ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiの位置情報とは?GPSとの違いは?

ポケットWiFiの位置情報について、お調べでしょうか?

日常的に利用する位置情報と言えば、スマホやGPSを使うもの。「ポケットWiFiの位置情報」と聞いても、あまりピンと来ない方も多いかもしれません。

そこで本記事では、ポケットWiFiの位置情報について、以下の点をご紹介します。

  • ポケットWiFiの位置情報サービスって何?
  • ポケットWiFiの位置情報とGPSの違いは?
  • ポケットWiFiの位置情報で居場所は特定される?
  • 端末をなくしたら位置情報で探せるの?
  • 位置情報を使うための設定方法は?

記事を読むと、上記の内容が簡単に解決できますよ。位置情報を安心して使うためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

ポケットWiFiの位置情報サービスの仕組みとは?

ポケットWiFiの位置情報は、どのような仕組みになっているのでしょうか?ここでは、次の2点について、解説していきます。

  1. ポケットWiFiの位置情報はどのように割り出している?
  2. ポケットWiFiの位置情報とGPSとの違いは何?

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

ポケットWiFiの位置情報はどのように割り出している?

ポケットWiFiの位置情報は、どのようにしてわかるのでしょうか?

簡単に言うと、端末の近くにある無線LANのアクセスポイントから、場所が割り出される仕組みです。

WiFiのアクセスポイントには、ポイントごとに識別アドレスが存在します。その識別アドレスと実際の住所を紐付けて構築されるのが、位置情報のデータベース。

この位置情報データベースは、世界共通のものではないため、各社のサーバーで情報が管理されます。

最寄りのアクセスポイントにより、おおよその位置が割り出されると、そこからの距離で、現在地の特定が可能。電波(信号)の強さにより、距離を測定します。

このように、WiFiのアクセスポイントのデータベースにより、現在の居場所が割り出されるのが、ポケットWiFiの位置情報です。

ポケットWiFiの位置情報とGPSとの違いは?

位置情報と聞くと、まずGPSを思い浮かべる方も多いかもしれません。携帯やスマホ、カーナビなどで使われているのが、GPSです。

しかし、ポケットWiFiの位置情報とGPSは、まったく異なるもの。

ポケットWiFiの位置情報は、アクセスポイントのデータから割り出されます。それに対し、GPSは人工衛星との通信で、位置がわかるシステムです。

GPSでは、上空にある4機以上の衛星と、機器(スマホ等)との間で通信を行います。通信にかかった時間から、衛星との距離が割り出され、位置が特定されるという仕組み。

これにより、24時間・リアルタイムで位置がわかるのが、GPSの特徴。ポケットWiFiの位置情報とGPSでは、位置の割り出し方から違うのです。

ポケットWiFiの位置情報を利用するメリット3つ

ポケットWiFiの位置情報を使うメリットには、次の3つがあります。

  1. GPSが届かない場所でも現在地を割り出せる
  2. 位置情報を使うサービスと連動できる
  3. スマホの位置情報の精度が向上する

それぞれのメリットについて、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するメリット1】GPSが届かない場所でも現在地を割り出せる

ポケットWiFiの位置情報を使うメリットの1つは、GPSを使わなくても、現在地を割り出せることです。

WiFiをオンにして、位置情報サービス(地図アプリなど)を起動すると、自分の居場所がわかります。

GPSでも現在地は取得できますが、場所によって電波が届きづらいのが、GPSの特徴。特に、ビルの中や地下では利用しづらくなります。

ポケットWiFiの位置情報を使えば、そのようなGPSが届かない場合でも、現在地の特定が可能です。また、機器自体にGPSが搭載されていないタブレットでも、位置情報がわかるのは大きなメリット。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するメリット2】位置情報を使うサービスと連動できる

位置情報を使うサービスと連動できる点も、ポケットWiFiの位置情報を取得するメリットです。

たとえば、「ドラクエウォーク」や「ポケモンGO」などが、位置情報を使うゲームとして有名ですね。

このようなゲームも、ポケットWiFiの位置情報で利用できます。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するメリット3】スマホの位置情報の精度が向上する

