ポケットWiFiの豆知識

ポケットWi-Fiを1年契約する3つの方法と最もお得なサービス

外出先でスマホやパソコンをネットに接続したり、自宅で固定回線のかわりに使えたりと便利なポケットWi-Fiですが、デメリットもあります。

それは契約期間の縛りが長く、途中で解約すると高額な契約解除料がかかること。

「ちゃんと使えるかどうかも不安だし、契約期間が1年くらいならいいのに」

ポケットWi-Fiの契約を検討している方のなかには、こんなふうに不満に思っている方も多いはず。

しかしポケットWi-Fiは、契約解除料を支払わずに1年だけ契約することも可能です。

今回は、ポケットWi-Fiを1年契約する3つの方法と、なかでも一番お得なサービスを紹介

ポケットWi-Fiを1年だけ契約したいという方は、ぜひ参考にしてください。

Contents

大前提!ポケットWi-Fiは2年か3年契約のサービスが一般的

ポケットWi-Fiには、以下のように2年か3年の契約期間の縛りがあります。

契約期間
WiMAX 2年or3年
NEXTmobile 2年
どんなときもWiFi 2年

「WiMAX(ワイマックス)」はプロバイダ(販売代理店)によっても違いますが、契約期間は3年が主流。

「NEXTmobile(ネクストモバイル)」と「どんなときもWiFi」の契約期間は、2年となっています。

どのサービスも、契約期間の満了月の翌月にある「更新月」以外に解約すると、解約のタイミングによって9,500~19,000円の契約解除料を支払わなければなりません

ハカセ
ハカセ
しかしポケットWi-Fiでは、1年契約をする方法もあります

では次から、その具体的な方法について説明していきましょう。

ポケットWi-Fiを1年契約する3つの方法

中国に持っていくポケットWiFiの選び方ポケットWi-Fiを1年だけ契約する方法は、以下3つあります。

  • BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題(1年)と契約する
  • レンタルWi-Fiの365日(1年)プランを利用する
  • ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスと1年間契約する

次のパートから、それぞれの方法について詳しく解説していきましょう。

方法①BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題(1年)

BIGLOBE WiMAX2+「BIGLOBE WiMAX2+(ビッグローブワイマックス・ツープラス)」は、WiMAXのプロバイダのなかの1つです。

BIGLOBE WiMAX2+では、「ギガ放題(1年)」を提供しています。

ギガ放題(1年)の主な内容は、以下のとおりです。

ギガ放題(1年)
月額料金 サービス開始月
(0ヶ月目)
0円
1~3ヶ月目 2,980円
4ヶ月目~ 3,980円
端末代金 19,200円
申込手数料 3,000円
キャッシュバック金額 7,000円
契約期間 1年
契約解除料 1,000円
月間のデータ通信量 無制限
(3日で10GBの制限あり)

ギガ放題は、月間のデータ通信量が無制限のプラン。

ただし3日で10GB以上のデータ通信をすると、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかります。

