格安SIM

格安SIMはどこで契約できる?申し込むときの手順や注意点も解説

月々の料金をグッと抑えられる格安SIM。「使ってみたいけど、どこで契約するのがおすすめなの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、格安SIMをどこで契約すれば良いのか、おすすめの場所を紹介します!

注意点や確認すべきポイントなど、契約するうえで重要な情報も解説しているので、これから格安SIMを利用したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

格安SIMが契約できる場所は、大きく分けて2つ!

格安SIMでもテザリングは可能!注意点は?

格安SIMが契約できる場所は、大きく分けて2つです。

  1. インターネットによる申し込み
  2. 店頭での申し込み

それぞれの特徴やメリットなどを詳しく解説します。

【格安SIMが契約できる場所1】
インターネット

格安SIM業者のホームページ上から、契約を行う方法です。

格安SIM業者は店舗を減らして固定費を削減する代わりに、月額料金を安くしてくれています。なのでどの格安SIM業者でも、インターネットでの申込みがメインです。

インターネット契約では、スマートフォンやパソコンから24時間できるメリットがあります。場所を選ばずに契約ができ、数日待てば自宅に格安SIMが届くので、わざわざお店に行く必要がありません。

  • 忙しくて店舗に行けない方
  • 自宅でじっくりとプランを見比べたい方
  • 周辺に契約できる店舗がない方

などが、インターネット契約に適しています。

【格安SIMが契約できる場所2】
店頭

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアと同じく、店頭で申し込みを行う方法です。

店頭であれば専門スタッフと直接話ができるので、格安SIMに対して不安な点をすべて確認したうえで契約できます。

格安SIM業者は自分のショップを少ししか持ってないことが多いですが、業者によってはヨドバシカメラやビックカメラ、エディオンなどの大型の家電量販店でも契約が可能です。

さらにお店によっては即日で端末とSIMを受け取れるので、いち早く利用を開始したいという方にも適しています。

格安SIMについていまいち意味がわからない方や、実際に端末を触ってから契約をしたい方などは、店舗を利用してみてください。

即日契約できる格安SIMはどれ?契約手順やおすすめも紹介今すぐ即日で格安SIMに乗り換えたいと考えている方は要注意。一部のSIMは契約してもすぐに使えません。SIMカードの郵送を待たなければならない会社もあるからです。 この記事では、即日契約できる会社を紹介。契約をスムーズにすすめるための方法も解説しています。...

格安SIMを契約するときに確認すべきポイント

ポケットwifi買取のコツ

格安SIMを契約する際に、確認すべきポイントを紹介します。

  1. 料金
  2. データ容量
  3. オプション
  4. キャンペーン

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【格安SIMの確認すべきポイント1】
料金

格安SIMを契約するうえで重要なのは料金です。3大キャリアと比べると料金はかなり安くなりますが、格安SIM間でも料金の違いは存在します。

以下に、条件を同じにした格安SIM業者の料金をまとめました。

業者名 月額料金の一例(税別)
LINEモバイル 1,690円
リペアSIM 1,780円
b-mobile S 1,690円
ワイモバイル 1,980円(半年後は2,680円)
mineo 1,950円

※いずれも音声通話SIM・3GB・ドコモ回線の場合

同じ条件でも、業者を変えるだけで300円近く差がでるので、料金はじっくりと検討する必要があります。

「格安SIMだからどこでも安いだろう」と思うのではなく、料金表を見比べたうえで選択を行ってみてください。

【格安SIMの確認すべきポイント2】
データ容量

データ容量も、確認すべきポイントの1つです。

格安SIM業者は3大キャリアと違って、いろいろなデータ容量プランを用意しています。
たとえばLINEモバイルなら「1GB、3GB、5GB、7GB、10GB」の5種類から選択可能です。

自分の利用状況にあったプランを選ぶのが、格安SIMを最もコスパよく使うコツ。容量もちゃんと検討しましょう。

ちなみに大半の業者は1ヶ月単位でプランを変更できるので「どれくらい使うかわからない」という方は、多めの容量からスタートして、徐々に少ないものへ変更していってみてください。

なお、自分がどれくらいデータを使うかわからない方はこちらの記事も参考になります。
1GBでできることはどれくらい?動画はみられる?使用量の確認方法も解説!!

