格安SIM

【2020年】おすすめのSIMフリースマホを徹底比較!

SIMフリースマホ アイキャッチ

格安SIMの広がりと共に注目度が上がっている「SIMフリースマホ」。

SIMフリースマホを格安SIMで使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • SIMフリースマホの基礎知識
  • SIMフリースマホの失敗しない選び方
  • 目的別おすすめSIMフリースマホ

などを徹底的に解説していきます。

中古SIMフリースマホを購入する際に頭に入れておきたいポイントについても解説しますので、SIMフリースマホ利用予定の方も必見です。

 

SIMカード&SIMフリースマホとは?


SIMカードやSIMフリースマホとは、一体どのようなものなのでしょうか?

ここでは、SIMフリースマホを購入するときに避けては通れない

  • SIMカード
  • SIMロック
  • SIMフリースマホ

という3つの言葉について解説します。

SIMカード=持ち主の情報が登録されたICカード

SIMカードとは、スマホの持ち主の情報が登録されたICカードのこと。

この小さなICカードにはスマホを所持している人の識別番号や電話番号などの情報が書かれています。

SIMカードが装着されていないスマホでも、WiFi環境下ではインターネットを使うことができますが電話回線を使った通話はできません。

SIMカードは「スマホを電話回線による通話ができる端末にするためのICカード」と覚えておきましょう。

SIMロック=他社のSIMカードを装着できない制限のこと

SIMロックとは、携帯大手3キャリア以外のSIMカードを装着できないという制限のことです。

例えばauと回線契約をした場合は、auのSIMカードしか使用することのできないSIMロックがかかっています。

SIMロックの解説図
キャリア回線の契約を解除し、新たに格安SIMと契約をする場合は、このSIMロックを解除し「SIMフリー」の状態にする必要があるのです。

SIMロックの解除には各キャリアごとに制限がありますので、下記の図で確認しておきましょう。

キャリア 日数に関する条件 端末に関する条件
au 購入から100日が経過している 端末代金を既に支払っている
docomo 購入から100日が経過している 端末代金を既に支払っている
ソフトバンク 購入から101日が経過している 端末代金を既に支払っている

細かい内容を知りたい方は下記のリンクを参考にしてください。

au スマートフォン 携帯電話に関するお問い合わせ

docomo お問い合わせ

ソフトバンク カスタマーサポート

また、キャリアから格安SIMに乗り換える方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしましょう。

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント
格安SIMに機種変更する方法は?乗り換えの手順を徹底解説格安SIMの機種変更について説明しています。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)からの機種変更手順や、見るべきポイント、注意点など。はじめて使う人に推奨の、格安SIMデビューにおすすめの通信事業者(MVNO)もご紹介!契約期間の縛りなしや解約違約金なし、お試しプランありなど、はじめて使う人にピッタリの格安SIMです。...

SIMフリースマホ=SIMロックがかかっていないスマホ

SIMロックがかかっていないスマホを「SIMフリースマホ」と言います。

SIMフリースマホは、自由にSIMカードを挿れることができますので、格安SIMとも契約が可能です。

SIMフリースマホは、キャリアよりも安い利用料で運用できるため、別名「格安スマホ」とも呼ばれることも。

格安SIMと契約する場合はSIMフリー状態のスマホを用意する必要があります。

 

2020年!SIMフリースマホを選ぶ時のポイント


SIMフリースマホは機種によって優れているポイントが異なります。

注目したいポイントは下記の3つ。

  1. 機能で選ぶ!おサイフケータイに対応?
  2. 海外でも使いやすい?
  3. カメラの性能もチェック!

例えば海外にほとんど行かない方が海外で手厚いサポートが受けられるSIMフリースマホを持っていても、メリットを享受することができませんよね。

ここでは、自分に合ったSIMフリースマホを選ぶためのポイントについてご紹介します。

1.機能で選ぶ!おサイフケータイに対応?