ハカセ
ハカセ
速度制限がかかったときの速度は1Mbpsで、YouTubeの標準画質なら問題なく視聴できるレベルです

ギガ放題(1年)の契約期間は、プラン名のとおり1年間

WiMAXを1年だけ使用したいという人には、うってつけのプランです。

BIGLOBE WiMAX2+の3つのメリット

BIGLOBE WiMAX2+には、契約期間が1年ということ以外にも、以下3つのメリットがあります。

  • 最低利用期間を過ぎれば契約解除料0円
  • 1年以内に解約しても契約解除料は1,000円
  • サービス開始の翌月にキャッシュバックがもらえる

ここでは、それぞれのメリットについて説明していきましょう。

1.最低利用期間を過ぎれば契約解除料0円

多くのWiMAXのプロバイダでは、3年契約の自動更新となっています。

ハカセ
ハカセ
これは3年の契約期間を満了しても、その翌月の更新月に解約しなければ、またそこから3年間、契約に縛られるということ

契約期間を1度満了していても、更新月以外に解約すれば、9,500円の契約解除料がかかります。

その点、BIGLOBE WiMAX2+は1年契約の自動更新ではなく、「最低利用期間が1年」です。

契約から1年経てば、あとはいつ解約しても契約解除料はかかりません

2.1年以内に解約しても契約解除料は千円

WiMAXの大半のプロバイダでは、契約解除料が9,500~19,000円に設定されています。

しかしBIGLOBE WiMAX2+の契約解除料は、たったの1,000円

これなら、他のプロバイダと比べて、気軽に解約できます。

3.サービス開始の翌月にキャッシュバックがもらえる

BIGLOBE WiMAX2+では、契約者向けに7,000円のキャッシュバックを実施

キャッシュバックは、サービス開始の翌月にもらえます。

BIGLOBE WiMAX2+の3つのデメリット

BIGLOBE WiMAX2+には、以下3つのデメリットもあります。

  • 月額料金はやや高め
  • ポケットWi-Fiの端末代金がかかる
  • ハイスピードプラスエリアモードの使用に1,005円かかる

ここでは、これらのデメリットについて説明していきましょう。

1.月額料金はやや高め

BIGLOBE WiMAX2+の月額料金は、3,980円です。

(最初の3か月のみ、2,980円)

BIGLOBE WiMAX2+と他のプロバイダの月額料金の比較表は、以下のとおりです。

月額料金
BIGLOBE WiMAX2+ 3,980円
UQ WiMAX 3,880円
GMOとくとくBB
(キャンペーンページ)
3,480円

※いずれも「ギガ放題」の月額料金

このようにBIGLOBE WiMAX2+の月額料金は、他のプロバイダに比べて、やや高くなっています

2.ポケットWi-Fiの端末代金がかかる

「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」を除いたWiMAXの主要なプロバイダでは、ポケットWi-Fiの端末代金が0円です。

しかしBIGLOBE WiMAX2+では、端末代金が19,200円かかります

ハカセ
ハカセ
UQ WiMAXの端末代金も15,000円なので、かなり高額だと言えるでしょう

3.ハイスピードプラスエリアモードの使用に約千円かかる

WiMAXでは「WiMAX2+回線」という独自の回線が使われていますが、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、auの4G LTE回線も使用可能です。

契約期間が3年のプランなら、回線を切り替えた際の「LTEオプション料」はかかりません。

しかし契約期間が1年のギガ放題(1年)は、一度でもハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、その月は1,005円のLTEオプション料がかかります

BIGLOBE WiMAX2+はこんな人におすすめ

ハカセ
ハカセ
BIGLOBE WiMAX2+は、ポケットWi-Fiのなかでも、WiMAXを使いたいという人に向いています

WiMAXは、キャリア回線を使ったポケットWi-Fiより、通信速度が速いのが特徴

ただしWiMAXは、屋内や地下では電波が入りにくくなっています。

また、キャリア回線に比べて通信可能エリアが狭く、田舎では使えないところが多いのも難点

そのためWiMAXは、都市部に住んでいて、屋外でスマホやパソコンを使用することが多い人におすすめです。

方法②レンタルWi-Fiの365日(1年)プラン

ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fiを1年契約する2つ目の方法は、ポケットWi-Fiの短期レンタルサービスの「365日プラン」を契約すること

