ポケットWiFiの豆知識

マンションでつかうならLTE回線のポケットWiFiがおすすめ!使用するときのポイントを解説

【DTI WiMAX2+】契約前に絶対知るべき6つのデメリット

外出先で利用するイメージがあるポケットWiFi。最近ではマンション内でも使っている方が増えており、固定回線かポケットWiFiのどちらにするか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、マンションでポケットWiFiを利用するメリットや注意点、見るべきポイントについて解説します。

おすすめのポケットWiFiについても解説しているので、マンション内で快適にインターネットを使いたい方はぜひチェックしてみてください。

Contents

マンション住みでもポケットWiFiを利用するメリット

こちらでは、マンションに住んでいてもポケットWiFiを利用する場合のメリットについて紹介します。

  1. 持ち運びができる
  2. 家がスッキリ片付きやすい
  3. マンション固定の回線より速度がはやいこともある
  4. 引越し時に再契約を結ぶ必要がない
  5. 工事不要ですぐにつかえる

それぞれくわしく確認していきましょう。

【マンションでのポケットWiFiのメリット1】
持ち運びができる

ポケットWiFiのメリットは、何より持ち運びができる点です。

自宅でも外出先でもつかえるため、快適度がグッとアップします。外で使えばスマートフォンの通信制限に悩む必要もありません。

固定回線を引いてしまうと当然ですが外では使えないので、利便性を考えるとポケットWiFiを使うメリットは大きいです。

【マンションでのポケットWiFiのメリット2】
家がスッキリ片付きやすい

ポケットWiFiを使うと、家がスッキリと片付きやすいです。

ポケットWiFiは無線で電波を受信するため、固定回線のように無駄なケーブルが必要ありません。

さらには持ち運び用に作られているので、コンパクトで場所を取らない点も魅力です。

ケーブルやルーターがあるとどうしても家がゴチャゴチャしてしまうので、スッキリさせたい方にとってポケットWiFiはかなりメリットがあるといえます。

【マンションでのポケットWiFiのメリット3】
固定の回線より速度がはやいこともある

マンションの固定の回線よりも、ポケットWiFiのほうが速度がはやいことがあります。

マンションによりますが、すでに開通している回線を住民が分けて使っているケースは珍しくありません。

同じ回線をシェアしていると、つなぐ人が多ければ多いほど混雑してしまいます。

ポケットWiFiなら自分の家庭しか利用しないため、いつでも安定した速度で利用可能です。

マンションの回線が遅いと感じている方にとっては、ポケットWiFiを使うメリットは大きいといえるでしょう。

【マンションでのポケットWiFiのメリット4】
引越し時に再契約を結ぶ必要がない

ポケットWiFiは、引越し時に再契約を結ぶ必要がありません。

電波が通じるところであればどこで利用しても料金が変わらないので、引越し先でも安心して利用できます。

固定回線の場合は、引越し先のマンションで再度契約を行う必要があるので、コストが高いです。特に開通工事がまだだと、1万円以上の出費になってしまいます。

転勤などで引っ越しが多い人にとっては、ポケットWiFiの利用はメリットが大きいです。

【マンションでのポケットWiFiのメリット5】
工事不要ですぐにつかえる

ポケットWiFiは、工事不要ですぐにつかえる点もメリットです。

契約すれば最短で翌日に手元に届くので、すぐにインターネットを楽しめます。

固定回線の場合は、開通工事に最低でも1週間は必要です。混雑していると2ヶ月近くかかることもあるので、すぐには使えないと考えておいたほうがよいでしょう。

工事が不要ですぐにインターネットをつかえるのは、ポケットWiFiならではの利点です。

マンションでポケットWiFiを利用する懸念点

店舗で格安SIMを契約するデメリット

こちらでは、マンションでポケットWiFiを利用する懸念点について紹介します。

  1. つながりにくい場合がある
  2. 固定回線より割高になることもある
  3. 家族で使う場合は不便

それぞれくわしく確認していきましょう。

【マンションでのポケットWiFi懸念点1】
つながりにくい場合がある

