格安SIM

格安SIMで時間無制限のかけ放題は可能?一番お得な事業者は?

「格安SIMに乗り換えたら、月々のスマホ料金は安くなるけど、通話料が高くなる」

格安SIMへの乗り換えを検討している人のなかには、このように思っている方も多いかもしれません。

しかし、格安SIMの各事業者では「かけ放題」のオプションを提供しています

このなかには、時間制限なしのかけ放題があるところも。

こうしたところと契約すれば、通話をよくするという方でも安心です。

今回は、かけ放題がある格安SIM事業者を挙げたうえで、それらを比較し、最もお得なところはどこかを紹介

通話料込みでスマホを安く使いたいという方は、ぜひ参考にしてください。

格安SIMのかけ放題には2種類ある

格安SIMのかけ放題は、以下の2種類に分けられます。

  • 時間制限なし
  • 時間制限あり

ここでは、それぞれについて説明していきます。

1.時間制限なしのかけ放題

時間制限なしのかけ放題では、24時間365日、いつ電話をかけても国内での通話料が無料に

時間制限なしのかけ放題がある事業者については、後ほど紹介します。

2.時間制限ありのかけ放題

ハカセ
ハカセ
時間制限ありのかけ放題では、以下のように限られた時間だけ、通話料が無料になります
  • 10分かけ放題
  • 月60分かけ放題

「10分かけ放題」では、一回の通話時間が10分以内なら、何回かけても通話料が無料になります。

「月60分かけ放題」は、月間トータルで60分まで、通話料がかかりません。

多くの事業者では、このうち10分かけ放題を採用しています。

10分かけ放題がある事業者についても、後ほど紹介していきましょう。

格安SIMのかけ放題・3つの通話方式

かけ放題がつけられる格安SIM事業者を紹介する前に、通話品質についても説明しておきましょう。

各格安SIM事業者では、それぞれ別の通話方式をとっており、どれを採用しているかによって通話の品質が異なります。

通話方式の種類3つと、それぞれの品質は以下のとおりです。

通話品質
通常の電話回線 ☆☆☆
プレフィックス ☆☆
IP電話

ここでは、それぞれの通話方式と通話品質について説明していきます。

1.通常の電話回線

通常の電話回線は、「ドコモ」や「au」「ソフトバンク」の大手キャリアの通話に使われているのと同じ回線です。

通話品質は、3つの方式のなかで最も良くなっています

2.プレフィックス

「プレフィックス」とは、電話の発信時、電話番号の前に付ける特定の数字のこと。

プレフィックスを付けることで、通常より安い料金での通話が可能です。

例えば「楽天モバイル」では、電話番号の頭に「0037-68-」を付けることで、通常の電話回線とは異なる安い回線につなげて、電話をかけています。

電話のたびに番号を打ち込むのは面倒だと思うでしょうが、その点は心配ありません。

なぜならプレフィックスを採用している格安SIM事業者には、通話用のスマホアプリがあるからです。

ハカセ
ハカセ
アプリを使えば、自動的にプレフィックスが付いた状態で発信されます

ただし通話品質は、通常の電話回線に比べるとやや低くなるのがデメリットです

3.IP電話

「IP電話」とは、インターネット回線を使った電話のこと。

IP電話は料金が安いのがメリットですが、音質に劣るのがデメリット

ネットの通信状況が悪くなれば、通話が途切れてしまう点も注意が必要です。

時間制限なしのかけ放題がつけられる格安SIM事業者4社

通話品質について分かったところで、いよいよ時間制限なしのかけ放題がある格安SIM事業者を紹介していきましょう。

2019年12月時点で、時間制限なしのかけ放題がある事業者は以下の4社です。

  • UQ mobile
  • Y!mobile
  • イオンモバイル
  • QTモバイル

ここでは、各社の特徴について紹介していきましょう。

1.UQモバイル

「UQモバイル」では、2019年12月18日から、「国内通話かけ放題」のサービスがスタートしました。

月額利用料と通話品質は、以下のとおりです。

月額利用料 1,700円
通話品質 ☆☆☆

UQモバイルでは通常の電話回線を使っているため、通話品質は最高の☆3つです。

2.Y!mobile(ワイ・モバイル)

「Y!mobile」では、「スーパーだれとでも定額」をつけることで、時間制限なしのかけ放題を利用できます。

スーパーだれとでも定額の月額利用料と、通話品質は以下のとおり。

月額利用料 1,000円
通話品質 ☆☆☆

スーパーだれとでも定額の月額利用料は、たったの1,000円

通常の電話回線を使っているので、通話品質も☆3つです。

3.イオンモバイル

イオンモバイル「イオンモバイル」では、「050かけ放題」がつけられます。

月額利用料と通話品質は、以下のとおりです。

月額利用料 1,500円
通話品質

イオンモバイルの「050かけ放題」の月額利用料は、1,500円です。

ただしIP電話を採用しているため、通話品質はあまり期待できません

4.QTモバイル

QTモバイル「QTモバイル」には、「無制限かけ放題」があります。

こちらの月額利用料と通話品質は、以下のとおり。

月額利用料 2,500円
通話品質 ☆☆

QTモバイルの「無制限かけ放題」の月額利用料は2,500円と、他の3社に比べて高額です。

また、プレフィックスを採用しているので、通話品質はUQモバイルやY!mobileに比べて、やや劣ります

最安は?時間制限なしのかけ放題がある格安SIM事業者4社を比較

ここまで、時間制限なしのかけ放題がある格安SIM事業者を紹介してきました。

では、データ通信の使用も含めて一番お得なのはどこなのでしょうか?