【格安SIMの確認すべきポイント3】
オプション

格安SIMは、業者ごとに独自のオプションを用意しているので、自分に使いやすいものを選んでみてください。

主要な格安SIM業者のオプションは、以下のとおりです。

LINEモバイル ・LINEでのやり取りにかかるデータのカウントフリー
・TwitterやInstagramなどのデータカウントフリー
BIGLOBEモバイル YouTubeやU-NEXTなどの動画視聴でのカウントフリー
IIJmio 低速状態の時に、最初の数秒だけ高速で通信を行う「バースト機能」
mineo データ容量が無くなったときに、他の人からパケットを受け取れる「フリータンク機能」

※契約プランによっては利用できない可能性があります。

いずれも格安SIMを使ううえで使い勝手の良い機能ばかりなので、オプションも検討したうえで業者を決めてみてください。

【格安SIMの確認すべきポイント4】
キャンペーン

格安SIM業者が定期的に行なっているキャンペーン情報もしっかりと確認しておきましょう。

キャンペーンを使って入るだけで、数千円近くお得になるケースも珍しくありません。

過去には、以下のようなキャンペーンが開催されていました。

LINEモバイル 基本使用料5ヶ月間半額
LINE Pay5,000円分
BIGLOBEモバイル 3ヶ月間800円引き
エンタメフリー・オプション6ヶ月間無料(480円相当)
IIJmio 初期費用3000円→1円
ファミリーシェアプランが6ヶ月間月額1,000円引き

かなりお得な値引きとなっているので、使わない手はありません。

格安SIMを検討するときは、ぜひキャンペーン状況もチェックしてみてください。

ちなみにキャンペーンが行われていない業者でも、エントリーパッケージを使えば安く契約できる可能性があります。

以下の記事で詳しく解説しているので、そちらもご確認ください。

DTI WiMAX2+の評判を徹底調査!
格安SIMのエントリーパッケージってなに?メリットや使い方おすすめを紹介格安SIMをお得に使えるエントリーパッケージ。店頭で紙の台紙で売っているので見たことがあるかたもいるでしょう。事務手数料をおさえられるのでお得に見える反面、使い所を間違えると損してしまうかも。 この記事ではエントリーパッケージについて徹底解説。お得に使いたい方は必見です!...

格安SIMを契約するときの注意点は?

こちらでは、格安SIMを契約するときの注意点について紹介します。

  1. 電話番号の継続利用にはMNP予約番号がいる
  2. いままでのキャリアメールが使えなくなる
  3. クレジットカード決済のみの業者が多い
  4. 乗り換え時に解約金が発生する
  5. 初期設定は自分で行う必要がある

うっかり損をしてしまわないようにするためにも、しっかり確認しておきましょう。

【格安SIM契約の注意点1】
電話番号の継続利用にはMNP予約番号がいる

いままで使っていた電話番号をそのまま利用するには、MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号が必要です。

MNP予約番号とは、電話番号をそのままにキャリアを移転する際に必要な手続きです。これは、契約前に以前の会社から取得しておかなければなりません。

手続きは専用電話窓口や店頭などで可能ですが、手数料として2,000~3,000円ほどかかるので注意しましょう。

【格安SIM契約の注意点2】
いままでのキャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、いままで使っていたキャリアメールが使えなくなります。
具体的には「docomo.ne.jp」などのメールアドレスです。

放置していると、いままで登録していたメールマガジンや知人からのメールが届かなくなるので注意しましょう。

前もってGmailやYahooメールなどでアドレスを取得して、必要なマガジンなどの変更手続きを行うことで、スムーズに移行できます。

格安SIMのメールアドレスの利用方法はこちらの記事もご覧ください。
格安SIMでメールアドレスを使うには?無料で使える方法を徹底解説

【格安SIM契約の注意点3】
クレジットカード決済のみの業者が多い

格安SIMの契約は、クレジットカード決済のみの業者が多いです。デビットカードや口座振替が使えないので、契約前に確認しておきましょう。

格安SIMには各社いろいろなオプションがあるので、自分にあった業者を選ぶためにも、なるべくクレジットカードがあったほうがお得です。可能であればぜひ作ってみてください。

