ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiのアドバンスモードとは何?特徴やメリットデメリットを解説

ポケットWiFiのアドバンスモードは、あまり聞き慣れないものですよね。使ったらどうなるのか、お得なのか、とお悩みの方も少なくありません。

そこで本記事では、アドバンスモードについて、以下の点をご紹介しています。

  • アドバンスモードとは何?
  • アドバンスモードは無制限に使えるの?
  • アドバンスモードの料金はいくら?
  • アドバンスモードはどこでも使えるの?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

ポケットWiFiのアドバンスモードとは何?30秒で概要を説明!

アドバンスモードとは、ワイモバイルのポケットWiFiで使える、オプションの通信モードです。

月間通信データ容量の上限を外せることが特徴。7GBを超えても速度制限がかかりません。

対象の料金プラン契約時に、アドバンスモードに加入することで利用できます。以下、アドバンスモードの概要です。

サービス名 アドバンスモード
対応キャリア ワイモバイル(Y!mobile)
料金プラン Pocket WiFiプラン2(ベーシック)

Pocket WiFiプラン2

月間通信データ容量 上限なし
通信速度制限 一部あり(3日間で10GB利用)
対応端末 制限あり
対応エリア 制限あり
通信方式 AXGP/TDD-LTE
月額オプション料金 684円(2019年10月時点)

詳細については、本記事内で解説するので、ご覧ください。

参考元:アドバンスオプション|Y!mobile

ポケットWiFiのアドバンスモードの2つのメリット

ポケットwifiのアドバンスモードのメリットは、次の2つです。

  • 月間通信データ容量の上限なし
  • 初月無料

それぞれのメリットについて、以下で説明いたしますね。

【ポケットWiFiアドバンスモードのメリット1】
通信容量上限なし

アドバンスモードのメリットの1つ目は、月間通信データ容量の上限がない点です。

たとえば、ポケットWiFiプラン2の通常モードだと、月間データ容量の上限は7GBまで。7GBを超えると速度制限がかかります。

それと比べ、アドバンスモードは、月間7GBを超えても速度制限がかかりません。高速通信のままで何GBでも利用できます。

ハカセ
ハカセ
ちなみに、標準モードで7GBを超えた場合、制限後の通信速度は128Kbpsになります。これは、低画質の動画でも途中で止まってしまう程の遅さ。

普通のWebサイトを読み込むのにも時間がかかります。その状態が月末まで続くので、標準モードで速度制限にかかると大変です。

その点、アドバンスモードで動画を好きなだけ視聴できるのは、大きなメリットですね。

【ポケットWiFiアドバンスモードのメリット2】初月無料

アドバンスモードのメリットの2つ目は、アドバンスオプションの月額料が初月無料になる点。
アドバンスモードを追加する場合、通常は月額684円かかります。それを無料で使えるため、お得ですよ。

なお、料金の1000円割引や、3ヶ月無料キャンペーンはすでに終了しています。気になる方は、本記事内の「アドバンスモードの注意点」をご参照ください。

ポケットWiFiアドバンスモードのデメリット

ポケットwifiのアドバンスモードのデメリットは、「月額料金がかかる」という1点のみです。アドバンスオプション追加の月額料金は、684円。

上記の金額以外に、プランごとの基本料金が別途かかります。ただ、データ容量の上限なしを考えると、オプション料金はそれほど高くはありませんね。

ポケットWiFiのアドバンスモードの7つの注意点

ポケットWiFiのアドバンスモード利用には、次の注意点があります。

  1. 利用可能エリアが限定されている
  2. 3日間の通信量による速度制限がある
  3. 端末側でモード設定変更が必要になる
  4. 対象の料金プランが限定されている
  5. 利用可能な端末が限られている
  6. 月額料金・割引キャンペーンの変更がある
  7. 国際ローミングが利用できない

