ポケットWiFiの豆知識

ポケットWiFiでスプラトゥーン2は遊べる?回線が落ちる原因や快適にするコツを解説

DTI WiMAX2+の申込方法をわかりやすく解説

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のスプラトゥーン2は、ポケットWiFiで快適に遊べるかどうか、気になりますよね。スプラトゥーン2のためにネット回線が必要なら、なおさら大事なポイントです。

そこで本記事では、スプラトゥーン2のポケットWiFiでのプレイについて、以下の点をご紹介します。

  • ポケットWiFiでスプラトゥーン2を楽しむ時の注意点は?
  • ポケットWiFiでスプラトゥーン2が落ちるのはなぜ
  • ポケットWiFiでスプラトゥーン2のラグや回線落ちがあるとどうなる

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

Contents

ポケットWiFiでスプラトゥーン2は遊べるがオススメしない4つの理由

結論から言うと、スプラトゥーン2は、ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)でも遊べます。しかし、下記の現象が起こるため、オススメはしません。

  • 通信エラー・回線落ちがある
  • 遅延・ラグが発生する

また、回線落ちやラグなどに起因するデメリットもあります。主に、次の4つです。

  1. 5分間バトル不参加のペナルティ
  2. 2週間のアカウント利用停止
  3. 対戦で負け扱いの処理
  4. 他のプレイヤーへの迷惑

それぞれのデメリットについて、以下で説明していきますね。また、回線落ちやラグの原因については、本記事内で詳しく紹介しています。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2はオススメしない理由1】回線落ちすると5分間のペナルティ

スプラトゥーン2のプレイ中に回線落ちすると、バトルからは強制的に退場。

通信エラーが多い場合は、さらに制限をかけられます。ナワバリバトルやガチマッチに、5分間参加できなくなるというペナルティです。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2はオススメしない理由2】2週間の利用停止

回線落ちなどが多い場合、ゲーム上で通報されることもあります。通報されると、前述のペナルティだけでなく、アカウントに2週間ログインできなくなるのです。

そうなると、オンライン上でスプラトゥーン2を遊ぶことはできません。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2はオススメしない理由3】対戦で負け扱い

対戦の途中で回線落ちした場合、負け扱いで処理されることもありますね。それにより、ウデマエゲージにヒビが付いてしまいます。

ヒビが4つ集まるとウデマエが下がってしまうので、避けたいですよね。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2はオススメしない理由4】他プレイヤーへの迷惑

回線落ちした場合、強制退場になるのは落ちた本人だけです。しかし、他のメンバーはゲームを続行しています。

すると、味方チームは1人減った状態で対戦するので、不利になってしまいますよね。

また、ラグが起きた場合、実際の内容と画面表示にズレが生じます。たとえば、瞬間移動したように見えたり、攻撃が遅れて見えたり。

この現象は、ラグの原因である本人だけに起こるわけではありません。対戦相手の画面にも同じように、ラグが生じてしまうのです。そのため、回線落ちやラグが起きる状態で遊ぶのは、他のユーザーの迷惑となります。

ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶために必要な通信速度は?

スプラトゥーン2で遊ぶためには、ネット回線の通信速度が重要です。

通信速度は、ダウンロード(下り)、アップロード(上り)ともに、最低でも10Mbps以上必要。快適にプレイするためには、できれば30Mbps以上あると良いですね。

代表的なポケットWiFi機種の通信速度は、以下のとおり。

機種 下り最大 上り最大
FUJI Wifi / 304ZT 187.5Mbps 37.5Mbps
どんなときもWiFi / D1 150Mbps 50Mbps

上表を見る限りは、充分な数値です。ただし、実際には、常に最大速度で利用できるわけではありません。そのため、必要速度をクリアしているとは言えないのです。

ソロプレイのオンラインゲームは5Mbps程度で遊べますが、それと比べると、スプラトゥーン2では、もっと速い通信速度を要します。

ポケットWiFiでスプラトゥーン2の回線落ち・ラグが生じる原因は?

