ポケットWiFi

違約金なしのポケットWiFiの5社を徹底比較!タイプ別におすすめを紹介

結論!UQ WiMAXはこんな人におすすめ

手軽にインターネットに接続できて使いやすいポケットWiFiですが、解約時に違約金が発生することを懸念して利用していない人は多いです。

ところが、最近は違約金なしのポケットWiFi業者が出てきているのをご存知でしょうか?

こちらでは違約金なしのポケットWiFiのメリットや選ぶときの注意点、おすすめの業者について紹介します。

  • これからポケットWiFiを契約したい
  • ポケットWiFiがほしいけど、違約金が面倒
  • 短期間で使えるポケットWiFiを探している

という方は、ぜひ記事をチェックしてみてください!

ポケットWiFiの違約金は高い!縛りがないプランを選ぶべき

調子が悪いときに慌てないようにマークの意味を理解しよう

ポケットWiFiの違約金は、基本的にかなり高く設定されています。特にWiMAX端末だと、高額な違約金を取られる可能性が高いです。

以下が、主要なポケットWiFi業者の違約金の料金です。

プロパイダ名 契約縛り期間 違約金
GMOとくとくBB 3年
(37ヶ月目が更新月)
1~24ヶ月以内:24,800円
25ヶ月以降:9,500円
Broad WiMAX 3年
(37ヶ月目が更新月)
12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
25ヶ月以降:9,500円
どんなときもWiFi 2年
(25ヶ月目が更新月)
0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円
カシモWiMAX 3年
(37ヶ月目が更新月)
12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
25ヶ月以降:9,500円

最低でも9,500円と、非常に高い違約金が発生することがわかります。また更新月も短いので、気軽に機種変更もできません。

そこでこれからポケットWiFiを契約するなら、縛り無しでいつでも解約できるものがおすすめです。

パッと見の料金だけでなく、違約金などの手数料面もしっかりと確認したうえで、ポケットWiFiを契約しましょう。

違約金なしのポケットWiFiを使うメリット

こちらでは、違約金なしのポケットWiFiを利用するメリットを紹介します。

  1. いつでも解約できる
  2. 実質料金が安い
  3. 新規機種への乗り換えも簡単
  4. 短期間の利用に対応しやすい

それぞれくわしく確認していきましょう。

【違約金なしポケットWiFiのメリット1】
いつでも解約できる

違約金なしのポケットWiFiだと、いつでも解約できるのが大きなメリットです。

違約金があると1万円近い解約コストがかかってしまうので、辞めるタイミングを考えなくてはなりません。

ポケットWiFiは状況によっては不要になるケースも多いので、いつでも辞められるのは魅力的な特徴だといえます。

【違約金なしポケットWiFiのメリット2】
実質料金が安い

違約金なしのポケットWiFiは、実質料金が安いです。

ポケットWiFiの更新月は1ヶ月しかなく、それ以外だと違約金が発生するので、1万円ほどお金を払って解約してしまう人は少なくありません。

これはポケットWiFiの相場からすると3ヶ月分に該当するので、違約金なしのポケットWiFiのほうが安くなる可能性は高いです。

参考として、違約金があるポケットWiFiと、ないポケットWiFiを1年間利用した場合の料金を比較してみました。

プロパイダ 月額料金 違約金 1年間の総額
Broad WiMAX 3,411円 9,500円 50,432‬円
FUJI Wifi 3,980円 0円 47,760円

このように月額料金が安くても、違約金によって結果的に多くお金がかかります。

実質料金が安く、安心して使えるのは違約金なしのメリットです。

【違約金なしポケットWiFiのメリット3】
新規機種への乗り換えも簡単

違約金なしのポケットWiFiだと、新規機種への乗り換えも簡単です。

いつでも解約ができるので、ほしい機種が出たタイミングで他の業者に乗り換えられます。

違約金があると最大で3年間は乗り換えに費用が発生してしまうので、リスクが高いです。

新しい機種にどんどん乗り換えたいと考えている方にとっては、メリットが大きいといえます。

【違約金なしポケットWiFiのメリット4】
短期間の利用に対応しやすい

違約金なしだと、短期間での利用に対応しやすいです。

イベントでの利用や出張など、短期間だけポケットWiFiが必要になることが多い方にはメリットといえるでしょう。

また、引っ越しする可能性がある方など、利用環境が変わる見込みがある方にも便利です。引越し先では電波があまり良くなかったという場合に、すぐに解約できます。

違約金なしのポケットWiFiを使う注意点

違約金なしのポケットWiFiは使い勝手がいいですが、状況によってはデメリットと感じてしまうケースが存在します。

こちらでは、違約金なしのポケットWiFiを使う注意点について紹介します。

  1. 格安プランは実質縛りがあることも
  2. 超短期の場合は事務手数料も比較するべき
  3. 対応エリアやつながりやすさは事前確認するべき

注意点も把握したうえで、自分が使いやすいポケットWiFiを選ぶようにしてみてください。

【縛りなしポケットWiFiの注意点1】
格安プランは実質縛りがあることも

違約金なしのポケットWiFiであっても、格安プランだと縛りが発生する可能性があります。

違約金なしのプロパイダの中には、料金を2パターンに分けているところも珍しくありません。

  • 通常プラン……いつでも解約できる
  • 縛りプラン……通常プランより料金が安いが、縛りが発生する

たとえば、以下のプロパイダでは縛りプランが存在します。

縛りなしWiFi FUJI Wifi
通常プラン 月額3,300円 3,980円
(使い放題プランの場合)
縛りありプラン 月額2,800円
(3年)
3,480円
(12ヶ月分まとめ払いの場合)