ポケットWi-Fiの短期レンタルサービスは、ポケットWi-Fiを規定の期間、レンタルできるサービス。

ポケットWi-Fiは自宅に届き、返却も郵送でOKです。

以下のリンクにアクセスすれば、各社の365日プランが出てきます。

楽天市場「wifi レンタル 1年」の検索結果

通常のネットショッピングと同じ要領で、レンタルの申込みが可能です。

レンタルWi-Fiの365日(1年)プランの3つのメリット

レンタルWi-Fiの365日プランには、以下3つのメリットがあります。

  • 契約解除料がかからない
  • 端末代金がかからない
  • 好きなプランや回線を選べる

ここではそれぞれのメリットについて、説明していきます。

1.契約解除料がかからない

ポケットWi-Fiと契約する場合、契約期間の縛りがあり、場合によっては契約解除料がかかります。

しかしポケットWi-Fiを一定期間借りるだけのレンタルサービスには、契約解除料の概念はありません

2.端末代金がかからない

ポケットWi-Fiと契約する場合、サービスによっては端末の購入代金がかかります。

しかしレンタルサービスは、あくまで端末をレンタルするだけなので、端末を購入する必要がなく、代金もかかりません

3.好きなプランや回線を選べる

ポケットWi-Fiのレンタルサービスでは、各社が様々なプランを提供しています。

利用者側は、使用したい回線や月間のデータ通信量などに合わせて、好きなプランを選択可能です。

ポケットWi-Fiの機種は、主に以下の3種類に分けられます。

  • WiMAX
  • ソフトバンク
  • Y!mobile

WiMAXは独自のWiMAX2+回線を使用しており、屋外での通信速度が速いのがメリット。

その反面、屋内や地下には電波が届きにくく、キャリア回線に比べて通信エリアが狭いのがデメリットです。

ソフトバンクとY!mobileでは、ソフトバンク回線を使用。

屋内や地下でも安定した通信が可能で、通信エリアが広いのがメリットです。

データ通信量では、主に以下のプランがあります。

  • 月間無制限
  • 1日1GB
  • 月間5GB

月間のデータ通信量が少ないものほど、月額料金も安価です。

レンタルWi-Fiの365日(1年)プランのデメリット

ポケットWi-Fiの短期レンタルサービスのデメリットは、期日までに返却し忘れると、延滞金がかかってしまうこと

例えば「WiFiレンタルどっとこむ」では、連絡なく延滞した場合、1日あたり税込1,080円の延滞金がかかってしまいます。

レンタルWi-Fiの365日(1年)プランはこんな人におすすめ

レンタルWi-Fiの365日プランは、月間のデータ通信量が無制限のプランでも、BIGLOBE WiMAX2+を1年間利用した料金の総額より安価です。

ただし期日までに返却するのを忘れてしまうと、高額な延滞金がかかってしまいます。

そのためレンタルWi-Fiの365日プランは、期日を忘れずに返却できる自信がある人におすすめです。

方法③ポケットWi-Fiの長期レンタルサービス

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント
ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fiと1年間契約する最後の方法は、ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスと契約すること

短期レンタルサービスと違い、長期レンタルサービスではポケットWi-Fiの返却期日が決まっていないため、延滞金がかかる心配もありません

主なポケットWi-Fiの長期レンタルサービスは、以下のとおりです。

  • FUJI Wifi
  • 縛りなしWiFi
  • どんなときもWiFi

ここでは各サービスの特徴も交えながら、長期レンタルサービスのメリットやデメリットについて説明していきます。

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスの4つのメリット

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスには、以下のメリットがあります。

  • サービスによっては契約解除料がかからない
  • プランによっては月額料金が安い
  • 端末代金がかからない
  • サービスによっては好きな回線を選べる

ここでは、各メリットについて説明していきましょう。

1.サービスによっては契約解除料がかからない

「FUJI Wifi(フジ・ワイファイ)」や「縛りなしWiFi」の「縛りなしプラン」には、契約期間の縛りがなく、契約解除料もかかりません

そのため、いつでも好きなタイミングで解約できます。

2.プランによっては月額料金が安い

FUJI Wifiには、月間のデータ通信量などに応じて、以下5つのプランがあります。

月間のデータ通信量 月額料金
25ギガプラン 25GB 2,480円
50ギガプラン 50GB 2,980円
100ギガクラウドプラン 100GB 3,480円
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円
WiMAX2+プラン 無制限 3,200円

