ポケットWiFiの豆知識

【初心者にぴったり】どんなときもWiFiを徹底調査!評判や速度は?

有名芸能人を使ったCMが話題の「どんなときもWiFi」。無制限で利用できるなどメリットが多く、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

ところが、口コミの中には「つながりにくい」などのマイナスなイメージもあるので、本当に使い勝手が良いのかの判断が難しいですよね。

そこでこの記事では、どんなときもWiFiのデメリットやメリット、実際に利用している人の評判などをくわしく解説します!結論から言うと以下のとおり。

どんなときもWiFiまとめ
  • サポート対応がよいので初心者におすすめ
  • 無制限プランは安め、ただし3年目から料金が上がるので要注意
  • 口座振替だと料金が上がるのでコストメリットなし

どんなときもWiFiは無制限で利用できるポケットWiFiの中では、かなり使い勝手の良いプロパイダです。クレジットカード支払いで無制限プランを使いたい初心者向けと言えるでしょう。

どんなときもWiFiが向いている人の特徴についても説明するので、これからポケットWiFiを使いたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

Contents

【契約前に絶対知るべき】どんなときもWiFiの5つのデメリット

こちらでは、どんなときもWiFiのデメリットを5つ紹介します。

  1. 契約縛りがある
  2. 3年目からは料金アップ
  3. 端末に液晶画面がなく、少し使いづらい
  4. レンタルのため紛失すると違約金が発生する
  5. 口座振替だとさらに高額になる

【どんなときもWiFiのデメリット1】
契約縛りがある

どんなときもWiFiには、契約縛りが存在します。

2年契約の自動更新で、短期で更新すると高額な違約金が発生するので要注意です。

【どんなときもWiFiの違約金一覧】

0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目以降 9,500円(税抜)

25ヶ月目のみ更新月なのでお金はかかりませんが、それ以外だと料金がかかります。

最近は契約縛りがない業者も多く存在するので、その中で2年間の縛りがあるのはデメリットです。

【どんなときもWiFiのデメリット2】
3年目からは料金アップ

どんなときもWiFiは、3年目から料金がアップしてしまいます。

最初の2年は月額3,480円、2年目以降は3,980円です。

更新月に解約しないと、違約金が発生するうえに月額料金が高くなるので、コスパが一気に悪くなります。

3年目から料金が上がるのは、長期で使いたい人にとってはデメリットです。

【どんなときもWiFiのデメリット3】
端末に液晶画面がなく、少し使いづらい

どんなときもWiFiで利用できる端末には、液晶画面がありません。

レンタルできる機種が「D1」の1種類しかないため、他の機種に変えることも不可能です。液晶画面がないため、現在の電波状況やバッテリーの詳細な残量がわかりません。

普段スマートフォンの利用に慣れている方からすると、やや使いづらいと感じるでしょう。

画面がない分スマートな端末ではあるのですが、利便性の面からするとデメリットです。

【どんなときもWiFiのデメリット4】
レンタルのため紛失すると違約金が発生する

どんなときもWiFiはレンタル業者なので、端末を紛失すると違約金が発生します。

  • 返却期限までに返却がない場合
  • 返却時に故障が見られる場合
  • 返却物に欠品がある場合

この状況になった場合、違約金として18,000円(税抜)が徴収されます。

どんなときもWiFiは海外でも利用できるため、欠品や紛失のリスクが非常に高いです。

レンタル品だという意識を持って、端末を利用するようにしましょう。

【どんなときもWiFiのデメリット5】
口座振替だとさらに高額になる

どんなときもWiFiは口座振替での申込みができますが、料金が高くなります。

通常3,480円が3,980円になるうえに、口座振替手数料200円が発生するのでかなり高額です。

クレジットカードを持っていない方にとっては使いやすいですが、他にもデビットカードやコンビニ決済が使える業者は存在します。

クレジットカードが無い方は、そちらの利用を検討しましょう。

>>【口座振替やコンビニ払いも】クレジットカード不要で契約できるSIMおすすめ5選

どんなときもWiFiを選ぶべき4つのメリット

こちらでは、どんなときもWiFiのメリットを4つ紹介します。

  1. トリプルキャリアでつながりやすい
  2. 無制限プランの中では料金が安い
  3. 海外でも利用できる
  4. サポートの対応が速い

それぞれくわしく確認していきましょう。

【どんなときもWiFiのメリット1】
トリプルキャリアでつながりやすい

どんなときもWiFiはトリプルキャリアを採用しており、広いエリアで通信が繋がりやすいです。

トリプルキャリアとは、国内でドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線の中から、自動でつながりやすい回線を選択してくれる機能です。

これによりつながるエリアがかなり増え、通信速度も速くなっています。

インターネットつながるかどうかはポケットWiFiにとって重要な部分なので、トリプルキャリアが採用されているのは大きなメリットです。

【どんなときもWiFiのメリット2】
無制限プランの中では料金が安い

どんなときもWiFiは、無制限プランの中では料金が安いです。

どんなときもWiFi GMOとくとくBB FUJI Wifi
料金
(無制限の場合)
月額3,480円 月額3,609円 月額3,980円

WiMAXの人気業者と比べても料金が抑えられているので、安くポケットWiFiを使いたい人にとってはお得です。

ただしどんなときもWiFiは、2年以上使うと料金が500円アップします。

するとかなり高額になってしまうので、更新月での解約を忘れないようにしましょう。

【どんなときもWiFiのメリット3】
海外でも利用できる

どんなときもWiFiは、海外でも利用可能です。

世界131ヵ国に対応しており、料金は国によって変わります。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米
(74ヶ国)
1,280円/日
中東・南米・アフリカ
(56ヶ国)
1,880円/日

