ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiは口座振替よりコンビニ払いがおすすめ!メリットや契約できるプロバイダを紹介

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント

ポケットWiFiを契約しようと考えたとき、「口座振替でも利用できるの?」「クレジットカードは必須なの?」と、気になりませんか?

結論から言うと、口座振替をできるポケットWiFiと、できないポケットWiFiがあります。

そこで本記事では、ポケットWiFiの口座振替について、以下の点をご紹介します。

  • ポケットWiFiを口座振替やコンビニ払いするメリットは?
  • 口座振替で支払いできるポケットWiFiはどれ?
  • コンビニ払いができるポケットWiFiはどれ?
  • 口座振替とコンビニ払いはどっちがいい?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

ポケットWiFiの料金支払いを口座振替にする2つのメリット

ポケットWiFiを口座振替にするメリットは、クレジットカードを使用しないことです。

カードを使わずに支払いできる良さは、次の2つ。

  1. クレジットカードがなくても支払いできる
  2. 支払いを現金で管理できる

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiを口座振替にするメリット1】クレジットカードがなくても支払い可能

口座振替にすると、クレジットカードがない人でも支払いできるのがメリットです。

たとえば、以下のような理由でクレジットカードを持っていない人もいます。

<クレジットカードを持っていない or 使えない理由>

  • 学生なのでクレジットカードを作っていない
  • 会社を辞めたばかりでカードを作れない
  • 収入が足りなくて審査に作れない
  • カードの利用を停止された
  • 利用可能額の枠が残っていない

上記のようにクレジットカードを持っていない人でも、ポケットWiFiを契約できるのが、口座振替の良い点ですね。

【ポケットWiFiを口座振替にするメリット2】支払いを現金で管理可能

支払いを現金で管理できるのも、口座振替のメリットです。

「クレジットカードを作ることが可能でも使いたくない」という現金派の人もいませんか?たとえば、次のような理由で、カードを使わない人は多いです。

  • 支払いをカードで先送りしたくない
  • 口座の現金が減ることでお金の増減を管理しやすい

このような現金派の人でも、口座振替で管理できるのが良いですね。

ポケットWiFiはコンビニ払いもおすすめな3つの理由

ポケットWiFiの支払方法は、口座振替だけでなく、コンビニ払いもおすすめです。

その理由は次の3つ。

  1. クレジットカードが不要
  2. ポケットWiFiの契約者本人以外が支払い可能
  3. 請求書払いやキャッシュレスのポイントが付く

それぞれのポイントについて、見ていきましょう。

【ポケットWiFiはコンビニ払いもおすすめな理由1】
クレジットカードが不要

ポケットWiFiをコンビニ払いにすると、クレジットカードがなくても料金の支払いが可能です。これは、本記事内の「口座振替にするメリット」と同様。

つまり、口座振替のメリットは、コンビニ払いでも得られるのです。クレジットカードを利用したくない、または使えない場合の選択肢は、口座振替だけではありません。

【ポケットWiFiはコンビニ払いもおすすめな理由2】
ポケットWiFiの契約者本人以外が支払い可能

コンビニ払いの種類によっては、ポケットWiFiの契約者本人以外が、料金を支払うことも可能。たとえば、家族など。

カード払いや口座振替の場合は、契約者本人の名義でなければ支払いできないことが多いです。ところが、請求書払いなら、コンビニへ納付書さえ持って行けば、誰でも払えます。

ポケットWiFiの契約者以外の家族が、支払いだけ済ませたい時などに便利ですね。

【ポケットWiFiはコンビニ払いもおすすめな理由3】
請求書払いやキャッシュレスのポイントが付く

コンビニ払いの形態によっては、ポケットWiFiの料金支払いでポイントが付く場合もあります。

たとえば、FUJI Wifiが対応しているatone払い(コンビニ払いの一種)の場合、atoneを使った分だけポイントがたまるのです。これはお得ですよね。

クレジットカードがない!ポケットWiFiは口座振替とコンビニ払いどっちがいい?

クレジットカードを持っていない場合、ポケットWiFiは、口座振替とコンビニ払いのどちらが良いでしょうか?

結論から言うと、おすすめはコンビニ払いです。理由は、口座振替のメリット(カード不要)はコンビニ払いでも得られるから。

その上で、コンビニ払い・口座振替が、それぞれ、どんな人におすすめかを紹介します。

ポケットWiFiのコンビニ払いがおすすめな人

ポケットWiFiのコンビニ払いは、以下のような人におすすめです。

<コンビニ払いがおすすめの人>

  • ポイントをお得にためたい人
  • 契約者本人以外が支払いをする人
  • 近所にコンビニがある人
  • 通勤・買い物等で外出する人

家族が支払いできるメリットや、ポイントがたまることは、本記事内で前述したとおり。

また、通勤や買い物で出かける際は、コンビニの近くを通る可能性が高いので、わざわざ支払いに行く手間もありません。その場合は、コンビニ払いの方がおすすめですね。

ポケットWiFiの口座振替がおすすめな人

ポケットWiFiの口座振替は、以下のような人におすすめです。

<口座振替がおすすめの人>

  • コンビニへ支払いに行くのが面倒な人
  • 毎月の支払いを忘れる可能性がある人
  • 家からコンビニまでが遠い人
  • あまり外出しない人

メリットを考えると、コンビニ払いがおすすめですが、支払いが面倒な場合は、口座振替の方が良いかもしれません。

また、近所や通り道にあまりコンビニがない場合は、口座振替の方が手間がかからないですね。

口座振替で支払いできるポケットWiFi 5選

口座振替をできるポケットWiFiは、実際にどの程度あるのか、気になりませんか?代表的なポケットWiFiの口座振替の可否は、次のとおりです。

<ポケットWiFiの口座振替の可否一覧>
プロバイダ 口座振替の可否
FUJI Wifi ×
NEXTmobile
どんなときもWiFi
Mugen WiFi ×
SAKURA WiFi ×
SPACE Wi-Fi
UQ WiMAX
Broad WiMAX
GMOとくとくBB ×

