wimax

WiMAXの機種変更は損?新規契約を考えるべき理由と比較ポイント

結論!DTI WiMAX2+はこんな人におすすめ

WiMAXでずっと同じ機種を使っていると、そろそろ新しい端末を使いたいなぁと思いますよね。でもWiMAXの機種変更って、料金体系や仕組みが、なんだか難しそうです。

そこで本記事では、WiMAXの機種変更について、以下の点をご紹介しています。

  • WiMAXの機種変更はするべき
  • WiMAXの機種変更時には何に注意すれば良い?
  • WiMAXを機種変更するメリット・デメリットは?
  • 機種変更より解約・新規契約や乗り換えの方がお得

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

WiMAXは機種変更するべき?3つの判断基準を解説

WiMAXを機種変更するべきかどうかを判断する基準は、次の3つです。

  1. 古い通信規格(旧WiMAX)を利用している
  2. 端末の通信速度が遅い
  3. バッテリーが消耗している

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【WiMAXの機種変更の判断基準1】古い通信規格(旧WiMAX)を利用している

利用中の端末が、古い通信規格用(旧WiMAX)の場合は、機種変更する必要があります。

WiMAXには、以下2つの通信サービスがあります。

  1. 旧WiMAX
  2. WiMAX2+

上記のうち、現在使われている回線はWiMAX2+です。旧WiMAXの通信サービスは、2020年3月31日に終了することが、すでに決定しています。

旧WiMAX用の端末は、WiMAX2+の通信に使えないため、サービス終了までに新しい機種に変更しましょう。WiMAX2+に非対応の旧WiMAX機種は、UQコミュニケーションズのホームページにて確認可能です。

参考元:UQコミュニケーションズ|旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い

【WiMAXの機種変更の判断基準2】端末の通信速度が遅い

WiFiの通信速度が遅い時、原因はルーターのこともあります。その場合は、機種変更をすることで、速度アップが可能。

WiMAX2+に対応している端末でも、機種によりスペックは異なるためです。

WiMAXの主な機種の最大通信速度は、以下のとおり。

<WiMAXの端末別の通信速度>
機種 下り最大通信速度 上り最大通信速度
Speed Wi-Fi NEXT W06 1.2Gbps 75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX05 440Mbps 75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W05 758Mbps 75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W03 370Mbps 25Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W02 220Mbps 10Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W01 220Mbps 25Mbps

