ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiの上り・下りって何?通信速度の目安と実効速度の測り方も解説

DTI WiMAX2+の申込方法をわかりやすく解説

ポケットWiFiの上り・下りの通信速度をお調べでしょうか?

ポケットWiFiを選ぶとき、速度の目安や測り方を知らずに、機種を選んでいる人も多いかもしれません。

そこで、本記事ではポケットWiFiの通信速度について、以下の点をご紹介します。

  • ポケットWiFiの速度の上りと下りって何?
  • 上りと下りはどっちが重要?
  • Mbps・kbpsって何?
  • ポケットWiFiの通信速度はどれくらい必要?
  • ポケットWiFiの実際の通信速度の測り方は?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。契約後に通信速度で後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

ポケットWiFiの通信速度の上りと下りとは何?

ポケットWiFiを選ぶときの基準の1つとなるのが、速度です。

そこで、通信速度を評価する際に重要な、次の2点について解説していきます。

  1. ポケットWiFiの速度の上り・下り
  2. ポケットWiFiの速度のMbps・kbps

それぞれのポイントについて、以下で見ていきましょう。

ポケットWiFiの通信速度の上り・下りとは

ポケットWiFiの通信速度には「上り」と「下り」があります。この意味は、上りがアップロード、下りがダウンロードです。

アップロード(上り)とは、スマホやPCなどの端末から、データを送ることを言います。反対に、ダウンロード(下り)は、端末でデータを受信することです。

たとえば、動画の投稿・SNS投稿・メールやLINEの送信は、上り(アップロード)。

動画の視聴・WebサイトやSNSの閲覧・メールやLINEの受信は、下り(ダウンロード)です。

上り・下り、それぞれのデータ通信をする速度を、上り速度・下り速度と呼びます。

なお、下り速度を利用するのは、動画のデータなどを、実際にスマホ・PC上にダウンロードする時だけではありません。

ダウンロードせずに、オンライン上で見ている状態でも、データを受信しているため、下り速度を利用します。

ポケットWiFiの通信速度のMbps・Kbpsとは

ポケットWiFiの「Kbps」や「Mbps」は、通信速度を表す単位です。

基本の単位は、bps(ビーピーエス)。1bpsは、1秒あたりのデータ送信量が1ビットのときの速度です。

bpsを基準として、Kbps(キロビーピーエス)、Mbps(メガビーピーエス)、Gbps(ギガビーピーエス)という単位があります。

それぞれの単位の関連は、以下のとおり。

<ポケットWiFiの通信速度の単位>

  • 1Gbps=1000Mbps
  • 1Mbps=1000Kbps
  • 1Kbps=1000bps
  • 1bps=1秒あたりのデータ送信量が1ビット

単位は1000ごとに変わります。ポケットWiFiの通信速度でよく使われる単位は、KbpsとMbps。

数字は大きいほど、速度が速いことを意味します。

ポケットWiFiの上り・下りの通信速度の目安

ポケットWiFiを通信速度で選ぶには、「何にどの程度の速度が必要か」が重要です。

そこで、通信速度について、次の3点を説明いたします。

  1. どのくらいの速度があれば困らない?
  2. 目的別に必要な通信速度は?
  3. 基本的には下りの速度を重視すべき

それぞれのポイントについて、以下で詳しく解説していきますね。

【ポケットWiFiの速度の目安1】どのくらいの速度があれば困らない?

ポケットWiFiの通信速度は、どの程度あれば困らないのでしょうか?

一般的に、ストレスなく通信できる速度は、10Mbps~30Mbps。スマホなら5Mbps以上が目安です。

とは言え、実際に必要な速度は、利用目的にもよります。用途別の必要速度は、この後の内容をご覧ください。

【ポケットWiFiの速度の目安2】目的別に必要な通信速度は?

