ポケットWiFiの豆知識

台湾で使えるポケットWiFiのおすすめ3選!台湾のフリーWiFi事情も解説!

格安SIM 通話品質 アイキャッチ

海外旅行へ行くときに気になるのが、ネットの利用環境について。WiFi事情は各国で違うため、こんな疑問はありませんか?

「台湾でネット接続するにはどうするべき?」
「ポケットWiFiは必要?どこで借りるの?」

そこで本記事では、台湾で使うWiFiについて、以下の点をご紹介します。

  • 台湾でフリーWiFiは使える?
  • 台湾に持っていくポケットWiFiの選び方や注意点は?
  • 台湾で使えるポケットWiFiのおすすめはどれ?

記事を読むと、上記の内容を簡単に解決できますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

台湾のWiFi事情

家族におすすめ!格安SIMのシェアプランとは?

台湾でネットに接続したい場合、WiFiの使いやすさなどが気になりますよね。そこで、台湾のWiFi事情をご紹介します。ポイントは次の2つ。

  1. 台北市内はフリーWiFiあり!事前申請するのがオススメ
  2. 移動しながら使うならポケットWiFi!安定性・利便性ともに良し

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【台湾のWiFi事情1】台北市内はフリーWiFiあり!事前申請するのがオススメ

台湾には、公共機関が提供しているフリーWiFiがあります。たとえば、台湾政府提供の「iTaiwan(アイタイワン)」や、台北市提供の「Taipei Free(タイペイフリー)」など。

それぞれの特徴は、以下のとおりです。

<フリーWiFi「iTaiwan」と「Taipei Free」の概要>
WiFi名 iTaiwan Taipei Free
提供機関 台湾政府 台北市
使える地域 台湾全域 台北市内
使いやすさ ×
利用料金 無料 無料
利用申請 必要 必要
(iTaiwan登録済なら申請不要)
備考 事前申請可 以下いずれか必要
iTaiwan ID
・台湾の携帯番号

iTaiwanは利用できる場所が施設内(銀行等)に限られているため、旅行中に使いやすいとは言えません。

ただし、Taipei Freeを使うために、iTaiwanの登録も必要となります。それについては、以下でお伝えいたしますね。

「iTaiwan」と「Taipei Free」の利用申請方法

iTaiwanとTaipei Freeは、いずれも利用申請が必須です。

なお、Taipei Freeの登録には、iTaiwanのIDまたは台湾の携帯番号が必要。そのため、先にiTaiwanの登録をした方が良いでしょう。

iTaiwanの利用申請方法は次の2通り。

<iTaiwanの利用申請パターン>
申請方法 申請場所 必要なもの
ネット申請 どこでも可能
(日本から事前申請可)
以下項目の入力
・国籍
・生年月日
・パスポート番号
現地手続き 現地インフォメーションセンター パスポートの持参

ネットで登録できるので、日本にいる間に事前申請しておくとスムーズですね。

「iTaiwan」と「Taipei Free」の接続方法

iTaiwanの利用申請後は、現地でフリーWiFiを利用可能です。

iTaiwanに接続可能な場所で、WiFi設定に表示される「iTaiwan」を選択しましょう。初回接続時に、国籍・パスポート番号を入力すると、使えるようになります。

また、iTaiwanのIDを取得しておくと、Taipei Freeの無料WiFiにも接続可能です。WiFi設定で「TPE-Free」や「TPE-Free_CHT」を選択すると、使えます。

【台湾のWiFi事情2】移動しながら使うならポケットWiFi!安定性・利便性ともに良し

台湾で移動しながらネットを使うなら、ポケットWiFiがオススメです。前述したフリーWiFiもありますが、旅行中に使うには、やはり不便な点があるため。

<台湾のフリーWiFiの不便な点>

  • フリーWiFiのある場所を探さなければならない
  • Wi-Fiスポットから離れると通信が切断する
  • 通信速度が遅い

フリーWiFiにつなげる場所は限られているので、WiFiスポットを探さなくてはなりません。また、複数の人が接続するため、場所や時間帯によっては回線が混雑し、遅くなります。

