ポケットWiFiの豆知識

hy-fiの評判を徹底調査!【月額料金の表記に騙されるな!】

次々に新しいサービスが登場するポケットWiFi業界において、ひっそりと誕生した「hy-fi(ハイ・ファイ)」。

知名度や注目度は決して高くないものの、海外使用可能でトリプルキャリア対応、データ通信量が無制限など、魅力的な特徴を持っています

しかし現状ユーザーが少ないため、実際のところはどうなのかと気になっている方もいるでしょう。

そこで今回は、hy-fiのメリットやデメリット、評判などについて徹底調査。

その結果、以下のことが判明しました。

hy-fiまとめ
  • 月額料金の誇大表示に要注意!
  • 運営会社の評判がかなり悪い
  • LINEでのサポート対応がGood

これらを含めた詳しい内容を説明していくので、hy-fiが気になるという方は、ぜひチェックしてみてください。

Contents

契約前に知っておくべきhy-fiの7つのデメリット

【モナWiFi】契約前に絶対知るべき9つのデメリットhy-fiは公式ページを見るかぎり、非常にお得なサービスのように感じられます。

ハカセ
ハカセ
しかし見せ方がうまいだけで、実際にはデメリットもたくさんあるのです

この点を知らずに契約してしまうと、後悔してしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、契約前に以下のデメリットについて知っておきましょう。

  • ライトプランの月額料金は誇大広告
  • 契約期間の縛りがある
  • 通常のプランは月額料金がやや高め
  • 海外で1日に使えるデータ容量が少ない
  • 通常プランの支払い方法はクレカのみ
  • ライトプランは口座振替だと料金が高額に
  • 端末を紛失すると違約金がかかる

ここでは、これらのデメリットについて説明していきます。

hy-fiのデメリット①ライトプランの月額料金は誇大広告

hy-fiには通常のプランの他に、「ライトプラン」があります。

公式ページにはライトプランのバナーが貼ってあり、これを踏むことで、ライトプランの詳細ページにアクセス可能です。

このバナーには、「月額980円~使える!」と大きな文字で書かれています。

しかし、この表記は嘘

980円で使えるのは1カ月目だけで、2カ月目以降の月額料金は3,280円

破格なのは最初だけなので、騙されないようにしましょう。

hy-fiのデメリット②契約期間の縛りがある

hy-fiには、2年間の契約期間の縛りがあります。

契約期間内に解約した場合、9,500円の違約金を支払わなければなりません

ポケットWi-Fiのなかには、契約期間の縛りがなく、違約金がかからないものも。

途中で解約するかもしれないという人は、そうしたサービスとの契約をおすすめします。

関連記事:違約金なしのポケットWiFiの5社を徹底比較!タイプ別におすすめを紹介

hy-fiのデメリット③通常のプランは月額料金がやや高め

最近ではhy-fiも含め、データ容量が無制限のポケットWi-Fiも増えてきました。

しかしそのなかで、hy-fiの通常プランの月額料金は、やや高め

hy-fiと他の2サービス、それぞれの月額料金は以下のとおりです。

月額料金
hy-fi 3,880円
どんなときもWiFi 3,480円
(3年目~:3,980円)
NEXTmobile
使い放題プラン
3,100円
(3年目~:3,600円)