※「快適!クラウドプラン」と「WiMAX2+プラン」はともに月間のデータ通信量無制限。WiMAX2+プランでは3日に10GBの制限あり

このように、月間のデータ通信量が少ないものほど、月額料金も安くなっています。

月間のデータ通信量が少ないプランを選ぶことで、月額料金の節約が可能です。

3.端末代金がかからない

長期のレンタルサービスでも、短期のレンタルサービス同様、ポケットWi-Fiの端末代金はかかりません

支払いが必要なのは、毎月の月額料金だけとなっています。

4.サービスによっては好きな回線を選べる

FUJI Wifiでは以下のように、契約するプランによって使用する回線が異なります。

使用回線 月額料金
25ギガプラン キャリア回線 2,480円
50ギガプラン 2,980円
100ギガクラウドプラン 3,480円
快適!クラウドプラン 3,980円
WiMAX2+プラン WiMAX2+回線 3,200円

キャリア回線は電波が安定していて、通信エリアが広い点がメリット。

さらにFUJI Wifiの場合、キャリア回線を使用しているプランには、3日で10GBなどの制限もありません

WiMAX2+回線は、屋外での通信速度がキャリア回線より速い点がメリット。

3日で10GBの制限はありますが、そのぶん月額料金は、快適!クラウドプランより安くなっています。

このように、使用したい回線でプランを選べるのもFUJI Wifiのメリットです。

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスの3つのデメリット

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスには、以下3つのデメリットもあります。

  • サービスによっては契約解除料がかかる
  • サービスによっては短期間での速度制限がある
  • 好きな端末を選べないサービスが多い

ここでは、各デメリットについて説明していきましょう。

1.サービスによっては契約解除料がかかる

「どんなときもWiFi」には、2年間の契約期間の縛りがあります

更新月以外に解約した場合、解約のタイミングに応じて、9,500~19,000円の契約解除料を支払わなければなりません。

途中で解約する可能性があるという人は、注意しましょう。

2.サービスによっては短期間での速度制限がある

「縛りなしWiFi」は月間のデータ通信量は無制限ですが、1日2GBの制限があります

1日で2GB以上のデータ通信をした場合、当日中は速度制限がかかるので注意しましょう。

3.好きな端末を選べないサービスが多い

縛りなしWiFiやFUJI Wifiでは、契約者側がレンタルする端末を選べません

ハカセ
ハカセ
特に縛りなしWiFiでは、ソフトバンク回線のポケットWi-FiとWiMAXの両方がラインナップされていますが、このうちのどちらにするかの選択も不可能です

FUJI Wifiでは端末は選べませんが、キャリア回線のポケットWi-Fiをレンタルできるプランと、WiMAXをレンタルできるプランが分かれているため、好きな回線なら選択できます。

どんなときもWiFiでは、そもそも端末が1種類しかないため、選ぶ余地がありません。

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスはこんな人におすすめ

ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスのうち、一番おすすめなのはどこなのでしょうか?

各サービスの比較表は、以下のとおりです。

FUJI Wifi 縛りなしWiFi どんなときもWiFi
月額料金 2,480~3,980円 3,300円 3,480円
契約期間 なし なし 2年間
契約解除料 0円 0円 9,500~19,000円
事務手数料 3,000円 1,000円 3,000円
プラン数 5 1 1
使用回線の
選択
不可 不可
短期間での
速度制限
なし
(WiMAX2+プランのみ
3日で10GB)
1日2GB なし
ハカセ
ハカセ
このように比較すると、一番おすすめなのはFUJI Wifiだと言えるでしょう

FUJI WifiFUJI Wifiは契約解除料が0円で、プラン数も5つと豊富です。

使用回線も選択できるほか、キャリア回線のプランなら3日で10GBなどの制限もありません。

ではポケットWi-Fiを1年だけ契約する場合、FUJI Wifiはどのような人におすすめなのでしょうか?