ポケットWiFiの位置情報を使うと、スマホの現在地の精度が上がることも、メリットの1つ。

精度が上がる理由は、スマホの位置情報は、下記3つの情報から総合的に割り出されているためです。

  • GPS
  • WiFiのアクセスポイントの情報
  • 携帯電話基地局からの電波

通常のGPSは、本記事内で前述したとおり、人工衛星との通信から現在地を特定するもの。

しかし、スマホのGPSでは、携帯電話基地局とのアクセスで現在地を割り出し、人工衛星からの通信により、情報を補足しています。

これは「A-GPS」という仕組みです。「A」は、Assist(アシスト=補助)という意味。

人工衛星からの信号だけでなく、地上の基地局とも通信することにより、早く位置測定をできる手法です。

そして、ここにポケットWiFiの位置情報も加えることで、スマホで取得する現在地の精度が向上します。

ポケットWiFiの位置情報を利用するデメリット3つ

格安SIMに切り替える前に!キャリアで名義変更する方法

ポケットWiFiの位置情報には、デメリットも3つあります。

  1. 居場所が特定される可能性がある
  2. GPSより精度が低い
  3. 端末の捜索には使えない

それぞれのデメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するデメリット1】居場所が特定される可能性がある

位置情報を利用するデメリットは、居場所を特定される可能性があること。

たとえば、位置情報をオンにしたスマホで撮った写真には、撮影場所のデータが付加されています。これは、EXIF情報というもの。

このデータを消さずにネットに公開すると、撮影場所などの特定が、誰でも可能になるのです。心配なのは、自宅で撮った写真を載せる場合。家の場所が第三者に知られるのは危険ですよね。

SNSの中には、写真をアップすると、自動的にEXIF情報を消去してくれるものもあります。しかし、セキュリティ対策をした方が、より安全でしょう。

対策としては、以下の2点があります。

<位置情報で居場所を特定されない方法>

  • 位置情報をオンにした状態で写真を撮らない
  • ネットに公開する前にEXIF情報を削除する

位置情報をオフにするのが1番安心ですが、実際には、その都度オン・オフを切り替えるのも難しいものです。

EXIF情報を削除するアプリやソフトもあるので、それを利用するのが簡単でしょう。

<EXIF情報を削除するスマホアプリ>

  • Exif消しゴム
  • Photo exif editor
  • Photo Metadata Remover

<EXIF情報を削除するPCソフト>

  • F6 Exif
  • JTrim
  • 縮小革命

また、写真だけでなく、投稿自体に位置情報を付けられるSNSにも注意が必要。自動的に位置情報が付加されていないか、投稿前に確認しましょう。

店舗などをタグ付けする場合にも、リアルタイムでは居場所を載せない方が無難ですね。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するデメリット2】GPSより精度が低い

ポケットWiFiの位置情報には、GPSよりも精度が低いというデメリットがあります。

精度が低い理由は、WiFiアクセスポイントのデータベースから位置を割り出しているため。リアルタイムの情報ではないのです。

アクセスポイントの移動などにより、正確な場所を特定できない場合もあります。また、アクセスポイント自体が少ない地方などでは、誤差も大きいです。

24時間、リアルタイムで位置を取得できるGPSの場合、誤差はあっても数m。それと比べ、ポケットWiFiでは、100m前後の誤差が生じる場合もあるのです。

とは言え、メリットでもお伝えしたとおり、GPSとWiFiの位置情報を合わせて使えば、正確性は向上します。なので、それほど大きなデメリットではないでしょう。

【ポケットWiFiの位置情報を利用するデメリット3】端末の捜索には使えない

ポケットWiFiの位置情報のデメリットには、端末の捜索には使えない点も挙げられます。

GPS機能のあるスマホとは違い、ポケットWiFiは紛失しても探索することができません。

紛失や盗難が心配な場合は、オプションで補償サービスを付けておくのが良いでしょう。

ポケットWiFiの紛失については、以下のページで詳しく解説しています。気になる方は、合わせてご覧ください。

関連記事:ポケットWi-Fiを紛失したら!?対処法と損害を少なくする裏技!