このようにhy-fiの月額料金は、「どんなときもWiFi」より400円、「NEXTmobile(ネクスト・モバイル)」より700円も高くなっています。

契約期間の縛りがないならともかく、縛りありで月額料金が4,000円ちかいのは、かなり高いと言えるでしょう。

hy-fiのデメリット④海外で1日に使えるデータ容量が少ない

hy-fiでレンタルしたポケットWi-Fiは、海外でもそのまま使えます。

しかし海外で使う場合、1日に使えるデータ容量は500MB(0.5GB)のみ

500MB以上使うと速度制限がかかり、通信速度が384kbpsになります。

これは、スマホが「パケ死」したときの倍の速度です。

海外でも使用できるポケットWi-Fiを空港でレンタルできる「海外WiFiレンタルサービス」なら、1日1GBや無制限のプランもあります。

ハカセ
ハカセ
海外でもネットを存分に楽しみたいという人は、こちらのサービスの方がおすすめです

hy-fiのデメリット⑤通常プランの支払い方法はクレカのみ

hy-fiの通常のプランでは、支払い方法はクレジットカードのみ

口座振替やデビットカードは、使用できません。

hy-fiのデメリット⑥ライトプランは口座振替だと料金が高額に

通常のプランと違い、ライトプランなら口座振替での支払いも可能です。

ただし口座振替の場合、月額料金が大幅にアップ

ライトプランの支払い方法別の月額料金は、以下のとおりです。

クレジットカード 3,280円
口座振替 3,980円

このように、口座振替の月額料金は、クレジットカードより700円も高額

他のポケットWi-Fiでも、口座振替の方がクレジットカードより高くなっているケースは多いのですが、差額は200円程度。

700円もの差額は、高すぎると言えるでしょう。

hy-fiのデメリット⑦端末を紛失すると弁済金がかかる

hy-fiでは、レンタルしていた端末を紛失すると、プランに応じて以下の弁済金がかかります。

通常プラン 28,000円
(液晶割れは18,000円)
ライトプラン 15,000円

ポケットWi-Fiのレンタルサービスでは、端末を紛失すれば弁済金がかかるのは仕方ありません。

しかし通常プランの弁済金の28,000円は、明らかに高すぎます

利用する場合は、端末を紛失しないよう、他のサービス以上に注意が必要です。

hy-fiを選ぶべき5つのメリット

ポケットwifi買取のコツhy-fiには、以下5つのメリットもあります。

  • ライトプランは月額料金が安い
  • トリプルキャリアに対応
  • 速度制限なしで使い放題
  • 通常プランの端末がハイスペック
  • LINEでのサポート対応がGood

ここではそれぞれの内容について、説明していきましょう。

hy-fiのメリット①ライトプランは月額料金が安い

hy-fiのライトプランの月額料金は、3,280円。

以下の表を見れば分かるとおり、データ通信量無制限のポケットWi-Fiのなかでも、かなり安価です。

月額料金
hy-fi
ライトプラン
3,280円
どんなときもWiFi 3,480円
(3年目~:3,980円)
NEXTmobile 3,100円
(3年目~:3,600円)

hy-fiのライトプランの月額料金は、どんなときもWiFiより200円お得。

料金はずっと定額なので、3年目以降の月額料金は「NEXTmobile(ネクスト・モバイル)」より安くなります

hy-fiのメリット②トリプルキャリアに対応

hy-fiは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアに対応。

現在地や時刻に応じて、最も電波の強い回線に自動で切り替わります。

ソフトバンクの回線を使用しているポケットWi-Fiは、ソフトバンクの対応エリア外では利用できません。

しかしトリプルキャリア対応のhy-fiなら、ソフトバンクが圏外の場所でも、ドコモかauの対応エリア内であれば、問題なく使用できます

hy-fiのメリット③速度制限なしで使い放題

hy-fiは、月間のデータ通信量が無制限。

3日に10GBなどの制限もないため、速度制限なしで使い放題です。

ただし他の無制限のポケットWi-Fi同様、著しくデータ量を消費すると、速度制限がかかることもあります。

具体的に、月に何GBくらい使ったら制限がかかるかを問い合わせてみたところ、以下の回答が得られました。

hy-fiで速度規制がかかる目安は、月間300GB

YouTubeの動画をHD画質で観られる時間は、1GBで33分程度、300GBなら165時間です。

関連記事:1GBでできることはどれくらい?動画はみられる?使用量の確認方法も解説!!

ハカセ
ハカセ
よほどのヘビーユーザーでない限り、これを1カ月で超過するのは、かえって難しいと言えるでしょう

hy-fiのメリット④通常プランの端末がハイスペック

hy-fiの通常プランとライトプランでは、レンタルできる端末が異なります。

それぞれの端末は、以下のとおりです。

通常プラン G4
ライトプラン U2s

通常プランの「G4」は、かなりのハイスペック機種。

G4には、以下の機能が備わっています。

  • 翻訳機能
  • Google Maps
  • Tripadvisor

翻訳機能は、22カ国語に対応

「Google Maps(グーグル・マップ)」や、世界中の宿泊施設やレストランの口コミなどが閲覧できる「Tripadvisor(トリップアドバイザー)」も搭載。

海外旅行に持っていくのに、これほど心強い機種もないでしょう。

hy-fiのメリット⑤LINEでのサポート対応がGood

hy-fiでは、公式ページから友だち追加することで、LINEのトーク画面からお客様窓口に質問ができます。

不明点を訪ねてみたところ、質問から20分程度で回答が返ってきました

答えにくそうな質問にも答えてもらえて、満足度が高かったです。

お客様窓口の友だち追加方法については、後ほど「申込み方法」のパートで紹介します。

hy-fiの口コミ数はゼロ!運営会社の評判は?

WiFiのアクセスポイントとは?似たような用語も解説!hy-fiと契約しようか検討している人は、実際に利用している人からの評判が気になるところでしょう。

しかし、まだ新しいサービスであるためか、ツイッターで探してみたものの、ユーザーの口コミは1つもありませんでした。

そこで、hy-fiの運営会社である「株式会社Twelve」で検索してみると、以下のような悪い評判がいくつか見つかりました

Twelveはhy-fi以外にも、ポケットWi-Fiのサービスを提供しています。

口コミのなかには、Twelveと知らない間に契約していて、それまで一切引き落としがなかったにもかかわらず、突如数カ月分の請求書が送られてきたという悪質なものも

こうしたツイートから、あまり誠実な会社ではないという印象を受けます。

LINEの対応を見るかぎり改善している可能性もありますが、契約を考えている人は口コミが出てくるのを待ってみてもいいかもしれません。

hy-fiはこんな人におすすめ

格安SIMのシェアプランのメリットここまで、hy-fiのメリットやデメリット、運営会社の口コミなどについて紹介してきました。

では、果たしてhy-fiは、おすすめのサービスなのでしょうか?

