう

ライブ配信やゲーム配信におすすめのポケットWi-Fi3選

ここまで、ライブ配信やゲーム配信におすすめのポケットWi-Fiの特徴について説明してきました。

では、具体的におすすめのポケットWi-Fiはどれなのでしょうか?

ライブ配信やゲーム配信におすすめのポケットWi-Fiのサービスは、以下の3つです。

  • どんなときもWiFi
  • NEXTmobile
  • FUJI WiFi

ここでは、各サービスがライブ配信やゲーム配信におすすめな理由やデメリット、どんな人におすすめかについて説明していきます。

1.どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」は、ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスです。

どんなときもWiFiでは、月額3,480円でポケットWi-Fiをレンタルできます

ハカセ
ハカセ
レンタルできる機種は「D1」で、ライブ配信やゲーム配信に必要な上り最大速度は50Mbpsです

どんなときもWiFiがライブ配信やゲーム配信におすすめな理由

どんなときもWiFiがおすすめな理由は、以下3点あります。

  • 月間のデータ通信量無制限
  • 3日で10GBなどの制限なし
  • トリプルキャリアに対応

どんなときもWiFiでは、月間のデータ通信量が無制限

3日で10GBなどの制限もありません

これなら、データ通信量を気にすることなく、ライブ配信やゲーム配信ができます。

さらにどんなときもWiFiは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のトリプルキャリアに対応。

現在地や時間帯に応じて、最も電波をつかみやすい回線に自動で切り替わります。

どの回線も安定しているので、配信時に回線が途切れてしまうリスクも少ないと言えるでしょう。

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFiには、以下3つのデメリットもあります。

  • 契約期間の縛りがある
  • 契約解除料がかかる
  • 3年目からは月額料金が高くなる

どんなときもWiFiには、2年間の契約期間の縛りがあります

契約満了月の翌月にある更新月以外に解約した場合、以下の契約解除料がかかってしまうので注意しましょう。

解約時期 契約解除料
0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目~ 9,500円

さらに、どんなときもWiFiは以下のように、3年目から月額料金が変更されます。

月額料金
~2年目 3,480円
3年目~ 3,980円

3年目からは月額料金が500円高くなってしまうので、長期間の契約を考えている人も注意しましょう

どんなときもWiFiはこんな人におすすめ

どんなときもWiFiは、主に以下の人たちにおすすめです。

  • 過疎地に住んでいる人
  • 過疎地でもライブ配信をする人

キャリア回線でも、キャリアによって電波の対応エリアが異なります。

関連記事:ポケットwifiは対応エリアの確認が必須!確認方法とおすすめを解説

WiMAXを除いたポケットWi-Fiは、ソフトバンク回線を使っているものがほとんどです。

つまりソフトバンクの対応エリア外では、通信ができません。

しかし、どんなときもWiFiはトリプルキャリア対応。

ソフトバンクの電波が圏外でも、ドコモかauの対応エリア内であれば、問題なく配信ができます

そのため、過疎地でもライブ配信をするという人には、どんなときもWiFiがおすすめです。

2.NEXTmobile

「NEXTmobile(ネクストモバイル)」は、以下3つのプランを提供しているポケットWi-Fiのサービスです。

月額料金
フラット20GBプラン 2,400円
フラット30GBプラン 2,700円
使い放題プラン 3,100円
ハカセ
ハカセ
購入できる機種は「FS030W」で、上り最大速度は50Mbpsです

NEXTmobileがライブ配信やゲーム配信におすすめな理由

NEXTmobileがおすすめな理由は、以下の3つです。

  • 使い放題プランなら、月間のデータ通信量無制限
  • 3日で10GBなどの制限なし
  • ソフトバンク回線を使用

NEXTmobileには、月間のデータ通信量が無制限の「使い放題プラン」があります

こちらも、3日で10GBなどの制限はありません

ソフトバンク回線を使用しているため、通信の安定性も十分です。

NEXTmobileのデメリット

NEXTmobileには、以下3つのデメリットもあります。

  • 契約期間の縛りがある
  • 解約手数料がかかる
  • 3年目からは月額料金が高くなる

NEXTmobileのデメリットは、どんなときもWiFiと全く同じ。

2年間の契約期間の縛りがあり、更新月以外に解約すると以下の解約手数料がかかります

解約時期 解約手数料
0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目~ 9,500円

解約時期に応じた解約手数料の額は、どんなときもWiFiと変わりません。

さらに契約3年目からは、以下のように月額料金が変更になります。

~2年目 3年目~
フラット20GBプラン 2,400円 2,900円
フラット30GBプラン 2,700円 3,200円
使い放題プラン 3,100円 3,600円

