ポケットWiFiの豆知識

北海道・札幌でレンタルできるポケットWiFiのおすすめ3選!WiMAXよりLTEがつながりやすい!

北海道へ旅行や出張へ行くときに気になるのが、ネット環境について。たとえば、こんな疑問はありませんか?

「北海道でWiFiは使えるの?」
「WiFiにつながるエリアはどこまで?」

そこで本記事では、北海道で使うWiFiについて、以下の点をご紹介します。

  • 北海道ではWiMAXとLTEのどちらがつながりやすい?
  • 北海道で使うポケットWiFiの選び方は?
  • 北海道で使えるおすすめのポケットWiFiはどれ?

記事を読むと、上記の内容を簡単に解決できますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

北海道で使うならLTE回線のポケットWiFiがおすすめ

北海道でポケットWiFiを利用する場合、対応エリアと利用回線の種類が重要になります。結論から言うと、LTE回線がおすすめです。

その理由やポイントについて、以下で解説していきます。

LTE回線は対応エリアが広い

WiMAXとLTE回線の対応エリアの違い

北海道でポケットWiFiをレンタルする場合、対応エリアや回線の確認が必須。おすすめはLTE回線です。

その理由は、WiMAX回線の場合、地方や山間部に対応していないことが多いため。

ポケットWiFiは、通信事業者(au ・Softbankなど)や通信方式(LTE・WiMAXなど)によって、対応エリアが異なるのです。

下の図は、「WiMAX」と「SoftBank 4G LTE」の通信エリアマップ。両方とも、赤色の部分が、ネット回線の対応エリアです。

北海道のWiMAX通信エリア

引用元:au|WiMAX2+サービスエリアマップ

北海道のLTE対応エリア

引用元:SoftBank|4G LTE サービスエリアマップ

WiMAXの通信エリアは、かなり狭いことがわかります。都市部に集中し、地方や山間部では、非対応の場所も多いです。

一方、SoftBank 4G LTEは、地方も含め、広い範囲に対応していますね。

北海道旅行・観光では山間部や田舎を通る

旅行・観光で北海道内を移動する際は、JRや車で山間部を通ることがほとんどです。たとえば、以下のようなルートも、必ず山の中を走ります。

  • 札幌~函館(約3時間半)
  • 札幌~富良野(約2~3時間)
  • 札幌~帯広(約2時間半)

WiMAX回線だと、移動中はほぼ接続できません。ネットを利用できない時間は数時間にも及びます。

LTE回線なら、移動中も途切れることがほとんどありません。

札幌や都市部ならWiMAXでも問題なし

WiMAXの対応エリアは狭いですが、札幌などの都市部は通信エリア内です。

そのため、札幌ならWiMAXでも問題ありません。札幌以外でも、以下の市内中心部では、WiMAXで接続可能。

<北海道内でWiMAXを利用できる市町村の一例>

  • 札幌市・千歳市
  • 小樽市・余市町
  • 旭川市・富良野市
  • 函館市・北斗市
  • 帯広市・釧路市
  • ニセコ町・倶知安町ヒラフ

ただし、WiMAXで通信できるのは、札幌市内や旭川市内など、1拠点にとどまる場合のみ。

札幌から函館など、都市間を移動する場合は、山間部を通ります。そのため、WiMAXは使えないことがほとんど。

北海道内を移動する場合は、LTEの方がおすすめです。

北海道・札幌でポケットWiFiをレンタルするときの選び方

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント

北海道でポケットWiFiをレンタルするときの選び方について、紹介いたします。ポイントは、次の4つ。

  1. 受け取り方法
  2. 利用回線
  3. データ容量
  4. 利用料金

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【北海道・札幌でポケットWiFiをレンタルするときの選び方1】受け取り方法