ポケットWiFiを使うときの位置情報サービスの設定方法は?

実際に、ポケットWiFiで位置情報サービスを使うには、どうすれば良いのでしょうか?スマホとPC、それぞれの設定方法を紹介いたします。

  • Androidの場合
  • iPhoneの場合
  • PC(Windows10)の場合
  • PC(Mac)の場合

以下で、各デバイスの設定方法について、解説していきますね。

【ポケットWiFiで位置情報を使う設定方法1】Androidの場合

Androidで位置情報を使う設定方法

AndroidでポケットWiFiの位置情報を使う手順は、以下のとおりです。

<Androidで位置情報を使う設定方法>

  1. スマホの「設定」を開く
  2. 「ロック画面とセキュリティ」を開く
  3. 「プライバシー」の「位置情報」をタップする
  4. 「位置情報の使用」をオンにする
  5. 「同意する」をタップする

以上の設定で、ポケットWiFiの位置情報を利用できます。

※Androidの場合、機種によりメニュー名が多少異なります。

Androidでアプリごとに位置情報を設定する方法

アプリごとで位置情報の利用を設定する方法は、以下のとおりです。

<Androidでアプリごとに位置情報を設定する方法>

  1. 上記の手順5まで同様
  2. 「位置情報」下部の「アプリレベルの権限」をタップする
  3. 設定したいアプリをタップする
  4. 位置情報をオフにする場合は「許可しない」を選択する

※位置情報オフからオンへの切り替えの場合、最後の「許可しない」は表示されません。そのままオンに切り替わります。

以上で、アプリごとの位置情報設定は完了です

【ポケットWiFiで位置情報を使う設定方法2】iPhoneの場合

iPhoneで位置情報を使う設定方法

iPhoneでポケットWiFiの位置情報を使う手順は、以下のとおりです。

<iPhoneで位置情報を使う設定方法>

  1. スマホの「設定」を開く
  2. 「プライバシー」の「位置情報サービス」を開く
  3. 「位置情報サービス」をオンにする

以上の設定で、ポケットWiFiの位置情報を利用できます。

iPhoneでアプリごとに位置情報を設定する方法

アプリごとで位置情報の利用を設定する方法は、以下のとおりです。

<iPhoneでアプリごとに位置情報を設定する方法>

  1. 上記の手順3まで同様
  2. 「位置情報サービス」下部のAppの中から、設定したいアプリを選ぶ
  3. 「許可しない」「次回確認」「この App の使用中のみ許可」「常に許可」の中から選択する

以上で、アプリごとの位置情報設定は完了です。

【ポケットWiFiで位置情報を使う設定方法3】PC(Windows10)の場合

パソコン(Windows10)でポケットWiFiの位置情報を使う手順は、以下のとおりです。

<PC(Windows10)で位置情報を使う設定方法>

  1. パソコンの「スタート」ボタンをクリックする
  2. 歯車マークの「設定」をクリックする
  3. 「プライバシー」を開く
  4. 左側メニューバーの「位置情報」をクリックする
  5. 「このデバイスでの位置情報へのアクセスを許可する」を選択する

※すでに位置情報を利用している場合、最後の画面で「このデバイスの位置情報はオンになっています」と表示されます。

以上の設定で、ポケットWiFiの位置情報を利用できます。

【ポケットWiFiで位置情報を使う設定方法4】PC(Mac)の場合

パソコン(Mac)でポケットWiFiの位置情報を使う手順は、以下のとおりです。

<PC(Mac)で位置情報を使う設定方法>

  1. パソコンのリンゴマーク「アップルメニュー」を開く
  2. 「システム環境設定」を選択する
  3. 「セキュリティとプライバシー」を開く
  4. カギのアイコンをクリック(ロック解除)する
  5. 名前・パスワードを入力する
  6. 「プライバシー」をクリックする
  7. 左側リストの「位置情報サービス」を選ぶ
  8. 「位置情報サービスを有効にする」を選択する

以上の設定で、ポケットWiFiの位置情報を利用できます。