普段の支払いをスマホで済ませたい、ポイントを貯めてお得に運用したいという方は、SIMフリースマホの機能に注目しましょう。

例えばSuica、Edy、nanacoなどのおサイフケータイをよく利用する方は、おサイフケータイに対応している機種を選ぶのがおすすめ。

SIMフリースマホでおサイフケータイを利用するには、Felicaという決済機能が搭載されている機種を選びましょう。

格安SIMとおサイフケータイの関係について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

SIMカード おサイフケータイアイキャッチ
格安SIMでおサイフケータイを使うには?おすすめ機種と注意点もリーズナブルな料金とシンプルな機能で近年人気を集めている格安SIM。しかし、格安SIMでもおサイフケータイを使うことはできるのでしょうか?そこで今回は、そもそも格安SIMとは?という基礎知識からおサイフケータイが使えるおすすめ格安SIM端末までを初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。格安SIMの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 ...

2.海外でも使いやすい?

海外に頻繁に行くという方は、海外でも使いやすいSIMフリースマホを選びましょう。

例えばiPhoneは日本以外のさまざまな国で発売されているため、海外でもサポートセンターが多くいざという時に安心です。

また、eSIMという組み込み式のSIMカードに対応している機種を選べば、国内と海外という2つの通信プランを簡単に切り替えることができるようになります。

eSIM対応であれば、国内用として格安SIMを、海外用として現地のプリペードSIMを契約するなど臨機応変な使い方が可能です。

3.カメラの性能もチェック!

SNSに綺麗な写真をアップしたい、思い出の写真や動画をより綺麗な画質で残したいという方は、カメラの性能もしっかりチェックしましょう。

カメラの性能は各社それぞれ力を入れていますが、特に液晶テレビ技術が強みのSharpが製造するAQUOS シリーズは、ハイクオリティな写真が撮れる機種として定評を得ています。

他にもSIMフリースマホには、レンズが3つついた「トリプルレンズ」が搭載されているもの、AI機能が搭載されているものなど、さまざま。

トリプルレンズは小さな被写体が綺麗に撮れますし、AIが搭載されている機種は夜景でもAIが自動で明るさを調節してくれるので綺麗な写真を撮ることができます。

目的に合わせて性能を比べてみると良いでしょう。

 

【機能で選ぶ】おサイフケータイ対応SIMフリースマホ3選

格安SIMでもテザリングは可能!注意点は?

スマホでキャッシュレス決済ができる便利な機能である「おサイフケータイ」。

ここでは、おサイフケータイに対応しているおすすめSIMフリースマホ

  • AQUOS sense3 plus
  • Google Pixel 4
  • Xperia Ace

についてご紹介します。

AQUOS sense3 plus


「AQUOS sense3 plus」 はシャープによるスマートフォン端末で、2019年秋に発売されました。

2018年に発売された「AQUOS sense plus」の後継モデルとなっており、モニターも5.5インチから6.0インチに拡大されています。

「AQUOS sense3 plus」 は、シャープならではの液晶テレビAQUOSで培った高画質技術が搭載された端末で、クリアな画面が特徴。

おサイフケータイに対応しているだけでなく、おサイフケータイの機能の制限を行うことも可能です。

販売店でも入荷待ちが出るなど人気の機種となっています。

Google Pixel 4

Google「Pixel 4」
Google「Pixel 4」は、Googleにより開発されたスマートフォン。

ワイヤレス充電に対応しており、使い勝手の良い人気機種です。

Pixel 4は「ソフトバンク版」と「SIMフリー版」があり、どちらもおサイフケータイに対応しています。

また、Pixel 4はカメラ機能にも優れており、夜景なども綺麗に撮ることが可能

カメラ機能を重視したい方にもおすすめです。

Xperia Ace

Xperia Ace
Xperia Aceは、ソニーモバイルコミュニケーションズが製造したスマホ。

楽天モバイルでSIMフリー版を購入することができます。

Xperia Aceは洗練された背面デザインで、見た目も上品な人気機種です。

さらにCorning® Gorilla® Glass 5と強度の高いグラスファイバー強化プラスチックを採用していますので、強度に強いのも特徴。

片手で持てるコンパクトな本体ですので、おサイフケータイに対応しているSIMフリースマホを探している方に最適です。

 

