ポケットWiFiの豆知識

フィリピンに行くのにおすすめのポケットWiFiは?現地の電波事情も解説

フィリピンへの留学や旅行を考える際、ネットはどうやって接続するのだろうと疑問が浮かびますよね。
フィリピンには現地独特のネット事情があり、知っているのと知らないのとで大きく得したり逆に損をしてしまうことがあります。
そこで今回は、フィリピンでネットをお得に利用する方法を解説します。触れていく項目は以下のとおり。
  • フィリピンのWiFi事情
  • フィリピン現地のSIMカードについて
  • フィリピン利用するポケットWiFiの選び方
  • オススメのポケットWiFi

この記事を読んでもらえば、フィリピンでお得にネットが利用できますよ!サクッと読めるようにまとめているので是非参考にしてみてください!

Contents

フィリピンのWiFi事情

フィリピンのWiFi事情

まずはフィリピンのWiFi事情を確認していきましょう。フィリピンのWiFi事情は以下の3点を把握しておけばOKです。

  1. FreeWiFiが多く設置されている
  2. 急に電波が途切れることがあるので注意
  3. 現地のSIMカード利用したほうがお得

以下で詳細を確認していきましょう。

1.Free WiFiが多く設置されている

フィリピンはFreeWiFiが多く設置されています。ショッピングモールやカフェ、ホテルにでFree WiFiがあるので外出先でのネット接続には割と困りません。

ただし、接続に時間制限があることが多いです。また、最近はフィリピン現地の電話番号が必要な場合があり場所によっては渡航者は利用しづらいかもしれません。

パスワードが設定されているお店もありますが、店員さんに聞けばパスワードを教えてくれますよ。FreeWiFiは便利なので、是非頭にいれておきたいですね。

2.急に電波が途切れることがあるので注意

上記でFreeWiFiが多く存在するといいましたが、他の先進国と比べると電波は若干弱め。急に電波が途切れることがあるので注意しましょう。

フィリピンのネット環境が整えられてきたのはここ十数年の話。エリアによっては電波がほぼ入ってこない場所もあります。

また、電波の強弱が天候の影響を受けやすいのもフィリピンの特徴。特に雨が強い日などは使いものにならないほど電波が弱くなってしまいます。

WiFiを利用できるエリアは増えてきていますし整備もどんどん進んでいますが、他の先進国と比べると電波は途切れがちであることを覚えておきましょう。

3.現地のSIMカードを買うほうが安い

フィリピンで最もコスパよくネットを利用したいのであれば、現地のSIMカードを購入して利用することをオススメします。安くてそこそこの容量が扱えますし、買い切り式なので扱いやすいからです。

SIMカードは空港やコンビニ、ショッピングモールで購入可能ですよ。100円~200円程度で手に入ります。面倒な契約などは必要ありません。

フィリピンのプリペイドSIMを利用する場合は、SIMフリーの端末をあらかじめ用意しておく必要があります。出国前にSIMロックを解除しておくとよいでしょう。

ひとつ難点をあげるとすれば、使用するために設定が必要となる点です。英語ができず、きちんと手続きや設定ができるか不安という方は、ポケットWiFiを持ち込んでもよいと思います。
SIMフリー端末を所持していない方もポケットWiFiの利用がオススメです。現地のSIMカードと比べると若干利用料金は高くなりますが、ネットが利用できないよりはいいですよね。
プリペイドSIMの利用ができる方であれば、SIMカードを積極的に利用したほうがよいです。

フィリピン現地のSIMカードのおすすめと使い方は?

フィリピン現地のSIMカードのおすすめと使い方は?

ここからは、フィリピンでSIMカードを利用したいという方向けに「オススメのSIMカード」「設定方法や使い方」を紹介します。

フィリピンを訪れる前に理解しておけば利用までの流れがイメージできスムーズに現地でネットが利用できますよ。

まずは、オススメのSIMカードから確認していきますね。

フィリピンのSIMカードのおすすめは?