マンションでポケットWiFiを利用すると、つながりにくい可能性があります。

ポケットWiFiは無線で電波を受信するため、壁などの障害物の影響を受けやすいです。

よって外ではつながるのに、室内に入った途端つながらなくなったというケースも少なくありません。

特に壁が厚いマンションだとその傾向が高くなるので、つながりにくくなるという懸念点は覚えておきましょう。

【マンションでのポケットWiFi懸念点2】
固定回線より割高になることもある

ポケットWiFiを使うと、固定回線より割高になることもあります。

インターネット完備のマンションであれば、WiFi利用料を無料もしくは割安にしているところも多いです。自分で固定回線を引く必要がある場合は、工事費などを考えるとポケットWiFiのほうが安くなります。

ただしインターネット完備のマンションであっても、速度が遅い可能性は十分に考えられるので注意が必要です。

お住まいのマンションの状況に応じて、ポケットWiFiを使うか検討してみてください。

【マンションでのポケットWiFi懸念点3】
家族で使う場合は不便

家族でWiFiをシェアする場合は、不便に感じるかもしれません。

ポケットWiFiは複数人でも利用できるため、家族で使う分にも問題ないのですが、その際は持ち運びができなくなります。

使おうと思ったときに誰かが持ち出してしまっているなどのトラブルも考えられるので、シェアを前提にポケットWiFiを使うのはおすすめできません。

マンションでポケットWiFiを利用するのがおすすめな人

こちらでは、マンションでポケットWiFiを利用するのがおすすめな人について紹介します。

  1. 外出先でパソコンなどをネットにつなぐ人
  2. 引っ越しする機会が多い人
  3. ひとり暮らしで固定費を抑えたい人

それぞれくわしく確認していきましょう。

【ポケットWiFiがおすすめな人1】
外出先でパソコンなどをネットにつなぐ人

外出先でパソコンやタブレットをインターネットにつなぎたい人は、ポケットWiFiがおすすめです。

フリーWiFiがない場所でも手軽に接続できるので、カフェやスポットを探す必要がありません。出張が多い方や、出先で仕事をする機会が多い方などには、ポケットWiFiがうってつけです。

【ポケットWiFiがおすすめな人2】
引っ越しする機会が多い人

転勤などで引っ越しする機会が多い人も、ポケットWiFiの利用に向いています。

ポケットWiFiはエリア内であればどこでも接続できるので、わざわざ契約を結び直す必要がありません。

新しいマンションでもすぐにインターネットに接続できるので、利便性が高いです。

今後引っ越しをする予定がある人は、固定回線ではなくポケットWiFiを利用しましょう。

【ポケットWiFiがおすすめな人3】
ひとり暮らしで固定費を抑えたい人

ひとり暮らしで固定費を抑えたい人も、ポケットWiFiの利用が向いています。

ポケットWiFiでインターネットにつなぐことで、スマートフォンの料金プランを安いものに変更できるからです。

ひとり暮らしであれば持ち運んでも問題ないので、格安SIMなどと組み合わせるとかなりコストを抑えられます。

年間にすると3万円近く安くすることもできるので、かなりおすすめです。

関連記事>>格安SIMとポケットWiFiの併用で年3万円節約!料金をシミュレーションして解説!

マンションでポケットWiFiを契約するときに見るべき4つのポイント

こちらでは、マンションでポケットWiFiを契約するときに見るべきポイントを4つ紹介します。

  1. 部屋に電波がしっかり入るか
  2. 夜に速度が出るか
  3. 速度制限はないか
  4. 料金が適切か

それぞれの詳細を見ていきましょう。

【ポケットWiFiの見るべきポイント1】
部屋に電波がしっかり入るか

部屋に電波がしっかり入るかは、ポケットWiFiを選ぶうえで最も重要です。

無線で電波を受信するという性質上、ポケットWiFiは室内ではややつながりにくくなってしまいます。場合によっては圏外になることもあるので注意が必要です。

スマートフォンと同じLTE回線がつかえるポケットWiFiであればつながりやすいので、不安な方はLTEの機種を選びましょう。

また、お試しキャンペーンをやってるプロパイダを選ぶと、実際の端末を使って速度チェックができるのでおすすめです。

【ポケットWiFiの見るべきポイント2】
夜に速度が出るか?

