ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiはどこで契約するのがオススメ?申し込み方法や必要なもの・注意点を解説!

それがだいじWiFiの申込方法をわかりやすく解説

ポケットWiFiの契約をお考えでしょうか?

いざ申し込むとなると、どうやって契約するのがお得なのか、何に注意するべきなのか、気になりますよね。

そこで本記事では、ポケットWiFiの契約について、以下の点をご紹介します。

  • ポケットWiFiの契約時の確認事項や注意点は?
  • ポケットWiFiはどこで契約するのがおすすめ?
  • ポケットWiFiの契約方法・手順は?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

Contents

ポケットWiFiの契約時に確認すべき4つの重要ポイント

ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)の契約時には、確認すべき4つのポイントがあります。

  1. 通信容量・速度制限
  2. 契約期間(縛り)
  3. 価格(合計金額・実質月額料金)
  4. 対応エリア

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFi契約時の確認事項1】通信容量・速度制限

ポケットWiFiの契約時に確認すべき点は、データ通信容量と速度制限です。それぞれ、プロバイダや料金プランによって、異なります。

ポケットWiFiにかかる速度制限は、大きく分けて次の2つ。

制限を受ける条件 制限期間 制限後の通信速度
1.月間通信容量の上限を超える 月末まで 最大128kbps
2.3日間で10GBの上限を超える 翌日2時頃まで 最大1Mbps

制限を受ける条件が「月間の通信量」か「3日間の通信量」か、が大きな違いです。その他に、制限後の速度や、制限期間も異なります。

月間通信容量による速度制限

月間データ通信容量のプランには、次の2パターンがあります。

月間通信容量の上限の有無 月間の上限ギガ数 制限後の通信速度
1.上限あり 7GB・25GB・100GBなど 最大128kbps
2.無制限 無制限 無制限

上限ありのプランの場合、月間のギガ数を超えると、速度制限がかかります。上限のギガ数は、各料金プラン次第。

月間容量による速度制限は月末まで続き、制限後の速度は128kbpsが一般的です。一方、無制限プランの場合は、月間ギガ数によって速度が遅くなることはありません。

接続予定の機器(スマホ・PC・ゲーム等)で、どの程度の容量を使うのか、把握することが大事ですね。

3日間10GB超による速度制限

月間通信容量による速度制限とは別に、短期間の速度制限もあります。

制限を受ける条件 制限期間 制限後の通信速度
3日間で10GB超 翌日2時頃まで 最大1Mbps

3日間で10GBを超えると、翌日午前2時頃まで1Mbpsとなる速度制限です。

なお、「月間容量無制限でも、3日間10GBの制限がかかるプラン」もあるので、注意が必要です。「月間容量も3日間も、両方とも無制限のプラン」を選ぶと、速度制限を気にせず使えますね。

【ポケットWiFi契約時の確認事項2】契約期間(縛り)

ポケットWiFiの契約においては、契約期間も必ず確認しましょう。

契約期間とは、最低限利用しなければならない期間のことです。プロバイダやプランによって、異なります。

一般的な契約期間は、次のいずれかです。

  • 3年契約
  • 2年契約
  • 縛りなし(常時解約可能)

契約期間が長いとデメリットが多いため、おすすめは縛りなしのプランです。

長期契約のデメリット

下記は、長期契約のデメリットです。

  • 途中解約による違約金
  • 解約のタイミングが2~3年に1度のみ
  • 端末を買い換えられないことによる性能の遅れ
  • バッテリーの消耗

契約期間中に解約すると、違約金がかかります。そのため、2~3年ごとにしか解約できないのが最大のデメリットです。

また、同じ端末を2~3年使い続けなければならないのも、不安がありますね。スペックの良い最新機種に、途中で変えることができません。バッテリーも消耗するでしょう。

端末が古くなったら契約をし直せる、契約期間縛りなしのプランが、使いやすいですね。

長期契約の注意点

契約期間の更新に関しては、次のような注意点もあります。

  • 無料で解約できるのは契約更新月(1~2か月)のみ
  • 自動更新される
  • 契約更新月の通知は来ない

契約期間(2~3年)が終了したら、いつでも解約できるわけではありません。解約手続きをできるのは、更新月の1~2か月間のみです。

何も手続きをしないと、自動更新されてしまいます。また、契約更新月の通知は来ないのが一般的なので、自分で管理しなければなりません。

上記のことを考えると、契約期間は縛りなしのポケットWiFiを選ぶのが最善ですね。

【ポケットWiFi契約時の確認事項3】価格(合計金額・実質月額料金)

