ポケットWiFiの豆知識

Google HomeはポケットWiFiでも使えるの?接続方法や注意点を解説

【DTI WiMAX2+】契約前に絶対知るべき6つのデメリット

スマートスピーカーの「Google Home」でニュースや音楽を聴くには、WiFiが必須ですよね。でも「ポケットWiFiでも、Google Homeは使えるの?」と気になりませんか?

そこで本記事では、Google Homeについて、以下の点をご紹介します。

  • Google HomeはポケットWiFiで使える?
  • Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点は?
  • Google HomeとポケットWiFiがつながらない時はどうする?
  • Google HomeにおすすめのポケットWiFiはどれ?

記事を読むと、Google HomeをポケットWiFiで使うときの疑問は簡単に解決できますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

Google HomeはポケットWiFiでも使える

「Google HomeはポケットWiFiでも使えるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

結論から言うと、Google HomeはポケットWiFiで使えます。Google Homeのために、固定回線や光回線にする必要はありません。

また、Google Home Miniなど、小型のスマートスピーカーの場合は、旅行に持って行くこともありますよね。なので、持ち運びできるポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)との相性は抜群なのです。

ただし、Google HomeをポケットWiFiで使うには、いくつかの注意点もあります。この後で説明するので、参考にしてくださいね。

Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点

Google HomeをポケットWiFiで使うときには、注意点があります。ポイントは、次の4つ。

  1. ストリーミング再生では通信速度が重要
  2. 通信容量による速度制限にかかる可能性がある
  3. radikoのエリア判定が狂う可能性がある
  4. 登録できるSSIDは1つだけ

それぞれの注意点について、以下で説明していきますね。

【Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点1】ストリーミング再生では通信速度が重要

Google Homeでは、音楽のストリーミング再生が可能です。しかし、ストリーミング再生では、通信速度が重要になります。

なぜなら、通信速度が遅いと、音楽データの読み込みに時間がかかるから。そのため、再生が途切れ途切れになったり、数秒おきに停止したりすることも。

たとえば、速度制限を受けているときの通信速度128kbpsでは、ほとんど音楽を再生できません。

また、3日で10GB制限を受けたときの最大速度1Mbpsの場合は、ほぼ再生可能ですが、時々止まることもあります。

ただ、ポケットWiFiでも高速通信の状態なら、問題なくストリーミング再生を楽しめますよ。

【Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点2】通信容量による速度制限にかかる可能性あり

ポケットWiFiでGoogle Homeを使うなら、通信容量制限にも気をつけたいところ。

Google Homeでは、ニュースを聞いたり、音楽をかけたりしますよね。しかし、その際のデータ通信容量は、意外と多いもの。

たとえば、ニュースを聞くなら、1回あたり約1.5MB。音楽のストリーミング再生では、1時間で約200MBも使います。

つまり、5時間で約1GBも消費するということ。もし月間通信容量7GBのプランだったら、速度制限を避けるのは難しい状況ですよね。

音楽のストリーミング再生をするなら、容量無制限プランのポケットWiFiがおすすめです。

【Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点3】radikoのエリア判定が狂う可能性あり

Google Homeでは、radiko(ラジコ)を視聴することも可能です。radikoとは、インターネットを通して、ラジオ配信を受けられるサービスのこと。

しかし、Google HomeをポケットWiFiで使うと、radikoのエリア判定が狂う場合があるので、要注意。

radikoは、ルーターのIPアドレスやスマホのGPSにより、エリア判定をする仕組みになっています。しかし、ポケットWiFiの場合、IPアドレスで位置を取得できず、GPSも搭載されていません。

そのため、ポケットWiFiにつないだGoogle Homeでradikoを聴くと、エリア判定が正しく行われないのです。時には、ポケットWiFiのプロバイダの所在地が、現在地として判定されることも。

エリア判定が狂うと問題なのは、現在地や居住地で配信されているラジオを聴けないこと。対策としては、有料のradikoプレミアムに加入すると、どこのラジオでも聴けるようになります。