スプラトゥーン2をプレイしていると、通信エラーで接続が切断されたり、タイムラグが生じたりすることがあります。

ポケットWiFi利用時に、スプラトゥーン2の回線落ちやラグが発生する原因は、以下の4つです。

  1. 通信速度が遅い
  2. 応答速度(Ping値)が遅い
  3. 家電の周波数と干渉している
  4. ネット回線が混雑している

それぞれの原因について、解説していきますね。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2が落ちる原因1】通信速度が遅い

スプラトゥーン2が回線落ちしてしまう原因の1つは、通信速度が遅いことです。

必要な通信速度は、前述したように10Mbps以上。そのため、7Mbps程度でも繋がりにくくなり、2~3Mbpsになると接続が切れてしまうのです。

通信速度は、ポケットWiFi(無線)であること以外に、電波状況や場所にも影響されます。安定して10Mbps以上出せないと、快適に遊ぶことができません。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2が落ちる原因2】応答速度(Ping値)が遅い

スプラトゥーン2では、応答速度が遅いことも、回線落ちやラグの原因になります。

応答速度とは、サーバーと接続機器の、データ通信の速さのこと。その機器間の通信にかかる時間を表すのがPing値です。

ハカセ
ハカセ
Ping値の数値が小さいほど、応答速度が速いことを意味しています。

Ping値の目安は、一般的なオンラインゲームでは50ms以下。ただし、スプラトゥーン2はリアルタイムの対戦ゲームなので、Ping値は15ms以下が理想です。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2が落ちる原因3】家電の周波数と干渉

WiFiと家電の周波数の干渉も、スプラトゥーン2が落ちる原因になります。

電子レンジ等の家電の電磁波は、2.45GHzです。この2.45GHzは、ポケットWiFiでよく使われる周波数(2.4GHz)と、ほぼ同じ数値。

そのため、ポケットWiFi接続時に電子レンジを使うと、電磁波の影響を受けて、通信が途切れることがあります。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2が落ちる原因4】ネット回線が混雑

ネット回線の混雑も、ラグが発生する原因の1つです。大勢がネットを使うことにより回線が混み合うと、自分と対戦相手の間にラグが生じます。

この場合は、自分のネット環境をどれだけ整えても、ラグを完全に防ぐことはできません。対戦相手の回線状況にも影響されるためですね。

ハカセ
ハカセ
ネット回線が混雑する時間帯は、平日・休日ともに夜の19~23時頃です。

ポケットWiFiでスプラトゥーン2を快適に遊ぶコツ・注意点

ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)でスプラトゥーン2を快適にを楽しむには、次の6つのコツや注意点があります。

  1. 周波数を2.4GHzから5GHzへ切り替える
  2. スプラトゥーン2以外のWiFi接続を切る
  3. 月間データ通信容量の無制限プランを選ぶ
  4. 3日間で10GBの制限なしプランを選ぶ
  5. お試しプランのWiFiで実際にプレイする
  6. 契約期間の縛りなしWiFiで試す

それぞれのポイントについて、以下で解説していきますね。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ1】周波数の変更

ポケットWiFiの通信状況が安定していない場合、まずWiFiの周波数を変更してみましょう。

本記事内の「回線落ち・ラグの原因」でも前述したように、2.4GHzの周波数は、電子レンジ等の電磁波と干渉します。

そのため、切り替え可能なポケットWiFi端末なら、通信モード(周波数)を2.4GHzから5.0GHzに変更家電が原因であれば、これで少し改善します。

5.0GHzの周波数の特徴は、以下のとおりです。

5.0GHzの周波数のメリット 5.0GHzの周波数のデメリット
  • WiFi専用の周波数
  • 家電の電磁波と干渉しない
  • 通信状況が安定しやすい
  • 壁や障害物に弱い

WiFi専用の電波なので安定しやすいところが、ゲームをする上で魅力ですね。ただし、障害物には弱いので、通信状況を見ながら、合う設定や置き場所を探してみましょう。

切り替え可能な機種の場合は、特別な手続きをすることなく、簡単に設定変更できますよ。

以下は、FUJI Wifiの「FS030W」の変更手順です。

  1. 設定ツールにログイン
  2. プライマリ無線LAN設定
  3. 周波数帯域幅にて変更

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ2】ゲーム機以外の接続を切断

ポケットWiFiでスプラトゥーン2を楽しむためには、ゲーム機以外のWiFi接続を切ることもコツの1つです。たとえば、スマホやタブレットなどを繋ぎっぱなしにしていませんか?