hy-fiは運営会社について懸念が残りますが、現状の対応を見る限り、以下の人は選択肢の一つに入れても良さそうです。

  • 2年以上使い続けるという人
  • データ通信量を気にせず利用したい人
  • 過疎地などで利用したい人
  • 海外でもそのまま端末を使いたい人
  • サポートに色々質問したい人

ここでは、それぞれについて説明していきましょう。

hy-fiがおすすめな人①2年以上使い続けるという人

ライトプランで2年以上使い続けるなら、hy-fiはおすすめです。

hy-fiのライトプランの月額料金は、ずっと3,280円。

NEXTmobileの使い放題プランは3,100円ですが、3年目から3,600円になります。

3年目以降の月額料金は、hy-fiの方が安価です。

hy-fiがおすすめな人②データ通信量を気にせず利用したい人

hy-fiは、データ通信量が無制限。

厳密には、月に300GB以上消費すると規制がかかるようですが、これだけのデータ量を消費するのは、かえって至難の業です。

加えて、3日で10GBなどの制限もありません。

そのため速度制限を気にせず、快適にネットが楽しめます。

hy-fiがおすすめな人③過疎地などで利用したい人

hy-fiは、ドコモやau、ソフトバンクの全てに対応。

どこか1つが圏外でも、他の回線が利用できるぶん、必然的に対応エリアが広くなっています

電波が入るか不安が残る過疎地などでもポケットWi-Fiを利用したいという人には、うってつけです。

hy-fiがおすすめな人④海外でもそのまま端末を使いたい人

海外でポケットWi-Fiを使用する場合、1日あたりのデータ容量の多さを重視するなら、海外WiFiレンタルサービスの方がベター。

ただし申込みや端末の受取り、返却等の手間がかかります。

容量の多さより手間がかからないことを重視するなら、hy-fiもおすすめです。

hy-fiがおすすめな人⑤サポートに色々質問したい人

hy-fiでは、お客様窓口を友だち追加することで、LINEのトーク画面からチャットで質問を送れます

返信速度も速いので、色々質問したい人にはおすすめです。

hy-fiの申込み方法を紹介!

契約前に絶対知るべき6つのデメリットhy-fiには、以下2種類の申込み方法があります。

  • 電話
  • LINE

公式ページには専用のメールフォームもありますが、ここに記載できる内容は、氏名やメールアドレス、電話番号のみ。

メールを送った場合、以下の対応になります。

  • 電話がかかってくる
  • SMSやメールにLINE追加の誘導メッセージが来る

結局メールでは申込みができないため、最初から電話かLINEで申し込んだ方がスムーズです。

ここでは、それぞれの申込み方法について説明していきます。

1.電話で申し込む

hy-fiの電話番号と受付時間は、それぞれ以下のとおりです。

電話番号 0120-983-849
受付時間 9時~21時/年末年始以外

電話が繋がったら、申込みしたい旨を伝えて、窓口の指示に従って口頭で申込み手続きを済ませましょう。

電話をかけてみても、自動音声で「現在混み合っております」と言われることも。

この場合、電話が折り返しかかってくるのを待つか、LINEから問い合わせをするよう案内があります

電話が繋がらなかった場合は、次に説明するLINEで申し込むといいでしょう。

2.LINEで申し込む

LINEでの申込み手順は、以下のとおりです。

  1. hy-fiの公式ページにアクセスする
  2. 友だち追加またはQRコードを読み込む
  3. hy-fiお客様窓口を友だちに追加
  4. トーク画面で「2」を送信

ここでは、各手順について説明していきます。

①hy-fiの公式ページにアクセスする

まずは以下のリンクから、hy-fiの公式ページにアクセスしましょう

(パソコンの場合はCtrlキーを押しながらクリック、スマホの場合はボタンを長押しすることで、公式ページを別ウインドウで開けます)

②友だち追加またはQRコードを読み込む

公式ページにアクセスしたら、画面右上にある「お問い合わせ」のボタンをタップしましょう。

「お問い合わせ・お申し込み」の項目にジャンプします。

画面を少し下にスクロールすると、「友だち追加」のボタンとQRコードが出てくるので、好きな方で進めましょう。

③hy-fiお客様窓口を友だちに追加

「hy-fiお客様窓口」のLINEアカウントが出てくるので、「追加」か「トーク」をタップします。

④トーク画面で「2」を送信

トーク画面が出てきて、最初のメッセージが自動で送られてきます。

このままLINEで申し込みをしたいという人は、メッセージに「2」と打って送信しましょう。

あとはサポートの指示に従って、LINEで申込み手続きを完了させます。

申込みが済んだら、端末が届くのを待つだけです。