ポケットWiFiの豆知識

ポケットWi-Fiをブルートゥース接続するメリットや方法を解説!

ポケットWi-FiではWi-Fiを利用して、スマホやパソコンをインターネットに接続しています。

しかし機種によっては、Wi-Fiだけでなく、ブルートゥースでもポケットWi-Fiをスマホなどに接続可能です。

Wi-Fiもブルートゥースも、デジタル機器同士で無線通信するためのものですが、これらは全くの別物。

両者の違いを知ったうえで、状況に応じて使い分ければ、ポケットWi-Fiをより便利に使いこなせます

今回は、ポケットWi-Fiでブルートゥースを利用するメリットや具体的な方法について解説。

ブルートゥース対応のポケットWi-Fiやおすすめのサービスについても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Contents

そもそもブルートゥースとは?

ハカセ
ハカセ
ブルートゥースは、Wi-Fiと同じ「無線通信規格」の1つです

ブルートゥースに対応した機器同士であれば、ケーブルを使わなくても、無線で相互に通信できます

ブルートゥースが使われている代表的な機器が、ワイヤレスヘッドホン。

ワイヤレスヘッドホンは、スマホなどの機器から電波を受信し、ケーブルなしで再生した音楽を聴けます。

このときの通信に使われているのが、ブルートゥースです。

2つの機器を無線で接続し、通信できるという点では、Wi-Fiも変わりません。

しかしWi-Fiとブルートゥースには、いくつかの違いもあります。

両者の違いについては、後ほど紹介しましょう。

ブルートゥース接続ができるポケットWi-Fiは?

ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fiのなかで、ブルートゥースに対応しているのが「WiMAX(ワイマックス)」です

ただしWiMAXでも、全ての機種がブルートゥースに対応しているわけではありません。

WiMAXの機種は、以下2シリーズに分けられます。

  • Wシリーズ
  • WXシリーズ

各シリーズのブルートゥース対応機種は、以下のとおりです。

Wシリーズ W05・W04
WXシリーズ WX05~WX01

このように、「WXシリーズ」は全機種ブルートゥース対応ですが、「Wシリーズ」は「W05」と「W04」以外は非対応。

2020年1月時点で最新機種の「W06」も、ブルートゥースには非対応です。

現在購入できる機種では、WX05のみ、ブルートゥースに対応しています。

ポケットWi-Fiをブルートゥース接続する2つのメリット

失敗しないために!格安SIMを乗り換えるときに確認すべきポイント
ハカセ
ハカセ
ブルートゥース対応のポケットWi-Fiは、端末側の設定で、Wi-Fi接続とブルートゥース接続を自由に切り替えられます

では、ブルートゥース接続はWi-Fi接続と比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ブルートゥース接続の主なメリットは、以下の2つです。

  • バッテリーの消費を抑えられる
  • パスワードの入力なしで接続できる

ここでは、それぞれのメリットについて紹介していきましょう。

1.バッテリーの消費を抑えられる

ハカセ
ハカセ
ブルートゥース接続のメリットは、ポケットWi-Fiのバッテリー消費を抑えられること

WX05の、Wi-Fi接続とブルートゥース接続、各モードのバッテリーの持ち時間は以下のとおりです。

モード バッテリー使用時間
Wi-Fi接続 おまかせ一括 約8.1時間
スタンダード 約11.5時間
バッテリ持ちを優先 約14時間
ブルートゥース接続 エコモード
(ブルートゥース接続時)
約18時間

このように、ブルートゥースはWi-Fiと比べて、最大で約9.9時間もバッテリー使用時間が長くなっています。

2.パスワードの入力なしで接続できる

ポケットWi-FiをスマホやパソコンにWi-Fi接続する場合、ポケットWi-FiのSSIDとパスワードの入力が必要です。

その点ブルートゥース接続では、スマホなどが近くに置かれたポケットWi-Fiを自動で認識するため、パスワードを入力する必要がありません

ブルートゥース接続の具体的な方法については、後ほど詳しく説明します。

ポケットWi-Fiをブルートゥース接続する4つのデメリット

店舗で格安SIMを契約するデメリットブルートゥース接続にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

