ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiを機種変更する時の注意点&お得な方法を徹底解説

今回は、以下のような要望を持つ方に向けて記事を作成しています。

「ポケットWiFiをお得に機種変更したい」
「ポケットWiFiの機種変更で気を付けることって何?」
「ポケットWiFiの機種変更方法を知りたいな」

結論からいうと、ポケットWiFiの機種変更は可能です。ただ、機種変更に際していくつか気を付けておく点があります。

今回は、ポケットWiFiの機種変更について調査しました。

ここで紹介する内容は以下のとおりです。

  • 機種変更の時期はいつがいい?
  • 機種変更時の注意点
  • 機種変更の手順
  • 機種変更と新規契約はどっちがお得か

この記事を読んでもらえば、新しい端末をお得に入手できちゃいますよ!料金を抑える方法なども紹介しているので是非参考にしてみてください!

ポケットWiFiの機種変更っていつがベスト?4つのサインを見逃すな!

ポケットwifi機種変更のタイミング

そもそも、あなたのポケットWiFiは機種変更に適したタイミングなのでしょうか?

まずは、ポケットWiFiの機種変更を考えてもいいタイミングをみていきましょう。機種変更を考えるタイミングは全部で4つあります。

  1. 通信速度をもっと上げたいとき
  2. バッテリーの持ちが悪くなったとき
  3. セキュリティの安全性を上げたいと思ったとき
  4. 初代WiMAXを利用してる人

それぞれ確認していきますね。

【機種変更を考えるタイミング1】
通信速度をもっと上げたいとき

現在使っているポケットWiFiに対して「通信速度が遅い」「安定しない」などの不満を持っているのであれば機種変更を検討してみましょう。

基本的に、新しい端末の方が性能がよいため通信速度が速く、安定性も増しています。以前、どのくらい通信速度が違うのか実際に使って比べてみたことがありますが、顕著に分かってしまうレベルで端末による差がでていました。

通信速度を上げたいのであれば最新の端末に機種変更したほうがよいですね。

【機種変更を考えるタイミング2】バッテリーの持ちが悪くなったとき

ポケットWiFiで使用されているバッテリーは消耗品です。なので、使用を始めて一定期間が経ってくるとバッテリーの持ちが悪くなります。自分でバッテリーの交換ができない端末の場合は特に、機種変更を検討してもよいでしょう。

バッテリーに関しては、修理・交換依頼に出すことで対処可能です。しかし、バッテリーの持ちが悪くなるのは通常1年半~2年使用してから。

1~2年も経つと、次の世代の端末が出ているはずです。バッテリーの交換をして同じ端末で続投するよりも、いっそ新しいものに変えてしまうのも良いでしょう。

バッテリーの交換にも費用がかかります。バッテリーの持ちが悪くなってきたら、機種変更を同時に検討してみましょう。

【機種変更を考えるタイミング3】
セキュリティの安全性を上げたいと思ったとき

実は、最新の端末ならば安全性も向上しています。セキュリティの安全性を上げたいのであれば、新しい端末を利用しましょう。

古い端末は新しい端末と比べると、暗号化の技術が劣っています。もし、セキュリティが弱いまま放置しておくと、ポケットWiFi経由で個人情報の流失が行われてしまうので危険です。

安全にネットを楽しむために、機種変更をして最新の端末を入手しておくのはアリですね。

【機種変更を考えるタイミング4】
初代WiMAXを利用している人

WiMAX2+ではなく、初代のWiMAXを利用しているのであれば機種変更すべきです。理由は2つあります。

  • 無料で機種変更できるプランがある
  • WiMAXの提供が終了予定

現在WiMAXを利用している方は、WiMAX2+へ無料でプラン変更できます。端末代金や違約金などはかからないので、変更時に無駄な出費がかかることはありません。WiMAXよりもWiMAX2+の方が優秀なので変更しない理由はないです。

さらに、2020年3月にWiMAXの提供が終了します。現在WiMAXを利用している方は、今のままでは利用ができなくなるのでいずれはWiMAX2+に変更をしなくてはいけません。

