wimax

WiMAXの3年契約は2年契約よりお得!途中解約でデメリットも解決!

WiMAXの契約期間についてお調べでしょうか?

WiMAXは、2019年3月から3年契約がメインとなりましたね。しかし、契約期間が長くなると、何かデメリットがあるのでは?と、気になるもの。

そこで本記事では、WiMAXの2年契約・3年契約について、以下の点をご紹介します。

  • WiMAXの3年契約のメリット・デメリットは?
  • 2年契約と3年契約、結局どっちがお得なの
  • 契約期間中に解約しても、損をしないコツはある
  • WiMAX以外なら契約期間を気にする必要ない?

記事を読むと、上記のことを簡単に解決できますよ。ぜひ、ご覧くださいね。

WiMAXで3年契約をする4つのメリット

WiMAXで3年契約をするメリットには、次の4つがあります。

  1. ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線)が無料
  2. 最新機種の端末代が無料
  3. 月額料金が安い
  4. キャッシュバックが多い

それぞれのメリットについて、以下で説明していきますね。

【WiMAX3年契約のメリット1】
ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線)が無料

WiMAXを3年契約するメリットは、ハイスピードプラスエリアモードが無料で使える点です。ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの端末で、auの4G LTE回線を使う通信モードのこと。

3年ではなく2年契約の場合は、LTE回線の利用時に、下記のオプション料金がかかります。

<ハイスピードプラスエリアモードの利用料金>
契約期間 オプション料金
WiMAX 2年契約 月額1,005円
WiMAX 3年契約 無料

(2019年11月時点)
参考元:UQ Flatツープラス ギガ放題(3年/2年)

上表のとおり、3年契約をすると、通常1,005円の「ハイスピードプラスエリアモード」が無料になるのです。3年間毎月使う場合は、36,180円のお得になります。

ハイスピードプラスエリアモードを使うメリットは以下のとおり。

  • 高速通信が可能
  • 通信エリアが広い

LTE回線は、通常のWiMAX2+の回線では繋がりにくい場合に重宝します。

【WiMAX3年契約のメリット2】最新機種の端末代が無料

WiMAXの最新機種の端末代が無料になるのも、3年契約のメリットの1つ。

代表的なプロバイダの端末代金は、下記のとおりです。

プロバイダ 契約期間 端末代金
UQ WiMAX 2年 15,000円
@nifty WiMAX 2年
(3年も選択可)
20,000円
Broad WiMAX 3年 無料
カシモ WiMAX 3年 無料
GMOとくとくBB 3年 無料

(2019年11月時点)

上表でわかるように、2年契約ができるのは一部のプロバイダに限られています。一方、3年契約はほとんどのプロバイダで可能。

そのため、3年契約の場合、より多くのプロバイダの中から、条件の良いところを選べます。

なお、「@nifty WiMAX」は、3年契約の場合も、上記端末代金がかかります。なので、3年契約だと必ず端末代が無料になるわけではありません。

ただ、3年契約の場合、プロバイダの選択肢が広がるため、最新機種を無料で契約できます。

参考元:UQ WiMAX|おすすめWiMAX商品
参考元:@nifty WiMAX|対応機器
参考元:Broad WiMAX|端末一覧
参考元:カシモ WiMAX|端末一覧
参考元:GMOとくとくBB|初期費用

【WiMAX3年契約のメリット3】月額料金が安い

月額料金が安いプロバイダを選べることも、3年契約のメリットです。

代表的なプロバイダの料金プランは、次のようになっています。

プロバイダ 契約期間 料金プラン 月額料金
UQ WiMAX 2年 ギガ放題
  • 3,880円
@nifty WiMAX 2年(3年プランもあり) Flat 2年ギガ放題
  • 初月無料
  • 2~3か月目:3,670円
  • 4か月目以降:4,350円
Broad WiMAX 3年 ギガ放題プラン
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24か月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
カシモ WiMAX 3年 最安級・ギガ放題プラン
  • 初月無料
  • 2か月目:1,380円
  • 3~25か月目:3,480円
  • 26か月目以降:4,079円

