格安SIM

格安SIMの申し込みから設定まで!利用開始までの全手順を紹介

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント

3大キャリアより、月々のスマホ料金がずっと安くなる「格安SIM」。

この格安SIMに乗り換えたいと思っている方は、多いことでしょう。

しかし、格安SIMへの乗り換えは手続きや設定が難しそう、または面倒そうと思って、なかなか踏み出せないという方もまた多いものです。

そこで今回はそんな方のために、格安SIMの申し込み方法から設定方法についてまで一挙紹介

この記事を参考に実践すれば、それほど手間をかけずに格安SIMへの乗り換えができます。

格安SIMへの乗り換えは、実際のところ難しくも面倒でもないことが分かるので、ぜひ最後までチェックしてください。

格安SIMの利用に必要な2つのもの

格安SIMのスマホを利用するには、以下の2つが必要です。

  • SIMフリーのスマホ、またはSIMロック解除したスマホ
  • MVNO事業者(格安SIM事業者)との契約

ここでは、この2点について説明していきましょう。

1.SIMフリーのスマホかSIMロック解除したスマホ

格安SIMのスマホを利用するにあたっては、以下2種類の方法があります。

  • 新しくスマホを購入する
  • 今使っているスマホをそのまま使用する

新しくスマホを購入する場合は、「SIMフリー」のスマホが必要です。

今使っているスマホをそのまま使う場合は、「SIMロック解除」をしなければなりません

ここではSIMフリーのスマホの入手方法と、SIMロック解除のやり方について、それぞれ説明していきます。

①SIMフリーのスマホの入手方法

SIMフリーのスマホの入手方法は、主に以下2種類あります。

  • ネット通販などで購入する
  • MVNOでSIMとセットで販売されているスマホを購入する

SIMフリーのスマホは、「白ロム」とも呼ばれています。

iPhoneの白ロムは「Apple Store」で販売されているほか、その他のネットショップでもiPhoneやAndoroidの白ロムが購入可能です。

ハカセ
ハカセ
この白ロムに、格安SIM事業者であるMVNOのSIMを挿入すれば、簡単に格安SIMが利用できます

もう一つの方法が、MVNOで「SIM+スマホ」のセットを購入すること

この方法なら、SIMとSIMフリーのスマホが同時に届くので便利です。

②SIMロック解除のやり方

3大キャリアから格安SIMに乗り換える場合でも、それまで使っていたスマホをそのまま使用可能です。

ただしこの場合、SIMロック解除が必要。

3大キャリアのスマホはSIMフリーのスマホと違って、他のキャリアのSIMが使用できないよう、ロックがかかっています。

ハカセ
ハカセ
このロックがSIMロックで、それを解除することがSIMロック解除です

SIMロック解除は「ドコモショップ」など、各キャリアのショップでしてもらえますが、どのキャリアでも3,000円の手数料がかかります

その点、オンラインでの手続きなら、どのキャリアも手数料がかかりません

そのため、3,000円の手数料を支払いたくないという人は、オンラインで手続きするようにしましょう。

各キャリアのオンライン窓口は、以下のとおりです。

NTTドコモ My docomo
au au ID
ソフトバンク My SoftBank

関連記事:SIMロック解除の方法は?格安SIMを使うための手順を徹底解説

2.MVNO(格安SIM事業者)との契約

SIMフリーのスマホが用意できたら、そのスマホにMVNOのSIMを挿入することで、格安SIMを利用できるようになります。

ハカセ
ハカセ
SIMの入手には、MVNOとの契約が必要です

では次から、具体的なMVNOへの申し込み方法について順番に説明していきましょう。

事前準備OK?格安SIMの申し込みに必要な3つのもの

MVNOに申し込みする際には、以下の3つが必要です。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカード

ここではそれぞれの内容について、一つずつ説明していきます。

1.MNP予約番号

「MNP」は、「Mobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティー)」の頭文字をとったもの。

現在使用している電話番号を、新しいスマホでもそのまま利用できるサービスです。

現在使用している電話番号を格安SIMでもそのまま使いたい人は、「MNP予約番号」の取得が必要

MNP予約番号はどのキャリアでも、以下の方法で取得できます。

  • 電話
  • オンライン手続き
  • キャリアショップ

このうち、最も手間がかからないのが電話での手続きです。

そこでここでは、3大キャリア+「Y!mobile(ワイモバイル)」4社の、それぞれの電話番号を紹介していきましょう。

①NTTドコモ

NTTドコモの電話番号と受付時間は、以下のとおりです。

ドコモのスマホ・携帯電話から 151
一般電話から 0120-800-000
受付時間 9:00~20:00

ドコモでMNPの転出手続きをするには、2,000円の手数料がかかります

この点は、オンラインやドコモショップで手続きする際も同様です。

②au

auの電話番号と受付時間は、以下のとおりです。

電話番号 0077-75470
受付時間 9:00~20:00

auでは、auのスマホと一般電話、どちらからかける場合も電話番号は同じです。

auでのMNP転出手続きには、3,000円の手数料がかかります

③ソフトバンク

ソフトバンクの電話番号と受付時間は、以下のとおりです。

ソフトバンクのスマホ・携帯電話から *5533
一般電話から 0800-100-5533
受付時間 9:00 ~ 20:00

ソフトバンクでは、MNPの転出手続きに3,000円の手数料がかかります

④Y!mobile

Y!mobileの電話番号と受付時間は、以下のとおりです。

Y!mobileのスマホ・携帯電話から 151
一般電話から 0570-039-151
受付時間 9:00 ~ 20:00

Y!mobileでは、MNP転出手続きに3,000円の手数料がかかります

2.本人確認書類

実店舗で契約する3大キャリアと違い、MVNOには基本的にオンラインで申し込むことになります。

ハカセ
ハカセ
申し込みの際には、本人確認書類を写した画像などのデジタルデータの送信が必要です

申し込みの際に利用できる、主な本人確認書類は以下のとおり。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