2019年の10月から新プランが開始されており、月額料金がさらに安くなります。機種変更をした方が総じて得なので、是非早い段階での機種変更をオススメします。

ポケットWiFi機種変更時の注意点4つ

ポケットWiFi機種変更時の注意点

では、機種変更時に注意しておくべきポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

今回はポイントを以下の4つに分けてみました。

  1. 端末代が発生することがある
  2. 契約が更新される可能性がある
  3. プロパイダーによっては機種変更ができない
  4. キャッシュバックが利用できない

それぞれ詳細を確認していきましょう。

【機種変更時の注意点1】
端末代が発生することがある

WiMAX→WiMAX2+への変更は端末代金が無料ですが、WiMAX2+→WiMAX2+への変更は端末代金が発生します。一律15,000円です。

また、その他のポケットWiFiを使っている場合も機種変更時に端末代が発生するものがあります。料金がかかるのか否か事前に把握しておきましょう。

【機種変更時の注意点2】
契約が更新される可能性がある

機種変更を行ったタイミングで契約が更新される可能性があります。つまり、2年縛り、3年縛りのあるプランで契約を結んでいる方は、カウントがリセットされるということです。

機種変更のタイミングから、また新たに2~3年の契約満了を待つ必要があります。契約したプランとプロパイダーによって対応が違うので、機種変更時によく確認しておきましょう。

【機種変更時の注意点3】
プロパイダーによっては機種変更できない

プロパイダーによってはそもそも機種変更ができない場合があります。

たとえばWiMAXの場合、機種変更に対応をしているプロパイダーは以下のみです。

  • BIC WiMAX SERVICE
  • ワイヤレスゲート
  • BIGLOBE
  • So-net
  • ASAHIネット

加えて、家電量販店のEDIONで契約を結んだ方も公式サイトから変更の手続きが可能になります。 その他の場合はそもそも機種変更できない可能性があるので事前に確認しておきましょう。

【機種変更時の注意点4】
キャッシュバックの対象にならない

機種変更の場合は、キャッシュバックの対象とならない場合がほとんどです。むしろ、契約の更新に際して事務手数料がかかったり、端末代金がかかったりと出費の方が多くなります。

キャッシュバックの対象となるのは新規契約ばかり。実は機種変更を行うよりも、新規で契約をしなおしたほうがお得な場合があります。

機種変更はキャッシュバックの対象外となりやすいので注意しておきましょう。

ポケットWiFi機種変更の手順!お得に機種変更しよう

ポケットWiFi機種変更の手順

機種変更は、基本的に各会社の公式サイトから行います。店舗で契約を結んでいる方は、電話口で機種変更について尋ねてみるのもアリですね。

サイト経由で機種変更を行う場合、以下の手順で機種変更を行います。

  1. 公式サイトにて変更の申し込みを行う
  2. 郵送で端末が届く
  3. 回線切り替え手続きを行う

それぞれ確認していきましょう。

【機種変更の手順1】公式サイトにて変更の申し込みを行う

まずはポケットWiFi会社の公式サイトから、機種変更の手続きをおこないます。

今回はWiMAXを例に説明していきますね。

ページを進んでいくと、自分が使用しているプロパイダーを選択するページが現れます。その後必要な情報を入力し、機種変更のための手続きをしていきましょう。手元に契約時の資料を用意しておくとスムーズに入力可能です。

不明点があれば、電話口やメールでの問い合わせが可能ですよ。私も以前問い合わせた経験がありますが、丁寧に対応してくれました。

【機種変更の手順2】郵送で端末が届く

必要情報の入力を終えて手続きが完了すれば、郵送にて端末が送られてきます。まだこの時点ではネットの使用はできません。

端末がとどいたら、まずはきちんと電源が入るかどうかを確認しておきましょう。

【機種変更の手順3】回線の切り替え手続きを行う

端末が手元に届いたら、回線の切り替え手続きを行いましょう。

切り替えの手順は以下のとおりです。

  1. 電源をOFFにしておきます
  2. ICカードに記載されている番号を確認します
  3. 回線切り替えページにて切り替え手続きを行います
  4. ICカードを挿入し、電源をONにします

回線の切り替え受付時間は9時~22時です。受付時間の間に手続きを済ませるようにしましょう。無事完了すれば、新しいポケットWiFiの使用が可能です。

機種変更とネットでの新規契約どっちがお得?料金を検証

機種変更と新規契約はどっちがお得?