(2019年11月時点)

上表で比較すると、3年契約の2社の方が、2年契約より圧倒的に月額料金が安いですね。

ただし、「@nifty WiMAX」は、2年契約でも3年契約でも、月額料金は同額です。いずれにしても、「Broad WiMAX」や「カシモ WiMAX」より高いですよね。

3年契約の場合、プロバイダの選択肢が増えるので、結果的に、月額料金が安いプランを選べるのです。

【WiMAX3年契約のメリット4】キャッシュバックが多い

3年契約のメリットには、キャッシュバックや割引金額が大きいことも、挙げられます。

主なプロバイダ5社のキャンペーン内容は、以下のとおりです。

プロバイダ 契約期間 キャンペーン金額 キャンペーン内容
UQ WiMAX 2年 0円 なし
@nifty WiMAX 2年
(3年プランもあり)
0円 なし
Broad WiMAX 3年 18,857円 初期費用割引
カシモ WiMAX 3年 42,755円 月額料金総額から値引き
GMOとくとくBB 3年 31,000円 キャッシュバック

(2019年11月時点)

キャッシュバックや値引きがあると、3年間のトータルコストが下がるため、実質月額料金も安くなります。3年契約推奨のプロバイダでは、このようなキャンペーンも多いです。

一方、2年契約に対応している2社(UQ WiMAX・@nifty WiMAX)では、キャッシュバックは行われていません。

参考元:Broad WiMAX|初期費用0円のWEB割キャンペーン
参考元:カシモ WiMAX|お得な特典
参考元:GMOとくとくBB|特典詳細

WiMAXで3年契約をする2つのデメリット

WiMAXで3年契約をするデメリットは、次の2つです。

  1. 契約期間(縛り)が長い
  2. 途中解約時に違約金がかかる

それぞれのデメリットについて、以下で説明していきますね。

【WiMAX3年契約のデメリット1】契約期間(縛り)が長い

WiMAXで3年契約をするデメリットは、2年契約と比べて契約期間が長い点です。3年契約の場合、解約できるタイミングが3年に1度しかありません。

2年契約なら、2年・4年・6年経過時に解約が可能。一方、3年契約だと3年・6年の時点でしか解約できません。

また、そのタイミングで何も手続きをしなければ、契約は自動更新されます。3年おきにしか解約できないのは、不自由ですね。

【WiMAX3年契約のデメリット2】
途中解約時に違約金がかかる

契約期間中に解約をすると違約金がかかる点は、3年契約のデメリットです。

解約違約金の金額は、以下のとおり。

<3年契約の解約違約金>
解約時期 解約違約金
Broad WiMAX
カシモ WiMAX
@nifty WiMAX
GMOとくとくBB
0~12か月 19,000円 24,800円
13~24か月 14,000円 24,800円
25か月以降 9,500円 9,500円
契約更新月 0円 0円

(2019年11月時点)

途中解約をする場合、上記の違約金を一括で支払わなければなりません。無料で解約できるのは、3年に1度の契約更新月のみというのが難点ですね。

参考元:Broad WiMAX|契約に関する料金
参考元:カシモ WiMAX|ご契約期間
参考元:@nifty WiMAX|WiMAX 2+サービスについての注意事項
参考元:GMOとくとくBB|契約期間について

WiMAXは2年契約より3年契約がお得!料金差額を徹底比較!

WiMAXを3年契約すると、途中解約の違約金がもったいないので、3年間利用しますよね。そのため、一般的には、2年しか利用しない場合、2年契約を結びます。

でも実は、2年で解約する場合でも、2年契約より3年契約の方がお得なのです。

その理由は、次の2つ。

  1. 解約金を払っても3年契約の方が安い
  2. 他社への乗り換えキャンペーンを利用

それぞれのポイントについて、以下で解説していきますね。

【WiMAXは2年より3年契約がお得なポイント1】解約違約金を払っても安い

2年契約と3年契約、どちらがお得かを判断するには、解約金等も含めた総額で比べる必要があります。

そこで、次の2社について、トータルコストを比較していきます。

  1. UQ WiMAX(2年契約)
  2. Broad WiMAX(3年契約)

比べるポイントは、以下の点です。

  • 2年(25か月目)で解約した場合の総額
  • 総額を月数で割った実質月額料金

※総額には、初期費用・解約違約金・キャンペーン違約金も含みます。

2年間の合計金額と実質月額料金を徹底比較(一覧表)