そのため、台湾でネットを使う場合は、ポケットWiFiをレンタルすると便利。

<台湾でポケットWiFiを使うメリット>

  • 移動しながら使える
  • フリーWiFiスポットを探す手間や時間を省ける
  • フリーWiFiよりも通信速度が速い
  • セキュリティ面でも安心

ポケットWiFiは、移動しながら使えるのが大きなメリット。

旅行中は動き回るので、場所が変わっても通信が途切れないのは重要ですね。フリーWiFiを探す必要がないため、観光に時間を割けるのも嬉しいポイント。

また、フリーWiFiとは違い、セキュリティも安心です。海外では特に、安全面に気をつけたいですよね。

フリーWiFiとポケットWiFiのセキュリティについては、以下のページで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

関連記事:【危険!】ポケットWiFiはセキュリティ対策すべき!設定と強化方法を解説

台湾で利用するポケットWiFiの選び方

台湾で使うポケットWiFiの選び方を紹介していきます。ポイントは次の3つ。

  1. データ容量・料金
  2. 受取・返却の場所や方法
  3. 補償内容

それぞれのポイントについて、以下で見ていきましょう。

【台湾で使うポケットWiFiの選び方1】データ容量・料金

台湾で使うポケットWiFiを選ぶ際に、まずポイントとなるのが料金。レンタルの基本料金の他、手数料やオプション料金がかかる場合もあります。

価格は各社で異なるため、比較して検討しましょう。また、使えるデータ容量によっても金額は異なります。

1GBでできることの目安は、以下のとおり。

<1GBでできることの目安>
利用目的 1回あたりの通信容量 1GBでできる回数・時間
Webサイト閲覧 約800KB 約1,250回
Instagram閲覧 約10MB/分 約1時間40分
Googleマップ検索 約7.5MB/分 約2時間13分
Eメール送信 約2.5MB/通 約400通
LINEメッセージ 約40KB/通 約25,000通
LINE音声通話 約1MB/分 約16時間40分
YouTube動画視聴
(HD 1080p)
約30MB/分 約33分

参考元:データ通信料について|グローバルWiFi

1GBだと、Web閲覧には問題ありませんが、動画視聴はあまり長時間できません。台湾滞在中の通信量がどの程度になりそうか、考えてみましょう。

また、普段使っている容量の確認方法は、以下のページで詳しく解説しています。気になる方は、参考にしてみてくださいね。

関連記事:1GBでできることはどれくらい?動画はみられる?使用量の確認方法も解説!!

【台湾で使うポケットWiFiの選び方2】受取・返却の場所や方法

台湾で使うポケットWiFiを選ぶときには、受取・返却の場所や方法にも注目しましょう。

主な方法は、次の3つです。

<台湾で使うポケットWiFiの受取・返却場所>

  1. 自宅で宅配便受取・郵便等で返却
  2. 空港で受取・返却
  3. 現地で受取・返却

受取・返却のしかたを選ぶポイントは、利便性と料金。それぞれの方法で、送料や手数料の金額が異なる場合があります。

また、事前に受け取っておきたい人は、自宅への宅配が便利ですね。逆に、旅行後に発送手続きをするのが面倒な場合は、空港や現地で返却できるとスムーズでしょう。

【台湾で使うポケットWiFiの選び方3】補償内容

台湾でポケットWiFiを利用する際は、補償サービスも重要なポイント。なぜなら、海外ではポケットWiFiの紛失・盗難も少なくないためです。

各社では、海外向けのレンタルWiFi特有の補償を行っています。補償料金はレンタル会社により異なり、数百円から。オプションになっていることが多く、補償加入は必須ではありません。