以下は、各事業者の月間のデータ容量ごとの月額に、かけ放題をつけた総額の比較表です。

通話
品質
1GB 3GB 6GB 9GB 12GB 14GB
UQモバイル ☆☆☆ 3,680
4,680
5,680
Y!mobile ☆☆☆ 3,680
4,680
5,680
イオン
モバイル
1,980
2,980
4,180円
QTモバイル ☆☆ 3,950
4,050
4,750

※各事業者とも、時間制限なしのかけ放題がつけられるプランの通常料金を記載

ここではこの比較表をもとに、安さで選びたい人と通話品質を重視したい人、それぞれのおすすめについて紹介していきます。

1.安さ第一の方におすすめなのはイオンモバイル!

ハカセ
ハカセ
通話品質にはこだわらず、とにかく安さで選びたいのなら、一番おすすめなのはイオンモバイル

プレフィックスのかけ放題を使うには、基本的に「データ通信+音声通話」のプランで契約しなければなりません。

しかしIP電話を採用しているイオンモバイルの050かけ放題なら、データ通信+音声通話より安価な「データ通信のみ」のプランでも利用できます。

イオンモバイルのデータ通信のみのプランなら、12GBのプランでも、UQモバイルやY!mobileの9GBプランより、「基本プラン+かけ放題」の合計月額が安価です。

2.通話品質にこだわりたい方はY!mobileがおすすめ!

ハカセ
ハカセ
通話品質にもこだわりたいのなら、おすすめはY!mobile

Y!mobileとUQモバイルはどの容量でも、基本プラン+かけ放題の合計月額が同額で、通話品質も変わりません。

しかしY!mobileは、契約から6カ月間の月額が、上記の表に記載されている通常料金より700円安くなっています。

さらに最初の1年間は、月間のデータ容量を以下の容量に増量可能です。

  • 3GB→4GB
  • 9GB→12GB
  • 14GB→17GB

そのため、Y!mobileと契約した方がずっとお得です。

10分かけ放題がある格安SIM事業者

ポケットwifi買取のコツ10分以上の電話をしないのなら、時間制限なしよりも、10分かけ放題の方が月額利用料を抑えられます。

ここでは、月々のスマホ料金を抑えたいという人向けに、10分かけ放題のある格安SIM事業者についても見ていきましょう。

10分かけ放題がある格安SIM事業者は、以下の2種類に分けられます。

  • かけ放題が最初からついているもの
  • かけ放題がオプションとしてつけられるもの

ここでは、この両者について紹介していきます。

1.10分かけ放題が最初からついている格安SIM事業者

ハカセ
ハカセ
格安SIM事業者のなかには、最初から10分かけ放題がついているところもあります

これに該当するのは、以下の2社です。

  • 楽天モバイル
  • Y!mobile

ここでは、この両者について紹介していきます。

①楽天モバイル

楽天モバイル「楽天モバイル」の「スーパーホーダイ」には、以下の4プラン全てに10分かけ放題がついています。

月間のデータ容量 月額料金
プランS 2GB 2,980円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円

楽天会員なら、契約1年目の月額が、どのプランでも上記の料金-1,500円になります。

楽天モバイルでは、通話にプレフィックスを採用しているため、通話品質は☆2つです。

②Y!mobile

Y!mobileの「スマホベーシックプラン」には、以下3つのプラン全てに10分かけ放題がついています。

月間のデータ容量 月額料金
S 3GB 2,680円
M 9GB 3,680円
R 14GB 4,680円

契約から6カ月間の月額は、上記の料金-700円

さらに契約1年目は、月間のデータ容量を「S」は+1GB、「M」と「L」は+3GB増量できます

通話品質は、☆3つです。

2.10分かけ放題をオプションとしてつけられる格安SIM事業者

続けて、10分かけ放題をオプションとしてつけられる格安SIM事業者について見ていきましょう。

該当する主要な事業者とそれぞれのかけ放題の月額利用料、通話品質は以下のとおりです。

月額利用料 通話品質
UQモバイル 700円 ☆☆☆
mineo 850円 ☆☆
OCNモバイルONE 850円 ☆☆
IIJmio 830円 ☆☆
BIGLOBEモバイル 830円 ☆☆
LINEモバイル 880円 ☆☆
イオンモバイル 850円 ☆☆

UQモバイル以外の6社は、いずれもプレフィックス方式を採用しているため、通話品質は☆2つ

月額利用料の安さと通話品質でいえば、UQモバイルに軍配が上がります

10分かけ放題で一番お得な格安SIM事業者は?