<2年間の合計金額と実質月額料金の比較一覧表>
プロバイダ UQ WiMAX Broad WiMAX
料金プラン ギガ放題 ギガ放題プラン
契約期間 2年 3年
解約時期 25か月目(更新月) 25か月目(途中解約)
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 15,000円 0円
月額料金1 3,880円 1~2か月目:2,726円
月額料金2 3~24か月目:3,411円
月額料金3 25か月目以降:4,011円
2年間の月額料金計算 25か月×3,880円 2か月×2,726円+22か月×3,411円+1か月×4,011円
2年間の月額料金合計 97,000円(25か月) 84,505円(25か月)
必須オプション 0円 1か月×550円
解約違約金 契約更新月 :0円 25か月目以降:9,500円
キャンペーン違約金 0円 25か月目以降:0円
キャッシュバック 0円 0円
2年間の合計金額 115,000円(25か月) 97,555円(25か月)
2年間の実質月額料金 4,600円 3,902円

(2019年11月時点)

解約違約金を払っても3年契約の方が安くなるコツ

上表で算出した結果、「2年で解約しても、3年契約の方が安い」ということがわかりました。もちろん、違約金も払った上でのコストです。

解約金を払っても安く済ませるには、以下のタイミングで解約するのがコツです。

<解約時期の目安>

  • 解約違約金が安くなる25か月目以降
  • キャンペーン違約金が無料になる25か月目以降

解約違約金は、多くのプロバイダの場合、24か月目までは14,000円程度します。そのため、解約金が安くなる25か月目以降が狙い目です。

また、Broad WiMAXに限っては、24か月目まで「初期費用無料キャンペーン」の違約金がかかります。そのため、キャンペーン違約金もなくなる時期に解約すると、トータルコストを安くできますよ。

【WiMAXは2年より3年契約がお得なポイント2】他社の乗り換えキャンペーンを利用

他社への乗り換えキャンペーンを活用して、解約違約金を負担しない方法もあります。

たとえば、Broad WiMAXでは、以下のようなキャンペーンを行っています。

<Broad WiMAXの乗り換えキャンペーン概要>

  • 解約違約金19,000円までBroad WiMAXが負担
  • 乗り換え後のBroad WiMAXの初期費用0円

他のプロバイダで契約中の場合、このようなキャンペーンの利用が可能です。3年契約を途中で解約しても、損をせずに済みますね。

参考元:Broad WiMAX|契約解除料負担のお乗換えキャンペーン

WiMAX以外なら2年契約より縛りなしのWiFiがおすすめ

WiMAXでは「2年と3年契約はどちらがお得か」が重要でしたが、他のポケットWiFiには、契約期間縛りなしのプランもあります。

そのため、WiMAX以外なら、契約期間で悩む必要がありません。いつでも解約できる、縛りなしのポケットWiFiが、圧倒的にお得ですよ。

縛りなしのポケットWiFiの中で、おすすめは「FUJI Wifi」。

<FUJI Wifiのおすすめポイント>

  1. 契約期間の縛りなし
  2. 解約違約金0円
  3. 端末代金が無料
  4. 月間通信容量が無制限(快適!クラウドプラン)
  5. 3日間10GBの制限なし

FUJI Wifiの概要は、以下のとおりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

<FUJI WifiのポケットWiFiの概要>
料金プラン 快適!クラウドプラン 25ギガプラン
契約期間 縛りなし 縛りなし
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
月額料金 3,980円 2,480円
解約違約金 0円 0円
月間通信容量 無制限 25GB
3日間通信容量 無制限 無制限
同時接続台数 10~15台 10~15台

(2019年11月時点)