格安SIM

法人契約ができる格安SIMの選び方は?導入のメリットやおすすめMVNOも解説

企業で格安SIMの契約を考えたときに「法人契約と個別の契約では、どちらが得なんだろう」と気になりませんか?

また「何か条件が違うのだろうか?」と疑問に思う人も多いです。

そこで本記事では、法人向けの格安SIMについて、以下の点をご紹介します。

  • 個人用と法人用の格安SIMは何が違うの?
  • メリット・デメリットは?
  • 法人向け格安SIMの選び方は?
  • 法人向け格安SIMでおすすめはどこ?

記事を読めば、上記の点を簡単に解決できますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

法人向けの格安SIMとは?個人向けとの違いを説明

法人向けの格安SIMとは、各通信事業者(MVNO)が、法人専用に販売している格安SIMです。法人向けと個人向けの格安SIMの違いは、以下のとおり。

<法人向けと個人向けの格安SIMの違い>
法人向け 個人向け
回線数 複数回線を同時契約 1回線の契約
料金 個人向けより割安 法人向けより高い
支払方法 銀行振込・口座振替が可能 クレジットカード払いが多い
申込方法 オンライン・電話等で申込後、
別途書類提出
オンライン上で手続き完了

それぞれの違いについて、以下で説明していきますね。

【法人向けの格安SIMの特徴1】複数回線を同時契約

法人向けの格安SIMは、複数回線を同時に契約することが特徴です。一方、個人向けの格安SIMは、1回線のみで契約します。

【法人向けの格安SIMの特徴2】個人向けより割安

法人向けは、まとめて契約するため、個人向けより料金が割引されることが多いです。

【法人向けの格安SIMの特徴3】銀行振込・口座振替に対応

法人向けの格安SIMの支払方法は、銀行振込や講座振替が可能なことがほとんど。また、場合によっては、このどちらかしか対応していないケースもあります。

それに対して、個人向けではクレジットカード払いが多いですね。

【法人向けの格安SIMの特徴4】書類提出が必要

法人向けの格安SIMは、オンラインや電話で申し込んだ後に、別途書類の提出が必要です。

個人向けの場合、オンライン上で手続きが完結することも珍しくありません。

法人向けの格安SIMのメリット

ポケットwifi買取のコツ

法人向けの格安SIMを導入するメリットは、次の3つです。

  1. 月額料金が安くなる
  2. データ容量をシェアできる
  3. 一元管理をしやすい

以下、それぞれのメリットについて、紹介いたしますね。

【法人向けの格安SIMのメリット1】月額料金が安くなる

法人向けの格安SIMは、まとめて契約するため、月額料金が安くなることも珍しくありません。

たとえば、BIGLOBEモバイルでは、法人向けと個人向けで、下記のように料金が異なります。

<法人向けと個人向けの月額料金比較>
(BIGLOBEモバイル・音声通話SIM)
データ通信容量 法人向け 個人向け
1ギガ 1,200円 1,400円
3ギガ 1,400円 1,600円
6ギガ 1,950円 2,150円
12ギガ 3,200円 3,400円
20ギガ 5,000円 5,200円
30ギガ 7,250円 7,450円

(2019年12月時点)

参考元:BIGLOBEモバイル法人格安SIM

1回線あたりは200円程度の違いでも、数十件、数百件となると、法人契約をした方がお得ですね。

【法人向けの格安SIMのメリット2】データ容量をシェアできる

法人向けの格安SIMは、社員間でデータ通信容量をシェアできる場合もあります。

ただ、すべての法人用格安SIMでシェアできるわけではありません。2019年12月時点では、NifMo(ニフモ)の格安SIMに「法人シェアプラン」があります。

社員が使うデータ通信容量は、毎月同じ量とは限りません。出張や商談等が多い時期は、一時的に使用量が増えることもあります。

そんなときにも、個人ごとの契約ではなく、法人契約でシェアできれば、料金もデータ容量も無駄になりません。

参考元:NifMo

【法人向けの格安SIMのメリット3】一元管理をしやすい

法人向け格安SIMは、一元管理をしやすいこともメリットです。

たとえば、BIGLOBEモバイルの法人契約では、責任者が管理画面で一括管理が可能。下記は、管理できる内容の一例です。

<一括管理できる内容の一例>

  • 契約プランの管理
  • SIMカードの追加
  • 盗難・紛失時の利用停止
  • 利用量の確認
  • 解約

利用量を見ながら、料金プランの変更などもできるため、個別で契約するよりも簡単ですね。

参考元:BIGLOBEモバイル法人格安SIM

法人向けの格安SIMのデメリット

く必要がある。でないと困るよ。 格安SIMのシェアプランがおすすめの人は?

