ポケットWiFiの豆知識

縛りなしWiFiは実質しばりあり?契約前に知りたい注意点と評判を徹底解剖

縛りなしWIFI

「縛りなしWiFi」のことをお調べでしょうか?

「本当に縛りはないの?解約金は無料なの?」など、気になりますよね。そこでこの記事では、縛りなしWiFiの情報を徹底調査。

結論から言うと、一部の条件に当てはまる人以外は後悔するかもしれません。

縛りなしWiFiまとめ
  • 安いプランは縛りあり!名前に騙されないように!
  • 容量制限がきついのが難点
  • 故障・紛失時の弁済金が高額
  • 初期費用が安く解約金がないので短期利用ならおすすめ

縛りなしWiFiの月額料金が安いのは、縛りのあるプラン。このように名前だけで判断すると損する可能性もあるので、必ずデメリットも理解してから申し込みましょう。

一方で、短期利用者ならおすすめできるメリットもあることがわかりました。

それぞれの内容について、本記事で詳しく解説していきますね。損をしないためにも、「縛りなしWiFi」を契約する前に、ぜひご覧ください。

『縛りなしWiFi』の契約前に絶対知るべき5つのデメリット

「縛りなしWiFi」には、契約前に絶対知るべきデメリットが5つあります。

  1. 故障・紛失時の弁済金が高額
  2. 月額料金が安いのは「縛っちゃうプラン」のみ(契約期間3年・解約違約金あり)
  3. 無制限プランなのに1日2GBで速度制限あり
  4. 利用回線や端末(機種)を選べない
  5. 支払方法がクレジットカード払いのみ

それぞれのデメリットについて、以下で詳しく解説していきますね。

【縛りなしWiFiのデメリット1】端末故障・紛失時の弁済金が高額

縛りなしWiFiは、端末を故障・紛失した時の弁済金が高額なので、注意が必要です。

<縛りなしWiFiの弁済金>

  • レンタル端末の紛失・故障・水没時:39,800円(2020年2月時点)

弁済金は、約4万円にもなります。

他社では、契約時の端末購入代金が1~2万円のプロバイダも多いです。 なので、それと比べると、弁済金で約4万円というのは、かなり高額

仮に、1年で紛失すると、1か月あたり約3,300円(約4万÷12)の負担になります。2年で故障しても約1,600円/月かかるということ。

しかし、2年も使えば故障するリスクはあります。料金で比較する際は、弁済金の金額も念頭に置いておきましょう。

【縛りなしWiFiのデメリット2】月額料金が安いのは「縛っちゃうプラン」のみ(契約期間3年・解約違約金あり)

「縛りなしWiFiは料金が安い」と聞いたことはありませんか?

しかし、実は月額料金が安いのは「縛っちゃうプラン」のみなのです。「縛りなし」が魅力で契約を考えている方は要注意。縛りなしWiFi には、以下の2つの料金プランがあります。

<縛りなしWiFiの概要>
料金プラン 縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
月額料金 3,300円 2,800円
契約期間 縛りなし 3年
解約違約金 0円 0~35か月以内:15,000円
故障時弁済金 39,800円 0円

