wimax

WiMAXを2台持ちしたい!おすすめの会社や選ぶときの注意点を解説

ルーター機種

現在WiMAXを契約している方の中には「WiMAXを2台持ちしたい」と考えている方にむけてこの記事を書きました。

複数持っていれば家用と外用で使い分けられますし、通信制限を回避しやすくなるというメリットがあります。しかし、WiMAXを2台持ちする場合は注意しておかないと損をしてしまう可能性がありますよ。

今回の記事では

WiMAXを

  • 2台持ちするメリット
  • 2台持ちする方法
  • 注意点

を解説しています。2台持ちを検討している方は是非チェックしてみてください。

WiMAXを2台持ちするメリット

解説しています。 WiMAXを2台持ちするメリット

まずは2台持ちを行うメリットを改めて確認していきましょう。WiMAXの2台持ちを行うメリットは以下の3つです。

  1. 3日で10GBの通信制限を回避しやすくなる
  2. 家用と持ち運び用に分けられる
  3. 予備として活用できる

それぞれ詳細を確認していきましょう。

【2台持ちのメリットその1】
3日で10GBの制限を回避しやすくなる

WiMAXで2台持ちを行うメリットの1つ目は、3日で10GBの制限を回避しやすくなる点です。

WiMAXでは、たとえ無制限プランであっても、直近3日間で使用できる容量は10GBまでという制限が設けられています。制限を超えてもネットの利用はできますが、通信速度は1Mbpsまで落とされるため不便と感じる方も多いですよね。

もし2台WiMAXを持っていれば、トータルで20GBまで余裕ができることになります。もし1台目が通信制限にかかってしまっても、2台目を利用すれば問題ないということです。

このように、WiMAXを2台持つことで、通信制限による不便さを回避できます。

【2台持ちのメリットその2】
家用と持ち運び用に分けられる

WiMAXを2台持つメリット2つ目は、端末を家用と持ち運び用に分けられる点です。用途を分けることでより快適にネットを利用できます。

例えば、1台目を固定回線の代わりとして使用している場合を考えてみます。もし家族全員で利用しているのであれば、だれかが外出先に持ち運ぶというのは難しくなりますよね。

その点、2台端末があれば1台目を家においておけるので2台目は気兼ねなく持ち運ぶことが可能になります。

このように、2台持ちを行うことで家用と持ち運び用に分けられる点はメリットです。

【2台持ちのメリットその3】予備として利用できる

2台持ちのメリットその3は、片方の端末を予備として利用できる点です。

例えば、端末のバッテリーが切れてしまったときや端末が故障してしまったとき、予備がないと一定期間ネットに接続できなくなってしまいます。仕事のためにWiMAXを契約している方などであれば、困ってしまいますよね。

予備としてもう一台持っておけば、バッテリーが切れてしまっても、端末が故障してしまってもネットに接続できないということはありません。

このように、WiMAXを2台所持しておけば、予備として利用できる点がメリットとして挙げられますね。

WiMAXを2台持ちしたい場合の契約方法

WiMAXを2台持ちしたい場合の契約方法

次にWiMAXを2台もつための契約方法について解説していきます。結論からいうと、特別な手続きは必要なく、新規で契約を結べば問題ありません。形としては、2台とも別々の契約を結ぶことになります。

このように述べると「スマホみたいにオプションや家族割のようなものは用意されていないの?」と思う方もいるでしょう。以前は「ファミ得パック」や「機器追加パック」などを利用すれお得に2台目を入手可能でしたが、現在は利用できなくなっています。

詳細は以下のUQ公式サイトにて確認可能です。
UQ公式サイトhttps://www.uqwimax.jp/wimax/support/guide/add_plan/

2台持ちを行いたいのであれば、別々に契約しないといけないということですね。

しかし、2代目を新規契約する場合、注意しておきたい点がいくつがあります。以下で述べていきますね。

WiMAXを2台持ちするときの注意点

WiMAXを2台持ちするときの注意点

WiMAXを2台持ちする場合は新規契約となります。そのため注意しておくべき点が2つ発生します。

  1. キャッシュバックが適応されない可能性がある。
  2. 店舗での契約は料金が高い

それぞれ詳細を確認していきましょう。

【2台持ちの注意点1】
キャッシュバックが適応されない可能性がある

WiMAXを2台持ちする場合の注意点その1は、キャッシュバックが適応されてない可能性がある点です過去にキャッシュバックを受けたプロパイダーではキャッシュバックが受けられないケースがあります。