法人向けの格安SIMのデメリットは、次の3つです。

  1. 申込時に書類提出が必要になる
  2. 管理者が必要になる
  3. 端末代が一括払いになる

それぞれのデメリットについて、見ていきましょう。

【法人向けの格安SIMのデメリット1】申込時に書類提出が必要になる

法人向けの格安SIMの申込みは、個人向けよりも必要書類が多いです。たとえば、以下のような書類を提出します。

<格安SIMの法人契約の提出書類の例>

  • 会社の印鑑登録証明書の原本
  • 会社の登記事項証明書の原本
  • 本人確認書類のコピー

オンライン上のみで完結できる個人の申込みと比べると、やや手間がかかりますね。

【法人向けの格安SIMのデメリット2】管理者が必要になる

法人向けの格安SIMでは、管理者が必要になる場合があります。

メリットでも記載しましたが、法人契約のプランによっては、一括管理も可能です。ただし、その場合、管理者が必須となります。

たとえばBIGLOBEモバイルの場合は、その責任者が管理画面を利用するために、月額料金がかかります。

大企業であれば、管理者の料金を払っても元が取れますが、少人数の場合は、法人契約によるメリットが減ってしまうでしょう。

【法人向けの格安SIMのデメリット3】端末代が一括払いになる

法人向けの格安SIMでは、端末代金が一括払いのみとなる場合があります。個人契約であれば分割払いも可能ですよね。

端末台数が多くなると、一括払いの金額も大きくなる点がデメリットです。

法人向けの格安SIMの選び方と見るべき3つのポイント

ローミング以外で海外でスマホを使用する方法は?

法人向けの格安SIMを選ぶときに見るべきポイントは、次の3つです。

  1. データシェアの有無
  2. かけ放題の有無
  3. お試しサービスの有無

以下、それぞれのポイントについて、説明していきますね。

【法人向けの格安SIMの選び方・ポイント1】データシェアの有無

法人向けの格安SIMで意識したい点は、データ容量を社内でシェアできるかどうかという点。前述したとおり、データシェアは法人契約のメリットです。

しかし、どの通信事業者でも行えるわけではありません。データシェアを重要視する場合は、契約前に確認しましょう。

【法人向けの格安SIMの選び方・ポイント2】かけ放題の有無

格安SIMの法人契約において、通話をかけ放題にできるかどうかもポイントです。企業内での格安SIMの利用目的によっては、それほど重要ではない場合もあります。

ただし、社員間の連絡で頻繁に通話するという状況であれば、かけ放題にできた方が良いでしょう。

【法人向けの格安SIMの選び方・ポイント3】お試しサービスの有無

法人向けの格安SIMでも、導入前のお試しは大事です。たとえば、通信速度や接続状況の確認などは、事前に確認しておきたいもの。

しかし、すべてのMVNOにお試しサービスがあるわけではありません。お試し利用をしたい場合は、対応可能かどうか確認しましょう。

法人向けプランの格安SIMがあるオススメのMVNO4選

携帯電話を使う人のイメージ

法人向けの格安SIMがある通信事業者(MVNO)で、オススメは次の4つです。

  1. BIGLOBEモバイル
  2. mineo(マイネオ)
  3. NifMo(ニフモ)
  4. 楽天モバイル

以下、それぞれの格安SIMについて、紹介していきますね。

【法人向けプランのオススメの格安SIM1】BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

以下は、BIGLOBEモバイルの概要です。

<BIGLOBEモバイルの概要>
(法人向け格安SIM・音声通話付き)
利用回線 au・docomo
月額料金(1GB) 1,200円
月額料金(3GB) 1,400円
月額料金(6GB) 1,950円
月額料金(12GB) 3,200円
月額料金(20GB) 5,000円
月額料金(30GB) 7,250円
通話かけ放題 ・3分 or 10分のかけ放題
・合計60分 or 90分まで通話定額
(いずれもオプション)
データ容量シェア なし
お試しサービス あり
最低利用期間 12か月
その他 ・一括管理が可能
・管理者(料金)が必要