フィリピンのSIMカードでオススメなのは「Smart」「Globe」です。基本的にこのどちらかを使用すれば問題ありません。

この2つは日本でいうところのdocomoやauのような存在。フィリピンに住む人のほとんどがどちらかのキャリア利用しています。

Smartはシェアがナンバー1。Globeはナンバー2です。
どちらを利用したらよいのだろう?と悩むかもしれませんがそこまで大きな違いはありません。
ただ、エリアごとに若干つながりやすさに差がでます。もし英語が話せるのであれば、現地の人にどちらの会社のほうがつながりやすいか確認してみるとよいでしょう。

フィリピンのSIMカードのセッティング方法は?

フィリピンでSIMカードを利用する場合「SIMカード」「ロードカード」の2つをそろえる必要があります。SIMカードを携帯にセットし、必要なロードカードを購入しチャージすることで利用できますよ。

空港にGLOBEかSMARTのSIMを販売しているブースがある。最初の設定に不安があるのであれば、店員に設定してもらいましょう。店員に設定してもらうときは、スマホを英語設定にして渡します。

滞在期間と使用用途を伝え、料金を支払えばOKです。

プリペイドSIMで利用できる期間は以下のとおり。

  • 1日
  • 3日
  • 7日
  • 30日

ただ、30日以上滞在するのであれば、リロードが必要です。その場合は以下の手順で進めてください。今回はSmartを例にします。手順は以下のとおり。

  1. SmartのSIMをセットする
  2. ロードカードを購入する
  3. カード裏のスクラッチを削って番号を確認
  4. 1510+先ほど確認した14桁の番号を入力して電話をかける
  5. ロード完了のメッセージが流れる
これで一応チャージは完了して利用はできます。直接話をするのが不安な方も、基本は入力だけで終わるので安心です。

【SIMロックのある方に】フィリピンに持っていくポケットWiFiの選び方

 【英語が不安な方に】フィリピンに持っていくポケットWiFiの選び方

フィリピン現地でおすすめなのはSIMを買うことですが、SIMロックされているケータイでは使えません。また、パソコンなども合わせて利用する場合は少し心もとないです。
こんな方は、ポケットWiFiを国内でレンタルしてもっていく方法もありです。

そこで、フィリピンに持っていきたい方向けに、ポケットWiFiの選び方を解説します。

大きく、以下の2点に気を付けてポケットWiFiを選べば失敗はしないでしょう。

  1. 契約する容量が適切かどうか
  2. 通信速度とつながりやすさ

詳細は以下をご覧ください

【フィリピン向けのポケットWiFi選び方1】契約する容量は適切かどうか

フィリピン向けのポケットWiFi選び方その1は、契約する容量が適切であるかどうか確認しましょう。

基本的に契約する容量は抑えた方がよいです。容量が大きくなるほど、料金プランは高くなります。

1日当たりの料金が提示されるため安く感じるかもしれませんが、滞在期間が長くなればなるほど、最終的に支払う料金に差がでますよ。

フィリピンは幸い多くのFreeWifiスポット存在するので簡単な通信であればWiFiスポットを利用しましょう。

容量から、使用するイメージが湧きづらい方は、以下の表を参考にしてみてください。

以下の表は1GBでできることをまとめたものです。

用途 1回の通信容量 1GBでできる回数 1日換算(1ヶ月=30日として)
Webページの閲覧 約800kb 約1,240回 約41回
メール送信 約2.5MB/通 約400通 約13回
LINEメッセージ 約4kb 約25,000回 約833回
LINE音声通話 約1MB/分 約1,000分 約33分
YouTube視聴(1080pHD) 約30MB/分 約33分 約1.1分
マップ検索・ナビ 約7.5MB/分 約133分 約4.4分
Instagram閲覧 約10MB/分 約100分 約3.3分
さらにくわしく知りたい方はこちらの記事も参照ください。
https://pokedai.com/wifi-1gb/

【フィリピン向けのポケットWiFi選び方2】通信速度&つながりやすさ

フィリピン向けのポケットWiFi選び方その2は、通信速度&つながりやすさを確認しておきましょう。

ポケットWiFiの中には3G回線4G回線かを選べるものが存在します。料金や容量だけでなく、使用する回線にも注目して利用するポケットWiFiをえらびましょう。
とくにフィリピンは4G回線が普及しきっていないエリアも多く存在します。一般的に3G回線は遅いため、4Gより劣っていると考えられがちですが、フィリピンで滞在するエリアによってはあえて3G回線を用意したほうがよいかもしれません。
4Gと3Gで料金も通信速度も違うので、よく検討したうえで決定するようにしてください。

