ポケットWiFiの豆知識

ポケットWi-Fiを紛失したら!?対処法と損害を少なくする裏技!

【よくばりWiFi】契約前に絶対知るべき6つのデメリット

「ポケットWi-Fiを紛失してしまった!」
現在このような状態にある方は、様々な思いが頭を駆け巡っていることでしょう。

「誰かに悪用されてしまったら?」
「解約したら契約解除料がかかってしまう」

このように考えてしまうのも無理はありませんが、すぐに適切な対処をすれば、誰かに悪用される可能性を低くできます。
さらにある裏技を使うことで、損害額を少なくしたり、ゼロにすることも可能です。

今回はポケットWi-Fiを紛失してしまったときの対処法と、損害額を少なくする裏技を紹介します。
これを実践すれば、ポケットWi-Fiの紛失による被害を最小限に抑えられるので、ぜひ参考にしてください。

ポケットWi-Fiを紛失してしまったら?すぐにやるべき2つのこと

ポケットWiFiのイメージ画像「ポケットWi-Fiを紛失してしまって、どこを探しても見つからない」
この場合は、すぐに以下2つの対処をしましょう。

  • 契約先に連絡して回線を停止してもらう
  • 警察に遺失届を出す

ここでは、これら2つの対処法について説明していきます。

1.契約先に連絡して回線を停止してもらう

ポケットWi-Fiを紛失したら、まずは回線を停止しましょう。

ハカセ
ハカセ
回線を停止しないと、あなたのポケットWi-Fiを拾った誰かが、そのまま自分の物にして使ってしまうかもしれません

この場合も、ポケットWi-Fiの月額料金を支払うのはあなたです。
拾った人はお金を払わずにポケットWi-Fiが使えてしまうので、悪い人に拾われてしまえば、返ってくる確率は低いと言えるでしょう。

回線を停止すれば、拾った人もポケットWi-Fiを使用できないので、そのまま持っているメリットはあまりありません
これなら、交番に届けてもらえる可能性も高くなるでしょう。

回線の停止は、契約先に連絡することでしてもらえます。
ここでは、主なポケットWi-Fiの各サービスにおける、回線停止の手続き方法について説明していきましょう。

ソフトバンクのポケットWi-Fiの場合

ソフトバンクでは、ポケットWi-Fiの紛失による回線の停止手続きを、24時間年中無休で受け付けています。
回線の停止手続きの電話番号は、以下のとおりです。

ソフトバンク 紛失・故障受付
一般電話から 0800-919-0113
ソフトバンクの携帯・スマホから 113

どちらも、通話料は無料です。

オペレーターと話したい場合は、カスタマーサポートに連絡しましょう。
カスタマーサポートの電話番号は、以下のとおりです。

ソフトバンク カスタマーサポート
一般電話から 0800-919-0157
ソフトバンクの携帯・スマホから 157

こちらも、通話料はかかりません。
オペレーターと話す場合、受付時間は9時から20時、こちらも年中無休となっています。

電話がつながったら音声ガイダンスに従って、「1」→「1」とダイヤルをプッシュしましょう。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの場合

ワイモバイルでも、カスタマーセンターに電話することで、回線を停止してもらえます。
カスタマーセンターの電話番号は、以下のとおりです。

ワイモバイル カスタマーセンター
一般電話から 0120-921-156
ワイモバイルの携帯・スマホから 116

ワイモバイルでも、カスタマーセンターへの通話料は無料です。
カスタマーセンターの受付時間は24時間、年中無休となっています。

auのポケットWi-Fi(WiMAX)の場合

WiMAXを紛失した場合、利用停止の連絡は契約したプロバイダにすることになります。
主なプロバイダと、それぞれの電話番号は以下のとおりです。

プロバイダ 電話番号 受付時間
UQ WiMAX 0120-929-818 9時~21時/年中無休(紛失は24時間)
GMOとくとくBB 0570-045-109 10時~19時/平日
BIGLOBE WiMAX2+ 0120-86-0962 9時~18時/年中無休
Broad WiMAX 050-5212-7322 11時~18時/月~土(年末年始除く)

この他のプロバイダと契約している場合も、「プロバイダ名 電話番号」などで検索すれば、電話番号や受付時間が記載されたページが出てきます。

2.警察に遺失届を出す

ポケットWi-Fiの利用停止手続きが済んだら、今度は警察に遺失届を出しましょう。
届出先は、交番と警察署のどちらでもOKです。

県外に出かけた際に紛失して、別の県にあると思われる場合でも、届出は自宅の近くの交番で問題ありません。

ハカセ
ハカセ
遺失届を出す前に、まずはポケットWi-Fiの落とし物がないか警察官に聞いてみましょう

すでに届けられていれば、預かり先の交番や警察署などで受け取れます。
(届けられていた場合も、受け取りには遺失届の提出が必要です)