本人確認をするには、これらのうち一つを提示すれば問題ありません。

ただし健康保険証で本人確認をする場合、この他に公共料金の領収書などの補助書類が必要です。

3.クレジットカード

MVNOの支払い方法は、クレジットカードが基本です。

クレジットカードを持っていないという人は、以下のような口座振替ができるMVNOと契約するといいでしょう。

  • UQ mobile
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE

ただし口座振替で支払う場合、毎月振替手数料がかかるほか、MVNOによっては契約できるプランが限られてしまうことも

そのため可能なら、クレジットカードを利用するようにしましょう。

MVNOへの申し込み方法はたったの3ステップ

MVNOへの申し込みにあたって準備するものが分かったところで、いよいよ申し込み方法について説明していきましょう。

MVNOへの申し込みは、以下の3ステップで完了します。

  1. 契約するMVNOを決める
  2. プランを選択する
  3. 各種情報を入力して申し込む

ここでは、各手順について説明していきます。

1.契約するMVNOを決める

まずは、契約するMVNOを決めましょう。

MVNOは国内に複数あり、それぞれ提供しているプランや月額料金が異なります。

契約先には、なるべく月額料金の安いところを選ぶといいでしょう。

ハカセ
ハカセ
ただしMVNOを選ぶ際には、動作確認済み機種のチェックもお忘れなく

MVNOのSIMは、全てのスマホに挿入できるわけではありません。

スマホとMVNOの組み合わせによっては、使用できない場合もあるので注意しましょう

各MVNOでは、ホームページで動作確認端末の一覧を公開しています。

使用したいスマホに、そのMVNOのSIMが使えるかどうかは、必ず事前に確認しておきましょう

不安だという人は、MVNOでSIMとスマホをセット購入するという方法もあります。

2.プランを選択する

契約するところを決めたら、そのMVNOのホームページにアクセスして、申し込みページに進みましょう。

申し込み時には、プランを選択する項目があります。

MVNOにもよりますが、格安SIMのプランの種類は大きく分けて以下3種類です。

  • データ通信
  • データ通信+SMS
  • データ通信+SMS+音声通話

月額料金の高さは、「データ通信<データ通信+SMS<データ通信+SMS+音声通話」となっています。

データ通信かデータ通信+SMSで契約した場合、そのSIMでは通話ができません。

ただし「楽天でんわ」などの通話アプリを利用すれば、音声通話なしのプランでも通話が可能です。

また、各プランでは「1GBプラン」や「3GBプラン」など、月間のデータ通信量にあわせて、さらに細かいプランが設定されています

ハカセ
ハカセ
月間のデータ通信が少ないものほど、月額料金も安価です

3.各種情報を入力して申し込みを完了する

次に、画面の指示に合わせて、氏名や住所、電話番号などの個人情報を入力していきます。

入力時には、以下のものを手元に用意しておきましょう

  • MNP予約番号
  • クレジットカード

必要事項を全て入力し、本人確認書類の画像をアップロードして、最後に申し込みボタンなどをクリックすれば、申し込みは完了です。

申し込み完了から数日で、自宅にSIMが送られてきます。

SIM到着後~格安SIM利用開始までの手順

ポケットwifi買取のコツSIMが自宅に届いたら、以下2つの作業をすることで、格安SIMの利用を始められます。

  1. SIMの挿入
  2. APN設定

ここでは、各作業について説明していきます。

1.SIMの挿入

MVNOからSIMが届いたら、早速スマホに挿入しましょう。

SIMを挿入するスロットは、スマホの機種によって以下の3タイプに分けられます。

  • スマホの側面のSIMスロットをピンで開けるタイプ
  • スマホの側面のSIMスロットにキャップが付いているタイプ
  • スマホの背面カバーを開けるとSIMスロットがあるタイプ