用途や目的別に必要な速度を、以下でご紹介します。

ポケットWiFiで必要な速度(上り)

上り(アップロード)で必要な速度は、次のとおりです。

【用途別】上り(アップロード)の通信速度の目安
利用目的 必要速度
チャット・メールの送信 1Mbps
SNS(写真)の投稿 3Mbps
SNS(動画)の投稿 10Mbps

テキストが主体のチャット・メールの送信は、1Mbps程度でも問題ありません。

SNSへの動画投稿は、画質やサイズにもよりますが、10Mbps程度必要な場合が多いです。

ポケットWiFiで必要な速度(下り)

以下は、下り(ダウンロード)で必要な速度です。

【用途別】下り(ダウンロード)の通信速度の目安
利用目的 必要速度
メール・LINE(テキスト) 128kbps~1Mbps
Webサイト・SNS(テキスト)の閲覧 0.5~2Mbps
Webサイト・SNS(画像・写真)の閲覧 1~10Mbps
オンラインゲーム 5Mbps
YouTube動画の視聴 1~5Mbps
(HD1080p:5Mbps)
(HD720p:2.5Mbps)
(SD480p:1.1Mbps)
(SD360p:0.7Mbps)
Netflix・hulu動画の視聴 3~6Mbps
4K動画 20Mbps

テキストのみのメール・LINEの場合は、1Mbps程度あれば問題ありません。最低限必要な128kbpsは、速度制限を受けた状態の通信速度となります。

WebサイトやSNSの閲覧は、画像の多いページの場合、10Mbps程度必要です。

オンラインゲームの推奨速度は、一般的に5Mbps以上。

動画視聴の通信速度は、画質により、かなり幅があります。低画質なら1Mbpsでも充分ですが、高画質では5Mbps以上、4K動画なら20Mbpsも必要です。

【ポケットWiFiの速度の目安3】基本的には下りの速度を重視すべき

前述のとおり、通信速度には上りと下りがあります。

しかし、一般的にインターネットの用途としては、下り(ダウンロード)を利用することが多いです。たとえば、Webサイト・SNSの閲覧や、動画視聴など。

下り速度が遅いと、動画などをスムーズに見られません。そのため、基本的には下り速度を重視すべきです。

ただし、動画投稿を頻繁に行う人は、上り(アップロード)の速度も重要となるでしょう。

ポケットWiFiの上り・下り最大値で選ぶのは危険!実測値を把握しよう

ポケットWiFiの上り・下り通信速度には「最大通信速度」と「実効速度」の2種類があります。通常、端末のスペックとして記載されているのは、最大通信速度です。

しかし、大事なのは実効速度の方

最大通信速度とは、通信事業者が提示している理論上の数値(ベストエフォート)です。ベストエフォートは「その速度が出るように最大限の努力をします」という意味。

利用状況や回線の混雑具合など、すべての条件がそろったときに実現するのが、最大速度です。なので、現実的には最大速度では利用できません。

そこで、重要になるのが、実際に利用する際の速度(=実効速度)。

実効速度は、利用エリアや環境、障害物の有無、使う時間帯によります。そのため、一概に、どの端末でどの程度の実効速度が出るとは言えません。

ただ、実効速度は調べることが可能です。調べ方については、この後の内容をご参照ください。

ポケットWiFiの上り・下りの通信速度の調べ方を解説

ポケットWiFiでは、実際にネット接続した際の通信速度(=実効速度)を調べることが可能です。

そこで、実効速度の調べ方をご紹介します。方法としては、下記のサイトへアクセスすることで、実効速度の測定が可能です。

<ポケットWiFiの実効速度を測れるサイト>

  1. Speedtest by Ookla
  2. RBB SPEED TEST
  3. FAST.com
  4. BBエキサイト スピードテスト
  5. USENスピードテスト
  6. ブロードバンドスピードテスト
  7. Radish Network Speed Testing
  8. BNRスピードテスト

それぞれの方法について、以下で詳しく見ていきましょう。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方1】Speedtest by Ookla

<通信速度の測り方:Speedtest by Ookla>

  1. Speedtest by Ookla のサイトにアクセス
  2. 画面中央の「GO」を押す
  3. 上り・下り・PING値が表示される

「UPLOAD」が上り、「DOWNLOAD」が下りの実効速度です。

測定は数秒程度で終了します。1クリックで測定できる手軽さも良いですね。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方2】RBB SPEED TEST