【Google HomeをポケットWiFiで使うときの注意点4】登録できるWiFiのSSIDは1つだけ

Google Homeを使うには、WiFiに接続する必要があります。このとき、Google Homeに登録できるWiFiのSSIDは1つだけです。

スマホやパソコンのように、WiFiをいくつも登録できるものは、接続するWiFiを簡単に切り替えられます。また、自分の居場所が変われば、自動的にWiFiが切り替わるのも便利ですよね。

しかし、Google Homeに登録できるWiFiは1つだけ。なので、違うWiFiに繋ぎたい場合はその都度、SSIDを設定し直す必要があります。

複数のポケットWiFiを使い分けている場合は、この設定が少し面倒かもしれません。しかし、同じWiFiにつなぎ続ける場合は、特に大きなデメリットではないでしょう。

Google Homeの初期設定方法

Google Homeを使うには、初期設定をする必要があります。ここでは、設定について次の3点を紹介します。

  1. 初期設定に必要なものは?
  2. 初期設定の流れは?
  3. 設定内容を変更するには?

それぞれの内容について、以下で詳しく見ていきましょう。

Google Homeの初期設定に必要なもの

Google Homeの初期設定に必要なものは、次の5つです。

  • Google Home本体
  • WiFi
  • スマホまたはタブレット端末
  • Google Homeのアプリ
  • Googleアカウント

Google Homeの設定には、Google Home本体とWiFiが必須です。

また、その他にスマホもしくはタブレットを使います。これは、専用のアプリをインストールするため。

端末は、Android・iPhone・iPadなど、どれでもOK です。初期設定をする前に、Google Homeのアプリを入れておきましょう

また、Googleアカウントを持っていない場合は、事前に取得しておきます。

Google Homeの初期設定の流れ

Google Homeの初期設定は、以下の流れで行います。

<Google Homeの初期設定の流れ>

  1. Google Home本体のコンセントを入れる
  2. ポケットWiFiの電源をオン
  3. Google Home本体の電源をオン
  4. Google Homeのアプリを起動
  5. アプリの画面に従い設定
  6. アプリ上でGoogleアカウントを選択
  7. Google Homeのセットアップ
  8. WiFiを選択
  9. その他の設定
  10. アプリ上に「Homeへようこそ」の表示
  11. 設定完了

以上のステップで、Google Homeの初期設定は完了です。

Google Homeの設定内容を変更する方法

Google Homeの設定変更は、アプリから行えます。設定変更の手順は、以下のとおり。

<Google Homeの設定変更の流れ>

  1. Google Home のアプリを起動
  2. 設定アイコンを選択
  3. WiFiを選択
  4. 「このネットワークを削除」を選択
  5. 初期設定の手順で再設定を行う

以上のステップで、Google Homeの設定を変更できます。

ポケットWiFiがGoogle Homeと繋がらないときの対処法

本記事でもお伝えしたとおり、Google HomeはポケットWiFiで利用可能です。

しかし、エラーにより、ポケットWiFiと接続できない場合があります。そのときの対処法を紹介するので、参考にしてくださいね。

つながらない場合のエラー内容は

Google Home と◯◯が、相互に通信できないネットワークに接続されている可能性があります。

というもの。

これを解決する方法は、ポケットWiFiの、プライバシーセパレーターの設定をオフにすることです。

プライバシーセパレーターとは「無線LANの端末間で相互通信を禁止するかどうか」の設定のことを言います。

この設定がオンになっていると、端末間で通信ができません。そのため、Google HomeとポケットWiFiが接続できないのです。

なので、設定をオフにした状態で、Google Homeのセットアップを行うと、つながります。セットアップが一度完了すれば、プライバシーセパレーターをオンに戻しても大丈夫です。