フィリピンでポケットWiFiを使うときの注意事項

フィリピンでポケットWiFiを使うときの注意事項

次にフィリピンでポケットWiFiを利用する際の注意事項について解説します。以下の4点に注意して、ポケットWiFiを利用しましょう。

  1. ポケットWiFiは機内持ち込みにしよう
  2. 携帯のデータローミングはオフにしよう
  3. ポケットWiFiを使ってないときは電源を切ろう
  4. ポケットWiFiのバッテリーの持ち具合を把握しておこう

詳細は以下をご覧ください。

【フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点1】ポケットWiFiは機内持ち込みしよう

フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点1は、ポケットWiFiは機内持ち込みにすることです。

ポケットWiFiに使用されている電池はリチウム電池というものです。このリチウム電池は機内持ち込みでないといけません。

間違って預ける方の荷物にポケットWiFiを入れてしまうと審査に引っかかってしまい、手間がかかります。

スムーズに出国するためにも、ポケットWiFIは持ち込む方のカバンに入れておきましょう。

さらに詳しい注意点はポケットWiFiは機内持ち込みできる?飛行機でネットは使えるの?もご覧ください。

【フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点2】携帯のローミングはオフにしよう

フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点2は、携帯のローミングをオフにしておくことです。ローミングとは、各携帯会社が提供するサービスの1つ。ローミングをオンにしていると海外でもネットを利用できます。

ローミングは便利な機能なのですが、通常の携帯料金とは請求が別になるんですよね。そしてその請求金額がかなり高いんです。

スマホのアプリは自動で更新するアプリも多く存在するので、ローミングをオフにしておかないとあとから高額請求に苦しむ羽目に。

帰国後泣き目をみないためにもローミングはオフにしておきましょう。

【フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点3】ポケットWiFiを使わないときは電源を切っておこう

フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点3つ目、ポケットWiFiを使わないときは電源を切っておきましょう。

スマホの設定によっては、しらずしらずのうちにデータ通信を行っていたりします。レンタルのポケットWiFiでは、1日で利用できる容量が決まっているので不要なデータ消費はおさえておきたいです。

現地のFreeWiFiを利用すればポケットWiFiを起動しなくていい時間が作れるはずです。こまめに電源を切るようにすると、容量を節約できますよ。

【フィリピンでポケットWiFiを使う際の注意点4】バッテリーの持ち具合を把握しておこう

フィリピンのポケットWiFiを使う際の注意点4つ目は、バッテリーの持ち具合を確認しておくことです。

海外利用者用に貸し出されているポケットWiFiは、使いまわしの端末であるためバッテリーがかなり消耗しているかもしれません。

消耗しているバッテリーだと、フル充電でも丸一日持たない場合もあるんですよ。最悪の場合、充電できない出先の環境で充電が切れるかもしれません。

予備のバッテリーやモバイルバッテリーを用意しておくことで対策可能です。バッテリーの持ち具合は意外と見落としがちなので、是非気にしておいてください。

フィリピンで使えるレンタルポケットWiFiおすすめ5選

フィリピンで使えるレンタルポケットWiFiおすすめ5選

ここからはフィリピンで使えるレンタルポケットWiFiのオススメを5つ紹介します。

  1. FUJI Wifi
  2. jetfi
  3. イモトのWiFi
  4. グローバルWiFi
  5. Wi-Ho!

詳細は以下をご覧ください。

【フィリピンでオススメのポケットWiFi1】FUJI Wifi

FUJI Wifi

フィリピンでオススメのポケットWiFiその1はFUJI Wifiです。基本情報は以下のとおり。

料金 基本月額料金+980円※使った日のみ加算される
手数料 0円
容量 500MB/日
3G・4G 4G

FUJI Wifiは、国内国外とわずどこでも使用できるので使い勝手がかなりいいです。

面倒な手続きが嫌いな人にはもってこいですね。海外での利用の場合、別途1日980円が必要になりますが使った日だけ別途料金が発生するので、料金を発生させたくなければ電源を落としておけばOK。

