ポケットWiFiの豆知識

中古のポケットWiFiは実質損?後悔しない選び方と注意点を解説

中古のポケットWiFiの購入をお考えでしょうか?いざ買うとなると、本当に中古で問題ないのか、どれを選べば良いのか、迷いますよね。

そこで本記事では、中古のポケットWiFiについて、以下の点をご紹介します。

  • 中古のポケットWiFiを買う時の注意点は?
  • 購入しても使えない中古端末もある
  • 中古のポケットWiFiの選び方は
  • 中古のポケットWiFiはどうやって使うの?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

Contents

中古のポケットWiFiを使う2つのメリット

中古のポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)を使うメリットは、次の2つです。

  1. 格安SIMで使える端末もある
  2. 端末が新品よりも安価

それぞれのメリットについて、以下で説明していきますね。

【中古のポケットWiFiのメリット1】格安SIMで使える端末あり

中古のポケットWiFiを使うメリットの1つは、格安SIMで使える端末もある点です。格安SIMを使うことの利点は、月額料金が安いこと。

ただし、格安SIMには「通信速度が遅い・通信容量が少ない」などのデメリットもあるので、一長一短ですね。

また、中古ポケットWiFiの格安SIM利用に関しては、注意点もあります。本記事内の「中古のポケットWiFi購入時の注意点」と「選び方」で解説していますので、ご覧くださいね。

【中古のポケットWiFiのメリット2】端末が新品よりも安価

中古のポケットWiFiを購入するメリットは、端末が新品よりも安く入手できることです。

中古品と言っても、それほど古いわけではなく、最近の機種が販売されていることもあります。新機種に近いものを少しでも安く購入できるのは、良いことですね。

中古のポケットWiFi購入時の2つの注意点

中古のポケットWiFiを購入する際には、次の2つの注意点があります。

  1. 赤ロムのポケットWiFiは使えない
  2. 中古端末でWiMAX2+の回線は利用できない

以下、それぞれ説明していきますね。

【中古のポケットWiFi購入時の注意点1】赤ロムの端末は使えない

中古のポケットWiFi購入時の重要ポイントは、「赤ロム」の端末を購入しないこと。

赤ロム・白ロムとは、ポケットWiFi端末の「SIMカードの状態・ 前所有者の利用状況」による区別です。

白ロム SIMカードの入っていない端末・利用可能な端末
赤ロム 前所有者の不備により利用できない端末

中古で買った白ロムのポケットWiFi端末は、SIMカードを挿入すると、使用できます。

一方、赤ロムの端末には、SIMカードを入れても使えません。前利用者の不備により、端末そのものに制限がかけられているためです。

たとえば、赤ロムは以下のような状態となっています。

  • 端末料金未払いの状態で売却された機器
  • 窃盗・不正入手により転売された端末

中古端末の購入時は、上記のような赤ロムを購入しないよう、注意しましょう。具体的には、以下の2つの方法で、赤ロムを避けることができます。

  1. 赤ロム保証のある大手販売店から購入する
  2. 個人から購入しない

大手の中古販売店では、赤ロム保証が付いている場合も多くあります。万が一、購入した端末が赤ロムだった際に、全額返金や同等品へ交換してもらえる保証です。

保証期間は、店鋪により「一定期間」や「永久保証」などの違いがあるので、事前にご確認くださいね。

【中古のポケットWiFi購入時の注意点2】中古端末でWiMAX2+の回線は利用不可

中古端末でWiMAX2+が販売されていることもあります。しかし、中古でWiMAXの端末を購入しても、WiMAX2+の回線を利用できない点には注意が必要です。

回線を使えない理由は、WiMAXでは、端末持ち込みの契約ができないため。新品の端末購入と同時契約しか受け付けていないのです。

そのため、WiMAX2+の中古端末を買っても、活用できない可能性もあります。

使うためには、格安SIMを入れるしかないのですが、WiMAX2+にはSIMロックがかかっていますよね。格安SIMによる利用は、公式では認められていないのです。

なので、格安SIMを挿入して使う場合は、完全に自己責任になってしまいます。WiMAX2+の中古端末を購入しても、利用できる保証はありませんので、ご注意くださいね。

中古のポケットWiFiの選び方・3つのチェックポイントを解説

中古のポケットWiFiを選ぶ際には、次の3つのポイントがあります。

  1. 格安SIMの使用可否を要確認
  2. 古い端末は性能・速度が不充分
  3. バッテリー消耗の可能性

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【中古のポケットWiFiの選び方・チェックポイント1】
格安SIMの使用可否

中古のポケットWiFiを選ぶ際は、格安SIMが使えるかどうかを、チェックしましょう。具体的には、以下のような点を確認すると良いですね。

  • SIMフリーの端末かどうか
  • 使いたいSIMカードのサイズが適合するか
  • 使いたいSIMの電波で利用可能な機種か

SIMフリーの端末であれば、格安SIMでも動作確認されている場合が多いです。

また、下記のような機種は、購入を避けたほうが無難でしょう。

  • SIMロックが解除されていない
  • 格安SIMでの動作確認がされていない

端末の性能だけで選ぶと、いざ使おうとした時に、格安SIMを利用できないという可能性もあります。事前にしっかりと確認しましょう。

【中古のポケットWiFiの選び方・チェックポイント2】
古い端末は性能・速度が不充分

ポケットWiFiは、年々新機種が発売され、性能もどんどん良くなっています。新しい機種を使った経験があると、古い端末に満足できないこともあるでしょう。

最新機種と比べてしまうと、性能や通信速度などは、どうしても劣ります。あまり古い機種を選ばないことがポイントですね。

【中古のポケットWiFiの選び方・チェックポイント3】バッテリーの消耗

ポケットWiFiのバッテリー(電池パック)には、寿命があります。中古の端末の場合、購入した時点で、すでにバッテリーが消耗している可能性もあるのです。

購入後にバッテリーを交換するとなると、出費がかさみますよね。一般的に、電池は2年程度で消耗するので、それよりも新しい機種を選ぶと良いでしょう。

中古のポケットWiFiの使い方!6つの手順を解説

中古のポケットWiFiの使い方は、下記の6ステップのとおりです。

中古のポケットWiFiの使い方
  1. SIMカードの用意(購入)
  2. SIMカードの挿入
  3. ポケットWiFiの起動
  4. ポケットWiFiと機器(スマホ・PC)の接続
  5. 管理画面へアクセス
  6. APN設定