それぞれの注意点について、以下で説明していきますね。

【ポケットWiFiアドバンスモードの注意点1】
対象エリアの限定

アドバンスモードの注意点の1つ目は、利用可能な地域が限られていること。

下図は、対応エリアのマップです(2019年7月時点)。紫色の部分が、アドバンスモードの利用可能地域を表しています。

Y!mobile エリアマップ

引用元:Pocket WiFi 603HWの対応エリア|Y!mobile

4Gと違い、アドバンスモードの提供エリアは、都市部に集中しています。地方では、まだ使えない場所も多いです。

契約の際は、お住まいの地域で利用可能かどうかを必ず確認しましょう。また、自宅は対象内でも、通勤区間がエリア外という場合もあるので、注意が必要です。

【ポケットWiFiアドバンスモードの注意点2】
短期の速度制限

アドバンスモードの注意点の2つ目は、短期間の速度制限がある点。

月間の通信データ容量は上限なしですが、実は無制限ではありません。3日間で約10GB以上使うと、速度制限がかかります。

具体的な制限内容は以下のとおり。

制限対象 3日間の通信量が約10GB以上(通常モードとアドバンスモードの合計)
制限期間 当日午後6時~翌日午前1時
制限中の最大通信速度 約1Mbps

参考元:通信の制限について|Y!mobile

上記のとおり、制限がかかったとしても、深夜1時までの数時間。また、制限中でも最大速度は約1Mbpsもあります。

1Mbpsあると、下記のことは通常どおり行えますよ。

  • サイトの閲覧
  • SNSの利用
  • YouTubeの標準画質での視聴

なお、標準モードで月間7GBを超えた場合の、制限後の速度は128Kbpsです。

それと比べて、アドバンスモードで制限された場合の通信速度は1Mbps(=1000Kbps)。標準モードの制限速度の約10倍もあるんです。

1Mbpsだと動画も見れるので、短期間の通信速度制限は、大きな問題ではないですね。

【ポケットWiFiアドバンスモードの注意点3】
端末の設定変更

アドバンスモードは、端末側で設定が必要なことも、注意点の1つ。

ただ契約しただけでは、標準モードのままになっています。ポケットWiFi本体で、標準モードからアドバンスモードへの切替が必要です。

設定方法は、以下のとおり。操作はとても簡単ですよ。

ここにボックスタイトルを入力
  1. ポケットWiFiのホーム画面から「設定」を押す
  2. 「ネットワーク設定」を押す
  3. 「標準モード」を選ぶ
  4. 「アドバンスモード」を選ぶ
  5. 「はい」を押す
  6. アドバンスモードに印が付いたら設定完了

※上記は「Pocket WiFi 603HW」の設定方法です。

【ポケットwifiアドバンスモードの注意点4】
対象料金プランの限定

アドバンスモード対象の料金プランが限定されている点にも、注意しましょう。ワイモバイルの以下2つの料金プランのみで利用できます。

  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • Pocket WiFiプラン2

なお、対象プラン名や内容は、たびたび改定されています。ご契約・検討の際には、最新情報を確認しましょう。

料金プラン変更に関する注意点は、本記事内にて後述しています。

【ポケットwifiアドバンスモードの注意点5】利用可能な端末の限定

利用可能な端末が限られている点にも、気をつけましょう。対象の機種は、以下のとおりです。

  • Pocket WiFi 803ZT
  • Pocket WiFi 801HW
  • Pocket WiFi 701UC
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 504HW
  • Pocket WiFi 502HW

アドバンスモードを利用予定の場合は、対象機種を確認して契約するように、注意しましょう。

【ポケットWiFiアドバンスモードの注意点6】
割引プランの変更

月額料金や割引プランの見直しが度々行われる点も、注意ポイントです。念の為、加入検討の際は最新情報を確認しましょう。

なお、以下の割引サービスは、すでに終了しています。お間違えのないようにご注意ください。

  • 対象プラン料金の1000円割引(2018年5月終了)
  • アドバンスオプション月額料が3ヶ月間無料(2019年8月20日終了)

また、アドバンスモードの対象だった下記料金プランは、いずれも新規受付を終了しています。

  • Pocket WiFiプラン2(バリューセット)(2019年9月30日終了)
  • Pocket WiFiプラン2(バリューセットライト)(2019年9月30日終了)
  • Pocket WiFiプラン2(さんねん)(2019年9月30日終了)
  • Pocket WiFiプランL(2018年3月31日)

上記のように、数か月~1年単位でプラン変更がありますので、ご注意ください。

【ポケットwifiアドバンスモードの注意点7】
国際ローミング利用不可

アドバンスモードでは、国際ローミングを利用できないことも注意点の1つです。

国際ローミングとは、日本で契約している端末(スマホ・ポケットWiFiなど)を、海外でも使えるサービスのこと。各通信事業者で提供されています。

国際ローミングは、アドバンスモードでは利用不可ですが、標準モード通信時なら使えます。ただし、端末によるので、海外へ行く前に確認しましょう。

アドバンスモードの利用・契約がおすすめの人

アドバンスモードの契約は、次のような方におすすめです。

  • 動画をサクサク見たい人
  • 通信データ容量の上限を気にせず使いたい人
  • 都市部の対応エリア内で生活している人

【アドバンスモードがおすすめの人1】動画を楽しみたい人

アドバンスモードがおすすめな方は、動画をサクサク見たい人です。

「速度制限がかからないメリット」が1番活きるのは、動画など重たいデータ通信をする時。なので、テキストデータのやり取りがメインの人には、利点が少ないかもしれません。

逆に、動画を頻繁に楽しみたい人には、とても魅力的なサービスですよ。

【アドバンスモードがおすすめの人2】通信容量が気になる人

オンラインゲームやSNS等のために、いつも通信容量の上限を気にしている人にもおすすめです。「制限にかかるかもしれない」という不安がなく過ごせるのは、良いですよね。

【アドバンスモードがおすすめの人3】都市部に住んでいる人

都市部に住んでいる人にも、アドバンスモードはおすすめです。生活圏が対応エリア内なら、オプション料金以上のメリットがありますよ。