遺失届には、主に以下の事項を記載します。

  • 落とした日時
  • 落とした場所
  • 落とした物(ポケットWi-Fi)
  • 落とした物の特徴(ポケットWi-Fiの特徴)

落とした日時と場所はピンポイントでなく、例えば「◯◯市内」など、大体で大丈夫です。落とした物の欄には、ポケットWi-Fiの機種の名前やカラー、大きさなどを記載していきましょう。

遺失届が受理された後、誰かが拾って警察に届けてくれれば、警察から電話がかかってきます
その場合は指定された交番や警察署に行って、ポケットWi-Fiを受け取りましょう。

紛失したポケットWi-Fiが見つかったときにやるべきこと

回線の停止手続きと遺失届の提出が済んだ後、もしもポケットWi-Fiが見つかったら、以下2つの対処をしましょう。

  • 回線停止の解除
  • 警察に見つかった旨を連絡

ポケットWi-Fiが見つかったら、契約先に連絡して、「紛失したポケットWi-Fiが見つかったので回線を再開したい」と伝えましょう。
連絡先は、回線の停止のときと同じ電話番号です。

回線が再開されれば、またポケットWi-Fiを利用できるようになります。

警察に遺失届を出した場合は、届出をした警察署に連絡して、ポケットWi-Fiが見つかったことを報告しましょう。
遺失届を出すときと違って、交番や警察署に直接出向く必要はありません。

紛失したポケットWi-Fiが見つからなかった場合の3つの対処法

ポケットWi-Fiを紛失して回線を停止しても、月額料金は支払い続けなければなりません
そのため、ポケットWi-Fiを紛失してから1~2か月経っても見つからなければ、諦めて次の対処をしたほうがいいでしょう。

ここでは、紛失したポケットWi-Fiが見つからなかった場合の3つの対処法について説明していきます。

1.端末補償サービスに加入しているなら新しい端末を届けてもらう

ポケットWi-Fiのサービスのなかには、端末補償サービスを提供しているものもあります。

ハカセ
ハカセ
端末保証サービスは、契約者がポケットWi-Fiを紛失した場合、同一機種の「リフレッシュ品」を届けてもらえるサービスです

リフレッシュ品とは、故障した端末の故障箇所を修理して、外装を取り替えた物のこと。
新品ではありませんが、問題なく使用できます。

契約時に端末補償サービスに加入していた場合は、契約先に連絡してリフレッシュ品を届けてもらいましょう。

2.ポケットWi-Fiを機種変更する

ポケットWi-Fiは、次々と新しい機種がリリースされています。
紛失したのが古い機種なら、これを機に機種変更するのも1つの方法です。

ハカセ
ハカセ
機種代金はかかりますが、プランを変更しなければ、最新機種をこれまでと同じ月額料金で使用できます

ただし契約先によっては、紛失後の機種変更ができない場合も
そのため機種変更したい場合は、契約先に問い合わせて、機種変更が可能かどうか聞いてみましょう。

3.ポケットWi-Fiを解約する

端末補償サービスに加入しておらず、機種変更もできない場合は、ポケットWi-Fiを解約しましょう。

多くのポケットWi-Fiには契約期間の縛りがあり、契約満了月の翌月にある「更新月」以外の月に解約すると、契約解除料を支払わなければなりません。
(契約満了月と更新月が同じ月であるケースもあり)

契約解除料の額は、解約の時期や契約先によって異なります。
高額になってしまう場合もありますが、解約を渋っていても、無駄に月額料金を支払い続けることになるだけです。

そうなるくらいなら、早めに解約してしまった方が損害額は少なく済みます

ポケットWi-Fi紛失時に損害を少なくする2つの裏技

ポケットWi-Fiを紛失してしまっても、契約解除料を支払いたくなくて、解約をためらってしまう人も多いはず。

しかしポケットWi-Fiの紛失時は、ある2つの裏技を使うことで、損害額を契約解除料の額より少なくしたり、契約解除料を0円にすることも可能です。
ここでは、ポケットWi-Fi紛失時に損害を少なくする2つの裏技について説明していきます。

1.SIMの再発行+中古のポケットWi-Fi購入

ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fi紛失時の損害額を少なくする裏技は、SIMの再発行をしてもらうこと