(2019年11月時点)

口座振替が可能な5つのポケットWiFiについて、以下で紹介していきますね。

【口座振替が可能なポケットWiFi 1】NEXTmobile

<NEXTmobile の口座振替について>
料金プラン 口座振替の可否 口座振替手数料
使い放題プラン ×
フラット20GBプラン 月額200円
フラット30GBプラン 月額200円

(2019年11月時点)

NEXTmobile(ネクストモバイル)は、料金プランによって、口座振替ができるかどうかが異なります。

通信容量無制限の使い放題プランの場合は、クレジットカード払いしかできません。クレジットカードを持っていない方は、上限ありプランを選ぶか、他のプロバイダを検討しましょう。

また、口座振替で契約する際は、審査を行います。

審査状況によっては、1台あたり5,000円の保証金が必要。保証金は、契約から6か月後に返金されます。

【口座振替が可能なポケットWiFi 2】どんなときもWiFi

<どんなときもWiFiの口座振替について>
料金プラン 月額料金
(1~24か月)
口座振替の可否 口座振替手数料
データ放題プラン
クレカ払い
3,480円 ×
ベーシック
データ放題プラン
3,980円 月額200円

(2019年11月時点)

どんなときもWiFiは、支払方法によって月額料金が変わります。月間通信容量は、どちらも無制限です。

口座振替にすると、月々の利用料金が500円高くなる上に、口座振替手数料も200円かかります。合計で月額700円も高くなってしまう点がネックですね。

【口座振替が可能なポケットWiFi 3】SPACE Wi-Fi

<SPACE Wi-Fiの口座振替について>
口座振替の可否 口座振替手数料
0円

(2019年11月時点)

SPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)の場合、もともと料金プランが1種類しかないので、口座振替によるプランの違いはありません。

また、口座振替手数料が0円という点は、SPACE Wi-Fiの特徴です。

ただ、手数料については、公式サイトには記載がありません。カスタマーセンターへ問い合わせをしたところ、口座振替手数料はかからないと返答をいただきました。

【口座振替が可能なポケットWiFi 4】UQ WiMAX

<UQ WiMAXの口座振替について>
料金プラン 口座振替の可否
(端末代金)
口座振替の可否
(月額料金)
口座振替手数料
ギガ放題 ×(15,000円) 0円

(2019年11月時点)

UQ WiMAXの場合、口座振替で支払いできるのは、月額料金のみです。15,000円かかる端末代金は、口座振替で払えません。

ほとんどのプロバイダでは、端末代金が無料なので気にしなくて良いのですが、UQ WiMAXの場合は注意しましょう。

【口座振替が可能なポケットWiFi 5】Broad WiMAX

<Broad WiMAXの口座振替について>
料金プラン 初期費用無料
キャンペーン
口座振替の可否 口座振替手数料
・ギガ放題プラン
・ライトプラン
利用する ×
・ギガ放題プラン
・ライトプラン
利用しない 月額200円

(2019年11月時点)

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、初期費用無料キャンペーンを利用した場合、クレジットカード払いしかできないので注意が必要です。

キャンペーンを利用しなければ、初期費用は18,857円もかかります。ほとんどの場合はキャンペーンを使うでしょう。

なので「Broad WiMAXでは、実質的に口座振替はできない」と考えておきましょう。

コンビニ払いができるポケットWiFi 1選:FUJI Wifi

コンビニ払いができるポケットWiFiは、あまり多くはありません。代表的なポケットWiFiでコンビニ払いが可能なのは、次のとおり、FUJI Wifiのみ。

<ポケットWiFiのコンビニ払いの可否一覧>
プロバイダ コンビニ払いの可否
FUJI Wifi
NEXTmobile ×
どんなときもWiFi ×
Mugen WiFi ×
SAKURA WiFi ×
SPACE Wi-Fi ×
UQ WiMAX ×
Broad WiMAX ×
GMOとくとくBB ×

(2019年11月時点)

以下は、FUJI Wifiのコンビニ払いの概要です。

<FUJI Wifiのコンビニ払いについて>
料金プラン コンビニ払いの可否 コンビニ払いの方法
通常プラン
(快適!クラウド)
(100ギガクラウド)
(50ギガ)
(25ギガ)
atone払い
おまとめプラン ×

(2019年11月時点)

FUJI Wifi(フジワイファイ)では、「通常プラン」ならギガ数にかかわらず、コンビニ払いが可能。3~12か月分をまとめて払う「おまとめプラン」では、コンビニ払いを選べません。

コンビニ払いには、atone(アトネ)というサービスを使います。atoneはスマホを使う決済サービスのため、コンビニ払いを選択するには、スマホが必要です。

また、クレジットカード払いを一度選ぶと、atone払いへの変更はできないので、ご注意ください。逆に、atone払いから、カード払いへの変更は可能です。