ポケットWiFiの豆知識

格安SIMとポケットWiFiの併用で年3万円節約!料金をシミュレーションして解説!

が遅いと、何かトラブルがあったときに困りますよね。 それがだいじWiFiを選ぶべき3つのメリット

スマホの通信量を下げるために、ポケットWiFiや格安SIMは有効なのか、お悩みですか?実際、使ったらお得なのかどうか、わかりづらくて困りますよね。

そこで本記事では、ポケットWiFiと格安SIMについて、以下の点をご紹介します。

  • スマホを使うなら、格安SIMとポケットWiFi、どっちがお得?
  • 格安SIMとポケットWiFiを併用したら、いくら節約できる?
  • 格安SIMと併用するのにオススメのポケットWiFiはどれ?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

Contents

格安SIMの3つの特徴とは?

格安SIMとは、スマホで回線を使うためのICカードを、安く契約できるサービスのことです。ポケットWiFiにもICカードを使いますが、本記事では、スマホに入れるSIMカードを「格安SIM」と呼びます。

格安SIMの特徴は、主に下記の3点。

  1. 月額料金が安い
  2. 通信速度が遅い
  3. 契約期間・解約金の縛りがない場合あり

それぞれの特徴について、以下で説明していきますね。

【格安SIMの特徴1】月額料金が安い

格安SIMの最大の特徴は、大手携帯電話会社よりも月額料金が安いことです。料金設定は各会社により異なりますが、月額2000円以下のプランもあります。

安くできる理由は、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線を借りているため。通信施設の維持費がかからないのです。

格安SIMの料金プランは、各企業が自由に設定しています。

【格安SIMの特徴2】通信速度が遅い

格安SIMは、通信速度が遅いことも、特徴の1つ。遅くなる理由は、大手キャリアの回線の一部を借りているため。大手の回線に比べると通信量に限度があるのです。

そのため、ネットユーザーが多くなる時間帯や場所などは、回線が混み合い、通信速度が遅くなります。普段のサイト閲覧程度なら問題ないですが、ずっと動画を見続けるのは苦しい速度ですね。

【格安SIMの特徴3】契約期間・解約金の縛りがない場合あり

大手キャリアと違い、格安SIMは、契約期間や解約金を縛らない場合もあります。特に、データ通信のみの契約では、縛りがないものが多いです。

ただし、音声通話付きのプランでは契約期間を縛るパターンもあるので、契約の前によく確かめましょう。

ポケットWiFiの3つの特徴とは?

ポケットWiFiのイメージ画像

ポケットWiFiの特徴は、主に下記の3点です。

  1. 通信容量無制限・速度制限なしのプランあり
  2. WiFi対応機器なら接続可能
  3. 月額料金が格安SIMより高い

それぞれの特徴について、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiの特徴1】通信容量無制限・速度制限なしのプランあり

ポケットWiFiには、通信速度制限なしのプランもあるのが特徴。月間通信容量が無制限で、なおかつ3日で10GBという制限も無しです。

すべてのプロバイダで対応しているわけではありませんが、FUJI Wifiでは速度制限なしのプランがあります。格安SIMより通信容量が多いのが魅力なので、上限を気にせずに使い放題なのは良いですね。

【ポケットWiFiの特徴2】WiFi対応機器なら接続可能

ポケットWiFiは、WiFi対応の様々な機器に接続できることが特徴です。よく利用するWiFi対応機器としては、次の物が挙げられます。

  • スマホ(iPhone・Android)
  • パソコン
  • タブレット・iPad
  • ゲーム機(PS4・ニンテンドースイッチ・3DS等)
  • プリンター
  • テレビ

上記の他に、WiFi対応の家電にも接続可能。以前なら有線でしかネット接続できなかった機器も、ポケットWiFiで接続できます。

【ポケットWiFiの特徴3】月額料金が格安SIMより高い

ポケットWiFiは、格安SIMと比べると月額料金が高いことも特徴。格安SIMの月額2000円以下に対し、ポケットWiFiは月額約2800円以上です。

ただ、料金が高い分、通信容量や接続可能台数が多いなどの利点があります。ライフスタイルに合わせて、うまく活用できると、料金以上のメリットを得られますね。

格安SIMとポケットWiFiどっちがお得?タイプ別に解説!