<通信速度の測り方:RBB SPEED TEST>

  1. RBB SPEED TEST のサイトにアクセス
  2. 画面中央付近の「回線スピード測定」を押す
  3. 郵便番号を入力
  4. 回線種類を選択
  5. 契約プランを選択
  6. 回線事業者を選択
  7. 「入力完了」を押す
  8. 「測定」を押す
  9. 上り・下り速度が表示される

場所(郵便番号)や回線種類を選択するので、より詳細な測定ができます。ただ、入力の手間がかかることと、結果が出るまでにやや時間がかかるのがデメリットです。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方3】FAST.com

<通信速度の測り方:FAST.com>

  1. FAST.com のサイトにアクセス
  2. 自動的に測定開始
  3. 結果(下り速度)が表示される
  4. 「詳細を表示」を押す
  5. 上り速度が表示される

サイトへアクセスするだけで、自動的に測定が始まる点が便利。測定もわずか数秒で終了します。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方4】BBエキサイト スピードテスト

<通信速度の測り方:BBエキサイト スピードテスト>

  1. BBエキサイト スピードテストのサイトにアクセス
  2. プロバイダを選択
  3. 回線を選択
  4. 都道府県を選択
  5. 「テスト開始」を押す
  6. 上り・下り速度が表示される

プロバイダや回線を選択するので、より詳細に測定できます。

ただ、回線種類などの選択肢が細かく分かれているため、自身の契約内容を覚えていないと、やや面倒かもしれません。

また、ネット環境によっては、測定結果が表示されないこともあります。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方5】USENスピードテスト

<通信速度の測り方:USENスピードテスト>

  1. USENスピードテストのサイトにアクセス
  2. 「フレッツ光」または「フレッツ光以外」を選んで「測定スタート」を押す
  3. 下り速度が表示される

測定結果は、下りのみ表示されます。

結果の表示にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。また、ネット環境によっては、測定結果が表示されないこともあります。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方6】ブロードバンドスピードテスト

<通信速度の測り方:ブロードバンドスピードテスト>

  1. ブロードバンドスピードテストのサイトにアクセス
  2. 「スピードテストを開始する」を押す
  3. 上り・下り・Ping値が表示される

1クリックで測定が可能な点が便利。結果も数秒で表示されます。

アップロードが上り速度、ダウンロードが下り速度、ピンはPing値です。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方7】Radish Network Speed Testing

<通信速度の測り方:Radish Network Speed Testing>

  1. Radish Network Speed Testing のサイトにアクセス
  2. 利用回線を選択(※詳細を入力しない場合は「登録をSKIPして測定」を押す)
  3. キャリアを選択
  4. プロバイダを選択
  5. 利用場所の郵便番号を入力
  6. 「測定ページへ」を押す
  7. 測定方向(上り・下り・両方)を選択
  8. 測定精度(高・低)を選択
  9. 接続数を選択
  10. RTTの測定を選択
  11. データタイプを選択(圧縮可能性:高・標準・低)
  12. 測定クライアントを選択
  13. 「測定ページへ」を押す
  14. 「測定開始」を押す
  15. 上り・下り速度が表示される

回線種類等を選択すると、より詳細に測定できます。ただ、キャリア種類などの選択肢が細かく分かれているため、契約内容を覚えていないと、やや面倒かもしれません。

入力が手間に感じる場合は、回線種類の選択をスキップできます。

選択項目は多いですが、測定開始から結果表示までは数秒です。

【ポケットWiFiの上り下り通信速度の測り方8】BNRスピードテスト

<通信速度の測り方:BNRスピードテスト>

■上り速度の測定

  1. BNRスピードテスト のサイトにアクセス
  2. Upload Speed(上り)のデータサイズ(回線種類)を選択
  3. 「上り速度テスト準備」を押す
  4. 「上り速度テスト開始」を押す
  5. 上り速度が表示される

■下り速度の測定

  1. BNRスピードテスト のサイトにアクセス
  2. Download Speed(下り)の「測定開始」を押す
  3. 下り速度が表示される

上りと下りの測定を別々に行うのが特徴。測定開始から結果表示までは数秒で完了します。