Google HomeをつなぐのにおすすめのポケットWiFi3選

中国に持っていくポケットWiFiの選び方

Google Homeをつなぐのにおすすめなのは、データ容量が無制限のポケットWiFiです。

音楽をストリーミング再生していると、すぐに月間容量を超えるため、上限の少ないプランは向いていません。

そこで、通信容量が無制限のポケットWiFi3選をご紹介します。

<おすすめのポケットWiFi3選>

  1. FUJI Wifi(フジワイファイ)
  2. どんなときもWiFi
  3. Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)

それぞれのポケットWiFiの特徴について、以下で見ていきましょう。

【おすすめのポケットWiFi1】FUJI Wifi(フジワイファイ)

FUJI Wifi Google HomeにつなぐポケットWiFiとして、おすすめなのはFUJI Wifi(フジワイファイ)。推奨ポイントは、次のとおりです。

<FUJI Wifiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限(快適!クラウドプラン)
  • 3日間10GBの制限なし
  • 解約違約金0円
  • 端末代金が無料

以下、FUJI Wifiの概要をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

<FUJI WifiのポケットWiFiの概要>
料金プラン 快適!クラウドプラン 25ギガプラン
契約期間 縛りなし 縛りなし
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
月額料金 3,980円 2,480円
解約違約金 0円 0円
キャッシュバック 0円 0円
月間通信容量 無制限 25GB
3日10GB制限 無制限 無制限
同時接続台数 10~15台 10~15台

そのほか、容量のことなるプランや、SIMカード単体での貸し出しも。回線は、Softbank・docomo・auのトリプルキャリア。

FUJI Wifiなら、ニーズに合わせた契約プランが見つかります。

【おすすめのポケットWiFi2】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのおすすめポイントは、下記のとおりです。

<どんなときもWiFiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限
  • 3日間10GBの制限なし
  • 端末代金が無料

以下、どんなときもWiFiの概要を記載いたします。

<どんなときもWiFiのポケットWiFiの概要>
料金プラン データ放題プラン (クレカ払い)
契約期間 2年
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
月額料金 (1~24か月目) 3,480円
月額料金 (25か月目以降) 3,980円
解約違約金 (0〜12か月目) 19,000円
解約違約金 (13〜24か月目) 14,000円
解約違約金 (26か月目以降) 9,500円
解約違約金 (契約更新月) 0円
キャッシュバック 0円
月間通信容量 無制限
3日10GB制限 無制限
同時接続台数 5台

どんなときもWiFiの魅力はトリプルキャリア対応であること。docomo、au、softbankのなかから、その時のつながりやすさに合わせて、最も良い回線を選択してくれるところが魅力です。

注意すべき点は違約金がかかること。最大19,000円になるので、短期で解約する可能性のある人には向きません。

長く使いたいならば、繋がりやすくて便利でしょう。

【おすすめのポケットWiFi3】Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)

mugenwifi Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)のおすすめポイントを、紹介していきますね。

<Mugen WiFiのおすすめポイント>

  • 月間データ通信容量が無制限
  • 3日間10GBの制限なし
  • 端末代金が無料

下記は、Mugen WiFiの概要です。ぜひ参考にしてみてください。

<Mugen WiFiのポケットWiFiの概要>
料金プラン MUGEN アドバンスプラン MUGEN 格安プラン
契約期間 2年 2年
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
月額料金 3,880円 3,280円
解約違約金 (初月) 0円 0円
解約違約金 (1年未満) 9,000円 9,000円
解約違約金 (1~2年未満) 5,000円 5,000円
解約違約金 (25か月目以降) 0円 0円
キャッシュバック 0円 0円
月間通信容量 無制限 無制限
3日10GB制限 無制限 無制限
同時接続台数 5台 5台

Mugen WiFiは無制限にも関わらず、料金が安いのが魅力。SoftBankのLTE回線を使っているので、対応エリアが広いのも特徴です。

繋がりやすくて安い、無制限のポケットWiFiを求めている方におすすめします。ただし、2年未満で解約すると違約金がかかるため、途中解約する可能性がある場合は注意が必要です。