例えばGMOとくとくBBのキャッシュバックに関する注意事項では以下のように明記されています。

過去にキャッシュバックキャンペーンの適用を受けた方は対象外です。

つまり、1台目をとくとくBBで契約した方は、2台目をとくとくBBで契約してもキャッシュバックが受けられません。そしてキャッシュバックに関する注意点はとくとくBBに限ったことではありません。

2台目を新規契約する場合、現在利用している会社でさらに追加する場合は要注意。新規契約であるから、またキャッシュバックも適応されるのだろうと安易に考えていませんか?キャッシュバックに関して、注意事項を改めてよく読んだ方がよいです。

1度キャッシュバックを受けられたからといって、2度目もキャッシュバックが受けられるとは限らない点に注意しておきましょう。

【2台持ちの注意点2】店舗での契約は料金が高い

2台持ちに限った話ではありませんが、新規契約を行うのであれば店舗での契約は避けた方がよいです。なぜなら月額料金が高くなる傾向にあるからですね。

店舗で契約すると、月額料金が4000円を超えることもザラです。しかし、ネットで契約すれば2000円台、3000円台での契約もできます。これは同じWiMAX回線であってもです。

もし1台目を店舗で契約してしまったのであれば、めんどくさがらずに2台目はネットでの契約に挑戦してみてください。WiMAXの契約は2~3年と長期の契約になるので、月額料金が1000円違うだけでも最終的に支払う金額は2万、3万と大きく差が開きます。

店舗での契約は月額料金が高くなりがちなので、2台目の契約はネット経由で行うようにしましょう。

WiMAXの2台めはポケットWiFiがおすすめ

WiMAXの2台めはポケットWiFiがおすすめ

これまでWiMAXを2台持つ方法を解説してきました。しかし、WiMAXと違う特徴を持つLTE回線のポケットWiFiを持つのもおすすめです。

WiMAX回線には、強みもあれば弱みもあります。2台目を違う回線で契約することでWiMAXの弱みを補えます。

WiMAXとLTEの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

LTE WiMAX
実効速度
データ容量 プランが多数 2種類のみ
月間7GB・無制限
速度制限 プランによる プランによる
月額料金 3,000〜5,000円
(無制限の場合)
3,000〜5,000円
(無制限の場合)
対応エリア
WiMAXは都市部の通信につよい一方で、地下鉄などでは繋がりにくくなっています。当サイトの実験結果では、地下ではLTEのほうが総じて通信速度が早いと言う結果が出ました。
都市部の速度が早いWiMAXを自宅で利用、移動中はLTEというように使い分ければどこでも快適な通信環境が手に入ります。
それぞれのさらに詳しい特徴はこちらの記事で解説しています。
機種を変えてみたいけれどもおすすめを知りたい方に向け、LTE回線を提供しているポケットWiFiを3社紹介します。是非参考にしてみてください。

WiMAXとの2台持ちにおすすめのポケットWiFi

WiMAXとの2台持ちにおすすめのポケットWiFi

ここからは、2台持ちにオススメのポケットWiFiを3社紹介します。

  1. Y!mobile
  2. FUJI Wifi
  3. 縛りなしWiFi

詳細は以下をご覧ください。

【2台持ちにオススメのポケットWiFiその1】Y!mobile

2台持ちにオススメのポケットWiFiその1はY!mobileですY!mobileはWiMAXと同等の知名度を持っているため安心して利用しやすいのではないでしょうか。

Y!mobileの主な特徴は以下のとおり。

月額料金 3696円~4380円
プラン・容量 7GBプラン
無制限プラン
海外データ定額
使用回線 Y!mobile回線
その他特徴 海外での利用に対応
端末のスペックが高い