スプラトゥーン2だけでも必要速度がギリギリな状況で、複数台を同時につなぐと、それだけ通信は不安定になります。うまくつながらない時は、他の機器の接続を一旦切ってみましょう。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ3】通信量無制限プラン

ポケットWiFiでスプラトゥーン2を楽しむポイントは、月間通信容量の無制限プランを選ぶこと。無制限だと、通信量を気にせず遊べますよね。

スプラトゥーン2の通信量の目安は、1試合(約5分間)で10~20MB、1時間で100~250MB程度です。1日ではそれほど使わなくても、月間上限が7GBのプランだと、通信量が気になってしまいますよね。

以下は、代表的なポケットWiFiの通信容量です。

プロバイダ 通信量
FUJI Wifi 無制限プランあり
Y!mobile 上限なしプランあり

上記のとおり、無制限プランもありますね。契約時は、プランをよく見て選びましょう。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ4】3日間10GBの制限なし

スプラトゥーン2をポケットWiFiで楽しむためには、「3日間で10GB」の制限がないことも重要です。

ポケットWiFiには、月間通信量は上限なしでも、3日間で10GBを超えると速度制限がかかるタイプもあります。10GBを超えた場合、制限後の通信速度は約1Mbps。

前述のとおり、スプラトゥーン2に必要な速度は10Mbps以上です。そのため、制限がかかると、プレイするのは難しくなりますね。

以下は、代表的なプロバイダの通信制限です。

プロバイダ 3日で10GBの通信制限
FUJI Wifi 制限なし
UQ WiMAX 制限あり

※条件:3日で10GBを超えた場合

※制限内容:翌日2時まで最大速度1Mbps

10GBの制限あり・なし、それぞれのプロバイダがあります。よく見てご検討くださいね。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ5】お試しプランで試す

お試しプランがあるポケットWiFiで実際にプレイしてみるというのも、良い方法です。

同じ地域でも、周辺の状況によって電波の入り方が全く異なるのは、よくあること。自宅の通信状況で試してみなければ、快適に遊べるかどうかは、わかりませんよね。

以下は、代表的なプロバイダのお試し期間の有無です。

プロバイダ お試しプラン
FUJI Wifi お試しプランあり

※お試し料金:500円(税別)
※お試し期間:7日間
※期間中の通信量:最大10GB
※返送遅延違約金:500円/日(税別)
※返却遅延弁済金:本体20,000円(税別)
(返却遅延違約金は大幅な遅れの場合)

どんなときもWiFi お試しプランなし

上記のように、FUJI Wifiには7日間のお試しプランがありますね。

返却遅延弁済金の2万円が少し気になる方もいるでしょう。しかし、この弁済金がかかるのは、大幅に遅れた場合です。通常の遅れでは、1日500円の返送遅延違約金が適用となります。

実際にスプラトゥーン2をプレイしてポケットWiFiを選びたい人には、とても良いプランですね。

【ポケットWiFiでスプラトゥーン2を遊ぶコツ6】契約期間の縛りなし

ポケットWiFiでスプラトゥーン2をプレイするには、契約期間の縛りにも注意が必要です。たとえば3年契約のポケットWiFiの場合、途中で解約するには解約金がかかります。

ゲームがうまく通信できるかわからない状態では、なかなか契約に踏み切れませんよね。そこで、契約期間の縛りなしのポケットWiFiで、試しに使ってみる方法がオススメです。

前項でお試しプランも紹介しましたが、遅延弁済金や最大10GBの縛りが気になる場合は、縛りなしで契約した方が、思う存分遊べますね。

以下は、代表的なプロバイダの契約期間です。

プロバイダ 契約期間
FUJI Wifi 縛りなし
UQ WiMAX 2年または3年(プランによる)

※解約しない場合は自動更新

縛りなしプランだと、気軽に申し込めますね。試しに使ってみて、通信状況が良ければそのまま契約し続けるというのが、お得な選び方ですよ。