ただし、もし盗難や紛失があった場合、機種代を弁償する必要があります。補償に入っていないと、自己負担になるのです。

端末によっては数万円かかるため、補償はつけておいた方が無難でしょう。

台湾でポケットWiFiを使うときの注意事項

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードのメリット

台湾でポケットWiFiを使うときには、注意事項があります。気をつけるべき点は、次の2つ。

  1. ポケットWiFiは機内持ち込みする
  2. スマホのデータローミングはオフにする

それぞれのポイントについて、以下で解説していきますね。

【台湾でポケットWiFiを使うときの注意点1】ポケットWiFiは機内持ち込みする

自宅や空港でポケットWiFiを受け取った場合、「飛行機に持ち込むべきか、受託荷物として預けるか」という問題がありますよね。

飛行機に乗る際、ポケットWiFiは機内へ持ち込みしましょう。その理由は、次の3つ。

<ポケットWiFiを機内持ち込みにする理由>

  1. 預け入れ可能かどうかは各航空会社による
  2. 預け入れすると衝撃による破損が心配
  3. 預けた荷物がなくなる可能性がある

預け入れ可能かどうかは各航空会社による

まず「ポケットWiFiを、持ち込みや預け入れできるかどうか」が重要ですね。

結論から言うと、機内持ち込みは可能です。逆に、預け入れできるかどうかは、各航空会社へ確認する必要があります。

基本的に、リチウムイオン電池は、預け入れが不可で、機内持ち込みは可能です(条件あり)。リチウム電池に該当する物は、たとえばモバイルバッテリーなど。

ポケットWiFiは、リチウムイオン電池には該当しません。それでも、預け入れする場合は、念の為、航空会社へ確認する方が良いでしょう。

ポケットWiFiの機内持ち込みについて、詳しく知りたい方は、以下のページも合わせてご覧ください。

関連記事:ポケットWiFiは機内持ち込みできる?飛行機でネットは使えるの?

預け入れすると衝撃による破損が心配

手荷物として預け入れした場合、衝撃等によりポケットWiFiが破損する可能性もあります。そのため、特別な事情がない限り、機内持ち込みにした方が安全ですね。

また、ポケットWiFiのレンタル会社でも、機内持ち込みを推奨しています。

預けた荷物がなくなる可能性がある

ポケットWiFiを預け入れした場合、預けた荷物ごとなくなる(ロストバゲージ)という可能もあります。

そうなると、ポケットWiFiを使えません。ネット上での手続きや検索をするにも、フリーWiFiを探すことになります。

万が一に備えて、機内持ち込みにした方が安心できますね。

【台湾でポケットWiFiを使うときの注意点2】スマホのデータローミングはオフにする

台湾でポケットWiFiを使うときには、スマホのデータローミングをオフにすることもポイントです。

データローミングとは、普段利用している回線が使えない時に、他の回線を使うサービスのこと。便利ですが、データローミングで接続すると、スマホの利用料金が高額になる場合があります。

自分でネット接続していなくても、ソフトのアップデート等で通信が始まることもあるので、要注意。ポケットWiFiがあれば、データローミングの必要はないので、自動接続は避けたいところ。

高額請求を防ぐためには、スマホのデータローミングを、事前にオフにしておきましょう。iPhone・Androidともに、端末の設定でオフにできます。

台湾で使えるレンタルポケットWiFiおすすめ3選

台湾で使えるレンタルのポケットWiFiは、どれを選べば良いのか気になりますよね。そこで、おすすめのポケットWiFi3選をご紹介します。

<台湾で使えるレンタルポケットWiFiのおすすめ3選>

  1. FUJI Wifi
  2. グローバルWiFi
  3. イモトのWiFi

それぞれのポケットWiFiについて、特徴を見ていきましょう。

【台湾で使えるレンタルポケットWiFiのおすすめ1】FUJI Wifi

FUJI Wifi

<FUJI Wifi の月額利用料金>
料金プラン データ容量/月 月額料金
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円/月
100ギガクラウドプラン 100GB/月 3,480円/月

<FUJI Wifi の海外利用料金>
データ容量/日 料金/日
500MB/日 980円/日

<FUJI Wifi の海外利用概要>
補償 サポートPremium【落下・水没・紛失・盗難】(400円/月額)
・安心サポート【落下・水没のみ】(250円/月額)
備考 海外利用の手続き不要
・月額契約中の端末を持って行くだけ