ポケットWiFiを契約する上で、料金は重要なポイントです。ただし、下記の費用をすべて含めて、合計金額で考える必要があります。

  • 月額料金
  • 初期費用(事務手数料・端末代)
  • 解約金(違約金)
  • キャンペーン・キャッシュバック

トータルで考えなければ、以下のようなプランを契約してしまう場合もあります。

  • 初期費用が安いだけで、合計金額は高い
  • 月額料金は安くても、解約した場合に高くつく

キャンペーンも、割引金額の大きさだけで見ずに、総額でいくらになるかが大事です。

1年・2年・3年利用した場合の合計金額を計算してみましょう。そうすると、実質月額料金がわかるので、比較しやすくなりますよ。

【ポケットWiFi契約時の確認事項4】対応エリア

ポケットWiFiを契約する際は、対応エリアの確認も必要ですよね。電波が届かないと、接続機器を使えなかったり、通信速度が遅くなったりします。

対応エリアは、プロバイダの公式サイト等で確認可能。以下の点に注意して、見てみましょう。

  • 対応エリアの広さ
  • 居住地が対応エリア内か
  • 勤務地や通勤経路が対応エリア内か

サービスのエリアは、各通信事業者で異なります。

また、電波の届きやすさは通信方式にもよりますが、LTE回線だと、地下鉄などでもつながりやすいですね。

回線ごとの対応エリアの特徴はポケットwifiは対応エリアの確認が必須!確認方法とおすすめを解説で詳しく説明しています。

ポケットWiFiはどこで契約できる?おすすめの申込み方法は?

ポケットWiFiの契約は、次の3つの場所で行えます。

  1. ネット
  2. 携帯キャリアのショップ
  3. 家電量販店

結論から言うと、ポケットWiFiはネットから申し込むのが1番おすすめです。その理由と、それぞれの特徴について、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiの契約場所1】ネット

ポケットWiFiは、ネット上で、各プロバイダの公式サイトから申し込みが可能です。

<ネット上のポケットWiFi契約場所>

  • 各プロバイダの公式サイト

ネットで契約を行うメリット・デメリットには、以下のようなことがあります。

<ネットでポケットWiFiを契約するメリット・デメリット>
メリット
  • 端末が無料のプロバイダが多い
  • キャンペーンやキャッシュバックが多い
  • 休日や深夜でも申し込み可能
  • 納得がいくまで比較検討できる
デメリット
  • 自分でリサーチをする必要がある

ネットは、実店舗と比べると経費があまりかかっていません。

そのため、キャッシュバックや端末代の割引があることが、最大のメリット。これが、ネットが1番おすすめの理由です。

デメリットは、対面で説明を受けないので、自分で調べなければいけないこと。その点は、当サイトでポケットWiFiについて詳しく説明していますので、ぜひご覧くださいね。

【ポケットWiFiの契約場所2】携帯キャリアのショップ

ポケットWiFiは、下記の携帯キャリアのショップでも契約が可能です。

<携帯キャリアショップのポケットWiFi契約場所>

  • auショップ
  • docomoショップ
  • SoftBankショップ

携帯キャリアショップで契約を行うメリット・デメリットには、以下のようなことがあります。

<携帯キャリアショップでポケットWiFiを契約するメリット・デメリット>
メリット
  • 契約当日にポケットWiFi端末を持ち帰り可能
  • スマホ料金とまとめて支払い可能
デメリット
  • キャンペーン・キャッシュバックがない
  • 端末代が高い
  • キャリアの有料オプション加入が必要な場合あり

携帯キャリアでの契約は、キャンペーンがなく、端末代も高いです。金額的なメリットはまったくありません。

そのため、キャリアショップで契約する理由は、特にないですね。

【ポケットWiFiの契約場所3】家電量販店

ポケットWiFiは、下記の家電量販店でも契約が可能です。

<家電量販店のポケットWiFi契約場所>

  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • ケーズデンキ

家電量販店で契約を行うメリット・デメリットには、以下のようなことがあります。

<家電量販店でポケットWiFiを契約するメリット・デメリット>
メリット
  • 契約当日にポケットWiFi端末を持ち帰り可能
  • 店鋪で初期設定をしてもらえる
デメリット
  • 端末代がネットよりも高い
  • 家電とセット割でも安くない

家電量販店では、家電購入とWiFi契約のセット割が行われていますよね。それでも、ネットからの申し込みと比べると、まだ高いです。

初期設定をしてもらいたい場合はメリットがありますが、それ以外の場合は家電量販店での契約はおすすめしません。

ポケットWiFiを契約するときの2つの注意点

ポケットWiFiを契約する際には、次の2つの注意点があります。

  1. キャッシュバック方法の確認
  2. 同じ端末・回線でもプロバイダによって料金が違う

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFi契約時の注意点1】キャッシュバック方法の確認

ポケットWiFiには、キャッシュバックが行われるプランもありますよね。その場合、キャッシュバックの手続き方法を、契約時にしっかり確認しておきましょう。

なぜなら、「手続きが面倒・忘れる」という理由で、キャッシュバックを受け取らない人がいるからです。たとえば、キャッシュバックを受けるために、下記のような手続きが必要な場合もあります。

