ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiはガラケーで使える?かけ放題との組み合わせでお得に!

毎月かかる通信費用を少しでも抑えるために、スマホからガラケーに切り替えようと思っている方。もしくはすでにガラケーに切り替えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、さらに月額料金を抑えたいのであれば、ガラケーとポケットWiFiを併用することをオススメします。ただし、ガラケーの選び方やポケットWiFiの選び方には注意が必要です。

そこでこの記事では、

  • ガラケーとポケットWiFiは接続可能?
  • ガラケーとポケットWiFiを使って通信費を下げる方法
  • ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるメリットデメリット
  • ガラケーとの併用にオススメのポケットWiFi

といった、ガラケーとの相性を徹底解説。

この記事を読めば、ガラケーとポケットWiFiを組み合わせて、月額料金を抑える方法がわかりますよ。内容は難しくないので、是非参考にしてみてください!

*本来「ポケットWiFi」とはY!mobile社が提供するWiFiルーターの商品名のことですが、現在では持ち運びができるモバイルルーターのことを俗称として「ポケットWiFi」と呼んでいます。

本記事では、持ち運びができるWiFiルーターという意味で「ポケットWiFi」という言葉を使用しておりますので、ご了承ください。

ガラケーはポケットWiFiで接続できるの?

ガラケーはポケットWiFiで接続できるの?

ガラケーでポケットWiFiを利用したことがなければ「ガラケーはポケットWiFiを利用できるのだろうか?」と疑問が浮かびますよね。結論からいうと、ガラケーでもポケットWiFIの利用は可能です。ガラケー本体の設定画面から接続できます。

ただし、WiFi接続に対応していないガラケー端末も多いことを頭に入れておきましょう。すべてのガラケーでポケットWiFiを利用できるわけではありません。特に、古いものだとポケットWiFiに対応していないものも多いですね。

もし、ポケットWiFiに対応しているガラケーを入手したいのであれば「ガラホ」を入手するとよいでしょう。ガラホとは、OSがAndroidベースになっているガラケーのことです。ガラホであれば、ほぼ確実にWiFiへの接続が行えます。

不安であれば、商品ページや購入した店舗にて確認してみるとよいでしょう。

ガラケーとポケットWiFiを使って通信費を下げる方法は?どこまで節約できるの?

ガラケーとポケットWiFiを使って通信費を下げる方法は?どこまで節約できるの?

次にガラケーとポケットWiFiを併用することで、どのくらい節約できるのかを確認します。ガラケー単体で利用するのと、ガラケー+ポケットWiFiの組み合わせとではどちらの方がどのくらい安くなるのでしょうか。

今回はデータ容量別に2つのパターンに分けてシュミレーションしました。

  • 月間25GB利用した場合
  • 月間無制限で利用した場合
詳細は以下をご覧ください。

【ガラケーとポケットWiFiの利用1】月間25GB利用した場合

まずは、月間25GB利用した場合の料金を比較していきます。ガラケーの利用キャリアはソフトバンクを想定して計算しました。比較結果は以下のとおりです。

<利用ギガ数25GB:ガラケーのみからガラケー+ポケットWiFiへ変更した場合>
変更前 変更後 差額
キャリア・メーカー ソフトバンク FUJIWifi+ソフトバンク(通話のみ)
機種・端末 ガラケーのみ ポケットWiFi+ガラケー
利用ギガ数 25GB 25GB
料金プラン ミニモンスター 25ギガプラン+ガラケーの基本料金
月額料金(1~13カ月目) 5,480円 2,480円+通話基本料金980円
月額料金(14か月目~) 6,480円 2,480円+980円
1年間合計金額計算 1年目:5,480×12
2年目:6480×11+5,480
1年目:3,460円×12
2年目:3,460円×12
1年間合計金額 1年目65,760円
2年目76,760円
1年目41,520円
2年目41,520円
1年:24,240円
2年:35,240円

このように、年間に直すと万単位で差が生じる結果になりました。25GBの利用では月額料金を抑えたいのであれば、ポケットWiFiとガラケーの組み合わせがお得ですね。

【ガラケーとポケットWiFiの利用2】月間無制限にした場合

次に月間の使用容量を無制限にした場合の差額を確認していきます。ただし、ソフトバンクはガラケーの無制限プランが無かったため、最大容量である50GBで算出しています。比較結果は以下のとおり。