Wi-Fi接続と比べたブルートゥース接続のデメリットは、以下のとおりです。

  • 近距離でしか電波が届かない
  • 同時接続台数が少ない
  • 通信速度が遅い
  • 電波干渉を受けやすい

ここでは、これら4点のデメリットについて説明していきましょう。

1.近距離でしか電波が届かない

ブルートゥースは、近距離にある機器同士を接続するのに使われる無線規格です。

ハカセ
ハカセ
そのため、ポケットWi-Fiとスマホなどが離れている状態での通信には向きません

Wi-Fiとブルートゥース、それぞれの通信可能な範囲は以下のとおりです。

通信可能な範囲
Wi-Fi 10~50m
ブルートゥース ~10m

離れた場所にあるポケットWi-Fiと通信する場合は、Wi-Fiで接続しましょう。

2.同時接続台数が少ない

ハカセ
ハカセ
ポケットWi-Fiは、一台でスマホやパソコンなど、複数のデバイスと同時に接続できます

ブルートゥースは、ポケットWi-Fiが一度に接続できる台数が、Wi-Fiより少ない点もデメリット。

WX05の場合、Wi-Fiとブルートゥース、それぞれの同時接続台数は以下のとおりです。

同時接続台数
Wi-Fi 10台
ブルートゥース 3台

このように、4台以上のデバイスと同時接続する場合は、ブルートゥースは使えません

3.通信速度が遅い

WX05には、通信速度が速い順に、以下4つの通信モードがあります。

  1. おまかせ一括
  2. スタンダード
  3. バッテリ持ちを優先
  4. エコモード

この4つのうち、ブルートゥース接続ができるのは、通信速度が最も遅い「エコモード」のみ

この点はW05など、他の機種でも同様です。

4.電波干渉を受けやすい

ポケットWi-Fiでは、「2.4GHz」の周波数を使用しています。

ハカセ
ハカセ
2.4GHzは多くの家電製品にも使われているため、電波干渉が起こり、うまく通信できないことも

しかしポケットWi-Fiでは、周波数を5GHzに切り替えることも可能。

5GHzに切り替えれば、他に干渉する電波がほとんどないため、電波干渉が起こる心配はほとんどありません。

関連記事:WiMAXの5GHz/2.4GHzとは?使い分けでネットが快適に

ただし、これはあくまでWi-Fiで通信する場合の話です。

ブルートゥースも2.4GHzの周波数を使用していますが、Wi-Fiと違って、5GHzには切り替えられません

つまり電波干渉を起こしても、ブルートゥース接続を維持したまま、対処する方法がないのです。

ブルートゥース接続に向いているケースは?

格安SIMに切り替える前に!キャリアで名義変更する方法ここまで説明してきたとおり、ブルートゥースにはデメリットも多く、単独で使用するには不便です。

しかしブルートゥース対応のポケットWi-Fiでは、Wi-Fi通信とブルートゥース通信の両方が可能。

基本的にはWi-Fi接続で、外出先でいざというときにブルートゥース接続をするのが便利です。

ブルートゥース通信はWi-Fi通信に比べて、バッテリーを消費しません。

外出先でポケットWi-Fiの電池がなくなりそうになっても、ブルートゥース接続に切り替えれば、より長い時間、ポケットWi-Fiを使用できます。

ポケットWi-Fiをブルートゥースに接続する手順

ブルートゥースの活用方法が分かったところで、具体的な接続方法について説明していきましょう。

ポケットWi-FiはWX05、接続デバイスはiPhoneで解説していきますが、Androidでも手順はほとんど変わりません。

WX05とiPhoneのブルートゥース接続の手順は、以下のとおりです。

  1. 【WX05】設定→Bluetooth設定をタップ
  2. 【WX05】Bluetoothペアリングをタップ
  3. 【iPhone】設定→Bluetoothをタップ
  4. 【iPhone】Bluetooth設定をオンにする
  5. 【iPhone】デバイス名をタップする
  6. 【WX05】「はい」をタップ
  7. 【iPhone】「ペアリング」をタップ