【格安SIM契約の注意点4】
乗り換え時に解約金が発生する

格安SIMに乗り換える際に、場合によっては解約金が発生する可能性があります。

3大キャリアは基本的に2年契約で「2年を経過した後の2~3ヶ月間」が解約期間です。期間外だと1万円近いお金を支払う必要があるので注意しましょう。

ただし格安SIMに乗り換えると、3大キャリアに比べて3,000円以上も安くなることは珍しくありません。つまり変更する時期が早ければ早いほど得なので、なるべく早く乗り換えを検討してみてください。

仮に乗り換えて3,000円安くなるのであれば、1万円の手数料分は4ヶ月でカバーできます。もし解約可能期間が5ヶ月以降なら、いますぐに解約したほうがお得です。

格安SIMの料金プランと今の料金を比較したうえで、乗り換える時期を決定しましょう。

【格安SIM契約の注意点5】
初期設定は自分で行う必要がある

格安SIMは、初期設定を自分で行う必要があります。APN設定といい、スマートフォンにインターネットの接続先を認識させる手続きです。

格安SIMはインターネットで購入することが多いので、基本的にはSIMカードが届いたら自分で設定しなければなりません。説明書は付属していますが、手間であることには違いないでしょう。

店頭販売であればスタッフがやってくれるので、あまり詳しくないという方はお店での契約を行ってみてください。

即日契約できる格安SIMはどれ?契約手順やおすすめも紹介今すぐ即日で格安SIMに乗り換えたいと考えている方は要注意。一部のSIMは契約してもすぐに使えません。SIMカードの郵送を待たなければならない会社もあるからです。 この記事では、即日契約できる会社を紹介。契約をスムーズにすすめるための方法も解説しています。...

格安SIMを契約するときに必要なものは?

こちらでは、格安SIMを契約するときに必要なものについて解説します。

  1. 本人確認書類
  2. 支払いの情報
  3. MNP予約番号
  4. メールアドレス

お店に行ってから困らないように、確認しておいてください。

【格安SIMの契約に必要なもの1】
本人確認書類

本人確認書類は、契約を行う際に必ず提出を求められます。

格安SIMの契約は基本的に本人でないと受け付けてくれないため、その証明のために必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証と住民票
  • 住民基本台帳カード

など、格安SIM業者によって必要な書類は変わります。

各社のホームページに詳しく乗っているので、チェックしてから申し込みを開始してみてください。

【格安SIMの契約に必要なもの2】
支払い情報

格安SIMの料金を支払うための情報も用意が必要です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座番号

など、格安SIM業者によって対応しているものは変わります。

クレジットカードがあれば基本的にどの業者でも利用可能ですが、持っていない場合はデビットカードや口座振替に対応している業者を選ばなければなりません。

クレジットカード以外で支払いができる格安SIMの中では、LINEモバイルがおすすめです。

電子マネーであるLINE Payの支払いに対応しており、料金もリーズナブルなのでぜひチェックしてみてください。

【格安SIMの契約に必要なもの3】
MNP予約番号

いままで利用していた電話場号をそのまま引き継ぐには、MNP予約番号が必要です。

申込時に入力を求められるので、前もって準備しておきましょう。

ただし、MNP予約番号には15日間という期限が存在します。過ぎてしまうと再発行する必要があるので、なるべく契約する直前に取得するようにしてください。

【格安SIMの契約に必要なもの4】
メールアドレス

メールアドレスも、契約前に前もって用意しておきましょう。

いままで使っていたキャリアメールは使えなくなるので、新たに取得する必要があります。

格安SIM業者からもメールが届くことが考えられるので、前もって準備していると安心です。

ちなみに格安SIMのキャリアメールが用意されていない業者も存在するので、取得するのはGmailやYahooメールなどのフリーアドレスをおすすめします。

なお、格安SIMのメールアドレスは格安SIMでメールアドレスを使うには?無料で使える方法を徹底解説 の記事でくわしく解説しているので、チェックしてみてください。