海外に行っても利用しない日は0円なので、普段はフリーWiFiを利用して、必要なときだけ申請する手法がおすすめです。

海外用にWiFiをレンタルすると、借りている間ずっとお金がかかってしまうので、使い方によっては節約になります!海外向けに新しくポケットWiFiをレンタルする必要がないのは、旅行好きな方にとってはメリットですよね。

【どんなときもWiFiのメリット4】
サポートの対応が速い

どんなときもWiFiは、サポートの対応が速いというメリットも存在します。

24時間受け付けているチャット機能があり、ホームページでわからない不明点に対して、オペレーターが丁寧に回答してくれます。

実際に通信速度に関して質問したところ、丁寧な回答をもらえました。

気になった点を即時解決できるサポート力の高さは、どんなときもWiFiのメリットです。

どんなときもWiFiの評判を徹底調査!

こちらでは、どんなときもWiFiの評判を紹介します。

実際に利用している人のリアルな口コミなので、確認したうえで利用を検討してみてください。

どんなときもWiFiの悪い評判

どんなときもWiFiの悪い評判には、以下のようなものが目立ちました。

  • 契約解除料金が高い
  • エリアによっては通信が遅い
  • 動画の読み込みが遅め

https://twitter.com/ronburi/status/1225765248411430913

どんなときもWiFiの良い評判

どんなときもWiFiのいい評判には、以下のようなものが目立ちました。

  • 通信速度が速い
  • 料金が安い
  • 海外でも使いやすい

 

いい評判と悪い評判を比べると、いい評判が多く存在しました。

ただし通信速度に関してはエリアによって変わるのか、速いという口コミと遅いという口コミの2種類があったので注意が必要です。

どんなときもWiFiはLTE回線を利用しているので、同じLTE回線でレンタルができるポケットWiFiを試してから契約するとよいでしょう。

>>お試しできるポケットWiFiはどれ?レンタル中に確認すべきポイントも解説

結論!どんなときもWiFiはこんな人におすすめ

これまで、どんなときもWiFiのメリット・デメリットや実際の評判などを確認しました。

その情報から、どんなときもWiFiの利用が向いている人の特徴を4つ紹介します。

  1. 2年間以上の利用を検討している方
  2. とにかくつながりやすさを重視する方
  3. 海外でも使いたい方
  4. データ通信をたくさん行いたい方

それぞれくわしく確認していきましょう。

【どんなときもWiFiが向いている人1】
2年間以上の利用を検討している方

ポケットWiFiを2年以上使いたいと考えている方に、どんなときもWiFiはおすすめです。

どんなときもWiFiは2年目まで月額3,480円と安い料金で利用できるので、コスパが優れています。

さらにトリプルキャリアなのでつながりやすく、利便性は高いです。

ただし2年契約縛りがあるので、短期での利用には向いていません。また3年目以降も料金がアップするので、ちゃんと2年目の更新月での解約をおすすめします。

【どんなときもWiFiが向いている人2】
とにかくつながりやすさを重視する方

つながりやすいポケットWiFiを求めている方にも、どんなときもWiFiはおすすめです。

トリプルキャリアによって、ドコモ・au・ソフトバンクの3大回線の中からつながりやすい回線を自動で選んでくれます。

1つの回線しか使えないポケットWiFiよりも確実につながりやすいので、いろいろな場所に行く人にとってはおすすめです。

【どんなときもWiFiが向いている人3】
海外でも使いたい方

どんなときもWiFiは、海外でもポケットWiFiを使いたいと考えている方にもおすすめです。

端末が海外に対応しているので、追加で料金を払えば特別な契約無しでポケットWiFiを利用できます。

さらに使いたい日だけお金を払えばいいので、海外でずっとポケットWiFiをレンタルし続けるよりもお得度が高いです。

海外旅行が好きな方や、出張が多い方にとっては、使いやすいポケットWiFiだと言えます。

【どんなときもWiFiが向いている人4】
データ通信をたくさん行いたい方

データ通信をたくさん行いたい方にも、どんなときもWiFiはおすすめです。

どんなときもWiFiには無制限プランしか無いので、どれだけ使っても通信速度が遅くなることはありません。

ただしホームページには「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合、通信速度を制限する場合があります。」と書かれています。

ところがこの件に関してサポートに問い合わせたところ「日常で使う分には通信制限にかかることはない」という回答を得たので、安心度は高いです。

通信制限を気にすることなく、快適に動画やゲームを楽しみたいと考えている方にとって、どんなときもWiFiは非常におすすめです。

どんなときもの申込方法をわかりやすく解説

こちらでは、どんなときもWiFiの申込方法を、画像つきでわかりやすく解説します。

まず、公式ホームページ右上にある「Webでお申込み」をクリックします。

支払い方法を選択します。

口座振替の場合、月額料金が500円プラスになるうえに、振替手数料が毎月200円かかります。なのでクレジットカードでの利用がおすすめです。

端末のカラーと、充電器のオプションを選択します。充電器は高額なので、別のネットショップで購入したほうが安いです。

サポートオプションの選択を行います。どんなときもWiFiではオプションは任意加入なので、必要そうだと思った場合のみご加入ください。

オプションに加入していない状態で端末を紛失すると、18,000円の違約金が発生します。

最後にメールマガジンの有無を選択して、次のページに進みます。

最後に個人情報とクレジットカード情報を入力して、登録は完了です。

最短で翌日には端末が届くので、受け取る準備を行なっておきましょう!