他のポケットWiFiだと、レンタル期間で料金を算出するので電源を落としても料金が抑えられることはありません。FUJI Wifiはフィリピン含め93か国に対応しているので、多くの国で問題なく利用できます。

注意点として、海外で利用できるプランは以下の2つのみであることを把握しておきましょう。

海外対応の基本プラン

100ギガクラウドプラン 月額3480円
快適クラウドプラン 月額3980円

【フィリピンでオススメのポケットWiFi2】jetfi

jetfi

フィリピンでオススメのポケットWiFiその2はjetfiです。基本情報は以下のとおり。

料金 680円~1580円※無制限プラン含む
手数料 返却パック650円
宅配受け取り600円※コンビニ&自宅
容量 350MBから1GB
3G・4G 両方

フィリピンは「アジアプラン」と「無制限プラン」が利用できます。無制限プランは他のポケットWiFiと比べても安いため、お得です。また、割引のある長期プランもあるので、長く滞在する予定の方にも良いでしょう。

無制限プラン

容量無制限 1580円

アジアプラン(通常)

容量 料金
350MB 680円/日
500MB 980円/日
1GB 1280円/日

アジアプラン(長期)

期間(500MB) 料金
30日間 12800円(426円/日)
60日間 23000円(383円/日)
90日間 31500円(350円/日)

 

【フィリピンでオススメのポケットWiFi3】イモトのWiFi

イモトのWiFi

フィリピンでオススメのポケットWiFiその3は、イモトのWiFiです。基本情報は以下のとおり。

料金 640円・1280円
手数料 受渡手数料:500円
容量 500MB
3G・4G 両方

イモトのWiFiでフィリピンに対応しているのは通常プランのみ。30日パック含めて計4つのプランがあります。

フィリピンで利用可能な500MBのプランは早割があるため、安く利用したい方は早めの予約がオススメですね。

  • 30日前→10%オフ
  • 45日前→15%オフ
  • 60日前→20%オフ

フィリピンでの料金は以下のとおり。

容量 料金 プラン 回線
500MB/日 1280円/日 通常プラン 4G
500MB/日 680円/日 通常プラン 3G
500MB/日 23000円/日 通常プラン 4G
500MB/日 14200円/日 通常プラン 3G

ちなみに、フィリピン以外を訪れたい方はアジア周遊プランもオススメです。

【フィリピンでオススメのポケットWiFi4】グローバルWiFi

グローバルWiFi

フィリピンでオススメのポケットWiFiその4はグローバルWiFiです。基本情報は以下のとおり。

料金 870円~2470円
手数料 受渡手数料 500円
容量 300MB~1.1GBもしくは無制限
3G・4G 両方あり

グローバルWiFiはプランが多く、自分の目的に合わせて利用しやすいです。フィリピンの主要都市であれば問題なく利用できますよ。

3G回線と4G回線を選べるので、自分の利用するエリアにあった回線を選べるとよいですね。

料金プラン(早割り不適用)

容量 料金 回線
300MB/日 870円 3G
600MB/日 1170円 3G
300MB/日 1170円 4G
600MB/日 1370円 4G
1.1GB 1570円 4G
無制限 2270円 4G

【フィリピンでオススメのポケットWiFi5】Wi-Ho!

ワイホー

フィリピンでオススメのポケットWiFiその5はWi-Ho!です。基本情報は以下のとおり。

料金 680円~1880円
手数料 出発時前日以降の申し込み 550円
容量 300MB~1GBもしくは無制限
3G・4G 4G

Wi-Ho!は無制限プランもありますし、アジア周遊プランもあります。680円から4G回線が利用できるので、ポケットWiFiを試してみたい方にもオススメです。

料金は以下のとおり。

料金プラン

容量 料金 回線
300MB 680円/日 4G
500MB 980円/日 4G
1GB 1280円/日 4G
無制限 1880円/日 4G