【海外での使い勝手で選ぶ】おすすめSIMフリースマホ3選


海外での使い勝手で選ぶなら、以下の3つのSIMフリースマホがおすすめです。

  • iPhoneXR
  • HUAWEI P30 lite
  • ZenFone Max M2

ここでは、海外でより便利に使うためのSIMフリースマホのポイントをご紹介します。

iPhoneXR

iPhoneXR
iPhoneXRは、2018年秋に発売されたiPhoneシリーズ。

数多くのiPhone機種の中でもバッテリーの持ちが良いので、充電する場所が少ない場合でも安心して使うことができるでしょう。

iPhoneシリーズは基本的に全世界で同じ型の機種が販売されており、海外でもコールセンターやWEB窓口など充実したサポート体制が整っています。

またiPhoneXRは、eSIMという、本体埋め込み型のSIMカードに対応しています。

ハカセ
ハカセ
「eSIM」とはSIMカードに書き込みを行うことで現地の通信事業者の切り替えを簡単に行うことができるSIMカードのことです。

そのため現地で通信契約をすることなく、その場で渡航先の通信に切り替えることができます。

iPhoneXRは機能面でもサポート面でも海外で使うのに最適だと言えるでしょう。

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite
HUAWEI P30 liteは、2019年夏に発売されたHUAWEIのスマホ。

特にカメラの性能が優れており、広角・超広角・深度測定用のトリプルレンズカメラが備え付けられています。

また、HUAWEI P30 liteは2枚のSIMカードを挿すことのできるDSDV対応

国内用と海外用の2枚のSIMカードを同時に挿入し自由に切り替えることができますので、非常に便利だと言えるでしょう。

無駄のないスタイリッシュな造形というデザイン性の高さもHUAWEI P30 liteの魅力です。

ZenFone Max M2

ZenFone Max M2
ZenFone Max M2は台湾のメーカーASUSが2019年3月に販売したスマホです。

HUAWEI P30 liteと同じようにDSDV対応に対応しているため、国内外の2つのSIMカードを挿入することもできます。

ZenFone Max M2は国内キャリアからは販売されていないので、ASUSの公式オンラインショップやAmazonなどのネットショップでSIMフリー版を購入しましょう。

公式オンラインショップではZenFone Max M2の価格は27,500円と3万円を切っています。

ZenFone Max M2は低価格で高性能なおすすめSIMフリースマホです。

 

【カメラ性能で選ぶ】おすすめSIMフリースマホ3選


カメラの性能で選ぶなら、以下の3つのSIMフリースマホがおすすめ。

  • Xiaomi Mi Note 10 Pro
  • AQUOS zero SH-M10-B
  • OPPO Find X

ここでは、カメラ性能が高いSIMフリースマホを3つご紹介します。

Xiaomi Mi Note 10 Pro


Xiaomi Mi Note 10 Proは2019年12月に日本への参入を決めた中国のスマホメーカーXiaomiによるスマホです。

Xiaomi Mi Note 10 ProのSIMフリー版はAmazonで購入することができます。

Xiaomiはここ数年にわたりカメラ機能に力を入れており、Xiaomi Mi Note 10 Proも世界初の1億800万画素ペンタプリズム式カメラが内蔵。

Xiaomi Mi Note 10 Proのカメラは日本の技術者と共同開発されており、Xiaomiのスマホの中でも特にカメラ性能にこだわった機種となっています。

AQUOS zero SH-M10-B


AQUOS zero SH-M10-Bは液晶テレビなどで独自技術を持つSharpが2019年4月に発売したモデルです。

約2,260万画素の高画素センサーと画質エンジン「ProPix」により鮮明な撮影を実現しています。

また、フルHDの4倍に相当する高解像度な4K動画撮影ができますので、写真だけでなく動画の画質にこだわりたい方にもおすすめ。

そのため、ノイズがのりやすい夜景シーンでも「ノイズリダクション」という機能によりきれいな写真の撮影が可能です。

OPPO Find X

OPPO Find X
OPPO Find Xは中国の電気機器メーカーOPPOによるアジアを中心に人気のモデルです。

OPPO Find Xの特徴はカメラがスライドして出てくるという珍しい機能を搭載したスマホ。

ディスプレーの画面占有率は93.8%となっており、写真や動画をワイドな画面で表示することができます。

手にも馴染みやすいデザインのため片手でも安定して持ち運びが可能です。

 