Y!mobileは、以下3つのプランを提供しています。

  1. 7GBプラン:3696円
  2. 無制限プラン:4380円
  3. 海外データ定額プラン:3980円+利用日数×90円

上記の中で特執すべきは「海外データ定額プラン」。海外での利用に対応している国内のポケットWiFiは少ないです。

海外データ定額プランは3980円+海外で1日利用するたびに90円とります。例えば、海外で10日間利用したのであれば、4880円です。海外でネットを利用して5000円を切るのであればかなりお得ですよね。

また、取り扱っている端末のスペックが高いです。サイトを閲覧したり動画を見たりする際の指標となる「下り速度」が最大612Mbps~988Mbpsとなっております。この数字は、ポケットWiFiの中ではトップクラスです。

Y!mobileは無制限プランも用意されているので、不便さを感じる場面も少ないでしょう。WiMAXと合わせての利用はオススメできます。

【2台持ちにオススメのポケットWiFiその2】FUJI Wifi

2台持ちにオススメのポケットWiFiその2はFUJI Wifiです。FUJI Wifiの特徴は以下のとおり。

月額料金 2480円~3980円
プラン・容量 25GBプラン
50GBプラン
100GBプラン
快適!クラウドプラン(無制限)
WiMAXプラン(無制限)
使用回線 ソフトバンク※今後docomo、auに対応
WiMAX※WiMAXプランのみ
その他特徴 短期間での通信制限なし
プランの切り替え自由
契約期間に縛りなし
海外での利用に対応している

FUJI Wifiは以下5つのプランを提供しています。

  1. 25GBプラン:2480円
  2. 50GBプラン:2980円
  3. 100GBプラン:3480円
  4. 快適!クラウドプラン:3200円
  5. WiMAXプラン:3980円

プランが豊富なので、1台目の使用感を考えて適切な容量を選びやすいのがメリットですね。仮に選んだプランに納得がいかなくても毎月プランの変更が可能なので気軽に契約が結びやすいです。契約期間に縛りもないので、違約金も発生しません。

また、現在の対応回線はソフトバンクとWiMAXですが、今後快適!クラウドプランはdocomoとau回線に対応することも明記しています。繋がりやすさではトップクラスのポケットWiFiになるでしょう。

海外での利用にも対応していますし、3日で10GBといった制限もないので2代目のポケットWiFiとして、FUJI Wifiは利用しやすいのではないでしょうか?

【2台持ちにオススメのポケットWiFiその3】縛りなしWiFi

2台持ちにオススメのポケットWiFiその3は縛りなしWiFiです。特徴は以下のとおり。

月額料金 2800円~3300円
プラン・容量 無制限プラン※縛っちゃうもプランあり
通信回線 ソフトバンク
WiMAX
その他特徴 最短で即日発送が可能
契約期間に縛りなし※縛りなしプランの場合
1日2GBで制限がかかる

縛りなしWiFiは以下2つのプランを提供しています。

  1. 無制限で縛りなしプラン:2800円
  2. 無制限で縛っちゃうプラン:3300円

容量自体は無制限なのですが、契約期間を縛るプランと縛らないプランで料金が変わります。契約期間を縛らないプランであれば、FUJI WiFiと同様に違約金なしで解約が可能です。

縛りなしWiFiの難点は1日2GBで制限がかかってしまう点です。そこまでネットを利用しない方であれば問題ないかもしれませんが、1日2GBは少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

また、縛りなしプランを利用する場合は、どの端末が届くかは完全にランダムです。

デメリットを考慮しても、オススメのポケットWiFiではあるので是非この機会に2台目として検討してみてはいかがでしょうか?

契約期間に縛りがないポケットWiFiについては以下の記事でもまとめているので是非参考にしてみてください。

契約縛りのないポケットWiFiおすすめ3選!サービスの違いを徹底比較契約期間に縛りがあると、違約金が気がかりで気軽にの他のポケットWiFiを利用できないですよね。もし違約金のリスクなしでポケットWiFiを利用したいのであれば、契約に縛りがないポケットWiFiがオススメです。契約期間に縛りがなければ、自分が解約したいタイミングでポケットWiFiの利用をやめられます。今回の記事では、縛りがないポケットWiFiをオススメする理由と、おすすめの通信会社を3つ厳選して紹介しますね。月額料金や通信速度についても触れているので是非参考にしてみてください!...