SIMとは、ポケットWi-Fiの中に挿入されている小型のICカードです。

ポケットWi-Fiを紛失したら、契約先に連絡して、SIMを再発行してもらいましょう。
SIMの再発行なら、かかる費用は2,000~4,000円程度です。

SIMの再発行の手続きをしたら、紛失したポケットWi-Fiと同じ機種の中古品を、楽天市場などで購入しましょう。

新しいSIMと中古のポケットWi-Fiが届いたら、ポケットWi-Fiに新しいSIMを挿入するだけ
これで解約しなくても、元通りポケットWi-Fiを使用できるようになります。

ただし、これはあくまでポケットWi-Fiを購入するタイプのサービスに限定した対処法です。
ポケットWi-Fiをレンタルするタイプのサービスでは、この対処法は使えないので注意しましょう

2.Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用する

ポケットWi-Fiを紛失して解約する場合は、「Broad WiMAX(ブロード・ワイマックス)」への乗り換えがおすすめ。
なぜならBroad WiMAXでは、契約解除料負担の乗り換えキャンペーンを実施しているからです。

以下のサービスからBroad WiMAXに乗り換えた場合、それまでの契約先に支払う契約解除料を最大19,000円まで負担してもらえます

  • WiMAX
  • Y!mobileのPocket WiFi

これらのポケットWi-Fiを紛失して、契約解除料を支払いたくないという人は、ぜひ活用しましょう。

ポケットWi-Fiの紛失や損失を防ぐための2つの方法

紛失したポケットWi-Fiが見つかったり、新しく購入し直しても、また紛失してしまうかもしれません。
そのため、今後はポケットWi-Fiの紛失を防いだり、もし紛失しても損失を防ぐための対策をしましょう。

ここでは、ポケットWi-Fiの紛失や、紛失時の損失を防ぐための2つの方法について説明していきます。

保証サービスをつける

紛失したポケットWi-Fiを解約して、新しく契約し直す場合は、端末の保証サービスのあるところを選ぶといいでしょう。

ハカセ
ハカセ
WiMAXの場合、「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」には紛失にも対応した端末保証サービスがあります

WiMAXの他のプロバイダにも端末保証サービスはありますが、保証の対象に紛失が含まれていないところがほとんどなので注意しましょう。

WiMAX以外なら、「Fuji Wifi(フジ・ワイファイ)」がおすすめです。
Fuji Wifiは、ポケットWi-FiやSIMのレンタルサービス。

WiMAXやソフトバンク、SIMフリーのポケットWi-Fiをレンタルしています。
レンタルなので契約期間の縛りがなく、契約解除料もかかりません。

Fuji Wifiにも、「安心サポート Premium」という端末保証サービスがあります
安心サポート Premiumでは落下や水没だけでなく、紛失も保証対象です。

ポケットWi-Fiに紛失防止デバイスを付ける

ポケットWi-Fiの紛失を防ぐためには、紛失防止デバイスを付けるのが効果的。
紛失防止デバイスのなかでも、特におすすめなのが「MAMORIO」です。

MAMORIOを付けておけば、ポケットWi-Fiを置き忘れるなどして手元から離れたとき、スマホにアラートが届きます。
そのまま置き忘れてしまっても、スマホから専用アプリで現在位置を確認できるので、紛失する確率をグッと低くできるのです。

MAMORIOは安いものなら2,500円程度で購入できるので、紛失を防ぐためにも、ぜひポケットWi-Fiに付けておきましょう。

まとめ

ここまで、ポケットWi-Fi紛失時のあらゆる対応や対策について説明してきました。
最後に、あらためておさらいしておきましょう。

【ポケットWi-Fi紛失時にとるべき行動】

  • 契約先に回線を停止してもらう
  • 警察に遺失届を出す

【ポケットWi-Fi発見時にとるべき行動】

  • 契約先に回線の停止を解除してもらう
  • 警察に見つかった旨を連絡する

【ポケットWi-Fiが見つからなかったときの対処法】

  • 端末補償サービスに加入しているなら、リフレッシュ品を送ってもらう
  • 機種変更する(契約先によっては不可の場合あり)
  • 解約する

【ポケットWi-Fi紛失時に損害額を少なく、またはゼロにする裏技】

  • SIMを再発行し、同一機種の中古のポケットWi-Fiに挿入して使う
  • Broad WiMAXに乗り換える

【新しいポケットWi-Fiの紛失や、紛失時の損失を防ぐための方法】

  • 保証サービスに加入する
  • 紛失防止デバイスを付ける

ポケットWi-Fiを紛失してしまったという方は、ぜひ参考にしましょう。