北海道でポケットWiFiをレンタルする時には、受け取り場所や方法にも注目しましょう。

主な方法は、次の3つです。

<北海道で使うポケットWiFiの受け取り場所>

  1. 自宅で宅配便受け取り
  2. 空港で受け取り
  3. 現地で受け取り

上記の中で、おすすめは自宅か空港での受け取りです。

理由は、北海道に店舗のあるプロバイダやレンタル会社が少ないため。現地で受取のできる場所は限られています。

現地受取に対応している会社がわずかなので、選択肢が少なく、料金も割高。事前に自宅で受け取るか、最寄りの空港または新千歳空港で受け取るのが良いでしょう。

【北海道・札幌でポケットWiFiをレンタルするときの選び方2】利用回線

レンタルWiFiを選ぶときは、LTEかWiMAXから、利用回線を選びます。

前述したように、札幌市内や都市部なら、どちらの回線でも良いでしょう。それ以外の場所や、北海道内を移動する場合は、LTEの方がおすすめです。

また、レンタル会社によっては、どちらか1種類しかなく、回線を選択できない場合もあります。契約する前に、必ず確認しましょう。

【北海道・札幌でポケットWiFiをレンタルするときの選び方3】データ容量

レンタルWiFiを選ぶ際は、通信データ容量も重要なポイントです。通信容量が足りないと、速度が遅くなり、使い勝手が悪くなってしまいます。 データ容量で気にするポイントは、以下の2点。

  1. 通信データ容量が無制限か上限ありか
  2. 通信容量の上限は何ギガか

大容量のデータ通信を行う場合は、やはり無制限が良いですよね。逆に、それほど使わない場合は、容量の少ないプランで節約するのも選択肢の1つ。

北海道滞在中の利用目的や通信量がどの程度になりそうか、考えてみましょう。

1GBでできることの目安は、以下のとおりです。

<1GBでできることの目安>
利用目的 1回あたりの通信容量 1GBでできる回数・時間
Webサイト閲覧 約800KB 約1,250回
Instagram閲覧 約10MB/分 約1時間40分
Googleマップ検索 約7.5MB/分 約2時間13分
Eメール送信 約2.5MB/通 約400通
LINEメッセージ 約40KB/通 約25,000通
LINE音声通話 約1MB/分 約16時間40分
YouTube動画視聴
(HD 1080p)
約30MB/分 約33分

参考元:データ通信料について|グローバルWiFi

1GBだと、Web閲覧には問題ありませんが、動画視聴はあまり長時間できません。

また、普段使っている容量の確認方法は、以下のページで詳しく解説しています。気になる方は、参考にしてみてくださいね。

関連記事:1GBでできることはどれくらい?動画はみられる?使用量の確認方法も解説!!

【北海道・札幌でポケットWiFiをレンタルするときの選び方4】利用料金

ポケットWiFiをレンタルする時には、金額も重要ですね。レンタルWiFiの料金形態は、日額や月額の他、一定期間ごとの料金プランなどが主です。

また、レンタルの場合、通常のポケットWiFi契約と違い、以下の料金がかかることもあります。

  • 送料
  • 遅延金

短期レンタルでは、送料は1,000円程度かかる場合があります。その他、返却が遅れると遅延金が発生することも。

なお、1か月以上レンタルするなら、長期レンタルがお得です。短期レンタルのWiFiにも、1か月の料金プランがありますが、割高になります。

契約前に、よく比較しましょう。

北海道・札幌で短期レンタルできるおすすめのポケットWiFi2選

北海道でポケットWiFiを1日~1週間程度使いたいなら、短期レンタルがお手頃です。そこで、短期レンタルでおすすめのポケットWiFi2選を紹介します。

<短期レンタルでおすすめのポケットWiFi>

  1. WiFiレンタルどっとこむ
  2. NOZOMI WiFi

それぞれのポケットWiFiについて、特徴を見ていきましょう。

【北海道・札幌で1日単位でレンタルしたい人におすすめ】WiFiレンタルどっとこむ

<WiFiレンタルどっとこむのポケットWiFiのレンタル料金>
端末 回線 データ容量 日額料金 月額料金
E5383 SoftBank 無制限 400円/日 6,000円/月
501HW SoftBank 無制限 400円/日 6,000円/月
601HW SoftBank 月間無制限
1日1GB
350円/日 5,075円/月

※無制限プランにも、1日10GBまたは月間300GBの制限あり。

<WiFiレンタルどっとこむのレンタルポケットWiFiの概要>
受取方法 ・自宅宅配
・空港受取
・コンビニ受取
受取時手数料 500円/台
返却時送料 利用者負担
受取可能な空港 全国11空港
(新千歳・成田・羽田・中部・関西国際・伊丹・福岡・那覇・小松・静岡・仙台)