3年目から月額料金が500円高くなる点も、どんなときもWiFiと同様です。

NEXTmobileはこんな人におすすめ

NEXTmobileは、データ通信量無制限で、とにかく安くポケットWi-Fiを利用したい人におすすめ

ライブ配信やゲーム配信に向いているサービス3つの、データ通信量無制限プランの月額料金は以下のとおりです。

月額料金
どんなときもWiFI 3,480円
NEXTmobile
使い放題プラン
3,100円
FUJI WiFi
快適!クラウドプラン
3,980円

このように、月額料金はNEXTmobileが最安となっています。

3.FUJI WiFi

FUJI Wifi「FUJI WiFi(フジ・ワイファイ)」は、ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスです。

FUJI WiFiでは、以下5つのプランを提供しています。

月額料金
25ギガプラン 2,480円
50ギガプラン 2,980円
100ギガクラウドプラン 3,480円
快適!クラウドプラン 3,980円
WiMAX2+プラン 3,200円

「WiMAX2+プラン」はWiMAXの端末をレンタルできるプラン、それ以外はキャリア回線を使ったポケットWi-Fiをレンタルできるプランです。

WiMAXは屋内で電波を受信しにくいデメリットがあるので、それ以外のプランを選びましょう

キャリア回線のプランでレンタルできる機種は、それぞれ以下のとおりです。

機種
25ギガプラン FS030W
50ギガプラン
100ギガクラウドプラン GlocalMe G3
快適!クラウドプラン
ハカセ
ハカセ
どちらの機種も、上り最大速度は50Mbpsとなっています

FUJI WiFiがライブ配信やゲーム配信におすすめな理由

FUJI WiFiがおすすめな理由は、以下の3点です。

  • 快適!クラウドプランなら、月間のデータ通信量無制限
  • 3日で10GBなどの制限なし
  • キャリア回線を使用

FUJI WiFiの「快適!クラウドプラン」では、月間のデータ通信量が無制限

3日で10GBなどの制限もありません

キャリア回線を使用しているプランを選べば、屋内でも安定した通信が可能です。

FUJI WiFiのデメリット

FUJI WiFiのデメリットは、プランによっては月額料金が高額だという点。

データ通信量が無制限の快適!クラウドプランでは、月額料金が3,980円です。

とはいえ、FUJI WiFiには「50ギガプラン」や「100ギガクラウドプラン」のような大容量プランもあります。

50ギガプランなら月額料金は2,980円、100ギガクラウドプランでも3,480円です。

こうしたプランを選べば、他のサービスに比べて高いということはありません。

FUJI WiFiはこんな人におすすめ

FUJI WiFiは、契約期間に縛られたくないという人におすすめ

どんなときもWiFiやNEXTmobileには2年間の縛りがあり、更新月以外に解約した場合、9,500~19,000円の契約解除料がかかってしまいます。

その点、FUJI WiFiには契約期間の縛りがなく、いつ解約しても契約解除料がかかりません

ライブ配信やゲーム配信におすすめなポケットWi-Fi3つを比較

中国に持っていくポケットWiFiの選び方ここまで、ライブ配信やゲーム配信におすすめなポケットWi-Fi3つを紹介してきました。

では、これらの3つのうち、最もおすすめなのはどこなのでしょうか?

各ポケットWi-Fiの比較表は、以下のとおりです。

どんなときもWiFi NEXTmobile
使い放題プラン
FUJI Wifi
快適!クラウドプラン
月額料金 3,480円 3,100円 3,980円
契約期間 2年間 なし
契約解除料 9,500~19,000円 なし
使用回線
キャリア回線
(トリプルキャリア)
キャリア回線
データ通信量 無制限
上り最大速度 50Mbps

どんなときもWiFiとNEXTmobileは、3年目から上記の料金+500円

キャリア回線を使用している点とデータ通信量、上り最大速度はどのサービスも同じです。

そのためサービスを選ぶポイントは、月額料金と契約解除料の2点になります。

月額料金が一番安いのは、3,100円のNEXTmobile。

更新月以外に解約しないのなら、NEXTmobileが一番おすすめです。

途中で解約する可能性があるのなら、契約解除料がかからないFUJI WiFiがおすすめ

快適!クラウドプランはやや高額ですが、100ギガクラウドプランなら、月額料金はどんなときもWiFiと同じ3,480円。

50ギガプランで十分なら、わずか2,980円です。

さらに他の2サービスと違って、契約3年目以降も月額料金は変わりません。

まとめ

ポケットWi-Fiは固定回線に比べると、ライブ配信やゲーム配信をするのには向きません。

しかし自宅に固定回線がない場合や、自宅外でも配信をする場合、ポケットWi-Fiがあれば便利です。

ポケットWi-Fiを契約するなら、以下の条件を満たしたサービスを選びましょう

  • データ通信量が無制限(3日で10GBなどの制限もなし)
  • キャリア回線を使用している

これらの条件を満たしているのは、以下の3サービスです。

こんな人におすすめ!
どんなときもWiFi 過疎地でもライブ配信をしたい
NEXTmobile 月額料金を安く抑えたい
FUJI WiFi 契約期間に縛られたくない

ポケットWi-Fiをライブ配信やゲーム配信に使いたいという方は、ぜひこれらのサービスとの契約を検討してみてはどうでしょうか。