参考元:BIGLOBEモバイル法人格安SIM

BIGLOBEモバイルは、責任者による一元管理をできることが特徴。また、かけ放題や通話定額のオプションも豊富です。

BIGLOBEモバイルの法人向け格安SIMは、以下のような企業におすすめです。

<おすすめの企業・法人>

  • 一括管理をしたい
  • かけ放題にしたい
  • お試しサービスを使いたい

また、次のような会社には、BIGLOBEモバイルの法人契約をおすすめしません。

<おすすめしない企業・法人>

  • 社内でデータ容量シェアをしたい
  • 小規模なので管理者費用の負担が大きい

【法人向けプランのオススメの格安SIM2】mineo(マイネオ)

mineo

以下、mineo(マイネオ)の概要を紹介します。

<mineoの概要>
(法人向け格安SIM・音声通話付き)
利用回線 au・docomo・SoftBank
月額料金(500MB) 1,310円~1,750円
月額料金(3GB) 1,510円~1,950円
月額料金(6GB) 2,190円~2,630円
月額料金(10GB) 3,130円~3,570円
月額料金(20GB) 4,590円~5,030円
月額料金(30GB) 6,510円~6,950円
通話かけ放題 なし
データ容量シェア あり
お試しサービス なし
最低利用期間 なし(12か月以内は別途料金)

参考元:mineo

mineo(マイネオ)は、3回線から選べるのが特徴。月額料金も回線ごとにより異なり、auが最も安く、SoftBankが1番高い料金となります。

mineoの法人向け格安SIMは、以下のような企業におすすめです。

<おすすめの企業・法人>

  • 利用回線を選びたい
  • 社内でデータ容量シェアをしたい

また、次のような会社には、mineoの法人契約をおすすめしません。

<おすすめしない企業・法人>

  • かけ放題にしたい
  • お試しサービスを使いたい

【法人向けプランのオススメの格安SIM3】NifMo(ニフモ)

NifMo

NifMo(ニフモ)の概要は、次のとおりです。

<NifMoの概要>
(法人向け格安SIM・音声通話付き)
利用回線 docomo
月額料金
(スタートプラン※常時200kbps)
1,180円
月額料金(1.1GB) 1,340円
月額料金(3GB) 1,600円
月額料金(7GB) 2,300円
月額料金(13GB) 3,500円
月額料金(上り特化1.1GB) 1,200円
月額料金(上り特化10GB) 1,880円
月額料金(夜間特化3GB) 1,220円
月額料金(法人シェア5GB) 2,500円
月額料金(法人シェア10GB) 3,900円
月額料金(法人追加SIM) 1,100円
通話かけ放題 なし
データ容量シェア あり(法人シェアプランのみ)
お試しサービス あり
最低利用期間 6か月

参考元:NifMo

NifMo(ニフモ)は法人向けの料金プランが豊富な点が特徴。上り特化プランは、上り最大速度が50Mbpsの高速で、下りは常時200kbps以下という低速。

また、夜間特化プランは、22時~6時までの間は上り下りともに高速で、日中は常時200kbps以下の低速になるプラン。

データ容量シェアができるのは、法人シェアプランのみとなります。

NifMoの法人向け格安SIMは、以下のような企業におすすめです。

<おすすめの企業・法人>

  • 社内でデータ容量をシェアしたい
  • 会社の稼働時間に合わせてお得なプランを選びたい
  • お試しサービスを使いたい

また、次のような会社には、NifMoの法人契約をおすすめしません。

<おすすめしない企業・法人>

  • かけ放題にしたい
  • 利用回線を選びたい

【法人向けプランのオススメの格安SIM4】楽天モバイル

以下は、楽天モバイルの概要です。

<楽天モバイルの概要>
(法人向け格安SIM・音声通話付き)
利用回線 docomo
月額料金
(ベーシック※常時200kbps)
1,250円
月額料金(3.1GB) 1,600円
月額料金(5GB) 2,150円
月額料金(10GB) 2,960円
月額料金(20GB) 4,750円
月額料金(30GB) 6,150円
通話かけ放題 5分
データ容量シェア あり(月額100円/1回線あたり)
お試しサービス なし
最低利用期間 12か月

参考元:楽天モバイル

楽天モバイルは、社内でデータ容量をシェアできますが、1端末あたり月額100円かかります。また「通信速度が常に遅い代わりに、料金の安いベーシックプラン」も特徴。

楽天モバイルの法人向け格安SIMは、以下のような企業におすすめです。

<おすすめの企業・法人>

  • かけ放題にしたい
  • 社内でデータ容量シェアをしたい

また、次のような会社には、楽天モバイルの法人契約をおすすめしません。

<おすすめしない企業・法人>

  • お試しサービスを使いたい
  • 利用回線を選びたい