スマホをお得に使うためには、格安SIMとポケットWiFiのどちらが良いのか、解説いたします。判断するポイントは、主に次の3つです。

格安SIM ポケットWiFi
1.データ通信量が多い ×
2.複数端末でネット利用 ×
3.月額料金の安さ重視 ×

それぞれのタイプについて、以下で説明していきますね。

【格安SIMとポケットWiFiのどちらがお得?タイプ1】データ通信量が多い

格安SIM ポケットWiFi
データ通信量が多い ×

データ通信量が多い場合は、格安SIMよりポケットWiFiを使う方がオススメです。格安SIMは、通信容量の上限が少なく、すぐに速度制限にかかってしまうため 。

たとえば、以下のような場面でも、通信量は多くなります。

  • オンラインゲームをする
  • 動画を見る
  • デザリングの通信量が多い

速度制限後は、動画を見ることも厳しくなるため、とても不便です。上記の使い方をする場合は、ポケットWiFiを選びましょう。

逆に、インターネットをほとんど使用しない場合は、格安SIMの方がお得ですね。料金重視で選ぶ際の説明は、後述いたします。

【格安SIMとポケットWiFiのどちらがお得?タイプ2】複数端末でネット利用

格安SIM ポケットWiFi
複数端末でネット利用 ×

複数台の端末をネットに接続したい場合は、格安SIMよりポケットWiFiの方が良いですね。格安SIMのデザリングでも、複数台接続することは可能ですが、問題点が2つあります。

  1. 通信速度がさらに遅くなる
  2. すぐに通信速度制限にかかってしまう

同じ端末を介して同時接続した場合、通信速度は遅くなります。

なぜなら、通信量の上限枠を、複数台で分け合うため。もともと格安SIMは通信速度が速くないのに、さらに遅くなってしまいますね。

また、同時に複数台で接続すると、データ通信量は一気に増えます。すると、上限を超えて通信速度制限にも引っかかってしまうのです。

ハカセ
ハカセ
通信容量が多くなる場合は、格安SIMよりポケットWiFiを選びましょう。

なお、同時接続できる台数は、ポケットWiFiの機種によります。一般的には、10~16台程度を接続可能です。

【格安SIMとポケットWiFiのどちらがお得?タイプ3】月額料金の安さ重視

格安SIM ポケットWiFi
月額料金の安さ重視 ×

月額料金をとにかく安く済ませたい場合は、ポケットWiFiよりも格安SIMの方がオススメです。

料金は各通信事業者によりますが、一般的に、ポケットWiFiは月額2800円~4300円程度です。それと比べ、格安SIMは、月額2000円以下の料金プランもあります。

通信容量や速度制限を気にしなければ、格安SIMの方が圧倒的にお得ですね。

格安SIMとポケットWiFiの併用が最強!月額通信料金はいくら節約できる?

本記事内で「格安SIMとポケットWiFiではどちらがお得か?」という話を先述しました。しかし、どちらかではなく「格安SIMとポケットWiFiの併用」が、実は最強なのです。

「格安SIMとポケットWiFiの併用」というのは、以下の状態を指します。

  • 通話:格安SIM(スマホ)
  • ネット:ポケットWiFi接続

ネットは、通信容量の多いポケットWiFiで利用。そして、ポケットWiFiの弱点である「通話ができない」を、格安SIMでカバーします。

つまり、両方のいいとこ取りです。

格安SIMとポケットWiFiを併用すると、どれだけ通信料が安くなるか、というシミュレーションをしていきます。

検証内容の設定は、下記のとおり。

<検証1:月間25ギガ使用>
変更前 auスマホのみ
変更後 イオンモバイル + ポケットWiFi の併用
<検証2:月間通信容量上限なし>
変更前 auスマホのみ
変更後 イオンモバイル + ポケットWiFi の併用

それぞれの比較内容を、以下に紹介していきますね。

【格安SIMとポケットWiFi併用の節約検証1】月間25GB利用

以下は、控えめに使いたい方を想定した比較です。厳密に同じ要領が使えるプランがなかったため、月間25GB利用時の、変更前・変更後のプラン内容・料金・差額の一覧表です。

<利用ギガ数25GB:auスマホのみからイオンモバイル+ポケットWiFiへ変更した場合>
変更前 変更後 差額
キャリア・メーカー au イオンモバイル FUJIWifi
機種・端末 スマホのみ(Android) スマホ ポケットWiFi
利用ギガ数 25GB 500MB未満 25GB
料金プラン auフラットプラン25NetflixパックN 音声500MBプラン ルーター50ギガプラン
月額料金(~6か月間) 5,150円 1,130円 2,480円
月額料金(7か月目~) 6,150円 1,130円 2,480円
月額合計料金(7か月目~) 6,150円 1,130円+2,480円=3,610円 2,540円
1年間合計金額計算(7か月目~) 6,150円×12 3,610円×12
1年間合計金額 73,800円 43,320円 30,480円

(2019年11月時点)

<検証1:月間25ギガ程度使用時の比較結果>

  • 月額の節約金額:2,540円
  • 1年間合計の節約金額:30,480円

比較結果は、上記のとおり。

一年間に換算すると3万円以上の節約になりました。

【格安SIMとポケットWiFi併用の節約検証2】月間通信容量上限なし

次に、月間通信容量上限なしの時の、変更前・変更後のプラン内容・料金・差額の一覧表です。

<利用ギガ数上限なし:auスマホのみ から イオンモバイル+ポケットWiFi へ変更した場合>
変更前 変更後 差額
キャリア・メーカー au イオンモバイル どんなときもWiFi
機種・端末 スマホのみ(Android) スマホ ポケットWiFi
利用ギガ数 上限なし 500MB未満 上限なし
料金プラン auデータMAX プランPro 音声500MBプラン データ放題プラン
月額料金(~6か月間) 5,980円 1,130円 3,480円
月額料金(7か月目~) 6,980円 1,130円 3,480円
月額合計料金(7か月目~) 6,980円 1,130円+3,480円=4,610円 2,370円
1年間合計金額計算(7か月目~) 6,980円×12 4,610円×12
1年間合計金額 83,760円 55,320円 28,440円