機種名の末尾の数字が大きい程、新しい機種になります。新機種が発売される度に、性能がアップしていることがわかりますね。

古い機種を使っている場合は、機種変更を検討してみましょう。

【WiMAXの機種変更の判断基準3】バッテリーが消耗している

バッテリーが劣化してきたら、機種変更を考えましょう。同じ端末を長期間使っていると、電池が消耗して、以下のような不具合が生じます。

  • 充電がすぐに切れる
  • タッチパネルの反応が悪くなる
  • 画面が勝手に消える

一般的に、バッテリーは2年程度で劣化します。

WiMAXはバッテリー交換不可の機種が多いため、電池のみの交換は難しいです。不具合が生じたら、新しい機種へ変えた方が良いですね。

WiMAXの機種変更時の2つの注意点

WiMAXの機種変更時には、次の2つの注意点があります。

  1. 利用状況・条件により機種変更不可の場合あり
  2. 回線変更の手続きは自分で行う

それぞれの注意点について、説明していきますね。

【WiMAXの機種変更時の注意点1】利用状況・条件によっては機種変更不可

WiMAXには、機種変更を行える時期や条件が決まっている場合があるので、注意しましょう。

たとえば、下記は「Broad WiMAX」と「GMOとくとくBB」の機種変更条件です。

<Broad WiMAXの機種変更条件>

  • WiMAX2+の2年プランを20か月以上利用中

<GMOとくとくBBの機種変更条件>

  • WiMAX2+の2年プランを20か月以上利用中
  • 3年プランの場合は32ヶ月以上利用中
  • 20か月以上利用中でも「スマホ割4年」は機種変更不可

各事業者によって様々な条件があるので、契約中のプロバイダに確認してみてくださいね。

参考元:Broad WiMAX|カンタン機種変更
参考元:GMOとくとくBB|機種変更

【WiMAXの機種変更時の注意点2】回線変更の手続きは自分で行う

機種変更後、SIMカードの挿し替えや、回線登録手続きが必要になる場合があります。プロバイダの説明に従い、忘れずに行いましょう。

SIMカードのサイズ・種類によっては、手続きが不要なこともあります。

参考元:UQ WiMAX|機種変更のお手続き方法
参考元:GMOとくとくBB|お申し込みからご利用までの流れ

WiMAXの機種変更は損?新規契約と比較するべきポイント

WiMAXで新しい端末を使う方法には、機種変更だけでなく、1度解約して新規契約をするやり方もありますよね。

次のポイントを比較してみると、実は機種変更より、新規契約の方がお得なのです。

  1. 月額料金
  2. キャッシュバック・キャンペーン
  3. 解約違約金
  4. 端末代金

それぞれのポイントについて、以下で説明していきますね。

【WiMAXの機種変更・新規契約の比較ポイント1】月額料金

機種変更と新規契約では、月額料金を比較しましょう。どちらも同じ金額のように思えますが、実は違います。

たとえば、以下はGMOとくとくBBの、機種変更と新規契約の月額料金です。

<GMOとくとくBBの月額料金比較>
期間 機種変更
月額料金
新規契約
月額料金
1~3か月目 4,263円 3,609円
4か月目以降 4,263円 4,263円

(2019年11月時点)

新規契約の方は、最初の3か月間、月額料金が割引されていますね。機種変更後はまったく割引がなく、ずっと同じ料金です。

参考元:GMOとくとくBB|料金プラン
参考元:GMOとくとくBB|機種変更ご利用料金

【WiMAXの機種変更・新規契約の比較ポイント2】キャッシュバック・キャンペーン

新規契約時と機種変更時のキャッシュバック金額も、比べてみます。

<GMOとくとくBBのキャッシュバック比較>
機種変更 新規契約
0円 31,000円
キャッシュバック

(2019年11月時点)

やはり新規契約では、金額の大きなキャンペーンがあるのが魅力ですね。GMOとくとくBB以外にも、割引などのキャンペーンを行っているプロバイダは多いです。

参考元:GMOとくとくBB|特典詳細

【WiMAXの機種変更・新規契約の比較ポイント3】解約違約金

機種変更と新規契約の比較に欠かせないのが、解約違約金の確認。Broad WiMAXとGMOとくとくBBの違約金は、以下のとおりです。

<Broad WiMAX・GMOとくとくBBの解約違約金>
解約時期 解約違約金
Broad WiMAX GMOとくとくBB
機種変更 新規契約(解約) 機種変更 新規契約(解約)
0~12か月 変更不可 19,000円 変更不可 24,800円
13~24か月 0円(20か月以降) 14,000円 0円(20か月以降) 24,800円
25か月以降 0円 9,500円 0円 9,500円
契約更新月 0円 0円 0円 0円

(2019年11月時点)

2社とも、機種変更時には、契約更新月以外でも解約違約金が無料です。

一方、利用中の端末を解約して新規契約する場合は、解約違約金が発生します。そのため、解約して新規契約する際には、契約更新月に解約することが重要です。

【WiMAXの機種変更・新規契約の比較ポイント4】端末代金

端末代金も比較していきましょう。新規契約時は端末代無料というイメージがありますが、実際には、以下のようになっています。

<端末代金の比較>
プロバイダ 機種変更時
端末代金
新規契約時
端末代金
UQ WiMAX 15,000円 15,000円
Broad WiMAX 無料 無料
GMOとくとくBB 無料 無料