<キャッシュバック手続き方法の一例>

  • 契約から数か月後に、キャッシュバックの案内メールが届く
  • キャッシュバック用の口座設定の手続きをする

<キャッシュバック手続きの注意点>

  • 申込時に発行されたメールアドレスに案内が届く
  • 口座設定できる期間が限られている

上記の場合、普段使っているメールアドレスではなく、契約時に発行したアドレスに案内が届きます。さらに、メールを受信後、すぐに手続きをしないと無効になってしまうのです。

手続きを忘れそうなキャッシュバックであれば、契約時にしっかり覚えておく対策をしましょう。

もしくは、キャッシュバックを受けなくてもお得になるような、他のプロバイダを選ぶことも、選択肢の1つですね。

キャッシュバックの手続きについてさらに知りたい方は、お金がもらえない?ポケットWiFiのキャッシュバックキャンペーンに注意!実際の口コミを検証の記事もご覧ください。

【ポケットWiFi契約時の注意点2】同じ端末・回線でもプロバイダによって料金が違う

ポケットWiFiは、同じ端末・回線でも、プロバイダによって料金が異なる点に注意が必要です。同じものを使っているのに、合計金額が全然違うという場合もあります。

月額料金や初期費用、キャンペーンなどが異なるので、比較検討して決めましょう。料金についてのチェックポイントは、本記事内の「ポケットWiFi契約時の確認事項」をご参照ください。

ポケットWiFiの契約時に必要な3つのもの

ポケットWiFiを契約する際には、次の3つのものが必要です。

  1. 本人確認書類
  2. 銀行口座またはクレジットカード
  3. 親権者同意書(未成年者の場合)

それぞれについて、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiの契約時に必要なもの1】本人確認書類

契約場所が、実店舗・ネットのどちらであっても、本人確認書類は必要です。ネットの場合は、本人確認書類をスマホのカメラで撮り、アップロードします。

下記は、本人確認書類として認められる書類の一例です。

  • 運転免許証(裏表)
  • マイナンバーカード
  • パスポート+補助書類

運転免許証やマイナンバーカードには、現住所の記載が必要です。記載がない場合、他の本人確認書類も合わせて提出します。

なお、「マイナンバーカード」は「マイナンバー通知カード」とは違いますので、ご注意ください。

【ポケットWiFiの契約時に必要なもの2】銀行口座・クレジットカード

ポケットWiFiの料金を支払うための、銀行口座やクレジットカードも必要です。

支払い方法は、以下の理由によりクレジットカードの方がおすすめ。

  • 口座振替に対応していないプロバイダもある
  • クレジットカードの方が手続きが簡単

店鋪で契約する場合、口座振替だと、銀行印なども必要です。また、ネット申込みでは、クレジットカード番号を入力するだけで良いので、カードの方がスムーズですね。

【ポケットWiFiの契約時に必要なもの3】親権者同意書

ポケットWiFiの契約者が、学生などの未成年者の場合、親権者(保護者)の同意書が必要になります。

ポケットWiFiの契約方法・7つの手順を解説

ポケットWiFiの契約手順は、下記の7ステップです。

  1. プロバイダの決定
  2. 料金プランの決定
  3. 端末の決定
  4. 支払い方法の決定
  5. 必要事項の入力・申し込み
  6. メールの確認・手続き完了
  7. 端末の受取

上記のステップは、プロバイダによって順番が前後するものや、必要ないものもあります。

それぞれの手順について、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiの契約方法・手順1】プロバイダの決定

契約手順としては、まずプロバイダを決定しましょう。プロバイダによって、選べる料金プランや申し込み先も変わります。

【ポケットWiFiの契約方法・手順2】料金プランの決定

次のステップは、料金プランの決定です。本記事内の「契約時の確認ポイント」を参考にしながら、考えてみてくださいね。

【ポケットWiFiの契約方法・手順3】端末・機種の決定

ポケットWiFiの端末・機種を選びましょう。料金プランの決定と、順番が前後してもOKです。

ただし、プロバイダによっては、料金プランごとに対応機種が限られている場合もあります。

【ポケットWiFiの契約方法・手順4】支払い方法の決定

次に、支払い方法を決定してください。主な支払い方法としては、以下の3つが挙げられます。

  1. クレジットカード払い
  2. 銀行口座振替
  3. コンビニ払い

本記事内の「契約時に必要なもの」でも前述したとおり、おすすめの支払い方法はクレジットカードです。

また、プロバイダによっては、対応していない支払い方法もあるので、公式サイト等でご確認くださいね。

【ポケットWiFiの契約方法・手順5】必要事項の入力・申し込み

料金プランや端末等をすべて決めたら、契約申込みをします。各プロバイダのサイト等で、申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。

【ポケットWiFiの契約方法・手順6】メールの確認・手続き完了

申込みフォーム送信後、プロバイダによっては、下記のいずれかで確認メールが届く場合があります。

  • Eメール
  • SMS(ショートメール)

届いたら、メールの案内に沿って、手続きを完了させましょう。

【ポケットWiFiの契約方法・手順7】端末の受取

申込みが済んだら、自宅へポケットWiFi端末が配送されます。これを受け取ると、契約手続きはすべて完了です。