夜に速度がちゃんと出るかも、マンションでの利用においては重要です。

19時~23時の時間帯は多くの人が利用するため、どうしても速度が遅くなってしまいます。これは固定回線であっても例外ではなく、過去にはフレッツ光が夜につながらないというトラブルもありました。

マンションでの利用になると、仕事終わりの夜の時間帯にたくさん使うことになりますよね。

住んでいるエリアによって利用状況が変わるため、ちゃんと夜に使えるかどうかはチェックしておきましょう。

この場合でも、お試しキャンペーンで実際に使っておくと、契約した後にトラブルにならないためおすすめです。

【ポケットWiFiの見るべきポイント3】
速度制限はないか?

ポケットWiFiに速度制限があるかどうかをチェックしておきましょう。

自宅でも使うとなると、かなりの通信量が必要だと予想されます。固定回線なら基本的に制限はありませんが、ポケットWiFiには設定されているケースが多いです。

たとえば「3日で10GB」「月間7GBまで」という制限だと、マンションで使うとすぐに無くなってしまうかもしれません。

なるべく通信制限が無いものを選ぶことで、利便性を高めておきましょう。

【ポケットWiFiの見るべきポイント4】
料金

ポケットWiFiを契約する際には、料金もチェックしておきましょう。

あまりに高すぎるプランだと、固定回線を使ったり、スマートフォンの容量を増やしたほうがお得に使えるかもしれません。

ちゃんと自分に合った料金プランのポケットWiFiを選び、お得に利用できるようにしましょう。

マンションに住んでいる人におすすめのポケットWiFi3選

ポケットwifi買取のコツ

こちらでは、マンションに住んでいる人におすすめのポケットWiFiを3つ紹介します。

  1. FUJI Wifi
  2. Mugen WiFi
  3. どんなときもWiFi

それぞれの特徴を見ていきましょう。

【マンションにおすすめのポケットWiFi1】
FUJI Wifi

FUJI Wifi

FUJI Wifiは、いろいろなプランが用意されているポケットWiFiレンタルサービスです。

スマートフォンと同じLTE回線に対応しているので、マンション内でも問題なくつながります。

料金プランは、以下のとおりです。

プラン名 通信量 料金(税別) 使える回線
快適!クラウドプラン 無制限 3,980円 トリプルキャリア
100ギガクラウドプラン 100GB 3,480円 トリプルキャリア
50ギガクラウドプラン 50GB 2,980円 ソフトバンク
25ギガクラウドプラン 25GB 2,480円 ソフトバンク
WIMAX2+プラン 無制限 3,200円 WIMAX

この中でも特にトリプルキャリアのプランは、回線がかなりつながりやすくおすすめです。

※トリプルキャリア=ドコモ・au・ソフトバンクの3回線を使える

またFUJI Wifiは縛り無しで違約金もかからないので、いつでも解約できます。

さらに7日間500円のお試し期間も設けられているので、契約する端末で通信状況をチェックできるのも魅力です。

コスト面でもサービス面でもかなり充実しているので、マンションでのポケットWiFiを探している方はFUJI Wifiを検討してみてください。

【マンションにおすすめのポケットWiFi2】
Mugen WiFi

Mugen WiFiでは使い放題のLTEポケットWiFiを、月額3,280円で利用できます。

無制限のWiFiの中ではかなり料金が安く、コストを重視する方には非常におすすめです。

また30日間のお試し期間があるので、マンションでちゃんと使えるかどうかを判断してから契約ができます。

コスパよく使いたい場合には、おすすめのポケットWiFiです。

【マンションにおすすめのポケットWiFi3】
どんなときもWiFi

どんなときもWiFiも、無制限のポケットWiFiを利用できます。

料金は3,480円とMugen WiFiよりは高いですが、それでもトップクラスに安いWiFiです。

ただしどんなときもWiFiにはお試し期間が無いので、つながるかどうかは実際に契約してからの判断になってしまいます。

口座振替が可能なので、クレジットカードが使えない方にはおすすめのポケットWiFiです。