新規契約時に端末代有料のプロバイダは、機種変更時も有料。無料のプロバイダは、新規契約時も機種変更時も、どちらも無料ですね。

端末代については、機種変更か新規契約かではなく、どのプロバイダを選ぶかで変わります。

参考元:UQ WiMAX|機種変更(WiMAX 2+ → WiMAX 2+)
参考元:Broad WiMAX|カンタン機種変更
参考元:GMOとくとくBB|機種変更

WiMAXの機種変更をするメリット・デメリット

WiMAXを機種変更するメリット・デメリットについて、以下で説明いたしますね。

WiMAXの機種変更をするメリット

WiMAXを機種変更するメリットは、あまり多くありません。ただ、強いてあげるなら、以下の点です。

<WiMAXの機種変更のメリット>

  • プロバイダによっては、解約金・端末代金ともに無料
  • 最新機種に変更できる

前述のとおり、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなら、機種変更時に解約違約金はかかりません。また、端末代金も0円。

古い端末を利用している場合、最新機種に無料で変更できるのが、メリットですね。

WiMAXの機種変更をするデメリット

WiMAXを機種変更するデメリットは、次のとおりです。

<WiMAXの機種変更のデメリット>

  • 新規契約や乗り換えキャンペーンの恩恵を受けられない
  • 月額料金が新規契約より高い場合あり

キャッシュバックなど、金銭面でプラスにならないのが、機種変更のデメリットですね。たとえ解約金無料で損をしなくても、得をすることもありません。

また、新規契約の比較ポイントでも記載したとおり、月額料金が高い場合は、後々損をすることになります。

WiMAXの乗り換えにおすすめの契約先プロバイダ2選

WiMAXは、機種変更や新規契約以外に、他社への乗り換えも可能です。おすすめの乗り換え先プロバイダは、以下の2社。

  1. GMOとくとくBB
  2. Broad WiMAX

それぞれのプロバイダについて、説明していきますね。

【WiMAXの乗り換え先のおすすめプロバイダ1】GMOとくとくBB

WiMAXの乗り換え先として、まずおすすめなのが「GMOとくとくBB」。

<GMOとくとくBBのおすすめポイント>

  • 最大31,000円のキャッシュバック

下記は、GMOとくとくBBの特徴です。

<GMOとくとくBBの概要>
新規契約キャッシュバック 最大31,000円
利用中端末の解約違約金 本人負担
新規契約時の端末代金 無料
新規契約時の初期費用 3,000円
新規契約時の月額料金 1~3か月目:3,609円
ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線) 無料

GMOとくとくBBは、乗り換えキャンペーンはなく、新規契約をしてキャッシュバックを受けます。そのため、利用中の端末の解約金は一旦自分で払う必要がありますね。

ただ、解約違約金は19,000円以下のプロバイダがほとんど。31,000円のキャッシュバックを受ければ、解約金をまかなえるだけでなく、プラスになります。

また、乗り換え後の契約内容は通常の新規契約と同じため、端末代金やLTE回線オプションも無料です。

【WiMAXの乗り換え先のおすすめプロバイダ2】Broad WiMAX

WiMAXの乗り換え先には、「Broad WiMAX」もおすすめです。

<Broad WiMAXのおすすめポイント>

  • 契約解除料最大19,000円まで負担

Broad WiMAXの概要は、以下のとおり。

<Broad WiMAXの概要>
利用中端末の解約違約金 無料(Broad WiMAXが負担)
乗り換え後の初期費用 無料
乗り換え後の端末代金 無料
乗り換え後の月額料金 1~2か月目:2,726円
ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線) 無料

Broad WiMAXは、利用中の端末の解約金がかからないのが、最大のおすすめポイント。契約更新月を一切気にせずに乗り換えられますね。

また、乗り換え後の端末代金や初期費用も無料。現在利用中のプロバイダで機種変更するよりも、圧倒的にお得です。