上記のように「縛っちゃうプラン」は、文字どおり、縛りがあります。

縛っちゃうプランの契約期間は3年と長く、途中で解約すると違約金も発生。月額の安さだけで契約するのは、リスクがあります。

しかも、3年経過するまで、解約金の金額はずっと15,000円のまま。他社では、長く使うほど、徐々に解約金が安くなっていくのが通例です。

3年経つまで15,000円もかかるとなると、心理的負担も大きいですね。縛っちゃうプランを選ぶなら、契約する前に、他社も検討してみることをおすすめします。

【縛りなしWiFiのデメリット3】無制限プランなのに1日2GBで速度制限あり

縛りなしWiFiの通信データ容量は、無制限です。

しかし、実際には完全な無制限ではなく、速度制限にかかります。 以下の、1日2GB制限によるものです。

<1日2GB制限の概要>
制限される条件 1日の通信量が2GBを超えた場合
制限期間 当日2GBを超えた時点~翌日0時頃
制限後の通信速度 非公表

1日の通信量が2GBを超えると、翌日までの数時間、速度制限にかかるという内容。ネット回線の混雑回避のため、集中的に通信を行うと、制限をかけられる仕組みです。

他社のポケットWiFiでは、容量無制限な上に、1日あたりの制限もないところが数社あり。

しかし、縛りなしWiFiの場合、容量無制限プランなのに、1日2GBの制限にかかります。また、制限後の通信速度は公式HPに記載がなく、問合せをしても明確な回答がありませんでした。

容量無制限と打ち出していますが、完全な無制限ではない点に注意しましょう。

特に、動画の視聴やアップロードを行う場合、1日の通信量制限のない方が、使いやすいかもしれません。

なお、ポケットWiFiの短期速度制限については、以下のページで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

関連記事:WiMAXの3日間10GB制限は気にする必要ない?通信速度制限の内容を解説

【縛りなしWiFiのデメリット4】利用回線や端末(機種)を選べない

縛りなしWiFiは、契約時に端末(機種)を選べません。申込時の在庫状況によって、余っているものが送られてきます。

そのため、最新機種を使いたい場合には、縛りなしWiFiは不向きです。

また、縛りなしWiFiの利用回線は、SoftBankとWiMAXの2つがありますが、これも申込時には指定できません。

SoftBankかWiMAX、どちらかが通信エリア外の場合のみ、指定が可能となっています。しかも、その指定は、申込前や申込時にはできません。

申込み直後に、別途お問い合わせフォームで、要望を送る必要があるのです。申込み後にすぐ指定をしない場合、業者側で選んだ回線の機種が発送されてしまいます。

この手順だと、実際に利用回線を選ぶのは、かなり厳しいですよね。

「回線を指定させないように、あえて申込みフォームに選択肢を用意していないのでは?」とさえ考えてしまいます。

縛りなしWiFiでは、端末の選択は不可、利用回線の指定も難しいと言えます。

【縛りなしWiFiのデメリット5】支払方法がクレジットカード払いのみ

縛りなしWiFiの支払方法は、クレジットカード払いしかありません。その他の支払方法は、次のとおり、不可です。

<縛りなしWiFiの支払方法>
支払方法 可否
クレジットカード
デビットカード ×
プリペイドカード ×
口座振替 ×
コンビニ払い ×

上記のように、クレジットカード払いのみで利用可能。

しかし、実際には以下のような理由で、口座振替やコンビニ払いをしたい人もいます。

<口座振替・コンビニ払いが向いている人>

  • カードを使いたくない現金主義の人
  • クレジットカードを持っていない人
  • カードの利用可能額が少ない人

<クレジットカード払いが向いている人>

  • クレジットカードのポイントを貯めたい人
  • カードの明細書で支出を管理したい人
  • 口座振替の審査に通らなかった人

支払方法が1つしかないと、 自分のライフスタイルに合わせて選べない点がデメリット。

口座振替やコンビニ払いをできるプロバイダもある中で、カード払いのみというのは、不便ですね。

なお、ポケットWiFiの支払方法については、以下のページで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事:ポケットWiFiは口座振替よりコンビニ払いがおすすめ!メリットや契約できるプロバイダを紹介

『縛りなしWiFi』を選ぶべき3つのメリット

ここまで悪い点を触れてきましたが、「縛りなしWiFi」には、次の3つのメリットもあります。

  1. 「縛りなしプラン」なら解約違約金なし
  2. 初期費用(事務手数料)が安い
  3. チャットの問合せ対応が早い

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

【縛りなしWiFiのメリット1】「縛りなしプラン」なら解約違約金なし

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りがなく、いつでも解約が可能。解約違約金もかからないことが、最大のメリットです。