ここでは各方法について、1つずつ説明していきましょう。

1.【WX05】設定→Bluetooth設定をタップ

まずはWX05のホーム画面から「設定」をタップ

次の画面で「Bluetooth設定」をタップします。

2.【WX05】Bluetoothペアリングをタップ

さらに次の画面で、「Bluetoothペアリング」をタップしましょう。

3.【iPhone】設定→Bluetoothをタップ

続けて、iPhone側の設定に移ります。

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップしましょう。

設定画面から、「Bluetooth」をタップします。

4.【iPhone】Bluetooth設定をオンにする

次の画面で、Bluetoothをオンにします

5.【iPhone】デバイス名をタップする

「SPWN」から始まるデバイス名が表示されるので、タップしましょう。

6.【WX05】「はい」をタップ

WX05のディスプレイに、6桁の認証番号とともに「相手に下記の番号が表示されていますか?」という表示が出ます。

ここでは、「はい」をタップしましょう。

7.【iPhone】「ペアリング」をタップ

iPhoneにも同じ認証番号とともに、ペアリングを要求する表示が出ます。

ここでは「ペアリング」をタップしましょう。

以上で、WX05とiPhoneのペアリングは完了です。

ペアリングに成功していれば、WX05のディスプレイ上部に、ブルートゥースの「B」のアイコンが表示されます

ブルートゥース接続がうまくいかない場合の対処法

ポケットWiFi 最速速度 アイキャッチWiMAXの機種によっては、スマホ側に他の接続デバイスの情報が残っていると、うまくペアリングできないことがあります

この場合、スマホ側のBluetooth設定から、他の登録デバイスを解除してみましょう。

ここでも、iPhoneでの登録デバイスの解除方法を紹介していきます。

iPhoneでの登録デバイスの解除手順は、以下のとおりです。

  1. 設定→Bluetoothをタップ
  2. 登録デバイスの隣にある「i」のアイコンをタップ
  3. 「このデバイスの登録を解除」をタップ

各手順について、1つずつ見ていきましょう。

1.設定→Bluetoothをタップ

iPhoneのホーム画面から、「設定」をタップ

設定から「Bluetooth」をタップします。

2.登録デバイスの隣にある「i」のアイコンをタップ

登録デバイスの横にある「i」のアイコンをタップしましょう。

3.「このデバイスの登録を解除」をタップ

最後に、「このデバイスの登録を解除」をタップします。

以上で、登録デバイスの解除は完了です。

ハカセ
ハカセ
他のデバイスの登録を解除したら、再度ポケットWi-Fiの接続を試してみましょう

ポケットWi-Fiでブルートゥース接続を利用する2つの方法

ここまで、ポケットWi-Fiのブルートゥース接続について説明してきました。

しかしポケットWi-Fiでブルートゥースを利用する方法は、かなり限られています。

なぜなら、そもそもブルートゥース対応のポケットWi-Fiが限られているからです。

ポケットWi-Fiでブルートゥースを利用するには、以下2つの方法があります。

  • WiMAXと契約してWX05を購入する
  • ポケットWi-Fiのレンタルサービスと契約する

ここでは、それぞれの方法について説明していきましょう。

1.WiMAXと契約してWX05を購入する

ポケットWi-Fiでブルートゥースを利用する1つ目の方法は、WiMAXと契約し、ブルートゥース対応の機種を購入すること。

2020年1月時点で、WiMAXと契約する際、購入できるポケットWi-Fiは以下の2機種です。

  • W06
  • WX05

このうち最新機種のW06は、ブルートゥースに対応していません。

ブルートゥースを利用したいのなら、WX05の方を購入しましょう

2.ポケットWi-Fiのレンタルサービスと契約する

ハカセ
ハカセ
もう1つの方法は、ポケットWi-Fiのレンタルサービスを利用すること

WiMAXのブルートゥース対応の機種をレンタルすれば、ポケットWi-Fiでブルートゥース通信ができます

ブルートゥースに対応しているWiMAXの機種は、以下のとおりです。

Wシリーズ W05・W04
WXシリーズ WX05~WX01

では次から、これらの機種をレンタルできるサービスについて紹介します。

ブルートゥース対応のポケットWi-Fiを取り扱っているサービス

FUJI Wifiブルートゥース対応のポケットWi-Fiをレンタルできるサービスは、「FUJI Wifi(フジ・ワイファイ)」

FUJI Wifiには、WiMAXの端末をレンタルできる「WiMAX2+プラン」があります。

WiMAX2+プランでレンタルできるのは、以下の2機種のどちらか。

  • W05
  • W04

レンタルする機種は選べませんが、これらはどちらもブルートゥース対応機種

そのため、FUJI WifiのWiMAX2+プランなら、ブルートゥースの利用が可能です。

FUJI WifiのWiMAX2+プランは、月間のデータ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」に相当。

以下のように、WiMAXのプロバイダと比べて、月額料金が安価です。

月額料金
FUJI WifiのWiMAX2+プラン 3,200円
UQ WiMAXのギガ放題 3,880円
BIGLOBE WiMAX2+のギガ放題(1年) 3,980円

さらにFUJI WifiはWiMAXのプロバイダと違って、契約期間の縛りがなく、いつ解約しても契約解除料はかかりません

契約期間や契約解除料が気になるという人におすすめです。

まとめ

ブルートゥースは、デジタル機器同士で相互に無線通信するための技術です。

ポケットWi-Fiでも、WiMAXのWXシリーズやW05、W04ではブルートゥース接続ができます。

ブルートゥースのメリットは、ポケットWi-Fiのバッテリーの消費を抑えられること。

デメリットも多いものの、通常のWi-Fi接続と使い分けることで、ポケットWi-Fiをより便利に使いこなせます

ポケットWi-Fiでブルートゥースを利用する方法は、以下の2つです。

  • WiMAXと契約してWX05を購入する
  • FUJI WifiのWiMAX2+プランと契約する

FUJI WifiのWiMAX2+プランは、WiMAXとふつうに契約するより月額料金が安く、契約解除料もかかりません

レンタルする機種は選べませんが、どちらもブルートゥースに対応しています。

そのため、ポケットWi-Fiでブルートゥースを利用したいなら、FUJI WifiのWiMAX2+プランを契約するといいでしょう。