(2019年10月時点)

<検証2:月間通信容量上限なしの時の比較結果>

  • 月額の節約金額:2,370円
  • 1年間合計の節約金額:28,440円

比較結果は、上記のようになりました。こちらも大きく節約できています。

参考元:auデータMAXプランPro

参考元:イオンモバイル|料金プラン

参考元:どんなときもWiFi|料金プラン

格安SIMとポケットWiFiを併用するときの2つの注意点

格安SIMとポケットWiFiを併用するときの注意点は、以下の2つです。

  1. 通話料金が高い
  2. 荷物が増える

それぞれの注意点について、解説していきますね。

【格安SIMとポケットWiFiの併用の注意点1】通話料金が高い

格安SIMとポケットWiFiを併用しても、通話料金が安くなるわけではないので、注意が必要です。

通話料金は、MVNOで30秒20円程度のプランが多いですね。長電話をすると高額になるので、気をつけましょう。

普段のやり取りではチャットを使い、電話はLINE電話やスカイプ、ZOOMなどで代用。通話は、どうしても必要な時だけに抑えるのが良いですね。

【格安SIMとポケットWiFiの併用の注意点2】荷物が増える

格安SIMとポケットWiFiを併用すると、機器が2台になるので、その分荷物が増えます。

外出時には、常にポケットWiFiを持ち歩かなければなりません。ポケットWiFiを忘れてしまうと、ネットがほとんど使えなくなるため。

ポケットに入れづらいため、スマホと財布だけ持って出かけるような時に、意外と忘れがちです。普段から忘れ物が多い人は、充分注意しましょう。

格安SIMと併用するのにおすすめのポケットWiFiは?

格安SIMと併用するのにおすすめのポケットWiFiは、次の3つです。

<格安SIMと併用におすすめのポケットWiFi>

  1. FUJI Wifi
  2. どんなときもWiFi
  3. SPACE Wi-Fi

上記3社をおすすめしたポイントは、以下の5つ。

<おすすめポイント>

  1. 端末料金が0円(3社共通)
  2. 月間容量無制限プランあり(3社共通)
  3. 3日間10GBの制限なし(FUJI Wifi・どんなときもWiFi)
  4. 契約期間縛りなし(FUJI Wifi・SPACE Wi-Fi)
  5. 解約金0円(FUJI Wifi・SPACE Wi-Fi)

それぞれのポケットWiFiについて、料金プランなどを紹介していきますね。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ1】FUJI Wifi

<FUJI Wifiの特徴の一覧表>
プラン名 ルーター 50ギガプラン ルーター快適プラン
月間通信容量 25GB 無制限
3日間通信容量 無制限 無制限
月額料金 2,980円 3,980 円
端末料金 0円 0円
解約金 0円 0円
契約期間(縛り) 縛りなし 縛りなし
同時接続台数 10~15台 10~15台

FUJI Wifiのメリットは、契約期間の縛りが一切なく、解約金も0円という点です。使ってみて、自分のライフスタイルに合わなかったら、いつでも解約することが可能。

また、3日間10GBの制限が全くなく、月間容量無制限のプランもある点が魅力です。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ2】どんなときもWiFi

<どんなときもWiFiの特徴の一覧表>
プラン名 データ放題プラン(クレジットカード払い)
月間通信容量 無制限
3日間通信容量 無制限
月額料金 3,480円
端末料金 0円
解約金 9,500~19,000円
契約期間(縛り) 2年
同時接続台数 5台

(※2019年10月時点)

参考元:料金プラン|どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのメリットは、3日間10GBの制限が全くなく、月間容量も無制限というところ。また、クラウドSIMという技術により、どこでも繋がりやすい通信を提供しているのが特徴です。

しかし、契約期間が2年で縛られ、解約金もあるため、気軽に試せないのが難点です。また、同時接続台数が5台というのは、少し寂しいですね。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ3】SPACE Wi-Fi

<SPACE Wi-Fiの特徴の一覧表>
プラン名
月間通信容量 無制限
3日間通信容量 3日間で10GB(超過すると翌日2時まで最大1Mbps)
月額 3,680円
端末料金 0円
解約金 0円
契約期間(縛り) 縛りなし
同時接続台数 10台

(※2019年10月時点)

SPACE Wi-Fiのメリットは、契約期間の縛りが一切なく、解約金も0円という点です。ただ、3日間10GBを超えると速度制限がかかるのは、少し気になりますね。