中古のSIMフリースマホを購入する時の注意点


SIMフリースマホは、新規でも中古でも購入することができます。

しかし、中古のSIMフリースマホを購入するときは注意が必要です。

うっかり購入してしまうと、希望の格安SIMと契約ができない可能性も。

ここでは中古のSIMフリースマホを購入する時の3つの注意点

  1. 契約予定の格安SIMに回線が対応している?
  2. 赤ロムは購入しない!
  3. アクティベーションロックがかかっていない?

について解説します。

1.契約予定の格安SIMに回線が対応している?

中古のSIMフリースマホを購入するときは、契約予定の格安SIMに回線が対応しているか確認しましょう。

SIMフリースマホの対応回線と格安SIMの回線が対応していないと、契約ができないからです。

例えばauで購入されたスマホが中古に出されている場合、同じau回線を取り扱っている格安SIMと契約をしなければいけません。

中古のSIMフリースマホにau回線のSIMロックがかかっており、docomo回線の格安SIMと契約したい場合は、別途SIMロックの解除が必要です。

ハカセ
ハカセ
ちなみにauとソフトバンクはSIMロックの解除に来店しなければいけません。(2020年1月現在)

SIMフリースマホを買うときは、

  • スマホと格安SIMの回線が対応しているか?
  • 対応していないときはSIMロックが解除されているか?

きちんと確認するようにしましょう。

2.赤ロムは購入しない!

中古のSIMフリースマホを購入する際は、赤ロムは購入しないようにしましょう。

ハカセ
ハカセ
赤ロムとは、何らかの理由によりネットワーク制限がかけられたキャリア端末のこと。

赤ロムの中古SIMフリースマホを購入してしまうと、購入時から使用ネットワークに制限がかけられていて、一部格安SIMと契約ができないためです。

例えば、とある契約者が料金の未払いのためdocomoの利用制限をかけられたとします。

契約者がその端末を中古品として出し、新しい購入者がそれを購入してしまうとdocomoと再び契約できないだけでなく、docomo回線の格安SIMとも契約できません。

購入の際はネットワーク制限がかかっておらずSIMカードが空になっている「白ロム」を購入しましょう。

3.アクティベーションロックがかかっていない?

中古のSIMフリーiPhoneを購入するときはアクティベーションロックがかかっていないか確認するようにしましょう。

アクティベーションロックとは、iPhoneシリーズに搭載されている盗難防止機能です。

アクティベーションロックがかかっていると契約者のAppleIDが携帯本体に紐づけられるため、新しい持ち主のデータを上書きすることができません。

このアクティベーションロックを解除できるのは、AppleIDの登録者だけ。

中古で購入したiPhoneの前の持ち主を探すのは至難の技ですよね。

中古のSIMフリーiPhoneを購入するときはアクティベーションロックに気をつけましょう。

 

自分に合ったSIMフリースマホを選ぼう


最後に本記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

  • SIMフリースマホ=SIMロックがかかっていないスマホ
  • SIMフリースマホを選ぶときは「おサイフケータイ」「海外での使用感」「カメラの性能」をチェック!
  • 中古のSIMフリースマホを購入するときは「回線」「赤ロム」「アクティベーションロック」に注意

格安SIMの広がりとともに、注目が集まってきているSIMフリースマホ。

格安のものや高性能なカメラが搭載されたものなど、国内外のメーカーからさまざまなモデルが発売されています。

ぜひ本記事を参考に使いやすいSIMフリースマホを選んでみてください。

今回はSIMフリースマホの基礎知識やおすすめ機種について解説しました。