FUJI Wifiの特徴

  • 海外利用の手続き不要(契約中の端末を持って行くだけ)
  • 海外利用の料金プランは1種類のみ
  • 1日980円から海外利用が可能(使った日だけ料金加算)
  • 海外補償料金が月額なので、何日も滞在するなら割安

FUJI Wifiがおすすめな人

  • 普段使っているポケットWiFiをそのまま持っていきたい人
  • 海外では容量無制限にする必要がない人
  • 補償サポートを安くつけたい人

【台湾で使えるレンタルポケットWiFiのおすすめ2】グローバルWiFi

グローバルWiFi

<グローバルWiFi の海外利用料金(台湾・1か国)>
料金プラン データ容量/日 料金/日
4G高速 300MB/日 970円/日
4G高速
大容量
600MB/日 1,170円/日
4G高速
超大容量
1.1GB/日 1,370円/日
4G高速
容量無制限
無制限 1,870円/日

<グローバルWiFi の海外利用概要>
空港受取手数料 500円
宅配受取手数料 500円
宅配事前受取手数料
(出発2~5日前)
1,000円/日
・出発3日前:2,000円
・出発2日前:1,000円
宅配返却送料 利用者負担
現地受取手数料 500円
補償 <紛失・盗難・破損の補償>
・安心補償パックMAX【100%免除+携行品・死亡保険等】(500円/日)
・安心補償パック フル【100%免除】(300円/日)
・安心補償パック ミニ【80%免除】(200円/日)
受取可能な空港 国内18空港
(羽田・成田・関西国際・中部国際・伊丹・新千歳・新潟・福岡・那覇・その他)
現地受取可能な場所
(台湾)
・台湾桃園国際空港(受取・返却)
・台北松山国際空港(受取・返却)
・台北市内のみホテル宅配可

グローバルWiFiの特徴

  • 料金プラン・データ容量の選択肢が多い
  • 少ないデータ容量なら1日970円からレンタル可能
  • 国内18空港で受取可能
  • 現地でも受取可能

グローバルWiFiがおすすめな人

  • 自宅付近の空港で受取りたい人
  • 現地で受取りたい人
  • 海外で無制限に使いたい人
  • 少ないデータ容量で安く使いたい人

【台湾で使えるレンタルポケットWiFiのおすすめ3】イモトのWiFi

イモトのWiFi

<イモトのWiFi の海外利用料金(台湾・1か国)>
料金プラン データ容量/日 料金/日
4G/LTE
大容量
500MB/日 キャンペーン価格:540円/日
(通常:1,080円/日)
4G/LTE
ギガ
1GB/日 キャンペーン価格:790円/日
(通常:1,580円/日)
4G/LTE
無制限
無制限 キャンペーン価格:1,040円/日
(通常:2,080円/日)
4G/LTE
30日
500MB/日 19,500円/30日
(キャンペーンなし)

※上記キャンペーン価格は2020年1月31日(金)16:00まで

<イモトのWiFi の海外利用概要>
空港受取手数料 キャンペーン価格:無料
(通常:500円)
宅配受取手数料 キャンペーン価格:無料
(通常:500円)
宅配事前受取手数料 450円/日/台
宅配返却送料 利用者負担
東京本社受取手数料 0円
補償 <紛失・盗難・破損の補償>
・あんしんパックプラス【100%免除+携行品・旅行保険等】(500円/日)
・あんしんパックフル【100%免除】(300円/日)
・あんしんパック【80%免除】(200円/日)
受取可能な空港 羽田・成田・関西国際・中部国際・新千歳・福岡
利用可能な都市
(台湾)
台北・高雄・台中・新竹・台南・桃園・松山・中歴・麦寮

※上記キャンペーン価格は2020年1月31日(金)16:00まで

イモトのWiFiの特徴

  • 料金プラン・データ容量の選択肢が多い
  • 30日間レンタルのプランあり
  • 期間限定のキャンペーン価格がお得(2020年1月31日まで)

イモトのWiFiがおすすめな人

  • 海外で無制限に使いたい人
  • 長期間使いたい人
  • キャンペーン価格で安く使いたい人