<利用ギガ数上限なし:ガラケーのみからガラケー+ポケットWiFi へ変更した場合>
変更前 変更後A 変更後B 差額
キャリア・メーカー ソフトバンク どんなときもWiFi+ソフトバンク FUJIWiFi+ソフトバンク
機種・端末 ガラケーのみ ポケットWiFI+ガラケー ポケットWiFi+ガラケー
利用ギガ数 50GB(最大容量) 上限なし 上限なし
料金プラン ミニモンスター データ放題プラン 快適クラウドプラン
月額料金(1~13カ月目) 5,480円 3480+980円 3980円+980円
月額合計料金(14か月目~) 6480円 3480+980円 3980円+980円
1年間合計金額計算 1年目:5480×12
2年目:6480×11+5480
1年目:4460円×12
2年目:4460円×12
1年目:4960円×12
2年目:4460円×12
1年間合計金額 1年目65,760円
2年目76,760円
1年目:53,520円
2年目:53,520円
1年目:59,520円
2年目:59,520円
別途記載

1年間合計したときの差額は以下のとおりです。

【変更後A】

  • 1年目:65,760-53,520=12,240円
  • 2年目:76,760ー53,520=23,240円

【変更後B】

  • 1年目:65,760-59,520=6,240円
  • 2年目:76,760ー59,520=17,240円

今回はガラケーが50GBのケースでしたが、容量面、料金面の両方でガラケー+ポケットWiFiの組み合わせの方がお得であるといえますね。

ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるメリット

ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるメリット

ここからは、ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるメリットを改めて確認していきましょう。組み合わせるメリットは以下のとおりです。

  1. 通信費用が落ちる
  2. 通信容量を気にしなくて済む
  3. かけ放題も使える
  4. スマホ端末も使える

詳細は以下をご覧ください。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリット1】通信費が落ちる

ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリットその1は、通信費が落ちる点です。通信費が落ちる理由は、以下の2点が挙げられます。

  1. 固定回線が不要になる
  2. 通話のみのプランでいい
家で固定のWiFi回線を引いている場合、ポケットWiFiを利用することで固定回線が不要になります。近年のポケットWiFiは固定回線並みの通信速度なので、適切なものを選べば快適にネットを利用できます。
また、ポケットWiFiの回線を利用すればよいので、携帯の回線を利用してネットを使用する場面はほぼ0になりますよね。通話のみのプランで契約できるので、月額料金を安く抑えられます。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリット2】通信容量を気にしなくて済む

ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリットその2は「通信容量を気にしなくて済む」点です。

ガラケーのみでネットを利用していると「使いすぎてないかな」と不安になる方も多いですよね。プランによっては、使用すればするほど月額料金が高くなるものもあります。

その点、ポケットWiFiの無制限プランで契約すれば、容量の減りを気にせずにネットを利用できますよ。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリット3】かけ放題も使える

ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリットその3は「かけ放題も使える」点です。ガラケーには定額制のかけ放題プランが用意されていることがあり、キャリアによって500円~2000円程度の金額で利用できます。

月額料金を抑えつつ、かけ放題が利用できるのは、ポケットWiFiを利用して通信費用を抑えているからです。かけ放題はキャリアと契約しているから得られるメリットの1つですね。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるメリット4】端末があればスマホも使える

スマホの方が画面が大きいし見やすいけれど、値段重視でガラケーを選んだ方はポケットWiFiと併用すると良いでしょう。ポケットWiFiを持っていれば、スマホ端末が使えるからです。

スマホはとくにキャリア契約せず、電波のない状態で持っておきます。それでも、ポケットWiFiを使えばスマホを繋げられますよね。

たとえばスマホからガラケーに乗り換えて、過去の端末が残っているなんて場合は、ポケットWiFiを導入すれば過去のスマホが使えます。

ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるデメリット

ガラケーとポケットWiFiを組み合わせるデメリット

次にガラケーとポケットWiFiを組み合わせるデメリットについて確認していきます。

組み合わせるデメリットで挙げられるのは以下の2つです。

  1. 荷物が増える
  2. 通信可能エリアが狭くなることもある

以下で詳細を確認しましょう。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるデメリット1】荷物が増える

外出先でネットを利用する場合、ガラケーに加えてポケットWiFiを常備しないといけないため手荷物が増えます。

また、ポケットWiFiの充電機器も必要になるのも手荷物が増える原因に。あまり持ち物を増やしたくない方であれば、ポケットWiFiの利用は控えた方がよいですね。

【ポケットWiFiとガラケーを組み合わせるデメリット2】通信可能エリアが狭くなることもある

ポケットWiFiとガラケーを組み合わせると通信可能エリアが狭くなることもあります。なぜなら、ポケットWiFiによって対応しているエリアが異なるからです。

ポケットWiFiで使われている回線はおおまかに以下の2つに分けられます。

  1. WiMAX系の回線
  2. LTE回線

LTE回線は携帯で使用されている回線です。全国的に普及が進んでおり、地方でも快適に利用できます。

その点、WiMAX系の回線はポケットWiFi専用に基地局が立てられているので、場所によっては対応していないエリアもあるんですね。つまり、WiMAX系の端末を利用するとネットを利用できるエリアが狭くなります。