月額料金が一気に500円近く安くなるのでお得ではありますが、解約時に違約金が発生するかもしれません。

一番安いプランに縛りがあるかどうかは、しっかりとチェックしておきましょう。

【縛りなしポケットWiFiの注意点2】
超短期の場合は事務手数料も比較するべき

1~2ヶ月以内の超短期で契約を行う場合は、事務手数料についても比較しておきましょう。

事務手数料とは、契約の手続きを行ううえで発生する費用で、だいだい3,000円が相場です。

たとえば1ヶ月で解約するとなると、月額利用料3,000~4,000円+事務手数料3,000円がかかるので、かなり高額になってしまいます。

もし超短期でポケットWiFiを使いたいなら、1日単位でレンタルできる業者を選びましょう。

こちらは1日300円ほどの利用料がかかりますが、事務手数料が0なので、トータルで安くなる可能性が高いです。

くわしくは以下の記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

>>【短期間】ポケットWiFiレンタルサービスはどこがいい?借りる期間別におすすめを紹介

【縛りなしポケットWiFiの注意点3】
対応エリアやつながりやすさは事前確認するべき

縛りなしのポケットWiFiであっても、対応エリアやつながりやすさは確認しておきましょう。

いくら1ヶ月単位で解約できるからといって、ひんぱんに会社を変えていると、そのつど事務手数料がかかるのでもったいないです。

「縛りがないからどこでもいい」と考えて契約するのではなく、口コミや評判などをちゃんとチェックしてみてください。

プロパイダによってはお試し期間を設けているものもあるので、そちらを利用すると確実です。

>>お試しできるポケットWiFiはどれ?レンタル中に確認すべきポイントも解説

違約金なしのポケットWiFiを徹底比較!タイプ別おすすめを紹介

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント

違約金なしのポケットWiFiは数が多く、どこを選べばいいかわからないと迷っている方も多いです。

そこでこちらでは、違約金なしのポケットWiFiを料金やデータ容量比較してみました。

プロパイダ名 初期手数料 料金 容量
FUJI Wifi 3,000円 2,480円~3,980円 25GB~無制限
SPACE Wi-Fi 0円 3,680円 月間無制限
(1日3GB or 3日10GBの制限あり)
縛りなしWiFi 1,000円 3,300円 月間無制限
(1日2GBの制限あり)
KINGWiFi 3,800円 3,600円 月間無制限
クラウドWiFi 3,980円 3,380円 月間無制限

それぞれのくわしい特徴について、これから解説していきます。

【違約金なしのポケットWiFi1】
FUJI Wifi

FUJI Wifi

FUJI Wifiでは、さまざまなプランから自分に合ったものを選択できます。

料金プランは、以下のとおりです。

プラン名 通信量 料金(税別)
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円
100ギガクラウドプラン 100GB 3,480円
50ギガクラウドプラン 50GB 2,980円
25ギガクラウドプラン 25GB 2,480円
WIMAX2+プラン 無制限 3,200円

最安値だと2,480円から利用できます。

さらにおまとめ支払いに対応しており、12ヶ月分をまとめて支払うと500円引きで利用可能です。つまり1,980円からポケットWiFiを利用できるので、かなりコスパに優れています。

またお試しキャンペーンも行なっており、7日間500円でポケットWiFiを利用できるので、自分のエリアでつながるかどうかもチェック可能です。

海外利用にも対応しているので、使いやすくコスパの優れているポケットWiFiといえます。

【違約金なしのポケットWiFi2】
SPACE Wi-Fi

SPACEWiFI

SPACE Wi-Fiでは、初期費用0円でポケットWiFiを利用できます。

事務手数料・送料・解約手数料すべてが0円なので、初月からずっと3,680円で変わらず利用できる点が魅力です。

WiMAXとソフトバンクの2種類から機種が選択でき、どちらも月間無制限ですが、細かい制限が発生します。

  • WiMAX……3日で10GBまで
  • ソフトバンク……1日3GBまで

事務手数料が0円なので切り替えやすく、短期間での利用に優れているポケットWiFiです。

【違約金なしのポケットWiFi3】
縛りなしWiFi

縛りなしWIFI

縛りなしWiFiは、月間3,300円で利用できるコスパに優れたポケットWiFiです。

違約金がないポケットWiFiの中では、トップクラスに安い料金となっています。

ただし1日2GBまでしか利用できないので、制限も少し厳しめです。月間では無制限なので、そこまで多くの通信を利用しない方に向いています。

さらに3年契約にすれば月額2,800円になる「縛っちゃうプラン」も存在します。こちらは解約手数料がありますが、少しでも安く使いたい方におすすめです。

【違約金なしのポケットWiFi4】
KINGWiFi

KINGWiFI

KINGWiFiは、お得な友達招待クーポンが存在するポケットWiFiです。

基本月額料金は5,000円ですが、友達から紹介を受けて申し込むと、3,600円まで料金が下がります。

さらにKINGWiFiを友だちに紹介することで、1人あたり200円が値引きされ、最安で月額1,000円まで料金を下げることが可能です。

割引の招待コードを持っていなくても、申込時に「紹介コードがない方はこちら」を選択すれば自動で適用されます。なので実質3,600円で誰でも利用可能です。

知り合いに紹介を続ければどんどん料金が安くなる、お得なポケットWiFiといえます。

【違約金なしのポケットWiFi5】
クラウドWiFi

クラウドWiFiは、月額3,380円で利用できるポケットWiFiです。

月間無制限で、かつ1日○GBという制限も無いポケットWiFiの中では、かなり料金が安く設定されています。

ただし事務手数料が3,980円と他社より高いので、短期間の契約だと損をしてしまう可能性が高いです。

中期~長期での利用を考えている方は、ぜひ検討してみてください。