FUJI Wifiは、以下の人たちにおすすめです。

  • できるだけ安くポケットWi-Fiを契約したい
  • 契約解除料や延滞金の支払いリスクを排除したい

FUJI WifiのWiMAX2+プランの月額料金は3,200円と、BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題(1年)の3,980円より安価です。

さらにBIGLOBE WiMAX2+と違って、端末の購入代金もかかりません。

さらにFUJI Wifiには契約期間の縛りがないため、BIGLOBE WiMAX2+にあるような契約解除料や、短期レンタルサービスにあるような延滞金のリスクもなし

そのため、1年という期間に縛られる必要すらありません。

タイプ別!ポケットWi-Fiを1年契約するのにおすすめなサービス

格安SIMに切り替える前に!キャリアで名義変更する方法ここまで、ポケットWi-Fiを1年契約する3つの方法について説明してきました。

では1年契約する場合、最もおすすめなサービスはどこなのでしょうか?

各方法のおすすめのサービスで、1年間ポケットWi-Fiを利用した場合の料金の総額は以下のとおりです。

月間のデータ通信量 1年契約した場合の料金総額
BIGLOBE WiMAX2+
ギガ放題(1年)
無制限
(3日で10GB)
59,960円
WiFiレンタルどっとこむ
365日プラン
【機種】FS020W
100GB 43,298円
FUJI Wifi
快適!クラウドプラン
無制限 50,760円
FUJI Wifi
WiMAX2+プラン
無制限
(3日で10GB)
41,400円

※全て税抜。BIGLOBE WiMAX2+の総額は「月額料金の総額-キャッシュバック金額+端末代金+申込手数料」、FUJI Wifiは「月額料金の総額+事務手数料」で算出

タイプ別のおすすめサービスは、以下のとおり。

値段重視の都心派タイプ FUJI WifiのWiMAX2+プラン
LTE回線を安く使いたいタイプ WiFiレンタルどっとこむの365日プラン
【機種】FS020W
LTE回線を速度制限なしで使いたいタイプ FUJI Wifiの快適!クラウドプラン

一番安いのは、FUJI WifiのWiMAX2+プラン

ただしWiMAXは田舎に弱いため、都心に住んでいる人におすすめです。

地下鉄や田舎でも使えるLTE回線を安く利用したい人には、WiFiレンタルどっとこむがおすすめ

機種が「FS020W」なら、月間100GBのプランを1年間、税抜43,298円で利用可能です。

ただしFS020Wは2014年に発売された機種なので、古いタイプでも気にならない人にはいいでしょう。

LTE回線を速度制限なしで利用したい人には、FUJI Wifiの快適!クラウドプランが向いています

月間のデータ通信量が無制限でなくても良いなら、他の安いプランで契約するのもおすすめ。

各プランを1年間利用した場合の料金総額は、以下のとおりです。

1年契約した場合の料金総額
25ギガプラン 32,760円
50ギガプラン 38,760円
100ギガクラウドプラン 44,760円

月間のデータ通信量が50ギガなら、十分だという人も多いでしょう。

ハカセ
ハカセ
「50ギガプラン」なら、月額料金もWiMAX2+プランより安価で、さらにお得です

まとめ

ポケットWi-Fiにはサービスごとに2年や3年の契約期間が設けられており、更新月以外に解約すると高額な契約解除料がかかります。

しかし以下3つの方法なら、契約解除料を支払わずに1年だけポケットWi-Fiを利用可能です。

  • BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題(1年)と契約する
  • レンタルWi-Fiの365日(1年)プランを利用する
  • ポケットWi-Fiの長期レンタルサービスと1年間契約する

どの方法も、ふつうに契約するよりずっとお得な料金で、ポケットWi-Fiを利用できます。

特に長期レンタルサービスのFUJI Wifiは、契約解除料や延滞金のリスクがなく、プランによっては他のどの方法よりも1年間の料金の総額が安価です。

1年だけポケットWi-Fiを利用したいという方は、ぜひ契約を検討しましょう。