しかし、本記事内の「縛りなしWiFiのデメリット」でも解説したように、縛りがないのは「縛りなしプラン」のみという点に注意が必要です。

月額料金の安い「縛っちゃうプラン」は、契約期間に縛りがあり、解約金も発生します。お間違えのないように、充分ご注意くださいね。

【縛りなしWiFiのメリット2】初期費用(事務手数料)が安い

縛りなしWiFiは、初期費用が安いことも特徴。

「縛りなしプラン」も「縛っちゃうプラン」も、どちらも契約時の事務手数料は、1,000円です(2020年2月時点)。

他のプロバイダでは事務手数料3,000円のところが多いので、1,000円で済むのは安いですね。とにかく初期費用を安く済ませたいという場合には、選択肢の1つになるでしょう。

【縛りなしWiFiのメリット3】チャットの問合せ対応が早い

縛りなしWiFiは、チャットでの問い合わせ対応が早いのも、良いところ。実際、平日の営業時間内であれば、3分ぐらいで回答が来ました。

以下のような人には、チャットで質問できるサービスは便利ですよね。

  • 電話で問い合わせするのが苦手な人
  • 問い合わせフォームの入力が面倒な人
  • すぐに答えてほしい人

他社では、電話やチャットによる連絡ができず、問合せフォームでしか受け付けしていないところもあります。それと比べ、チャットですぐに返事が来るのは安心。

しかし、チャット対応の営業時間が短いのが、少し気になるところ。平日の13:00~17:00のみの営業で、土日・祝日は対応していません。

なので、深夜や休日に問い合わせしたい人は、問合せフォームから連絡してみましょう。

また、この後の「縛りなしWiFiの評判」でも紹介しますが、都合の悪い連絡には返信しないという口コミも多数あります。問い合わせの内容により、対応が異なるのかもしれません。

『縛りなしWiFi』の評判を徹底調査!

「縛りなしWiFi」の評判はどうなのでしょうか?

実際に使っている人の口コミをまとめてみたので、以下で紹介していきますね。

『縛りなしWiFi』の悪い評判

悪い評判としては

  • 通信制限がツラい
  • サポートの返信が来ない

というものが目立ちました。

『縛りなしWiFi』の良い評判

良い評判は通信が速いというものが目立ちます。

まとめると、通信制限にならなければスピードは満足できるが、制限にかかると使いにくいというところです。また、容量制限が厳しいのでその点も注意する必要があります。

結論!『縛りなしWiFi』はこんな人におすすめ

ここまでお伝えしてきたメリット・デメリットをふまえると、「縛りなしWiFi」は次のような人におすすめです。

<縛りなしWiFiがおすすめの人>

  • 1~2年の間に水没・紛失するおそれがない人
  • 月間容量は無制限が良い人
  • 1日2GBの速度制限が苦ではない人
  • 解約違約金を払いたくない人
  • クレジットカードで支払いをする人
  • 利用回線や端末にはこだわらない人
  • チャットで気軽に問合せをしたい人

上記の項目に複数当てはまる人には、「縛りなしWiFi」を推奨します。

逆に、これらに該当しない場合、「縛りなしWiFi」を選ぶメリットはあまりないでしょう。

『縛りなしWiFi』の申込方法をわかりやすく解説

「縛りなしWiFi」の申込方法は、次のとおりです。

<縛りなしWiFiの申込方法>

  1. 縛りなしWiFiの公式サイトへアクセス
  2. トップページ一番下の「お申し込み」ボタンを押す
  3. プラン・端末台数・オプションサービス等を選択
  4. 名前・住所・支払い方法等を入力
  5. 入力内容を確認する
  6. 申し込みを確定する

以上で、縛りなしWiFiの申し込みは完了です。あとは、端末が届くのを待つのみ。ホームページはわかりやすいので、悩まずに申し込みできました。

12時までに申し込むと、翌日発送となります。ただし、端末の在庫状況によっては、発送までに日数を要することも。

端末発送の完了メールが届いたら、配達の追跡番号等を確認します。地域や交通状況によっては、配送日数がかかるかもしれません。焦らずに待ちましょう。

縛りなしWiFiの公式HPはこちら