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント10分かけ放題がある格安SIM事業者のうち、一番お得なのはどこなのでしょうか?

ここでも、月間のデータ容量ごとの月額+10分かけ放題の合計で比較してみましょう。

主要な格安SIM事業者9社の、それぞれの合計月額は以下のとおりです。

通話
品質
3GB 6GB 9GB 10GB 12GB 14GB
楽天
モバイル
☆☆ 3,980
5,980
Y!mobile ☆☆☆ 2,680
3,680
4,680
UQ
モバイル
☆☆☆ 2,680
3,680
4,680
mineo ☆☆ 2,360
3,040
3,980
OCN
モバイル

ONE
☆☆ 2,330
2,830
3,730
IIJmio ☆☆ 2,430
3,050
4,090
BIGLOBE
モバイル
☆☆ 2,430
2,980
4,230
LINE
モバイル
☆☆ 2,570
4,100
イオン
モバイル
☆☆ 2,830
4,130

※mineoはau回線の月額料金。ドコモ回線は+90円、ソフトバンク回線は+440円

どの格安SIM事業者が一番お得かは、契約するプランによって異なります

月間のデータ容量ごとの最もお得な事業者は、以下のとおりです。

最も安価な格安SIM事業者 合計月額
(月額料金+10分かけ放題の利用料)
3GB OCNモバイルONE 2,330円
6GB OCNモバイルONE
イオンモバイル
2,830円
9GB Y!mobile 3,680円
10GB OCNモバイルONE 3,730円
12GB IIJmio 4,090円
14GB Y!mobile 4,680円

ここでは、各プランで最もお得な事業者について紹介していきましょう。

1.「3GB」「6GB」「10GB」ならOCNモバイル

ocnモバイルone月間のデータ容量「3GB」「6GB」「10GB」では、「OCNモバイルONE」が最もお得となっています。

OCNモバイルONEはプレフィックス方式を採用しているため、通話品質は☆2つです。

2.「12GB」ならIIJmio

IIJmio12GBでは、「IIJmio(アイアイジェイミオ)」が最も安くなっています

さらにIIJmioでは、2019年12月時点で、12GBプランで契約した人向けのキャンペーンを実施中。

キャンペーンを適用した場合、6カ月間、月額料金が1,000円割引されます。

IIJmioもプレフィックス方式を採用しているので、通話品質は☆2つです。

3.「9GB」「14GB」ならY!mobile

9GBと14GBでは、UQモバイルとY!mobileが合計月額でも、通話品質でも並んでいます。

ただしY!mobileでは、最初の6カ月間は月額料金が700円割引されるうえ、9GBと14GBプランなら最初の1年は月間のデータ容量が3GBプラス

そのため、Y!mobileの方がおすすめです。

通話品質にこだわらないなら!格安SIMで無料通話する方法

格安SIMに切り替える前に!キャリアで名義変更する方法ここまで、格安SIMのかけ放題について説明してきました。

しかし通話品質にこだわらないのなら、オプションに加入せずに無料で通話することも可能です。

ハカセ
ハカセ
その方法とは、LINEやSkypeで通話すること

これらのアプリを使えば、オプションの月額利用料はもちろん、通話料もかかりません。

ただしLINEやSkypeでの通話は、データ容量を消費します。

そのため、自宅にWi-Fi環境がないのなら、あまり推奨できません。

自宅にWi-Fi環境がない場合は、ポケットWi-Fiと契約するのも一つの手。

ポケットWi-Fiを利用すれば、格安SIMのデータ容量を消費せずに済みます。

これなら月間データ容量の少ない安価なプランで格安SIMと契約できるうえ、無料で通話もできて一石二鳥です。

ポケットWi-Fiについて知りたいという人には、以下の記事が参考になります。

関連記事:ポケットWiFiの使い方をはじめからていねいに!誰でもできる完全ガイド

まとめ

格安SIMのかけ放題には、主に以下2種類あります。

  • 時間制限なしのかけ放題
  • 10分かけ放題

時間制限なしのかけ放題を使いたいのなら、Y!mobileがおすすめ。

Y!mobileは通常の電話回線を使用しているため通話品質が良く、かけ放題の利用料も加えた月額は、時間制限なしのかけ放題がある格安SIM事業者のなかでも最安です。

10分かけ放題では、月間のデータ容量に応じて、おすすめの格安SIM事業者が異なります。

データ容量ごとのおすすめは、以下のとおりです。

3GB OCNモバイルONE
6GB
9GB Y!mobile
10GB OCNモバイルONE
12GB IIJmio
14GB Y!mobile

これから格安SIMと契約して、かけ放題も利用したいという方は、ぜひこの記事を参考にして契約先を決めましょう。