それぞれの手順について、以下で解説していきますね。

【中古のポケットWiFiの使い方・手順1】
SIMカードの用意(購入)

中古で購入したポケットWiFiは、SIMカードを入れなければ使えません。そのため、まずSIMを購入(契約)します。

購入したポケットWiFi端末で使えるSIMを選ぶように気をつけましょう。これについては、本記事内の「中古のポケットWiFi購入時の選び方」で解説していますので、合わせてご覧ください。

【中古のポケットWiFiの使い方・手順2】
SIMカードの挿入

中古のポケットWiFi端末に、SIMカードを挿入します。

【中古のポケットWiFiの使い方・手順3】
ポケットWiFiの起動

SIMカードを挿入後、ポケットWiFiの電源をオンにしてください。電源が入らない場合は、端末の充電が切れていないか、確認してみましょう。

【中古のポケットWiFiの使い方・手順4】
ポケットWiFiと機器(スマホ・PC)の接続

ポケットWiFiと機器(スマホ・PC等)を無線で接続します。接続するポケットWiFiのSSIDを選択し、パスワードを入力。

【中古のポケットWiFiの使い方・手順5】
管理画面へアクセス

スマホまたはPCのブラウザから、管理画面へアクセスしてください。管理画面のURLは、以下のいずれかで確認できます。

  • ポケットWiFi端末の公式サイト
  • ポケットWiFi端末の説明書
  • ポケットWiFiの裏面
  • ポケットWiFiのメニュー画面

【中古のポケットWiFiの使い方・手順6】APN設定

管理画面から、APN設定項目を入力。APN設定項目は、SIMの公式サイトや説明書に記載されています。

以上で、中古のポケットWiFiの設定は完了です。

ポケットWiFiの端末料金を節約するならレンタルがおすすめ

本記事内で「中古のポケットWiFiのメリットは、新品より安いこと」と前述しました。

しかし、端末料金を節約するなら、もっとおすすめの方法があります。それは、「ポケットWiFiの端末がレンタル」のプロバイダを選ぶこと。

下記は「端末レンタルのプロバイダ」と「中古ポケットWiFi購入」の比較表です。

<端末レンタルと中古購入の比較表>
端末レンタル 中古端末購入
端末料金 0円 新品より少し安価
機種年式 最新機種 旧式

レンタルの場合、端末を購入する必要がないので、端末代は0円。しかも、中古のポケットWiFiとは違い、最新機種を使うことも可能のため、お得です。

そこで、ポケットWiFiの端末レンタルのおすすめプロバイダを紹介します。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ1】FUJI Wifi

<FUJI Wifiの特徴の一覧表>
プラン名 ルーター 50ギガプラン 快適!クラウドプラン
月間通信容量 50GB 無制限
3日間通信容量 無制限 無制限
月額料金 2,980円 3,980 円
端末料金 0円 0円
解約金 0円 0円
契約期間(縛り) 縛りなし 縛りなし
同時接続台数 10~15台 10~15台

(※2019年11月時点)

FUJI Wifiのメリットは、契約期間の縛りが一切なく、解約金も0円という点です。使ってみて、自分のライフスタイルに合わなかったら、いつでも解約することが可能。

また、3日間10GBの制限が全くなく、月間容量無制限のプランもある点が魅力です。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ2】どんなときもWiFi

<どんなときもWiFiの特徴の一覧表>
プラン名 データ放題プラン(クレジットカード払い)
月間通信容量 無制限
3日間通信容量 無制限
月額料金 3,480円
端末料金 0円
解約金 9,500~19,000円
契約期間(縛り) 2年
同時接続台数 5台

(※2019年10月時点)

参考元:料金プラン|どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのメリットは、3日間10GBの制限が全くなく、月間容量も無制限というところ。

しかし、契約期間が2年で縛られ、解約金もあるため、気軽に試せないのが難点です。また、同時接続台数が5台というのは、少し寂しいですね。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ3】SPACE Wi-Fi

<SPACE Wi-Fiの特徴の一覧表>
プラン名
月間通信容量 無制限
3日間通信容量 3日間で10GB(超過すると翌日2時まで最大1Mbps)
月額 3,680円
端末料金 0円
解約金 0円
契約期間(縛り) 縛りなし
同時接続台数 10台

(※2019年10月時点)

参考元:SPACE Wi-Fiとは|SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fiのメリットは、契約期間の縛りが一切なく、解約金も0円という点です。ただ、3日間10GBを超えると速度制限がかかるのは、少し気になりますね。

【ポケットWiFi端末レンタルのおすすめプロバイダ4】SAKURA WiFi

<SAKURA WiFiの特徴の一覧表>
プラン名
月間通信容量 無制限
3日間通信容量 無制限
月額 3,680円
端末料金 0円
解約金 0円
契約期間(縛り) 2年
同時接続台数 10~15台

(※2019年10月時点)

参考元:SAKURA WiFi

SPACE Wi-Fiのメリットは、3日間10GBの制限が全くなく、月間容量も無制限というところ。解約金も0円というのが良いですね。