WiFiレンタルどっとこむの特徴

  • 1日単位で350円からレンタルが可能
  • 全国11空港で受取できる
  • コンビニ受取も可能
  • 機種や回線の選択肢が豊富
  • 1日10GBまでデータ通信ができる

WiFiレンタルどっとこむは、1日単位でレンタルできる点が大きな特徴。旅行や出張で短期間だけ使いたい場合に便利ですね。

ただし、1か月レンタルすると割高になるので、注意しましょう。

また、公式サイトには、上表以外の機種や回線も掲載されています。LTE回線を選べるので、北海道での利用にも最適。

短期レンタルなのに、容量無制限で使えるのも良いですね。

WiFiレンタルどっとこむがおすすめな人

  • 1日単位でレンタルしたい人
  • 機種や回線を選びたい人
  • 短期レンタルでも容量無制限で使いたい人

【北海道・札幌で1週間単位でレンタルしたい人におすすめ】NOZOMI WiFi(ノゾミワイファイ)

NOZOMI WiFI

<NOZOMI WiFiのポケットWiFiのレンタル料金>
料金プラン データ容量 料金
1週間プラン 1日10GB 1,980円/1週間
2週間プラン 1日10GB 2,980円/2週間

<NOZOMI WiFiのポケットWiFiの概要(1~2週間レンタル)>
端末 ・501HW
・601HW
・602HW
・ARIA2
・GlocaMeU2
・FS030W
利用回線 SoftBank
初期手数料 0円
往復発送料 1,000円
(※沖縄・離島は別途1,000円)
遅延金 1,000円/日

NOZOMI WiFiの特徴

  • 1~2週間のレンタルプランがある
  • 初期手数料が0円
  • 返却が遅れると遅延金あり
  • LTE回線を利用できる

NOZOMI WiFiは、1週間単位の料金プランがあるのが特徴です。1~2週間の場合、WiFiレンタルどっとこむを日額で借りるより、NOZOMI WiFiの方が安くなります。

また、初期手数料0円なのもポイントです。

短期レンタルの場合、手数料で3000円かかってしまうと、割高になります。その点、NOZOMI WiFiは手数料無料なので良いですね。

LTE回線を利用できる点も、北海道でのレンタルに向いています。

NOZOMI WiFiがおすすめな人

  • 1~2週間レンタルしたい人

北海道・札幌で長期レンタルできるおすすめのポケットWiFi「FUJI Wifi(フジワイファイ)」

北海道で1か月以上ポケットWiFiを使うなら、長期レンタルがお得。そこで、長期レンタルでおすすめのポケットWiFi「FUJI Wifi(フジワイファイ)」を紹介します。

<FUJI WifiのポケットWiFiのレンタル料金プラン>
料金プラン データ容量 月額料金
25ギガプラン 25GB/月 2,480円
50ギガプラン 50GB/月 2,980円
100ギガクラウドプラン 100GB/月 3,480円
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円

<FUJI WifiのレンタルポケットWiFiの概要>
端末 FS030W
利用回線 LTE / docomo・au・SoftBank
トリプルキャリア対応※クラウドプラン)
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
契約期間 縛りなし
解約違約金 0円
キャッシュバック 0円
1日~3日通信制限 制限なし
同時接続台数 10~15台

FUJI Wifi の特徴

  • LTE回線&トリプルキャリア対応(クラウドプラン)
  • 契約期間の縛りなし
  • 解約違約金0円
  • 端末代金0円
  • 短期間(1~3日)の通信制限なし

FUJI Wifiは、解約違約金0円で、1か月単位でのレンタルもできる点が特徴。端末代金も0円なので、北海道で長期レンタルする際の価格は最安級です。

また、データ容量無制限で3,980円は低価格。3日で10GBなどの制限もありません。

さらに、トリプルキャリア対応です。1番つながりやすい回線に自動接続されるため、使い勝手も抜群。

LTE回線なので、山間部でもつながりやすく、北海道での利用に適しています。

FUJI Wifi がおすすめな人

  • 北海道で1か月以上の長期レンタルをしたい人
  • 契約期間や解約違約金を気にしたくない人
  • つながりやすさを重視する人
  • 3日10GBの速度制限にかかりたくない人