これまで機種変更について解説してきましたが、じつは新規契約の方がお得な場合があります。今回は具体的な数字をもとにしてどのくらいの差が開くのか、シュミレーションしてみました。

今回比較するのは以下の3パターンです。

  • 「WiMAX→WiMAX2+」の機種変更
  • 「WiMAX2+→WiMAX2+」の機種変更
  • 「BroadWiMAX」への新規契約

BroadWiMAXはネット上で契約可能なプロパイダーのひとつ。同じく月額料金がかなり抑えれれています。

条件は、「無制限プラン」「2年間での契約」「オプションはとくになし」を想定しています。比較結果は以下の表をご覧ください。

WiMAX→WiMAX2+ WiMAX2+→WiMAX2+ BroadWiMAX
月額(24カ月) 3696円 3880円 2726円(最初の2ヶ月)
3411円
端末代金 0円 1万5000円 0円
手数料 0円 0円 0円
合計 88704円 10850円 80494円

WiMAX→WiMAX2+とBroadWiMAXとで約1万、WiMAX2+→WiMAX2+とBroadWiMAXとで約2万円の差額が見られますね。

またBroadWiMAXはLTEオプションを無料で提供しています。オプションなどを含めるとさらに差は大きくなります。

なお、新規契約を結んだ方がお得なのはBroadWiMAXに限った話ではありません。

では具体的にどこで新規契約を結ぶのがオススメなのかを解説しますね!

機種変更より乗り換えがおすすめ!契約がお得な会社3選

ポケットWiFiの新規契約オススメ

新規での契約をオススメするのは以下の3つです。

  1. FUJIWiFi
  2. BroadWiMAX
  3. SIMフリーのポケットWiFi

それぞれ解説しますね。

1. FUJIWiFi

FUJIWiFiでの新規契約をオススメする理由は以下の4つです。

  1. 料金が安い
  2. 契約期間に縛りなし
  3. 短期での速度制限なし
  4. 繋がるエリアが広い

FUJIWiFiの月額料金は、2480円~3980円までとかなり安くおさえられています。WiMAX2+のプランに関しては3200円です。

また、FUJIWiFi契約期間に縛りがなく、いつでもやめられます。もし合わないと感じたのであればサクっと辞められる点もメリットですね。さらにいうと、3日で10GBなど短期間での速度制限がありません。ずっと快適に利用可能です。

FUJIWiFiの回線は、ソフトバンクの回線を利用しているので対応エリアが広いのもメリット。今後、docomo、auの回線も使えるように整備中なので、ますます使いやすくなっていくでしょう。

2. Broad WiMAX

BroadWiMAXは月額料金2726円~が安いのはもちろんのこと、違約金を最大1万9000円まで負担してくれます。つまり乗り換えやすいということです。

「すぐにポケットWiFiを切り替えたいけれども違約金がかかる」という方も利用しやすいでしょう。

ただし、Broad WiMAXを解約するタイミングを気を付けないと最大1万9000円の違約金がとられてしまうのが難点。

契約の際は、しばらく変更はできないと思って契約を結ぶ必要があります。

3. SIMフリーのポケットWiFi

会社ではありませんが、SIMフリーのポケットWiFiを利用する新規契約方法もオススメですね。

SIMとは、ポケットWiFiがネット回線を利用するために必要なICカードのこと。SIMフリーとは、SIMと端末の組み合わせが自由であることを指します。

つまり、端末と契約する会社を自由に組み合わせられるということです。格安SIMと呼ばれるSIMを購入すれば月額料金がかなり抑えられます。

使用するプランにもよりますが、月額料金1000円台も可能です。SIMフリーのポケットWiFiについては【後悔しない?】SIMフリーのポケットWifiを徹底解説!メリット・デメリット・使い方など!にて詳しく解説しています。