スマホの側面にキャップがあるタイプと背面カバーがあるタイプでは、これらを外すことでSIMの取り出しや挿入ができます。

iPhoneなどは、側面にあるSIMスロットを本体付属のピンを使って引き出すタイプです。

SIMピン

ピンがない場合は、クリップでも代用できます。

ピンを使うタイプでは、スマホの側面にある小さな穴にピンを挿し込み、奥にある小さなボタンを押せばSIMスロットが飛び出す仕組みです。

SIMスロットの取り出し
ハカセ
ハカセ
SIMスロットを引き出したら、MVNOから送られてきたSIMを挿入しましょう

2.APN設定

SIMを挿入したら、「APN設定」をします。

APNとは「Access Point Name(アクセス・ポイント・ネーム)」の頭文字をとったもので、スマホにインターネットの接続先を認識させるための設定です。

APN設定をしないと、MVNO回線を使ってのデータ通信ができません

APNの設定方法は、iPhoneとAndoroidでそれぞれ異なります

では次から、それぞれの具体的なAPN設定の手順について紹介していきましょう。

iPhoneでのAPN設定方法

iPhoneでのAPN設定の手順は、以下のとおりです。

  1. Wi-Fiに接続して「Safari」を開く
  2. 「MVNO名 プロファイル」で検索
  3. APN構成プロファイルをダウンロード
  4. 「設定」→「一般」→「プロファイル」と進む
  5. プロファイルのインストール

MVNOによって多少の差はあるものの、設定手順はほとんど変わりません。

ここでは、一つずつ見ていきましょう。

1.Wi-Fiに接続して「Safari」を開く

iPhoneのANP設定・手順1

まずはWi-Fiに接続した状態で、「Safari(サファリ)」をタップします。

2.「MVNO名 プロファイル」で検索

iPhoneのANP設定・手順2

Safariを開いたら、「契約したMVNO名 プロファイル」のワードで検索をかけましょう

今回は一例として、「DMMmobile(ディーエムエム・モバイル)」で検索してみます。

APN設定ができるページがヒットするので、アクセスしましょう。

3.APN構成プロファイルをダウンロード

iPhoneのANP設定・手順3

ダウンロードページに移動するので、上の画面から「APN名:dmm.com」をタップします。

iPhoneのANP設定・手順4
ここでは、「許可」をタップしましょう。

iPhoneのANP設定・手順5
以上で、プロファイルのダウンロードが完了しました。

ここでは、「閉じる」をタップしましょう。

4.「設定」→「一般」→「プロファイル」と進む

iPhoneのANP設定・手順6

プロファイルのダウンロードが終わったら、ホーム画面から「設定」をタップします。

iPhoneのANP設定・手順7
設定メニューから、「一般」をタップ。

iPhoneのANP設定・手順8
さらに、「プロファイル」をタップします。

5.プロファイルのインストール

iPhoneのANP設定・手順9

先ほどダウンロードしたプロファイルが表示されるので、タップしましょう。

iPhoneのANP設定・手順10

続けて、画面右上の「インストール」をタップ。

iPhoneのANP設定・手順11

ここで、6桁のパスコードを入力します。

iPhoneのANP設定・手順12

ここでも、「インストール」をタップ。

iPhoneのANP設定・手順13

さらに、「インストール」をタップします。

iPhoneのANP設定・手順14
以上で、APN設定プロファイルのインストールができました。

最後に右上の「完了」をタップして、APN設定は完了です。

ハカセ
ハカセ
これでWi-Fi接続を切断しても、MVNOの回線を利用してインターネットができるようになっています

Androidでの設定方法

ローミング以外で海外でスマホを使用する方法は?iPhoneに続いて、AndoroidでのAPN設定の方法についても説明していきましょう。

AndoroidでのAPN設定の手順は、以下のとおりです。

  1. ホーム画面から「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→アクセスネットワーク」と進む
  2. 新しいAPNの作成
  3. APN情報の入力
  4. APNの選択

設定手順はAndoroidの機種によって異なりますが、概ねは同じです。

ここでは各手順について、一つずつ説明していきます。

1.「設定」~「アクセスネットワーク」

Andoroidのホーム画面から「設定」をタップします。

設定のメニューから、「無線とネットワーク」をタップ。

次の画面で、「モバイルネットワーク」をタップしましょう。

2.新しいAPNの作成

モバイルネットワークのメニューから、「アクセスポイント名」をタップ。

 

画面右上にある「︙」マークをタップし、「新しいAPN」をタップしましょう。

3.APN情報の入力

アクセスポイントの編集画面が出てくるので、以下の部分にAPN情報を入力していきます。

  • 名前
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

名前は好きなものを入れられますが、その他の4つはMVNOごとにそれぞれ決められています。

各APN情報はSIMに同梱されている説明書や、各MVNOの公式サイトにも掲載されているので確認しておきましょう

APN情報の入力が終わったら、画面右上の「✓」マークをタップして、設定を保存します。

4.APNを選択

APN設定の保存が完了したら、その設定を選択しましょう。

設定のタイトルには、先ほど入力した「名前」が表示されています。

以上で、AndoroidのAPN設定は完了です。

ハカセ
ハカセ
これでAndoroidでも、MVNO回線を使ってインターネットができるようになりました

まとめ

3大キャリアから格安SIMに乗り換える際の主な手順は、以下のとおりです。

  1. 現在契約しているキャリアでMNP転出手続きをする
  2. SIMフリーのスマホを購入、もしくは現在使用しているスマホのSIMロックを解除する
  3. 契約するMVNO事業者とプランを決めて、申し込みをする
  4. SIM到着後、SIMをスマホに挿入し、APN設定をする

このように、格安SIMへの乗り換えはそれほど面倒なものではありません

電話番号が変わってもいいのなら、MNP転出手続きは不要です。

SIMとスマホをセット購入すれば、さらに手間が省けます。

これなら、格安SIMへの乗り換えの手間はほとんどかかりません。

格安SIMを利用したいという方は、ぜひこの記事を参考にして、乗り換えをしてみてはどうでしょうか。

ただし乗り換えの際には、LINEのアカウントの引き継ぎなどは忘れずにしておきましょう