このように、ポケットWiFiによっては、通信エリアが狭くなる可能性があるのがデメリットですね。

ガラケーと併用するのにおすすめのポケットWiFi3選

ガラケーと併用するのにおすすめのポケットWiFi3選

ここからは、ガラケーと併用するのにオススメのポケットWiFiを3つ紹介します。

  1. FUJI Wifi
  2. どんなときもWiFi
  3. Mugen WiFi

詳細は以下をご覧ください。

【ガラケーにオススメなポケットWiFi1】FUJI Wifi

FUJI Wifi

ガラケーに使うポケットWiFiとして、おすすめなのはFUJI Wifi(フジワイファイ)。推奨ポイントは、次のとおりです。

<FUJI Wifiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限(快適!クラウドプラン)
  • 3日間10GBの制限なし
  • 解約違約金0円
  • 端末代金が無料

以下、FUJI Wifiの概要をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

<FUJI WifiのポケットWiFiの概要>
料金プラン 快適!クラウドプラン 25ギガプラン
契約期間 縛りなし 縛りなし
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
月額料金 3,980円 2,480円
解約違約金 0円 0円
キャッシュバック 0円 0円
月間通信容量 無制限 25GB
3日10GB制限 無制限 無制限
同時接続台数 10~15台 10~15台

FUJI Wifiは、LTE回線を使用しているため通信エリアの広さ、繋がりやすさともに問題ありません。

また、容量プランも25ギガ、50ギガ、100ギガ、無制限と分かれているため、自分のニーズに合ったプランを選択できます。

契約期間に縛りがないレンタルスタイルなので、試してみて自分に合わなければいつでも利用をやめられますよ。

【ガラケーにオススメなポケットWiFI2】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのおすすめポイントは、下記のとおりです。

<どんなときもWiFiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限
  • 3日間10GBの制限なし
  • 端末代金が無料

以下、どんなときもWiFiの概要を記載いたします。

<どんなときもWiFiのポケットWiFiの概要>
料金プラン データ放題プラン (クレカ払い)
契約期間 2年
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
月額料金 (1~24か月目) 3,480円
月額料金 (25か月目以降) 3,980円
解約違約金 (0〜12か月目) 19,000円
解約違約金 (13〜24か月目) 14,000円
解約違約金 (26か月目以降) 9,500円
解約違約金 (契約更新月) 0円
キャッシュバック 0円
月間通信容量 無制限
3日10GB制限 無制限
同時接続台数 5台

どんなときもWiFiの魅力はFUJI Wifiと同様にトリプルキャリア対応であることですね。docomo、au、softbankのなかから、その時のつながりやすさに合わせて最も良い回線を選択してくれるところが魅力です。

また、無制限プランもあるので、容量を気にせず利用できます。

注意すべき点は違約金がかかること。最大19,000円になるので、短期で解約する可能性のある人には向きません。

長く使いたいならば、繋がりやすくて便利でしょう。

【ガラケーにオススメなポケットWiFi3】Mugen WiFi

mugenwifi

Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)のおすすめポイントを、紹介していきますね。

<Mugen WiFiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限
  • 3日間10GBの制限なし
  • 端末代金が無料

下記は、Mugen WiFiの概要です。ぜひ参考にしてみてください。

<Mugen WiFiのポケットWiFiの概要>
料金プラン MUGEN アドバンスプラン MUGEN 格安プラン
契約期間 2年 2年
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
月額料金 3,880円 3,280円
解約違約金 (初月) 0円 0円
解約違約金 (1年未満) 9,000円 9,000円
解約違約金 (1~2年未満) 5,000円 5,000円
解約違約金 (25か月目以降) 0円 0円
キャッシュバック 0円 0円
月間通信容量 無制限 無制限
3日10GB制限 無制限 無制限
同時接続台数 5台 5台

Mugen WiFiは無制限にも関わらず料金が安いのが魅力。SoftbankのLTE回線を使っているので対応エリアが広いのも特徴です。

繋がりやすくて安い、無制限のポケットWiFiを求めている方におすすめします。ただし、2年未満で解約すると違約金がかかるため、途中解約する可能性がある場合は注意が必要です。